« 雨読の日……研究ノート(?)など、一部公開(笑) | トップページ | モンシロチョウ発見!、保護 »

2015年1月 7日 (水)

アオサギの後ろ姿比べ、オオバン、怪しげなオブジェ@九華公園

Rimg00350107 雨のあとは、またもや寒波の襲来だそうで、寒い日になっています。午前Rimg00330107 中、北風が強く、4~6m/sくらい吹いています。ただ、予報では曇りだったのですが、晴れ間もけっこうあり、風が当たらないところではそれなりに暖かいこともあります。

Rimg00250107  さて、散歩は、午前中に用事が入るかも知れませんでしたので、8時50分頃に出て、九華公園と、歴史を語る公園、寺町堀だけを歩いて来ました。10時20分まで、4.3㎞です。

Img_6166  今日は、まず、アオサギの後ろ姿比べから(笑)。というのも、一昨日のエンImg_6222 トリで“アオサギの禿頭”を取り上げましたが、おユキさんから“カッパに見える”というコメントをいただいたこともあるからです。それに、今日は、たまたまアオサギ2羽の後ろ姿を撮ることができましたし。左の写真は、九華公園北門を入ってすぐのところにいたアオサギ(いつも、鎮国守国神社の社務所裏の木にいるアオサギだと思います)、右は、二の丸跡のステージ裏に来たアオサギです(色合いからして、本丸跡の松の木などに来ているアオサギのような気がします。そして、一昨日の禿頭のアオサギではないかと推測しています)。どちらも、アオサギの頭にはあまりピントが合っておりませんが、左のアオサギは、青い冠羽が後に垂れていて、“禿頭“には見えない感じです。右のアオサギは、禿頭に見えるようでもあり、カッパの後ろ姿ともいえるようです。これは、さらに観察が必要ということでしょうか(笑)。

Img_6155  上・左の写真のアオサギは、九華公園北門を入ってすぐのところに立っImg_6163 ていました。ここにいると、気づかず近づいて、逃げられることが多いのですが、今日は門を入るあたりで気づきました。なるべく通路の遠い側をそっと歩いたのですが、どうもアオサギは私に気づいていたようで、首を右左に向けて、視線をこちらに向けていました。

Img_6172  案の定、じきに逃げて、例の定位置に行ってしまいました(鎮国守国神社の社務所裏の木)。北風のせいで、けっこうモシャっています。

Img_6225  二の丸跡のステージ裏のアオサギは、外周遊歩道の二Img_6240 ノ丸橋あたりを歩いていたとき、どこから飛んできて降り立ったものです。別にかわったアオサギではありませんが、右の写真のように、首がよく曲がるんだと思ったのです。

Img_6143  そのほかの鳥たち、まずは、オオバン2羽。七里の渡し跡の前、川口水Img_6133 門のところで見つけました。オオバンを撮っているときには、まったく気づかなかったのですが、奥の方に、カイツブリが1羽、泳いでいました。すっかりオオバンに気をとられていました(笑)。

Img_6181  たまには、九華公園のキンクロさん達も取り上げておきます。今日は、キImg_6182 ンクロその他合わせて101羽ほどいました。例のスロープには、ハシビロガモのメスが上がっていました。右の写真で手前を泳いでいるのは、カルガモ。

Img_6152  三の丸公園のところの水門には、けっこう高い波を蹴散らして、キンクロと、スズガモが4羽(真ん中にいる、嘴の付け根が白いのが、スズガモです)。

Img_6258  キンクロさんといえば、“寝癖”というか、“モシャリ”ですが、ちょっと変わったパターンのを。これは、諸戸氏庭園前の諸戸水路にいたキンクロのオスです。

Img_6194  九華公園、今日はあまり野鳥はいませんでした。寒くて、風が強かったかImg_6205 らでしょうか。見かけたのは、ツグミを2羽。それから、あらゆるところにいるハクセキレイ(笑)。

Img_6208  こちらのムクドリさん、センダンの木に止まっていたのですが、さすがにセンダンの実も残り少なく、ヒヨドリもあまり寄ってこなくなりImg_6219 ました。このムクドリさん、珍しく正面顔が撮れたのですが、何だか怒っているようにも見えます。メジロもあちこちで見ましたが、数は少なかったですね。このほか、ジョウビタキのオスも見て、追いかけたのですが、見失ってしまいました。

Img_6262  九華公園でジョウビタキを見失ってしまい、今日は写真に撮れないかとImg_6275 思ったのですが、幸運なことに、諸戸氏庭園前にメスが出て来てくれました。本邸のすぐ東でした。

Img_6175  ところで、九華公園の管理事務所の南にある林の中に、こんなものがあります。以前からその存在は知っていましたが、ここに載せImg_6176るのは初めてです。“1969”と年号らしき数字が描かれています。何かのオブジェなのでしょうが、よく分かりません。ちょっと不気味な感じもします。そもそもこの場所に置く意味があるのかどうかもよく分かりません。裏に回ってみると、何か由来が書かれていたかも知れませんが、それはまた今度。

Rimg00160107  散歩ルートからも外れていますから、その存在を知る人も少ないでしょうし、普通に散歩をしている方は気づかないでしょうね、きっと。

Img_6146  名駅前の高層ビル群の背後に、おそらく中央アルプスだと思いますが、冠雪した山並みがわりとよく見えていました。もう少し天気がよいときれいに撮れたかも知れません。場所、時刻を替えていろいろと撮っては見たのですが、これくらいです。

Img_6118  この頃はすっかりお馴染みの光景になってしまったオマケです。諸戸水路Img_6120 で、今日もキンクロさんのメスが、階段に上ってお休み中でした。ただ気になりますのは、これまでに見ている“キンクロさんの上陸”、メスばかりなのです。たまたまという可能性があるとは思うのですが、オスは上陸しないのかとか、メスの方がよく上陸するのか、などいろいろと気になります。

Rimg00300107  今日はこれから、息子が乗っているクルマの修理に行きます(最初に書いた用事というのが、これです)。クラッチが滑るようになってしまったのです。まぁ、古いクルマですからやむを得ませんが、修理代は痛いですねぇ(爆)。その他、とある研究会関係の案内もつくって、メールで送信というお仕事もあります。ボチボチと取り組むことにしましょう。

【追記】 午後出かけて帰ってきた時に、名駅から中央アルプスが午前中よりもよく見えました。15時過ぎの写真です。

Img_6311  こちらは、上にあるのとほぼ同じアングル、構図の写真です。どの山がどれかは分かりませんが、望遠レンズによる圧縮効果もあって、名古屋の市街地のすぐ背後に雪山があるように見えます。写真の中央にある工事中のビル(クレーンが2基乗っています)は、大名古屋ビルヂングだろうと思います。今年秋に完成予定だといいます。こちらに“大名古屋ビルヂング(34階)工事見物”というサイトがあります。

Img_6307  こちらは、上の写真からさらに南側を望んだものです。名駅の高層ビル群の右手にある高い山は、恵那山(2,191m)です。美濃地方の最高峰だそうです。

|

« 雨読の日……研究ノート(?)など、一部公開(笑) | トップページ | モンシロチョウ発見!、保護 »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

TAKUさん、こちらこそ今年もよろしくお願いします。

九華公園のオブジェ、後側も見て来ましたが、結局、正体は不明でした。
このほかにも、「若い力」というタイトルの塑像とかがありますし、青年会議所が建てた碑とか、句碑とかいろいろあります。
辰巳櫓跡(野球場に近いところ)には、昔の大砲が据え付けられていますが、あれもどうも由来不明のようです。
探してみると、けっこう“アヤシイ”ものがあります。

ところで、キンクロさんは、まだ春先まではいるはずですので、また、ご都合のよいときにぜひお尋ねください。
公園内は、案外風は遮られますよ。

名駅前のビルのバックの雪山は、きっと天気がよいとあちこちから見えるでしょうね。
木曽御嶽山と、恵那山は分かるのですが、それ以外は、調べてみようと思いつつそのままになっています(笑)。

投稿: mamekichi | 2015年1月 8日 (木) 16時12分

おユキさん、こんにちは。

昨日はたまたま後ろ姿が2羽分撮れましたので、比べてみました。
カッパといわれると、そういう気がしてきました(笑)。
それと、私も昨日の写真を見ていて、「これは簑を着ているな」という感じを強く持ちました。

確かに、カッパの伝承と、アオサギの神出鬼没さや、何気なさは共通するところがある気がします。
アオサギは、相撲は取りませんが、何やら体操をしているような動作をしていることはあります。
過去の記事を探すと載せてあるはずですが、ちょっと探すのは大変です m(_ _)m

投稿: mamekichi | 2015年1月 8日 (木) 16時08分

ひらいさん、こんにちは。

“アオサギの後ろ姿研究”とは、言い得て妙で、感心しました(笑)。今日は、後ろ姿は撮れませんでしたが……。おっしゃるように、鳥観察や、鳥撮りには、いろいろのやり方、楽しみ方がありますね。それぞれ“オリジナルバージョン”をつくると良いかも知れません。

アオサギの影の写真の話、早速、リンク先を拝見しました。すごい一瞬をとらえていますね。本当にJALのマークになっていました。

ムクドリの正面顔は、ヘン顔ではなく、おっしゃるようにむしろカッコイイというか、けっこう精悍なイメージさえ感じさせます。今日は、ヒヨドリを撮っていますので、また、ご覧ください。

キンクロ上陸は、本当にもう日常になってきています。
ただし、今日もまた、メスが上陸していました。

九華公園のオブジェ、今日は裏側を確認してきましたが、結局正体は判明しませんでした。
1969という数字は年号でしょうが、昭和でいうと、44年ですから、相当古いものですね。

投稿: mamekichi | 2015年1月 8日 (木) 16時05分

書き忘れちゃいました。
名古屋のタワーバックの雪山、川越町の方からも綺麗に見えていて印象的でした!

投稿: TAKU | 2015年1月 7日 (水) 23時28分

mamekichiさん、遅くなりましたがあけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします!

九華公園のオブジェ・・・不気味ですね(^_^;)
どういった意味があるのか・・・(汗)

やっぱり今年も気になるのはキンクロさんです(笑)
そろそろ実物に会いに行こうと思いつつ、つい寒いという言い訳で出るのをサボってしまいます(^^;)

投稿: TAKU | 2015年1月 7日 (水) 23時26分

mamekichi先生、こんばんは。

アオサギさんの後ろ姿比べ、ありがとうございます。
確信いたしました、これはカッパです。
お立ち台常駐(と思われる)アオサギさんは、プリンスのようですね。
いやぁ~、何かを忘れている、と思っていたのですが、甲羅ではなく、蓑でした。
右の老?アオサギさんはカッパに違いありません。
私のカッパに対するイメージは、ミイラでもありますが、なぜか蓑を被っているのです。
カッパに雨雪を凌ぐ蓑は不要なのでは?と思っていたのですが、これで合点がいきました。

昔の人は、アオサギさんの羽を、蓑と見間違えていたのです(笑)
神出鬼没なところといい、水辺に現れるところといい、伝承と合致するではありませんか。

ただ、相撲を取る姿を想像できないのが気がかりです。

念のため、気は確かですのでご安心くださいhappy01

投稿: おユキ | 2015年1月 7日 (水) 21時39分

mamekichiさん、こんばんは!

アオサギの後ろ姿研究お疲れ様です。(笑) 鳥撮影にも色々な楽しみ方が有るもんだなと思っています。これがまた鳥撮影の醍醐味なのでしょうね。自分も元旦に撮影した飛び立った後のアオサギ写真、地面に影が映ってるのが、結構面白いなと感じました。天候と太陽の位置で色々変わると思いますが、面白い写真が撮影出来たらなと思っています。このアオサギの影で面白い写真がネットに公開されていますよ。
【例えば】
http://matome.naver.jp/odai/2140742339502172701

Google等で、「アオサギ JAL」を検索すると見つかります。

ムクドリの正面顔、結構カッコイイですね。自分も今度撮影してみます! キンクロ上陸は、既に日課になってるようですね。オスが上陸しないとは思えませんが、日向ぼっこしたいのはメスの方が多いのでしょうかね?

九華公園のオブジェ、なんだか怪しげな感じですね。自分も行った時に確認してみます。

投稿: ひらい | 2015年1月 7日 (水) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨読の日……研究ノート(?)など、一部公開(笑) | トップページ | モンシロチョウ発見!、保護 »