« 日本版WISC-Ⅳ補助マニュアルを読む | トップページ | カワセミ、キセキレイ、コサギ、アオジ、ジョウビタキにトビ……大山田川・沢南橋へ【不明の鳥は、ベニマシコとオオジュリンと判明、加筆修正と付記しました(1/14)】 »

2015年1月12日 (月)

散歩の帰りに、博物館へ……新春企画展「初春の夢」を観る

Rimg00160112 鏡開きが済んだばかりで、まだ大寒も迎えていないのに、気が速いといえば、その通りですが、鎮国守国神社境内にある九華招魂社前の梅の様子です。つぼみが膨らんでいるようです。しかし、先日のロウバイに続いて、梅のつぼみが膨らんできていると思うと、気分も多少違ってくるということです。

Rimg00020112  3連休、寒い日が続いていますが、朝8時頃には一時、左の写真のように吹Img_7008 雪いており、今日の天気はどうなるのかと思いました。しかし、本当に一時的なものでした。ただ、藤原岳など、鈴鹿の山並みは右の写真のように、雪を被っています。

 昨日は、1日、津市河芸町で行われた三重K-ABCアセスメント研究会に出席し、筑波大学教授の大六一志先生によるWISC-Ⅳの講演会に出席して来ました。9時半から16時まで、途中1時間の昼休みを挟んでしっかり勉強して来ました。

Rimg00060112 さて、朝の雪も一時的なもので、その後は晴れてきましたので、今日も、例によって例の如く、散歩であります。9時15分から11時半近くまで、九華公園と貝塚公園を周り、その後、市博物館で開かれている“新春企画展「初春[はつはる]の夢」”を見て来ました。歩いた距離は、5.5㎞。3日ぶりの散歩ですから、まぁよいでしょう。

Img_7023  住吉神社を過ぎてすぐ、住吉水門のところで、左の写真のようなことをしImg_7019 ているカモ達を見かけました。さて、いったい何をしているのでしょう? 右の写真をご覧になるとお分かりかと思いますが、おそらく、藻か苔でも食べているのでしょう。諸戸水路に来ているキンクロさん達も、水路沿いで似たようなことをしていることがあります。

Img_7037  今日は、あまりこれという野鳥たちには出会えませんでした。それでも、九華公園の二の丸跡では、ジョウビタキのメスを見ました。ジョウビタキといえば、昨日出かけた津市の河芸公民館の周りの林にも何羽かいました。重要な研修会でなければ、あるいは、時間の余裕があれば、ジョウビタキを追いかけそうでした(笑)。

Img_7048  シメは、花菖蒲園の近くの樹上にいたのですが、バールフレンドのYさんと話しているうちに、一時見失いました。しかし、近くの植え込みの影で餌を探しているのに気づきました。木陰でしたので、やや暗い写真です。

Img_7041  九華公園のアオサギ、今日は1羽のみ。朝日丸跡の、二の丸跡に近いとImg_7068 ころに佇んでいました。見つけたのは、9時45分くらいでしたが、私が、公園内を一廻りして、貝塚公園に行くため、二ノ丸橋のところまで来た10時半頃も、同じところにいました。人に驚いたりしなければ、結構長い時間、同じところにいるのかも知れません。右は、朝日丸跡に入ってから、少し離れたところから撮ったものです。

Img_7076  シロハラは、鎮国守国神社の境内に出て来ました。シロハラも、警戒心Img_7079 が強く、すぐ逃げますので、今日は、証拠写真のようなものばかり。それも、後ろ姿。右は、鎮国さんの中にある稲荷社の参道の方へ行ったところ。これも後ろ姿(苦笑)。

Img_7060  ツグミは、花菖蒲園の近くと(左)、貝塚公園で見ました。ただ、あまりこれはというところは撮れません。今日は、あまり鳥には恵まImg_7087 れませんでしたねぇ(笑)。貝塚公園でも、シロハラを見たのですが、サッサと逃げられてしまい、証拠写真も撮れず。

Img_7100  こちらのキンクロさんは、諸戸水路の南端にいました。風のせいで、御髪が乱れたところを1枚、いただきました。右は、近くにいたカImg_7103 イツブリ。カイツブリも、いつか書いたように、神出鬼没です。その割に、臆病で、こちらを見つけると潜って逃げたり、セッセと泳いで遠ざかります。もう少し愛想をよくしてくれても良いのに。

20150106192759  ところで、最初にも書きましたが、今日は、散歩の終わりに、桑名市博物館で1月10日から開かれている“新春企画展「初春[はつはる]の夢」”を見て来ました。展覧会の名称の通り、 めでたい作品がたくさん出展されていました。その中には、今回初公開の、平井直水《孔雀図屏風》という、六曲一双屏風は、なかなか迫力がありました。また、今回、最近発見された”桑名の千羽鶴”の原典ともいわれる、魯縞庵義道<ろこうあんぎどう>による千羽鶴の折り方の資料が出ています。これは、見物といってよいと思います。”素雲鶴(寛政5年、1793年)”、“新撰 素雲鶴(文政元年、1818年)”そして、“秘伝千羽鶴折形(寛政9年、1797年刊行)”です。2階の展示室には、“秘伝千羽鶴折形”の連鶴49種類すべてが展示されていました。

Hakubutsukan1 Hakubutsukan2  出品リストは、こちら。展覧会の開催期間は、平成27年1月10日(土)から2月15日(日)まで。入館無料。休館日は、毎週月曜日(ただし祝日の場合は開館)と、祝日の翌日。1月25日(日)・2月7日(土)の両日、午後1時30分より展示解説があります(予約不要)。

 しかし、今回出品された絵や、掛け軸を見ていますと、どうしても鳥に目が行ってしまいます(笑)。たとえば、「この止まり方は、ツグミか、ヒタキの仲間だな」などと思うのです。私の鳥見&鳥撮りは、いよいよ「病膏肓に入る」レベルに到達しつつあるのかも知れません(爆)。冗談はともかく、お近くの方は、ご覧になるとよろしいかと思います。古萬古などの焼き物あり、絵、掛け軸あり、お盆など工芸品ありで楽しめます。川合玉堂の“冬池”という作品もありました。


|

« 日本版WISC-Ⅳ補助マニュアルを読む | トップページ | カワセミ、キセキレイ、コサギ、アオジ、ジョウビタキにトビ……大山田川・沢南橋へ【不明の鳥は、ベニマシコとオオジュリンと判明、加筆修正と付記しました(1/14)】 »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

秘書さま、あけましておめでとうございます。

風邪の方は、もうよろしいでしょうか?
息子さんもお帰りになり、また、ご主人もお正月休みで、生活リズムが大きくかわったことが影響しているのでしょうか?
いずれにしても、お大事になさってください。

それでも、気持ちの面では平常通りだったというのはよかったですね。

シメは、数は多くはありませんが、冬になると、九華公園にやってきます。
貝塚公園などでも見られます。
木の実を食べますから、秘書さんのお宅のあたりでもいるかも知れませんね。
私は、あの容貌が妙に気に入っている鳥です。

投稿: mamekichi | 2015年1月13日 (火) 17時36分

TAKUさん、こんばんは。

まだ寒の内ですが、梅のつぼみが膨らんでいるのを見ますと、おっしゃるように春も近いか、という気持ちになれますね。
今日散歩してきた途中でも、白梅も、紅梅もつぼみが少し膨らんでいましたよ。

さて、九華公園にいらっしゃってキンクロさん達にお会いになったそうで、何よりです。
キンクロは数が多いので、私など、「キンクロか」と思ってしまうことも多いのですが、よく見るとけっこうかわいらしかったりします。
諸戸水路などで、数羽を見ている方がそういう気になりやすい感じです。

キンクロは、雑食で、水生植物、昆虫、甲殻類、軟体動物、魚類やその卵、カエルなどを食べるそうですから、潜ったときは餌を探していると思います。

投稿: mamekichi | 2015年1月13日 (火) 17時33分

明けましておめでとうございます。
毎度のおさぼりひしょお嬢ちゃんでございます。
今年も、首にならないように頑張ります。
しめって初めて知りましたし、見ました。見たことあるのかな?
知らなかっただけかな

さて、さぼっていた理由あります。
31日に、喉も耳も痛くなり公立病院に、夜の11じすぎに見てもらいました。
耳喉の痛みは、なくなりましたが、せきがひどくて眠れませんでした。
不幸中の幸いで、気持ちは、下がることもなく普通でした。
なので、お正月どこにもいけていないおばかひしょでした。

投稿: 秘書 | 2015年1月13日 (火) 11時57分

まだ1月・・・冬は長いな~と思っていましたが、梅のつぼみを見ると春もやってくるんだ!とあったかい気分になれました(^^)

昨日は夕方、ようやく九華公園へ念願のキンクロさんに会いに行くことが出来ました!
飽きることなく眺めてしまいました(笑)

時々、1羽が水の中に潜ると、周りのキンクロさん数羽も水に潜ったのですが、あれは餌をとっているのでしょうか?
素人なので、ひとつひとつの仕草が気になってしまいました(^^;)

投稿: TAKU | 2015年1月13日 (火) 09時04分

ひらいさん、こんばんは。

朝、雪が降ってきたときにはビックリしました。私も、散歩に行けるのか、心配になりました。

さて、あまり野鳥はいなかったように思いましたが、おっしゃるように主たるメンバーはいましたね。上陸とか、そういうめぼしいイベントはありませんでしたので、あまりいなかったように感じたのでしょう。

私も、いつも鳥がいるところはかなり分かってきましたので、そのあたりを重点的に見回っています。ジョウビタキのように縄張りのある鳥は、たいてい同じあたりで見られますよね。

キンクロの上陸は、今日は気配もありませんでした。諸戸水路にもキンクロはいたのですが、階段には近づきもしていませんでした。いろいろと都合やら、気分やらあるのかも知れません。

投稿: mamekichi | 2015年1月12日 (月) 20時26分

mamekichiさん、こんばんは!

朝の雪には、ちょっと驚きましたね。散歩行こうか迷ってましたが、見る見るうちに晴れてきたので、良かったです。

寒かったからか、余り野鳥もいなかったようですが、撮影写真を拝見する限り、主力メンバーは揃ってたようですね。長島側では、意外と多くの野鳥を見る事が出来ました。いっぱい見る為に、居そうな所に行ったと言うのが正しいかもしれません。(笑) この時期だと、シロチドリとカモ達は、同じ所に居るので嬉しいです。また、ジョウビタキを見かける所も、ようやく判ってきましたが、すばしっこいので、必ず撮影出来る訳では無いところが悔しいです。(^^;; 今日もキンクロ上陸は見れず、残念でした。もしかして平日に上陸してるんじゃないかと思うと、仕事も手につきません。(笑) また今度の休日に確認してみます。

投稿: ひらい | 2015年1月12日 (月) 19時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本版WISC-Ⅳ補助マニュアルを読む | トップページ | カワセミ、キセキレイ、コサギ、アオジ、ジョウビタキにトビ……大山田川・沢南橋へ【不明の鳥は、ベニマシコとオオジュリンと判明、加筆修正と付記しました(1/14)】 »