« 散歩の帰りに、博物館へ……新春企画展「初春の夢」を観る | トップページ | とうとう九華公園でもキンクロさん上陸を確認 »

2015年1月13日 (火)

カワセミ、キセキレイ、コサギ、アオジ、ジョウビタキにトビ……大山田川・沢南橋へ【不明の鳥は、ベニマシコとオオジュリンと判明、加筆修正と付記しました(1/14)】

Img_7194_2  今日は、久しぶりにカワセミを見ることができました。天気もよく、風も弱くImg_7219 なって、暖かいという天気予報でしたので、久しぶりに(今年初めて)、大山田川の沢南橋まで行ったのです。最初は、ハクセキレイとカワウしか目に入らなかったのですが、沢南橋のすぐ上流にカワセミが止まっていたのです。ラッキーでした。

Img_7201  沢南橋から10mあまりの木の枝に止まっており、しかも、ずっと見ていてもImg_7187 逃げません。いったん上流側に行ったり、モズに追いやられたりしても、同じあたりに戻って来てくれ、何だか“手乗りカワセミ”という感じでした。嘴全体が黒いので、オスのカワセミです。十分どころか、十二分に楽しませてくれました。

Img_7312  いきなりカワセミがいてくれて、これは幸先が良いと思えてきました。次は、Img_7316 これまた久しぶりにみたキセキレイです。沢南橋すぐ北の歩行者専用橋のところへ飛んできました。川の護岸のコンクリートに止まっているところです。出て来たのは1羽。左右の写真は、同じキセキレイです。

Img_7350  日陰になっているところでしたので、やや暗いのですが、これは、アオジのオスです。出て来たのは、沢南橋の下流側。


Img_7282  コサギも久しぶりにみました。沢南橋のすぐ下、堰の下流のところに飛んImg_7290 できました。右は、同じコサギが、堰の上に上がって歩いているところです。

Img_7298  このコサギもしばらく、沢南橋あたりにいたのですが、左の写真は、いつもコガモが日向ぼっこをしているところの近くに来たところを撮っImg_7237 たもの。最初は、大きなレジ袋が捨てられているのか、と思ってしまいました(笑)。右は、そのコガモたちの日向ぼっこの様子。今日は、コガモは少なく、この写真に写っている6羽のみ。もっと上流にいたかも知れませんが、今日はカワセミその他の虜になってしまい、他へは行っておりません。

Img_7222  ジョウビタキのメスも、いました。沢南橋の周りのあちこちImg_7344 で見られたのですが、どうも同じ1羽のジョウビタキではないかと思います。右の写真は、沢南橋のすぐ下(下流側)にいたときのものですが、橋で日陰になったため、暗い写真になりました。

Img_7223  ジョウビタキ、けっこう良く移動しており、何枚も撮った写真の中には、Img_7227 ちょうど飛び跳ねたところがいくつかありました。また、これらの写真では、ジョウビタキの影もなかなかおもしろく思えました。ジョウビタキは、両足で跳ぶようにして移動していました。

Img_7265  ちなみに、カワセミと、ジョウビタキ(メス)のコラボ写真も撮れました。ちょっと珍しいショットではないかと思い、自己満足、自画自賛しています(爆)。

Img_7247  こちら、oneshoさんのご教示で、ベニマシコと判明しましImg_7252 た。嘴が太短いので、アトリや、ヒワの仲間だろうと思っていました。ベニマシコも考えましたが、図鑑では、もっと鮮やかな色をしており、自信が持てませんでした。いつまで経っても初心者に毛が生えたくらいのレベルです(笑)。近くに同じ鳥が2羽いたと思います。右は、後ろ姿で、左右の写真は同じ鳥です。

Img_7297  これも、oneshotさんから教えていただいて、オオジュリンだということが分かりました。色から見て、メスでしょう。以前にも、ここ沢南橋で見た記憶があります。ヒタキか、ウグイスの仲間ではないかと推測しましたが、ホオジロの仲間でした。かなり距離があり、クリアには写りませんでした。ベニマシコも、オオジュリンも、もっとクリアに撮れるよう再チャレンジします。

Img_7366  こちらは、散歩をほぼ終えて自宅近くまで戻って来たときに、上空を旋回しているのを見つけました。色や、形(とくに尾翼の先が凹んでいる点)からして、トビだと思います。わが家のマンションの上空から西の方を悠然と回っていました。

Img_7386  このトビが、しばらく視界から外れたのですが、次に見えてきたときには、他の鳥(これも猛禽類のようです)とかなり接近して、お互いに牽制し合いながら飛んでいるように見えました。もう1羽の方は、尾翼の形からはトビとは違うようです。また、トビよりもやや小型に見えました。ミサゴは、腹が白いですし、尾翼の形が違います。チュウヒでは、尾翼が開くと扇形になるといいますし、大きさもトビよりも小型(48~58cm;トビは、59~69cm)ですし、腹側も褐色ですから、チュウヒかも知れません。しかし、これまでチュウヒを確認したことはありませんので、不明というのが正直なところです。

Img_7136  ところで、その他の鳥さん達です。ケリは、国交省木曽川河川管理事務Img_7143 所のすぐ西の水田で2羽見かけました。いつもなら、福島地内の水田でもっと見るような気がしますが、今日はこの2羽だけでした。

Img_7152  モズ(メス)は、国道1号線宮前町交差点近くのお寺の駐車場のところで撮ったものです。このあと、近くのお宅のサザンカの木などImg_7159 に飛び移っていったのですが、そこにいたメジロやら、ヒヨドリやらが蹴散らされていました。けっこう乱暴者なのかも知れません。あのヒヨドリでさえ逃げて行きましたので(笑)。

Img_7161  こちらが、上のモズに蹴散らされて、逃げたヒヨドリです。ヒヨドリは、もう1羽が一緒にいたのですが、ともにモズからは逃げていました。ヒヨドリの方が身体は大きいのに、モズには弱いのでしょうか?

Img_7163  沢南橋のところにいたカワウです。このところ、九華公園でもあまりカワウは見られません。諸戸水路にもたまにしかやって来ません。どこにいるのでしょう? このカワウさん、婚姻色を呈しています。

Img_7148  “たまには”ということで、カラスと、ムクドリ。カラスは、宮前町交差点のImg_7206 北にある神明社の森にいたものです。ムクドリは、沢南橋で、カワセミの近くにいました。

Img_7129  “たまには”ついでに、福島地内の水田にたくさん群がっていたスズメさん達。昨秋刈り取ったあとにまた生えていたイネに群がっているのだろうと思います。大騒ぎでした。ここに写っている数の3倍くらいのスズメがいたように思えました。

Img_7399  メジロは、わが家のマンションの1階のお宅の庭木に出て来たものです。Img_7419_2 ハクセキレイは、諸戸氏庭園前の諸戸水路のところで撮りました。

Img_7414  余談。今日は、諸戸水路で新たな上陸者を発見しました(爆)。左の写真をご覧ください。ドバトさんです(笑)。このドバトさん、本当Img_7423 は何をしていたかといいますと、ここへ来て水を飲んでいたようです。散歩の行き帰りとも、諸戸氏庭園前の諸戸水路を確認しましたが、キンクロさんは、右の写真のように階段に近づきはするものの、今日は、上陸しませんでした。

Img_7293  オマケ。沢南橋のある大山田川の1本北を流れる細い川の堤防上で、たぶん日向ぼっこand/or昼寝をしていたネコです。背中は温かいと思うのですが、たいていは、太陽に向いていることが多いのに、とちょっと気になりました。お天道様に顔向けできないようなことでもあるのでしょうか?

Rimg00020113  ということで、本日の散歩は、9時15分から12時まで。諸戸苑の方から、Img_7279 福島地内、国道1号線宮前町交差点から沢南橋。帰りには三洋堂に寄って、修徳小学校前を経て、参宮通交差点から戻って来ました。5.6㎞。カワセミ、キセキレイ、トビなどで充実しておりました。

【付記(1/14)】 当初不明であった、ベニマシコと、オオジュリンについては、oneshotさんのご教示で判明しました。御礼申し上げます。oneshotさんとは、私がブログを始めた頃、鳥についてはほとんど何も知りませんでしたが、ブログに載せたセグロセキレイの写真にコメントをして下り、いわば、私を鳥見&鳥撮りに導いてくださった方です。ご迷惑でしょうが、勝手に“師匠”と思っております。

|

« 散歩の帰りに、博物館へ……新春企画展「初春の夢」を観る | トップページ | とうとう九華公園でもキンクロさん上陸を確認 »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、こんにちは。

ずるいですか(笑)? たまたま恵まれていただけです。

不明の鳥は、私が勝手に“師匠”と慕っているoneshotさんにご教示いただいて、ベニマシコと、オオジュリンであると判明しました。ひらいさん流にいうと、鳥図鑑+2です(笑)。

カワセミは、10mあまり先にずっといてくれました。久しぶりに出会えて、とても楽しい時間でした。ジョウビタキがあちこちウロウロしてくれたお陰で、コラボ写真も一応とることができました。鳥たちのお陰です(笑)。

カワセミは、確実に、沢南橋付近に棲んでいます。ただ、鳥のことですから、いつもいるとか、いつでも見られるとは限らないところが、面鵜もあり、楽しみでもあります。

しかし、昨日は、沢南橋に着いたときは、カワウとハクセキレイで、ガッカリしたのですが、振り返ってみると、最近にないというか、初めてといって良いほど、鳥に恵まれていました。マジメに散歩していることへのご褒美でしょうか(笑)。

そうそう、これでアオサギまで揃っていたら、完璧すぎて怖くなります。これくらいがちょうどよいのかも知れません。

投稿: mamekichi | 2015年1月14日 (水) 11時58分

oneshtさん、わざわざありがとうございました。

ベニマシコは、図鑑で見ると似ていると思ったのですが、もっと鮮やかな色に書かれていますので、自信が持てませんでした。
オオジュリンも、オオジュリンか、カシラダカかなど、同じホオジロの仲間で迷いました。
まだまだ初心者に毛が生えたくらいのレベルでお恥ずかしいです。

投稿: mamekichi | 2015年1月14日 (水) 11時51分

一度で済まなくてスミマセン。
地味な方の不明野鳥は多分「オオジュリン」だと思います。

投稿: oneshot | 2015年1月13日 (火) 23時36分

mamekichiさま、今晩は。
不明の野鳥は「ベニマシコ(♂)」ですよ~
私は今シーズンは遠くのベニ(♂)を一度撮っただけです。
この場所にはいつもいるのでしょうかね?
近かったら毎日でも行ってみたいです。 (笑)


投稿: oneshot | 2015年1月13日 (火) 23時15分

mamekichiさん、こんばんは!

本日はオールスター状態じゃないですか! 九華公園方面ではなく、沢南橋に行ったのも大正解だったと思いますが、やはりmamekichiさん、強運の持ち主ですよね。羨ましいを通り越して「ずるいです~」(笑)

冗談は置いといて、カワセミ、やはり綺麗ですよね。ジョウビタキとのコラボも素晴らしいです!、自分も1羽よりも2羽以上写ってる写真が大好きです。カワセミ、実は地元では見た事有りません。沢南橋付近に生息しているようなので、自分も探りを入れてみます。また、キセキレイ、モズ、アオジ(見た事有りませんが、またホオジロ・カシラダカ系ですね(笑))、アトリ?、ヒタキ?、ウグイス?、メジロ、レジ袋(笑)、猛禽類その他多数、これだけの野鳥が1日で見れるのは、珍しいのではないでしょうか。更にアオサギが居たら完璧だったかもしれません。(笑)

この季節は、沢南橋要チェックですね。

投稿: ひらい | 2015年1月13日 (火) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 散歩の帰りに、博物館へ……新春企画展「初春の夢」を観る | トップページ | とうとう九華公園でもキンクロさん上陸を確認 »