« この寒いのにウラギンシジミ?……アオジ、オオジュリン、イソシギ、キンクロの体操 | トップページ | 臨床クラスターによる解釈……WISC-Ⅳ解釈の新しい視点(1/3)【文献を追加(1/25)】 »

2015年1月17日 (土)

モズ、ツグミとヒヨドリの食餌、ジョウビタキ3羽、キンクロの上陸は日常化(?)

Rimg00020117 晴れてはいるものの、雲も出て時々雨というか、みぞれというか降っていまRimg00110117 す。午前中、最大風速は、9.2m/sもあったようです。道理で吹き飛ばされそうになった訳です。九華公園も風が強く、堀も右の写真のように波立っていました。世間では、センター試験であります。センター試験の日は、たいていかなり寒くなります。今年は新旧過程の切り替えなどで、試験の実施方法も複雑になっているようです。受験される皆さんのご健闘をお祈りします。

Img_7958  さて、今日は3日ぶりに九華公園や、貝塚公園に行ってきました。ときどき雨か雪が降るかも知れないという予報でしたので、早めに、8時40分過ぎに出かけました。が、あまりの風の強さ、寒さに、急いで周り、10時50分には帰ってきました(笑)。家の中は、午後からは陽射しもよく入り、暖かくなっていて、ありがたいです。こういう風が強く、波がよく立っているときに、揖斐川にはカンムリカイツブリがよく出て来ています(左の写真)。波が好きなのでしょうか?

Img_8007  まずはモズのメスから。九華公園の二の丸跡横の花菖蒲園のところに来まImg_8009 した。樹上や、花菖蒲園の柵などにしばらくいてくれ、何枚も写真を撮らせてくれました。その途中、右の写真のように、何やら上空を気にして、警戒するような姿勢をとったときがありました。

Img_7996  ちょうどその少し前から、ユリカモメの群れがやって来て、九華公園の上空を旋回していました。モズの視線は、このユリカモメの群れに向けられているようでした。ユリカモメを警戒したのかも知れません。

Img_8019  このモズが、花菖蒲園の柵に降りて来たとき、折からの強風に煽られ、このような“モシャリ姿”が見られました。顔や、胴体がどうかなってしまったように見えて、おもしろいです。

Img_7993  今日は、九華公園のあちこちや、貝塚公園でもツグミをみました。今年はImg_8150 ツグミは多いようです。左は、九華公園の二の丸跡、右は、貝塚公園脇の道路で撮ったものです。ツグミはチョコちょこっと走っては、いったん止まります。道路でも同じ行動をしますので、人間の考えからすると、危ないような気がしてしまいます。

Img_8035  九華公園の二の丸跡でそのツグミが餌を食べているところを撮ることがImg_8038 できました。最初は、ミミズか何かを咥えて、引き出しているのかと思ったのですが、そうではなく、草のようなものを咥えて、地面から引き出していたようです。餌に夢中で、こちらにはあまり注意は向けていなかったようです。

Img_8044  ちょうどその時、ハクセキレイがこのツグミに寄って来て、ツーショットが撮れました。ツグミは、正面顔の写真を選びましたが、いつも書くように、鳥の正面顔は、どの種類でも、何度見ても傑作です。

Img_8162  餌といえば、こちらは、内堀南公園で見たヒヨドリ。何かの実が半分になったものを見つけたところのようでした。この季節、木の実も少なくなって来て、餌探しは大変なようです。

Img_8056  話を九華公園に戻しますが、今日は、ジョウビタキを計3羽見られました。ツグミも多いのですが、ジョウビタキも毎日のように見られて、嬉しいかぎりです。まずは、朝日丸跡で見たメスのジョウビタキ。このとき、実は、ツグミと、ビンズイも出て来ていて、ちょっと慌てました(笑)。贅沢な悩みです。

Img_8098  こちらは、鎮国守国神社の本殿の脇に出て来たメスのジョウビタキ。寒さのせいでしょう、ふっくらしています。

Img_8105  上のメスのジョウビタキを見たすぐ近く、九華招魂社の前Img_8110 では、久しぶりにオスのジョウビタキを見ました。私自身、ジョウビタキはどちらかというと押すの方が好みです。メスに会えても嬉しいのですが、オスを見たときの方がもっと楽しいですね。

Img_8084  ビンズイも久しぶりにみられました。九華公園の朝日丸跡を、3~4羽がImg_8089 せわしなく移動していました。植え込みの陰に沿って、ちょこまか走って行きます。追いかけて撮ったのですが、なかなかピントが合わなかったり、明るいところに出て来てくれなかったりで苦労しました。この2枚は、同じ個体です。

 九華公園では、このほか、シロハラや、シメも目撃したのですが、写真には撮れませんでした。

Img_8126  九華公園を回っている頃、たぶん今日これまでの最大風速を観測したのImg_8134 でしょう。寒くて、風が強くて、もう帰ろうかとも思ったのですが、どうしてもシロハラも見たくて、貝塚公園に回って来ました。子どもではありませんから、「頑張ってよかった」などとは書きませんが、貝塚公園では、無事にシロハラを見て、撮ることができました。ただし、ここでも、ビンズイ同様、けっこう公園内を追いかけ、道路にまで出たりして撮りました。

Img_7982  ところで、今日の九華公園のカモ達は、珍しく、西側の堀に80羽以上がまとまっていました。三の丸の町内に面した堀です(左の写真で、右端に写っている橋が、管理事務所のところに入って行く扇橋です)。いつもと違うところにいたのは、風を避けるためでしょうか?

Img_7978  そして、この頃はすっかり日常化した観のある“キンクロの上陸”でありまImg_7974 すが、今日は、管理事務所近くの、カメの甲羅干しスロープに、キンクロのメス2羽が上がっていました。あのよちよち歩きで、この高さまで登ってきたのでしょうか、想像すると笑えて来ます。ちなみに、今日諸戸水路では、上陸は確認できませんでした。

Img_7961  11時過ぎに雨が降ってから、気温ががくんと下がったようです(11時のImg_8170 8.0℃から、12時には4.7℃へ)。14時には6.1℃に戻っていますが、風は強く、8m/s前後吹いています。しかし、わが家のリビングは陽射しが奥まで入り、14時現在で23℃以上あります。暖房は使わずに済んでいます。少し休んでから本でも読むことにしましょう。

|

« この寒いのにウラギンシジミ?……アオジ、オオジュリン、イソシギ、キンクロの体操 | トップページ | 臨床クラスターによる解釈……WISC-Ⅳ解釈の新しい視点(1/3)【文献を追加(1/25)】 »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、こんにちは。

昨日は風が強くて、とても寒く、散歩も早々に切り上げてきました。今日は、打って変わって、暖かい穏やかな日になりましたね。

さて、この頃は鳥を見ることだけでなく、鳥たちの行動の方に興味の重点が移ってきた気がしています。その意味で、モズの行動はおもしろかったですよ。何やら警戒態勢のようだなと思ったら、そのしばらく前からユリカモメが旋回していたのです。

キンクロ上陸は、もはや珍しくなくなってしまい、ちょっぴり残念な気もします(笑)。

カモ達が西の堀にいたのは、おっしゃるように誰か餌をばらまいたというのが、可能性高いですね。

そして、遂にBIRDERを買われましたか。紙質がよくて、カラーページばかりですから、価格が高いのが玉に瑕ですが、眺めているだけでも楽しめます。三洋堂には、以前は1冊しか入荷しませんでした。たぶん私以外にも買いたい方がいて、取り合いになっていたと思われ、最近は、3冊入荷しています。

今日は、諸戸水路でハジロカイツブリの餌捕りをみました。おっしゃるように、いつどこで決定的瞬間が起こるか分かりませんので、気を抜かないようにしましょう(笑)。

投稿: mamekichi | 2015年1月18日 (日) 13時27分

mamekichiさん、こんばんは!

今日は風が強かったですね、と言いつつ、自分は家族都合が有り、午前中に、なばなの里(入村せず)~河口堰辺りを15分程散歩しただけで終わってしまいました。明日は1日フリーなので、じっくり散歩に行こうと思ってます。

モズの仕草、面白いです!、やはり他の鳥が気になるんですね。モシャり具合も良い感じです。(笑) ついにキンクロさん上陸が、日常の風景になってしまったようですね。カメの甲羅干しのように、大勢上陸しているところが見れるのも、もうすぐですかね。そして、キンクロさんが西側に居るのは、ひらい予想では、散歩してた人が、その辺りでエサを与えてた余韻かなと思ってたりします。(笑)

ところで、mamekichiさんが毎月購読していると思われる BIRDER ですが、本日、これまた家族都合で寄った三洋堂で見つけたので、初めて購入してみました。鳥図鑑的な事や、鳥の分布、そして鳥写真コンテスト!内容盛りだくさんで、良い感じでした。ツグミだけでもあれだけの種類が有ると、もう覚える気も無いですね。(笑) その中でも「アカコッコ」というカワイイ名前の鳥は、一度見てみたいです。三宅島には行けないと思いますが。(笑) 他に凄いと思ったのは、ヘビに捕まってる?ブッポウソウと、鉄道車両コラボのカラス! これは驚きでした。鳥写真コンテストは、さすがに自分では足元にも及ばない内容ばかりで、参考にもならないのですが (^^;; あのような感じで撮影出来たら良いなという夢は持てました。(笑)

決定的瞬間は、いつどこで起こるか判らないので、自分もマメに通ってみようと思った次第です。(改めて言う事でも無いと思いますが(笑))

投稿: ひらい | 2015年1月17日 (土) 21時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« この寒いのにウラギンシジミ?……アオジ、オオジュリン、イソシギ、キンクロの体操 | トップページ | 臨床クラスターによる解釈……WISC-Ⅳ解釈の新しい視点(1/3)【文献を追加(1/25)】 »