« 昨日の赤須賀漁港への散歩と、11月の散歩記録……ユリカモメ、ウミネコ、カワウとシメなど | トップページ | 九華公園にはビンズイ登場、揖斐川にはオオバン……寒風を突いての散歩 »

2014年12月 2日 (火)

所用で実家へ……天使の梯子と、弥富野鳥園

 夕方になって、風も収まってきましたが、朝、6時頃には、8~9m/sほどの西風が吹いていました。マンション9階のわが家、風で飛んでいかないかと心配になるくらいでした(笑)。それに、最高気温は8.6℃(13時50分)までしか上がりませんでした。いきなり冬がやって来た感じで、参ります。

 本日は、所用で実家に行って来ました。長らく放置していたあることがらについて、ようやく手続をしようということになり、そのため、出身地の市役所や、手続の代行をお願いしている事務所などを回って来たという次第です。ほぼめどが付いてきましたので、気分的にも楽になってきています。

 朝10時過ぎに出かけて、帰ってきたのが、17時を回っていましたので、散歩には行っておりません。が、決して、寒さに負けて散歩をサボった訳ではありませんので、誤解なきよう願います(笑)。散歩しておりませんので、依頼先の事務所から実家まで歩いたり、実家で庭の落ち葉を集めるなど、一応、運動をしようという努力だけは致しました。

Rimg00051202  さて、いつものように、往復の途中、写真を撮って来ました。運転は家内がしておりましたので、ハンドルを握りながらということではありません。左は、往きに伊勢湾岸道の名港トリトンから見た、名古屋市内の景色です。左端に名駅前の高層ビルが見えていますし、そのやや右には、名古屋港シートレインランドの観覧車も写っています。空は、いかにも風が強そうな雰囲気となっています。

Rimg00381202  いきなり、もう夕方、帰り道の写真になりますが、これは、半田と高浜の間にかかっている衣浦大橋の西詰めあたりから撮ったものです。16時10分を少し過ぎたくらいで、もう日の入りの30分くらい前です(本日、名古屋の暦では、日の入りは16時42分)。

Rimg00401202  そして、どうしても気になりますので、懲りもせず載せますが、“天使の梯Rimg00451202 子”であります(リンク先は、Wikipediaです。ただし、Wikiでは、“薄明光線”という項目になっています)。半田市内を走行中に見えたものです。Wikipediaの基本的な説明は、引用の通りです。

薄明光線(はくめいこうせん、英語: crepuscular rays)は、太陽が雲に隠れているとき、雲の切れ間あるいは端から光が漏れ、光線の柱が放射状に地上へ降り注いで見える現象の俗称。通常とは逆に、雲の切れ間から上空に向かって光が出ることもある。おもに、地上から見た太陽の角度が低くなる早朝や夕方に見られる。美しい自然現象だとして、写真撮影への人気も高い。

 確かに「写真撮影への人気も高い」と、お墨付きがあります(笑)。発生条件についても、説明があります。雲、空気、時期・時刻と分けて書かれています。詳細は、上のリンク先をご覧いただくとして、簡潔に言うと、次のようなことのようです。

雲の切れ間の下に、雲を構成する水滴(雲粒)よりも小さく、目に見えない水滴が多数浮遊した状態であれば、光が散乱されて光芒が見えるようになる。水滴が多いと散乱過剰になって、光芒が途中で消え地上に届かなくなる。また、水滴が少ないと散乱過少になり、光芒が薄く見えにくくなってしまう。

 時期的には、空気の澄んだ秋から冬にかけてみられることが多いようです。時間帯別には、太陽の確度が低い早朝や、夕方に多く見られます。

 実は、昨日の夕方も、天使の梯子が見られ、写真にも撮っているのですが、あまりやり過ぎるのもどうかと思って、ブログには載せておりません。

Rimg00621202  余談というか、オマケというか、一つだけ。伊勢湾岸道弥富インターのすぐ近くに、愛知県弥富野鳥園があります。以前、一度だけ行ったことがあるのですが、ここには、カワウがコロニーを作っています。それも、数え切れないほど膨大なカワウがいます。今日も、往復ともに野鳥園の前を通ったのですが(ただし、私たちは、湾岸道ではなく、湾岸道の下の県道を通ります)、夕方になると、カワウが巣に戻って来ます。帰り道、16時50分頃、通った時の写真が、左のものです。巣がもっとも多いところをやや過ぎてしまい、また、走行中に撮りましたので、ピンぼけ&ブレブレ写真ですが、樹上にカワウらしき鳥がいつのはお分かりになるかと思います。

 とくに多いのは、野鳥園の敷地の東側(楠一丁目交差点に近い方)です。木の葉っぱかと思うくらい、カワウが樹上にいます。ビックリするというか、気持ち悪いというか、難しいところです。

 この野鳥園、鳥見をするようになってから、一度は(別に一度に限りませんが)行ってみようと思い続けて、実現できていません。かなり元気になってきましたから、そろそろ実行したいところです。見られる鳥のリストは、次の通りで、まだ見たことのない鳥もいます。

年中見られる鳥……カイツブリ、カワウ、アオサギ、カルガモ、チュウヒ、キジ、ケリ、キジバト、カワセミ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、モズ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス等
冬に見られる鳥……マガモ、コガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ノスリ、オオタカ、ユリカモメ、アカゲラ、ルリビタキ、ジョウビタキ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、シジュウカラ、メジロ、アオジ、オオジュリン、カケス等

|

« 昨日の赤須賀漁港への散歩と、11月の散歩記録……ユリカモメ、ウミネコ、カワウとシメなど | トップページ | 九華公園にはビンズイ登場、揖斐川にはオオバン……寒風を突いての散歩 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、こんにちは。
天使の梯子写真、楽しんでいただけたようで、何よりです。電線が写るのは、仕方ないなと思ったのですが、見ようによっては、景色の一部といえるかも知れません。

ところで、12月3日分は、写真の量はいつもくらいだと思いますが、今日(12/4)は雨ですから、「先撮り」かも知れません(笑)。

投稿: mamekichi | 2014年12月 4日 (木) 13時03分

こんばんは。しかと確認いたしました。
電線(?)がハープの弦のようです。
焦らされたので、有り難みが増したのでしょうか(笑)

依存症は、どっちもだと思います(笑)

今日(12/3)は散歩写真がたくさんあって、見応えがあります。
明日の分も先取りならぬ「先撮り」されたと思って、
贅沢は言わないようにします。

投稿: おユキ | 2014年12月 3日 (水) 22時30分

おユキさん、おはようございます。

確かに、拡大されませんでした。写真をアップしたときに、「記事内で拡大」を指定しなかったかも知れません。早速修正しましたので、これで大丈夫と思います。ご迷惑をおかけしました。

「猫の欠伸研究室」か、あるいは写真の依存症ですかねぇ(笑)。

投稿: mamekichi | 2014年12月 3日 (水) 05時42分

せんせー、451212 天使の梯子2が拡大されませんcrying
私だけでしょうか。
ブラウザを変えても見れなかったので、ソースまで見ちゃいましたsweat01
詳しくないのですが、可能性としては451212_2のアンダーバーくらい・・・かな、たぶん。

今日は写真が少なくて、ちょっと寂しいです。
クセになるとはこの事です(笑)

投稿: おユキ | 2014年12月 2日 (火) 22時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昨日の赤須賀漁港への散歩と、11月の散歩記録……ユリカモメ、ウミネコ、カワウとシメなど | トップページ | 九華公園にはビンズイ登場、揖斐川にはオオバン……寒風を突いての散歩 »