« ダイヤモンド御在所(?)、イソヒヨドリのオス、ジョウビタキのオスに、鎮国守国神社には門松も登場……朔旦冬至の散歩 | トップページ | 今日は、イソヒヨドリのメスとユリカモメ、この時期に甲羅干しするカメ(?)……途中までの散歩写真は自動的に消滅(涙) »

2014年12月23日 (火)

今日もイソヒヨドリ、沢南橋ではイソシギ、ケリ、ジョウビタキ、モズ、それにコガモが飛ぶ……しまかぜも撮りました

Rimg00051223 「いきなり何だ?」という感じですが、今日の散歩の途中でただ一軒、日の丸が掲げられていました。私が子どもの頃は、どこのお宅にも、祝日には日の丸が掲げられていた記憶があります。その祝日も、「旗日」と言っていました。

Rimg00021223  さて、風が弱いのはありがたいのですが、曇りがちで、陽が当たらず、寒い感じの1日になっています。ようやく年賀ハガキを入手しましたので、いい加減に年賀状をつくらないといけません。それも合って、今日の散歩は、エディオンでプリンタのインクを買いがてら、福島から播磨近くの大山田川・沢南橋の方へ行って来ました。9時半前に出て、11時50分くらいに戻って来ました。散歩距離は、5.7㎞ほど。

Img_3101  今日はいきなり、イソヒヨドリのオスに出会いました。福島のコイン洗車場近くの水田と、そのとなりのお宅のあたりです。写真の撮れ具合は、昨日のものと比べものにはなりませんが、散歩の幸先は良さそうな感じでした(笑)。

Img_3105  イソヒヨドリがいた、近くの水田には、ケリが2羽いました。いつもなら、警戒Img_3124 されてすぐに逃げられるのですが、今日はそういうこともありません。繁殖期ではないからなのでしょうか? 理由はよく分かりません。左の写真は、そのペアのうちの一羽。右は、少し離れたところにいた別のケリです。嘴の先がぬれているように見えます。水田に溜まった水でも飲んでいたのかも知れません。

Img_3145  宮前町の交差点を渡ったところに神明社があります。ここにはいつもカワラヒワがいます。この写真、カワラヒワは枝かぶりになってしまい、出来は今ひとつですが、カワラヒワが羽を広げていて、それがきれいだったので、載せました。

Img_3157  沢南橋に到着。ここは例年、コガモたちがやってくるところです。今日も、Img_3233 数羽ずつまとまって過ごしていました。左の写真は、ここにある堰の上にいたコガモたちです。堰のすぐ上流側には、コガモたちが陸に上がる場所があります。この場所も、例年通りのところです。毎年同じカモたちが来るのか、という気がします。

Img_3293  左がコガモのオス、右はメスです。他のカモや、鳥たちと同様に、オスのImg_3321 方が、きれいというか、カラフルです。


Img_32662  このあたりで歩き回りながら、写真を撮っていたのですが、途中で、コガモを驚かせてしまったようで、オスが一羽、慌てて飛んで逃げました。狙ったわけではなく、あくまでも結果的にではありますが、水面から飛び上がったときに挙がった水しぶきや、水滴まできれいに撮れました。
Img_3267  飛び出しシーンは、滅多にこちら向きや、横向きには撮れませんから、そImg_3268 の点はいけませんが、このあとコガモは、かなり遠方まで飛んでいきました。

Img_3170  沢南橋には、この季節、イソシギが来ていることがあります。胸の白い部分が肩(といってよいのか?)の方まで伸びていますので、イソシギだと思われます。一羽のみが、堰の下のところで、餌を探しているようでした。

Img_3197  アオサギです。色がややくすんでいます。そのせいで私は、勝手に年寄りImg_3200 かと思っていますが、実際にはどうなのかわかりません。このアオサギ、最初見たときは、あまりにも色がくすんでいたので、ゴミか?と思ってしまいました(笑)。

Img_3206  どうやらお休み中のようでした。それも、本当に眠っていたのかも知れません。というのも、上・右の写真でいうと、右側に回り込んImg_3235 で、数mのところまで接近して、この写真を撮ったのですが、まったく気づかれなかったからです。アオサギにも、こういうことがあるものなのだ、と思いました。お疲れだったのでしょうか(笑)? ただし、しばらくしてからは、目が覚めたのか、フツーのアオサギに戻りました(右の写真)。

Img_3213  奥に写っている橋が、沢南橋ですが、このあたりは裏道ではあるものの、けっこう、クルマはよく通ります。こんなところに、けっこう神経質なアオサギがいるのは不思議な気もします。また、時折、徒歩の肩や、自転車の肩も通るのですが、どなたもアオサギには、気がつかないようでした。鳥に関心がない方がほとんどなのでしょう。それに引き替え、私は、物好きなのだと、改めて思います(爆)。

Img_3186  アオサギを撮っている途中に、セグロセキレイもやって来ました。セグロImg_3202 セキレイを見るのは、久しぶりです。セグロセキレイは、九華公園や揖斐川沿いなどよりも、この沢南橋のように、少し陸地側に入ったあたりで見ることが多いようです。

Img_3236  上之輪神社に近い側に、ジョウビタキのメスが現れました。このあたり、しばらく前にはオスのジョウビタキもいました。ここにもImg_3249 ジョウビタキがいるとも思えますし、今年はジョウビタキが多いような気もします。前から見てもかわいらしいですし、後ろ姿も美人です。

Img_3330  ジョウビタキと言えば、今日は、オスが、エディオン近くの歯科医院の裏手にいました。ちょっと距離がありましたので、あまりよい写真は撮れませんでした。ちなみに、今日は、「ジョウビタキ、出てこい」と言う必要はありませんでした(微笑)。

Img_3279  寒かったので、実はあまり期待はしていなかったのですが、けっこういろImg_3282 いろな鳥が出てきてくれました。こちら、証拠写真レベルですが、モズのオスです。けっこうな距離がありましたので、というのはまぁ、言い訳ですが、もっとクリアに撮りたいものです。

Img_3239  ハクセキレイです。ハクセキレイそのものは、珍しくもありませんが、このImg_3240 ハクセキレイ、ちょうど餌を見つけて、咥えているところでした。細長い虫のように見えます。咥えながら、地面に叩き付けるような動作をしていました。右は、ちょうど、それが嘴から離れたところです。

Img_3244  そのあとの写真です。どうやら、「まいう~heart04」とおっしゃっているようです。というのは本当かどうか、分かりませんが、虫は見あたりませんので、食べたあとなのでしょう。それは、確実だと思います(笑)。

Img_3301  ところで、この沢南橋あたりに付いたのは、10時少し過ぎでした。あちこち歩き回って、鳥の写真を撮っているうちに、10時半を回りました。もうすぐ、近鉄のしまかぜがやってくる時間です。そこで、鳥撮りはひとまず置いて、急遽、一時的に、撮り鉄に変身しました。スポーツモードで連写したのですが、ちょっとピントが甘いかなという気がします。それに、ロケーションが今ひとつだったかも知れません。撮り鉄になるには、まだ修行が足らないようです(苦笑)。場所は、大山田川の沢南橋と宮西橋の間の近鉄の鉄橋です。鉄橋の東側、川の右岸から撮りました。

Rimg00071223  国道1号線の宮前町交差点から、伊勢大橋にかけて、現在工事が行わRimg00091223 れています。この看板によれば、伊勢大橋を掛け替えるために、道路拡幅するのだそうです。現在は、そのために擁壁工事中ということです。右の写真にあるように、U型の擁壁というものを設置しているようです。

Img_3352  こちらは、わが家のマンションの前の諸戸水路でありまImg_3361 す。この冬、キンクロハジロが、毎日、8~10羽くらい来ているのですが、今日は、カイツブリが1羽いるのを見つけました。キンクロも、カイツブリも好きな鳥ですので、これでほぼ居ながらにして、ある程度、鳥見が楽しめる環境になりました(笑)。右の写真、背景に写っているのは、住吉ポンプ場です。

Img_3378  オマケ。本日、最初に書きましたが、祝日ですが、河口堰では、工事が行われていました。お休みなのに、お疲れ様です。


Img_3255  さあ、いよいよ年賀状作成作業に取りかからなければ……。元旦には間に合うのでしょうか?

|

« ダイヤモンド御在所(?)、イソヒヨドリのオス、ジョウビタキのオスに、鎮国守国神社には門松も登場……朔旦冬至の散歩 | トップページ | 今日は、イソヒヨドリのメスとユリカモメ、この時期に甲羅干しするカメ(?)……途中までの散歩写真は自動的に消滅(涙) »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

たもはんさん、こんにちは。お元気でしたか?

ケリは、おしゃるように、羽を開いて飛んでいるときと、佇んでいる時とでは、イメージがまったく異なりますね。今年の冬は、少ないような気がします。

年賀状の作業は進みましたか? 私はこれから印刷作業に入ります。

投稿: mamekichi | 2014年12月24日 (水) 14時19分

ひらいさん、こんにちは。

沢南橋あたり、この頃カワセミが撮れません。それに今の時期、アオジとか、カシラダカとかそういう鳥が、以前は来ていました。これらが出そろってくれると、私ももっと頻繁に出かけると思います。

ケリは、おっしゃるように少ないですね。ツグミは、2~3日前から、地面に降りているところをみるようにはなりましたが、数は少ないですね。ただ、ジョウビタキを見る回数は、去年よりもかなり多い気がします。鳥も、年によって、見られるものが異なるようです。

「きれいな鳥をきれいに撮れない」というのは、確かにあります(笑)。まぁ、いつ行っても、必ず鳥がいて、きれいに撮れるというのでは、楽しみも半減するかも知れませんね。期待しつつ、楽しみましょう。

しまかぜのお写真も楽しみにしています。年末でお忙しいでしょうがまた、更新してくださるのを楽しみにしています。

投稿: mamekichi | 2014年12月24日 (水) 14時17分

ケリ!羽を広げた姿と閉じた姿の色彩が全然違って 面白い鳥ですよね!
お久しぶりです。。。
私も年賀状を作るために 機械と格闘中ですwobbly

投稿: たもはん | 2014年12月24日 (水) 08時14分

mamekichiさん、おはようございます!

沢南橋付近も、主要メンバーが揃って来ましたね。自分も遠征しなくてはと思いつつ、近場でもかなり楽しめているので、中々そちらにはお邪魔出来ないでいます。自分は昨日木曽川に行ってみましたが、結構楽しめました。その後用事が有り、また末広橋梁に行っておりましたが、こちらもそれなりに撮影出来て楽しかったです。

今冬は、ケリとツグミが少ないですが、ジョウビタキの目撃回数は多いですね。鳥も不思議です。自分も綺麗な鳥ほど、綺麗に撮影出来ないという矛盾を打破しようと思っているところです。(笑)

しまかぜは、昨日自分も海山道駅近くで撮影しました。ブログ更新は相変わらず遅れております。(^^;;

投稿: ひらい | 2014年12月24日 (水) 07時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダイヤモンド御在所(?)、イソヒヨドリのオス、ジョウビタキのオスに、鎮国守国神社には門松も登場……朔旦冬至の散歩 | トップページ | 今日は、イソヒヨドリのメスとユリカモメ、この時期に甲羅干しするカメ(?)……途中までの散歩写真は自動的に消滅(涙) »