« モミジの名所(笑)【撮影場所を付記しました(11/22)】 | トップページ | 批判的読書のコツ20のポイント »

2014年11月22日 (土)

暖かな日、カワウのカーニバルを見て、旧・桑名城天守台跡に登る

Rimg00401122 今日はまた一段と暖かくなりました。13時過ぎに19.0℃になったようです(13時10分)。わが家のリビング、26.7℃にもなっていました。贅沢を言うようですが、これくらいになると、「暑い」と思えるくらいです(笑)。天気もよく、まさに散歩日和です。

Rimg00221122  さて、その散歩、こういう日なら野鳥も期待できると思ったのですが、豈図らんや<あにはからんや>(昔習った、漢文調です……笑)。期待は外れました。詳細は、後ほど。コースは、例によって、九華公園、貝塚公園、寺町堀と5.5㎞。9時15分から11時半まで。九華公園では、バールフレンドのTさんは、ちょうどお帰りになるところ、同じくYさんとは二の丸跡で立ち話。最近お話しするようになった、伊賀町のご隠居とは、堀の上の東屋のところで、二言、三言交わすという次第でした。

Img_7882  昨日の散歩では見られませんでしたが、今日はまたもや、あの”カワウのカーニバル”が開催されました。10時35分頃スタートでした。左の写真にもかなりのカワウが写っていますが、全体では、この倍以上の参加者(?)がありました。

Img_7887  途中、こんな光景も展開されていました。リオのカーニバルに学んでいるかのような光景です(笑)。後で踊っているように見えるカワウ3羽は、これから飛び立とうとしているのです。今日は、二の丸跡の東の堀(料亭藤さんの裏手)で始まり、その後、本丸跡の南の堀に移動して行きました。私は、料亭藤さんの裏手で、カーニバルの始まりを目撃しました。ただ、今日は、私が見ていた限りでは、あまり成果は上がっていませんでした。

Img_7868  カーニバルの途中では、こんな姿のカワウも見られました(左の写真)。どこかから飛Img_7866 んできて、着水をほぼ終えたところをとらえたものです。右は、左の写真の直前、まさに着水という瞬間です。しかし、こういう“ヘン顔”を撮れるというのも、鳥見、鳥撮りの魅力の一つかも知れません。端的に書けば、「止められませんなぁ」です。

Img_7791  このほかは、まぁいつも見られる野鳥ばかりでした。カイツブリは、向こう向きに泳いでいるところを見つけたのですが、途中、何か気配を感じたのか、こちらを振り向きました。やはり、けっこう敏感なようです。

Img_7794  アオサギは、公園内の2箇所で見ました。左は、いつもの鎮国守国神社Img_7828 の社務所裏の木にいたアオサギです。右は、野球場南の堀に降りてきたアオサギです。すでに外周遊歩道の東をかなり南に歩いていましたので、戻って撮るという気にはなりませんでしたが……(笑)。もっと珍しい鳥なら、戻ったと思います。このほか、揖斐川沿いの堤防でも1羽目撃しています。そういえば、Yさんが、朝日丸跡を歩いていたら、アオサギに遭遇したものの、向こうもビックリして飛び去ったとおっしゃっていました。

Img_7799  カワラヒワは、もうあちこちで目にします。まだ、ムクドリや、ドバトのように、「何だ、ムクドリか」という状態には至っておりません。このカワラヒワ、何だか物思いに耽っているようにも見えます。頭も、ややモシャっております。

Img_7837  この頃、メジロもよく見ます。今日も、九華公園内はもちろん、外周の遊歩道や、諸戸水路のとImg_7826 ころでも出て来ました。外周の遊歩道や、諸戸水路のところでよく見ていますと、近くのお宅の庭から出てくるような気がします。庭にメジロがいるなんて、羨ましい気がします。九華公園の外周遊歩道のところでは、右のようなショットも撮れました。狙ったものではありません(笑)。

Rimg00251122  ところで、野鳥が期待したようにはいませんでしたので、今日は、鎮国守Kyuukamap 国神社の奥にある、旧・桑名城の天守台跡に上ってみました(右の地図を参照)。慶長6年(1601)本多忠勝が、桑名藩主となり、桑名を町割し、堀を作り、城普請をして天守を作っています。しかし、元禄14年(1701)の大火によって、天守閣も灰燼に帰し、その後は、再建はされないできました。天守台跡には、現在、“戊辰殉難招魂碑”が立っています。建立されたのは、明治20(1887)年12月といいます。碑文は、最後の桑名藩主・松平定敬公が書いていらっしゃいます(左の写真の右に立っている剣の形をしたものが、その碑です)。

Rimg00281122  この天守台跡、今は、あまり整備されているとはいいがたいところです。Rimg00301122 鎮国守国神社本殿に向かって、右の奥(市民プールに近いところ)にあり、普段、散歩していても、あまり訪れる人もありませんから、市民の方でも、天守台跡とはご存じない方もおありかも知れません。左の写真は、上の碑の脇から登り口を見たもの、右の写真は、登り口から石垣の下を見た写真です。

Rimg00311122  登り口の下から碑を見上げたものです。資料によれば、天守閣は、複合式層塔型で、4重6階だったと言います。櫓は51基、多聞櫓は46基、船着き場もあり、壮大な城であったと思われます。

Img_7806  これは、天守台跡にのぼって、北東の隅から市民プールの方を見た写真です。堤防の向こうに、長良川河口堰本体や、アクアプラザながらも見えています。この上に4重6階の天守閣があったのですから、高層階からの眺めはさぞよかったであろうと思います。

Img_7893  今日は、初めに書きましたように、暖かい日でしたので、散歩をしていても、汗ばむくらいでした。以前、甲状腺機能低下が分かる前は、歩いていても、すぐに疲れた感じがして、ベンチを見つけるたびに休憩していました。8月からホルモン剤を飲むようになってからは、体力も戻ったのか、歩幅も大きくなりましたし、歩くスピードも速くなりました。以前は、70代くらいの方にも負けそうなスピードで歩いていたような気がします。この頃では、途中で何度も休憩することもなく散歩ができるようになっています。

 明日は、勤労感謝の日ですが、オヤジの命日ですので、実家へ出かけることにしています。勤労感謝の日に亡くなってくれたお陰で、命日を忘れるという失態をしでかさずに済んでいます(笑)。もう丸10年になります。

|

« モミジの名所(笑)【撮影場所を付記しました(11/22)】 | トップページ | 批判的読書のコツ20のポイント »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、こんばんは。

“カーニバル”、本来は、謝肉祭で、“肉を断つこと”の意味ですが、辞書を引くと、“陽気なお祭り騒ぎ”という説明もありました。採餌行動ですから、本来の意味ではなく、お祭り騒ぎの方ですが、自分でも気に入った命名です(笑)。

しかし、あれは、魚をビックリさせる行動で、うまく考えたものだと思います。

“三羽でサンバ”、負けました(爆)。おっしゃるとおりです。鳥たちの行動、見れば見るほど嵌まっていきそうです。

紅葉は、御在所とか、湖東三山とか名所に行けば、もっときれいなものが見られると思うのですが、手近なところでも、撮り方によってはそれなりに見られる、という証拠写真です(笑)。逆光モミジは、毎年撮っていますが、こちらも自分ではまぁまぁかと思っています。九華公園の中でも、まだ紅葉していないところもあります。また、あれこれ挑戦してみたいと思っています。

投稿: mamekichi | 2014年11月23日 (日) 20時06分

こんばんわ。
カワウのカーニバルってうまい表現ですね。
7887は三羽がサンバを踊ってるようで^_^;
三羽だけに(笑)
7882のお写真と共に集団行動をするカワウいいですね。

鎮国守国神社の参道の逆光モミジ、とても綺麗です。
色もジャストタイミングですが虫食いの葉が見当たらないのがいいですね。
うちの隣のモミジはまだこんなに色づいてないんですが
色づいても虫食いとか目立ってしまいます。
色づくのを待ってるんですけどね^_^;

投稿: こころん | 2014年11月23日 (日) 17時06分

おユキさん、おはようございます。

カワラヒワは、漢字で書くと、河原鶸。つまり、河原にいる鶸といういみです。本来は、河原に多く棲んでいたようですが、今はそうでもありません。おユキさんのお宅の近くの公園なんかにもいるのではないでしょうか? 割と高い梢(木のてっぺんあたり)にとまって、「キリリ、コロロ」等と鳴いています。ちょっと違うかも知れませんが、鈴を転がすようなイメージです。

マドロスとか、ヒーローのイメージ、合っているかも知れませんよ。

投稿: mamekichi | 2014年11月23日 (日) 07時00分

カワラヒワ(覚えにくいです、合ってますか?)、
可愛いですね。
丸っこい体にキリリとした表情が、戦い終えたヒーローが物思いに耽っているようにも見えます。
枝を係船柱に見立てると、マドロスポーズにも。


性懲りもなく、勝手に話を作っています^^

投稿: おユキ | 2014年11月22日 (土) 22時57分

ひらいさん、こんばんは。

そうなんです。カワウのカーニバル、たいてい10時半前後に始まります。というか、私が九華公園にいるのが、だいたい9時半から10時半過ぎくらいだから、その時間帯のカーニバルを目にするだけかも知れません。他の時間にもやっていると言うことも十分あり得ます。

メジロの羽ばたき写真、あれは脇毛です(ホントかいな?)。たぶん、翼の下の羽がたまたまああいう風に見えたのだろうと思います。たくさん撮っていると、面白いシーンや、不思議な様子が撮れます。

超早朝散歩と、名古屋遠征、お疲れ様でした。また、拝見します。楽しみです!

投稿: mamekichi | 2014年11月22日 (土) 21時44分

ミリオンさん、こんばんは。

今日の散歩では、本当に汗を掻きました。わが家のリビングは、本文に書きましたように、暑いくらいでした(笑)。

カワウの集団採餌を勝手に“カーニバル”と呼んでいます。ここ数日、ほぼ毎日のように見られます。どこで覚えたのでしょう? 河口堰あたりでは見たことはありません。魚はけっこうたくさんいるようですよ。

鎮国さん、私はこの頃、鳥を見に、天守台跡や、招魂社の方も毎日足を踏み入れています。たいていの方は、いらっしゃいませんね。

昨日の紅葉、ご丁寧に恐縮です。写真の撮り方によっては、けっこうそれなりに見えるものです(笑)。もちろん、名所に出かけた方がよいのですが……。

投稿: mamekichi | 2014年11月22日 (土) 21時41分

mamekichiさんこんばんは!

カワウ達のカーニバル、いつも10時30分頃開始してるようですね。面白いと言うか不思議です。鳥の謎は深まるばかりです。相変わらず盛大にカーニバルが開催されてるようですが、そろそろお魚さんが居なくなってしまったのでしょうか。(笑)

メジロが羽ばたいてる写真、これはナイスショット! カワイイです。わきの下から出てる白い羽毛は何でしょうかね。

本日、予告通り超早朝長良川散歩に行って来ました、長良川では余り収穫有りませんでしたが、その後名古屋方面に出掛けて、待ち時間を近くの公園で撮影しておりましたが、良い意味で期待を裏切られました。(笑) またブログに掲載予定です!

投稿: ひらい | 2014年11月22日 (土) 19時38分

違いましたね、鎮国守国神社の参道あたりでしたね。
付記を確認せずに書いて失礼しましたm(__)m

投稿: ミリオン | 2014年11月22日 (土) 17時33分

今日は天気も良くて外を歩いてると暑いくらいでしたね。
カワウのカーニバルは賑やかそうですね。
これだけたくさんいると魚を探すのも大変そう。
鎮国守国神社の方へ行っても剣の形の碑へはあんまり行かないですね。

昨日のもみじの名所はもしかして諸戸氏庭園かな?

投稿: ミリオン | 2014年11月22日 (土) 17時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« モミジの名所(笑)【撮影場所を付記しました(11/22)】 | トップページ | 批判的読書のコツ20のポイント »