« ユリカモメ、今日は九華公園に、ヒヨドリは懸命に餌探し | トップページ | 雨読の今日は、心理アセスメントのスーパーヴィジョン »

2015年1月29日 (木)

氷点下の朝、白梅、綻び始める……ジョウビタキとホオジロのコラボ、キンクロ上陸、シロハラとカワラヒワの入れ替わり(笑)など

Img_0270 今朝は、桑名でも氷点下になったようです(6時20分に-1.6℃)。散歩途中のRimg00090129 工事現場の水たまりに氷が張っていました。ただ、風はあまり強くはなく、午前中は陽射しもありましたので、さほど寒さは感じられません。

Img_0224  鎮国守国神社の本殿の脇の梅の木で、白梅が一輪、綻び始めているのに気づきました。ただ、正面から写真を撮ろうと思うと、入りにくい場所で、ちょっと離れたところからのショットになりました。写真としては、イマイチの出来です。しかし、梅が咲き始めたというのを見て、少し足取りが軽くなりました。

Rimg00130129_2  さて、今日の散歩は、朝あれこれ、細々としていたことをしていたら出るのが遅くなってしまい、10時から2時間ほどかけて、住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀公園などを回って来ました。5.9㎞と思ったよりもよく歩いて来ました。写真は、住吉神社の前から見た、揖斐川や、長良川河口堰の様子です。風がないので、川面は穏やかです。この時期、赤須賀漁港の漁船が、白魚漁に出ていることがあります。今日も2組ほど、漁をしているのが見えました。ただ、2隻がペアになって網を曳くというスタイルですので、なかなかこれはという写真はむずかしいです。つまり、見ただけで「白魚漁をしている」と分かる写真は、撮れないということです。

Img_0112  まずはこちらから。ジョウビタキのメスと、ホオジロのコラボ写真です。といっても、ジョウビタキにピントを合わせましたので、ホオジロの方は、ぼけています。場所は、蟠龍櫓のすぐ南。いつも、ホオジロがよくいるところです。

Img_0111  最初は、ジョウビタキがいるのが目に入ったのですが、すぐに、そこへホImg_0126 オジロが出て来ました。他にもホオジロの鳴き声はしていたものの、姿が見られたのは、この1羽のみです。

Img_0153  九華公園の“例の”スロープ。このところ、カメが出て来たり、ハシビロガモが上陸していたりしていました。今日最初に見たときは、ハシビロガモのメスが“半上陸“状態でいました。

Img_0187  二の丸跡を回って、朝日丸跡に渡る橋に来たとき、もう一度見ると、キンImg_0190 クロのメスも上陸していました。慌ててスロープ近くまで戻ったのですが、ハシビロガモは、タッチの差で堀に戻ってしまいました。

Img_0192 Img_0193 Img_0194  残ったキンクロさんも、居心地が悪かったのか、すぐに堀に戻って行きました。

Img_0259  次いで、こちらは、貝塚公園にいたシロハラです。このところ貝塚公園にImg_0260 行けば、まず間違いなくシロハラに会えます。それはさておき、左の写真を撮ったあと、ちょっと目を離して再び、カメラのファインダーを覗いたら、右のような状態になっていました(笑)。シロハラや、カワラヒワといった鳥が相手なのに“狐につままれた”ような感じです。どうも、カワラヒワにシロハラが追われたようです。このあとも、カワラヒワが、シロハラを追いかけていきました。

Img_0156  九華公園には、今日もユリカモメがやって来ていました。40羽を超えていImg_0202 たと思います。餌をやる人もいました。餌をもらえることを知っているユリカモメが、時間になるとやってくるのかも知れません。

Img_0203 この写真とは関連がありませんが、途中で、キンクロのメスが、何か気に入らなかったためか、 ユリカモメを追い払っている場面も目撃できました(笑)。鳥同士の間でも、大なり小なりトラブルが起こるようです。

Img_0176  シメは、二の丸跡に足を踏み込む頃から、鳴き声がしていました。探し回って、ようやく鳥小屋の裏にいるのを見つけたものです。このあたりの樹上によくいます。シメに限らず、どのあたりによく出てくるか、よくいるかは、鳥の種類によって決まっているようです。

Img_0099  カンムリカイツブリです。船津屋の裏あたり、揖斐川右岸の堤防にかなり近いところを泳いでいました。さすがにすぐにこちらに気づいて、潜って、その後どこかに行ってしまいました。草が被ってしまいました。証拠写真ですが、これほどクリアにカンムリカイツブリを揖斐川右岸で撮れるのは、珍しいことです。

Img_0143  スズメのなる木です(笑)。あるいは、“鈴なり”ならぬ、“スズメなり”です。スズメの様子から思いついた、オヤジギャグですので、お相手はご無用に願います(笑)。

Img_0246  昨日、わが家のマンションの公園でも見た、ヒヨドリのスタイルです。貝塚公園で撮ってきました。まさか昨日のヒヨドリが、貝塚公園まで出張しているとは思えません。それ故、こういう体勢をとるのは、ヒヨドリの行動パターンにあるのだろうと思われます。

Img_0285  あまりドバトの写真は載せませんが、このショット、自分で撮っておいて何ですが、妙に気になったのです(笑)。ハトがいたのは、諸戸氏庭園前の諸戸水路のところです。この頃、朝、ここで餌をやる人がいるようで、私の姿を見て近寄ってきました。

Img_0105  昨日もよく見えていましたが、木曽御嶽山です。揖斐川沿いに出て撮ったものです。今日の方が、クリアに見えています。まだ白煙が上がっているようです。左下に見える構築物は、なばなの里のイルミネーション(ナイアガラの滝)の一部です。


|

« ユリカモメ、今日は九華公園に、ヒヨドリは懸命に餌探し | トップページ | 雨読の今日は、心理アセスメントのスーパーヴィジョン »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、こんばんは。

これが木曽御嶽山です。わが家のあたりからは、なばなの里の向こうに見えます。冬の、晴れて、よく冷える日か、風の強い日によく見えます。
他にも、アルプスの山並みや、岐阜・福井県境の両白山地もよく見えます。
遠くの雪山を眺めるというのは、この寒い時期の楽しみになっています。

明日は、平野部でも朝は雪という予報ですが、今日、一輪だけ、梅の花を見つけました。「梅一輪一輪ほどの暖かさ」という俳句(服部嵐雪)がありますが、そのようになっていって欲しいなと思います。

投稿: mamekichi | 2015年1月29日 (木) 19時04分

今日、久々に道草しまして
同じように山が綺麗に見えてたので
撮らなきゃと思ってましたがすっかり撮り忘れてしまいました。
これが木曽御嶽山なんですね。
1つ山の名前を覚えました。
白い雪がかぶってとても綺麗に見えました。

もう少し寒さは続きそうですが
もう梅が咲いてきたのですね。

投稿: こころん | 2015年1月29日 (木) 17時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ユリカモメ、今日は九華公園に、ヒヨドリは懸命に餌探し | トップページ | 雨読の今日は、心理アセスメントのスーパーヴィジョン »