« 学び方の基礎の基礎(その1) | トップページ | 所用で実家へ……天使の梯子と、弥富野鳥園 »

2014年12月 1日 (月)

昨日の赤須賀漁港への散歩と、11月の散歩記録……ユリカモメ、ウミネコ、カワウとシメなど

 昨日の夕方から雨になっています。今朝は、一時止んでいましたが、また降ってきそうです。昼くらいには上がりそうですが、雨が上がったあとは、風が強くなり、寒気が入ってくるということで、12月に入って早々、冬に変わるということでしょうか。

 ということで、今のところ、本日の散歩のめどが立ちませんので、とりあえず(とりあえずだけで終わるかも知れませんが)、昨日の散歩の話と、11月の散歩のまとめをしておきます。

Rimg00351130  さて、昨日の散歩は、九華公園も一廻りしたのですが、主たる目的地は、こちら、赤須賀漁港でした。実は、11月14日の“カワウの集団漁、ツグミちゃんやっと到来……今日は、7.2㎞もの散歩!”の時に、赤須賀漁港の南端の堤防上に、カワウや、ユリカモメ、ウミネコの姿が見えたのですが、この日、タイトルにもありますように、結果的に7.2㎞も歩いており、近くまで行ってそれらを確認する元気がありませんでした。そのリベンジというわけではありませんが、赤須賀漁港の南の端まで行って、見て来ようと思ったのです。気持ちがはやりすぎて、出発は8時20分(笑)、帰宅は10時50分、歩いた距離は、6.2㎞でした。

Img_9220  先に九華公園内を周り、野球場のところから揖斐川の堤防に上がりましImg_9254 た。赤須賀に行く途中、ウミネコが出迎えに来てくれました(左の写真)。上流方向に飛んでおり、陽射しのあたり具合の関係で、黒っぽく写ってしまいました。また、昨日は赤須賀漁協の出漁日で、シジミ漁をしている船がたくさん、揖斐川に出ていました。

Img_9256  揖斐・長良川の中洲の先(南)、両河川が合流するあたりに、堤防というには小さなものがあります。2つあるのですが、満潮の際には、水没してしまうほどです。往きには、ここにカワウと、ウミネコが見えました。

Img_9269  赤須賀漁港に到着。9時半過ぎです。左の写真は、漁港の中央よりやや北の堤防上の様子。堤防上にはカワウの姿のみですが、向こう側(長良川)には、ユリカモメらしき鳥が、浮かんでいるのが見えます。対岸は、桑名市長島町です。

Img_9276  こちらは、赤須賀漁港の南の端あたりです。向こうに見えている赤い橋は、国道23号線の揖斐長良大橋です。手前の堤防の上や、棒の先端にも、ユリカモメがたくさん止まっています。小さくて分かりにくいのですが、向こう側の堤防上にも、ユリカモメがいました。移動したり、河に出入りしたりしていましたので、正確な数はカウントできませんでしたが、50羽以上いたのは確実です。九華公園に来るユリカモメも、ここからやってくるのかも知れません。

Img_9280  左の写真は、上の写真と同じとき、ところを、ズームアップしたものです。Img_9289 向こう側の堤防をズームアップしてみたものが、右の写真です。カワウが5羽写っているほか、アオサギも2羽、そして、大きさなどからしてコサギと思われる鳥も1羽います。ここ、赤須賀漁港は、種類は多くはありませんが、水鳥の小パラダイスと言っても良いかも知れません。ただ、手前の堤防は、堤防道路から60~70mくらいの距離なのですが、向こう側の堤防は、160~170mくらい離れているのが、難点です。

Img_9293  赤須賀漁港の南の端といいましたが、国道23号線の揖斐長良大橋までImg_9290 は、250mほどのところまで行って来ました。ずいぶん以前には、国道23号を超えて、浜地蔵まで行ったこともありました(笑)。浜地蔵(龍福寺)には、芭蕉の「白魚の句碑(
明ぼのや 白魚白きこと 一寸)」があります。右は、同じあたりから見た漁港から上流側です。なばなの里のアイランド富士が見えていますし、左の端には建物の間から、河口堰も見えました。

Img_9314  帰り際、4枚目の写真と同じところを撮ってみました。水かさが増えてきImg_9318 て、小堤防は水没寸前でしたが、カワウ3羽は、羽を乾かしていました。ウミネコは、2羽が向かい合っていましたが、何か意味があるのかは不明。しかし、直後(1分後くらい)、カワウは堪らなくなったのか、逃げ出し始めました。

Img_9316  上の小堤防のすぐ側(上流側)には、少しだけ高い、やはり小さな堤防があります。こちらには、カワウが8羽と、アオサギが1羽いました。ここも、満潮になると水没するのですが、まだ余裕があるようでした。

Img_9275  赤須賀漁港での余談。その1。左のカワウは、カワウが良くやっているように、両翼を大きく開いて、羽を乾かしているのですが、右のユリカモメが、それを真似しているように見える写真が撮れました。ただし、これは、マネをしているのではなく、ユリカモメの方は、ここに舞い降りたところです。これから、羽を畳もうという瞬間をとらえてものです。

Img_9258  またもや存在感のあるネコです。通りかかったら、ミャァミャァ鳴いて、呼び止められた気がしました(笑)。まるで、「おい、せっかくだから写真を撮って行けよ」といわれているような感じでした。

Rimg00251130_2    ネコがいたのは、こちら。ちょうど、はまぐりプラザの真ん前であります。Rimg00241130 旅ネコなのか、どこかのお宅の飼い猫なのかは、よく分かりませんでした。写真を撮り終えて、他を見回していたら、もう姿が消えていました。幻ではなさそうです。

Img_9239  赤須賀漁港へ行く前に、九華公園を一廻りしたのですが、残念ながら、これはという野鳥はいませんでした。シメも見られたのですが、左の写真のように、枝かぶりも良いところの、全くの証拠写真しか撮れませんでした。まぁ、シメとは分かっていただけると思いますが……。

Img_9327  赤須賀から住吉神社のところへ戻って来ましたら、ヒドリガモが8羽、揖斐Img_9323 川右岸に近いところに浮いていました。行きがけにも、中洲の方にヒドリガモのペアが見えましたので、このグループの仲間かも知れません。住吉水門のところには、アオサギが1羽、立っていました。色がくすんだ感じで、老体なのかな、という気がしています(ただし、本当に老体かどうかは分かりません)。

 ところで、11月はけっこうまじめに散歩をしていた気がします。そこで、11月の散歩の記録を書いてみようと思った訳です。

 雨で散歩に出られなかったのは2日、所用で外出したのが4日、サボったのはわずかに1日でした。都合、11月中に散歩をしたのは、30日中、23日となります。

 23日の平均歩行距離は、5.6㎞(標準偏差<歩いた距離のバラツキを示す指標>は、0.63)でした。これは、ネット上の“キョリ測β”というサイトで測定しました。最短距離は、4.3㎞、最長散歩距離は、7.2㎞です。

 体調も良くなってきていますので、寒くはなって来ますが、このペースで冬の間も歩き続けることにしたいと思っています。

 明日は、所用で実家方面へ出かけます。「このペースで歩き続けたい」と書いたそばから、散歩に出られませんが、まぁ、やむを得ません。

|

« 学び方の基礎の基礎(その1) | トップページ | 所用で実家へ……天使の梯子と、弥富野鳥園 »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、おはようございます。

赤須賀漁港、なかなか良い感じです。とくに、出漁日は、活気があって良いですね。ごくたまに出かけますが、前の時は歩きすぎて、疲れてしまい、南端までたどり着けませんでした。

普段はカワウと、ウミネコ、サギがいるんでしょうが、冬になると、ユリカモメがやってくるのだと思います。

あの「水没する場所」は、地図に載ってはいますが、満潮になると、水没してまったく見えなくなりますね。カワウたちがよくたむろしています。

はまぐりプラザは、城東地区公民館&漁協施設です。食堂もあって、はまぐり料理も食べられます(ただし、前日昼までに予約が必要のはず)。一部の噂では、料亭で食べるよりも美味しいとか。

23号から行かれると、はまぐりプラザ前の道路は、23号の下を通っています(アンダーパス)ので、長島からは、地蔵交差点まで行って、戻ることになります。地蔵交差点は、右折、左折とも結局は、同じ、堤防道路にでます。

名前の件、どうぞお気になさらず。私など、パソコンのキーボードを使っていても、頻繁にタイプミスや、誤変換をやらかしていますので。

投稿: mamekichi | 2014年12月 2日 (火) 09時12分

ごめんなさい、mamekichiさんの名前が間違っておりました。スマホのタッチパネルは誤入力が多くて大変です。

投稿: ひらい | 2014年12月 2日 (火) 07時25分

mane kichiさん、おはようございます!

赤須賀漁港、やはり素晴らしいところですね、先週近くまで行きながら時間切れとなってしまい残念でした。またの機会に行ってみようと思います。

水没しそうな所で頑張ってるカワウも大変ですね。何もそこまでしなくてもとは思いますが、鳥達にとっては楽園なのでしょうね。

ハマグリプラザは、自分が先日行った所よりも、もう少し南側なのですね。今度行く時は、23号側からの方が良さそうですね。

投稿: ひらい | 2014年12月 2日 (火) 07時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 学び方の基礎の基礎(その1) | トップページ | 所用で実家へ……天使の梯子と、弥富野鳥園 »