« ブルーリボン賞の“しまかぜ”、コサギ、ウグイス(?)……久しぶりに大山田川や、上之輪方面へ【海を綺麗にしようラッピング電車を追加】 | トップページ | モズ、ジョウビタキ、アオサギに遊んでもらう……オオバンも接近して撮影 »

2014年12月 8日 (月)

イソヒヨドリ、シロハラ、足環付きの白ハト

Rimg00311208 よく晴れています。14時現在、外気温は10.0℃ですが、わが家のリビングは、25.1℃あります。Rimg00331208もちろん、暖房は使っていません。 最初の写真は、リビングの窓。南向きですので、晩秋から早春までは、太陽の高さが低いので、部屋の奥まで陽射しが入り、暖かく(もっと分かりやすく言えば、ぬくぬくと)過ごせます(笑)。右は、リビングの奥に置いてあるソファ。窓から3mほどのところにありますが、このように陽が当たっています。昼寝に好適の条件です(爆)。

Img_0816  こちらは、朝9時前の藤原岳(1,144m)。今日も、雪が積もっているのが見えます。多Rimg00021208度山(右の写真)は、藤原岳よりもやや北にありますが、山が低いので(403m)、藤原岳よりも雪は少ないようです。

Rimg00141208  さて、本日の散歩は、レギュラーコースの九華公園(左の写真)、貝塚公園、新築公園(右の写真)、老松公園から寺町を通り、諸戸水Rimg00181208 路、諸戸氏庭園前と、5.2㎞を歩いてきました。8時50分から11時半過ぎです。風は、3m/s前後でさほど強くはなく、日向ではけっこう暖かく感じました。

Img_0833  七里の渡し跡と、蟠龍櫓の間では、左の写真のように弾丸みたいになって飛んでいる方がいました。久しぶりに見ましたが、イソヒImg_0838 ヨドリのメスでした。右は、このあたりの堤防の斜面に降り立ったところです。以前、この付近でオスも何度か見たことがあるのですが、最近はトンとご無沙汰。メスばかりが来ています。同じ個体なのかも知れません。

Img_0967  次いでは、ほとんど証拠写真のレベルですが、シロハラだと思います。場所は、鎮国守国神社の本殿近く。九華公園内でシロハラを見るのは、初めてかも知れません。以前は、わが家のマンションにも来ていたり、貝塚公園でよく見たのですが、最近はあまり見なくなっていました。

Img_1006  これらのメジロは、寺町交差点の北のお宅で見かけました。もう少し北のImg_1008 諸戸水路辺りでも今年は、メジロをよく見ます。メジロはよく見ていますと、けっこう剽軽<ひょうきん>な仕草をしてくれます。退屈しません。

Img_1014  7~8羽が群れていたのですが、こんなアクロバティックな様子も見せてくれました。今日は、ここの他、九華公園や、貝塚公園でもメジロの姿を見ることができました。

Img_0826  こちら、船津屋さんの裏手あたりにいた、ドバトの群れに交じっていた、白いハトさん。この頃、このあたりや、わが家のマンションでも白いハトを見ますから、この方かも知れません。この白いハト、よく見たら、足環が着いていました。記号や番号は読み取れませんでしたが、飼育されているハトで、ひょっとしたらレースバトかも知れません。

Img_0847  カンムリカイツブリ、今日は1羽のみが揖斐川に浮いていました。時折潜って、餌を探しているようです。潜水して、魚を捕らえます。しかし、まだ私は、カンムリカイツブリが魚を捕らえたところは見ていません。

Img_0851  ところで、これら以外の野鳥たちについて。左の写真は、蟠龍櫓の近くを歩いていたとき、堤防や、揖斐川の上空を旋回していたヒヨドリの群れです。こんなに多数が群れて飛んでいるところを見たのは、今日が初めてでした。

Img_0969  ヒヨドリは、あちこち、どこにでもいますが、この頃は落葉樹の葉っぱが落Img_0970 ちたこともあって、写真が撮りやすくなっています。九華公園の本丸跡のセンダンの木には、ヒヨドリがよく止まっています。今日は、右のような飛び姿も撮れました。ヒヨドリは飛びながらも「ピーヨ」と鳴きますが、このヒヨドリも飛び立って、一声を発したときです。

Img_0872  こちらは、鎮国守国神社の社務所の裏にいつもいるアオサギさんです。このところ、お休み中ということが多いのですが、今日は、お休みの上、いつもとは反対側を向いて止まっていました。いつもと違う様子を見ると、木になってしまいます。どうかしたのでしょうか?

Img_0947  九華公園でもう1羽、アオサギがいたのですが、左の写真のように、松のImg_0951 木の中とでもいえる、珍しいところにいました。朝日丸跡を一廻りして、堀の中の東屋(5枚目の写真に写っています)のところに来たとき、ふと見上げて気づいたのです。本丸跡の南端に生えている松の木のてっぺん近く。アオサギ、堀端に佇んでいることも多いのですが、このように高いところにいることもよくあります。理由は定かではありません。

Img_0889  今日もジョウビタキのメスに2箇所で出会いました。まずImg_1001 は、九華公園の二の丸跡。ピントはあっていると思うのですが、生憎と逆光もよいところ。色が出ません。もう1羽は、貝塚公園でのものです。太陽に向かって何か、考えているかのようなたたずまいでした(笑)。

Img_0928  話の順序がバラバラになっていますが、九華公園のカモ、カワウたちのImg_0881 様子についても触れておきます。カモたちは、今日は、83羽でした。やや少なめです。カワウは、野球場の照明灯の上や、松の木の上などに散在していましたが、残念ながら、あの“カーニバル騒ぎ”は、気配も感じられませんでした。左右の写真とも、婚姻色を呈したカワウが写っています。右の写真のカワウは、少々モシャっています。

Img_0935  朝日丸跡南の堀には、カイツブリがいました。今日は、カモたちとは離れて、単独行動でした。いつもいる個体のように思えます(何となくであって、確信はありませんが)。

Img_0900  コゲラとシジュウカラは、二の丸跡の鳥小屋近くの木で戯れていました。Img_0992 群れている木の下にまで入り込んで撮ろうとしたのですが、枝かぶりになったりして、苦労しました。

Img_0893  そして、たまにはということで、ムクドリ。これらのムクドリは、二の丸跡、鳥小屋の南で地面に降りて、餌を探しているところです。よImg_0896 く見ると、何となく愛敬のある顔をしている気がしてきました(笑)。

Img_0960  オマケ。鎮国守国神社の本殿前で東の空を見上げて、気づきました。どうも空とか、雲とかに興味があるようです。何だろうと思ったのですが、飛行機雲のなれの果てかな、という気がします。見ている間に消えて行ってしまいました。

 今週はとくに約束はありませんが、来週木曜(通級指導教室の先生方の研修会の講師)と、次の次の日曜(東海地区K-ABC研究会)に研修会や、研究会での話題提供が予定されています。そろそろ療法とも、資料、プレゼンの最終チェックを行い、今週中には送らなければなりません。ぬくぬくとばかりはしていられません(笑)。

|

« ブルーリボン賞の“しまかぜ”、コサギ、ウグイス(?)……久しぶりに大山田川や、上之輪方面へ【海を綺麗にしようラッピング電車を追加】 | トップページ | モズ、ジョウビタキ、アオサギに遊んでもらう……オオバンも接近して撮影 »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブルーリボン賞の“しまかぜ”、コサギ、ウグイス(?)……久しぶりに大山田川や、上之輪方面へ【海を綺麗にしようラッピング電車を追加】 | トップページ | モズ、ジョウビタキ、アオサギに遊んでもらう……オオバンも接近して撮影 »