« メジロ、イソヒヨドリ、ジョウビタキに、ツグミは証拠写真ばかり | トップページ | 学び方の基礎の基礎(その3) »

2014年12月13日 (土)

寒風を突いての散歩……婚姻色のカワウ、ジョウビタキ、ツグミなど

Rimg00411213 本日、12時50分頃の多度山から藤原岳にかけての写真です。これ、たぶん雪雲だろうと思います。寒いわけです。北風も強く、ひょっとしたら、バールフレンドのYさんがおっしゃったように、“雪起こしの風”なのかも知れません。最低気温は、3.2度(6時10分)で、今のところ最高気温は、8.7℃(11時40分)ですが、冷たい風が強く吹いています。13時現在、西の風、6.3m/sです。

Rimg00021213  さて、こういう冷たい日なのですが、いつもと同じように、午前中は散歩に出て来ました。何というか、習慣化していますし、楽しみでもあります。9時出発、11時帰宅と、さすがに風が冷たかったので、いつもよりはやや短めでした。ただし、歩いた距離は、5.5㎞と、ほぼいつも通りです。

Img_1673  コースはいつもの通り、住吉神社から揖斐川の堤防を歩いて、七里の渡Img_1768 し跡、九華公園、貝塚公園など公園巡りをして、寺町へ。桑名別院にお参りし、諸戸水路沿いから戻るというものです。揖斐川の堤防の上は、さすがに風が強く、煽られてしまって、まともに歩けないくらいでした。揖斐川も波立っているのがお分かりになるかと思います。それに、こういう寒い日は、水が青みがかっているように見えます。山は多度山です。右は九華公園ですが、お堀の水も風のせいで波立っています。

Img_1677  野鳥はあまり期待できないと思ったのですが、まぁそれなりにという感じでした。鎮国守国神社の社務所裏には、アオサギがいつものように、南を向いて止まっていました。ただ、よく見ていただくとお分かりになりますが、風のためか、冠羽が立っています。胸のあたりも、モシャっています。

Img_1683  カワウたちも、まぁまぁの数がいましたが、婚姻色を呈しているカワウがImg_1719 目立ちました。頭から顔のあたりの羽が白色というか、見方によっては銀色になっています。これが繁殖期に入った証です。それと、アオサギ同様、頭のあたりがモシャっています。今日は、“モシャ鳥デー”といってよいのです。

Img_1691  二の丸跡では、シジュウカラや、ハクセキレイの姿が見られました。シImg_1697 ジュウカラは、ちょっと逆光気味で分かりにくいのですが、たぶん地鳴きをしているのでしょう、口を開けています。


Img_1705  同じあたりでは、ツグミとシメのツーショットが撮れました。最初は、ツグミだけがいたのですが、そこへシメが飛んできたのです。ツグミのやや左上に、後ろ姿のシメが写っています。ツグミもそうですが、シメも、今年はあまり見られません。シメ、私は妙に好きなので、あまり見ないのは、残念です。

Img_1726  朝日丸跡へ進んだら、ジョウビタキのメスが出て来ました。慣れて来ますImg_1736 と、遠目でも、尾を振るような動作などで見分けが付きます。根拠はありませんが、昨日、野球場近くのお宅のところで、窓にアタックをしていたジョウビタキかも知れません。

Img_1746  こちら、左の写真をご覧ください。鎮国守国神社の本殿の屋根を撮ったものであることには違いないのですが、他にお気づきになImg_1747 ることはありませんか? 右は、これとは別にズームアップして撮った写真ですが、瓦のところにハトが並んでいるのです(笑)。パッと見では、すっかり瓦に同化してしまっていて、判別しにくくなっています。

Img_1744  ところで、この寒風吹き荒ぶ中、九華公園の野球場では、中学生の試合Img_1761 が行われていました。成徳中学校vs.玉城中学校の対戦です。いやぁ、元気です、中学生は。三塁側の場外では、もう1校のチームも待機していました。

Img_1763  あまりに風が強くて、寒いのでゆっくり観戦というわけには行きませんでしたが、それでも少しは写真を撮ってきました。左のショット、バッターが打った直後のものです。バッターのやや右上に、ボールが写っていました。

Rimg0025  帰りがけには、寺町に立ち寄り、桑名別院にお参りしてきました。今日は、三八市の開催日でしたので、境内は駐車場化していました。三八市はけっこう賑わっており、折から、衆院選の選挙活動の最終日でしたので、候補者が2組、鉢合わせになっていました。

Img_1788  オマケ。長良川河口堰です。このところ、時々工事の様子の写真を撮って載せていますが、さすがに今日は土曜日で、工事は休みのようでした。

Img_1786  こちらは、先日来、作業員の方が入って工事をしているゲートです。昨日は、塗装をしているように見えましたが、その部分(右側)は、水色が鮮やかになっている感じです。また、今日気づいたのですが、ゲートの後の堰本体には、何やら仮のゲート(パネル)のようなものが取り付けられているようです。

Img_1787  こちらは、上のゲートより東側の工事箇所です。シートで覆われていますので、この中で何か作業が行われているのかも知れません。

|

« メジロ、イソヒヨドリ、ジョウビタキに、ツグミは証拠写真ばかり | トップページ | 学び方の基礎の基礎(その3) »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メジロ、イソヒヨドリ、ジョウビタキに、ツグミは証拠写真ばかり | トップページ | 学び方の基礎の基礎(その3) »