« 批判的読書のコツ20のポイント | トップページ | 本日は、紅葉の“借景写真”……定例受診の結果、甲状腺ホルモンは正常値 »

2014年11月24日 (月)

久しぶりのエナガに、モズのオス、揖斐川ではユリカモメが舞う……しつこく紅葉も載せました(笑)

Rimg00111124  連休最終日の今日も、温かい日となっています。14時現在、わが家のリビRimg00551125 ング、何と27.7℃にもなっています! 外も暖かく、最高は今のところ、17.1℃(12時10分など)。午前中は、いつものように散歩してきましたが、汗を掻いて、着替えをしたくらいです。左の写真は、いつもの多度山です。右は、諸戸氏庭園の様子(帰宅時、11時45分頃)です。

Rimg00251125  さて、今日の散歩も、いつも通り、住吉神社から、九華公園と貝塚公園、そRimg00361124 して、新築公園、老松公園を経て、寺町を通り、諸戸水路と、5.9㎞を歩いて来ました。9時15分から11時45分であります。左は九華公園の、堀の上の東屋ですが、朝日丸跡から、紅葉を入れて撮ってみました。右は、貝塚公園。奥に立教小学校も見えます。

Img_8024  今日のベストは、こちら、エナガです。去年は見ていませんので、2~3年ぶりだと思います。10数羽が、九華公園の管理事務所の南に群れていました。初めはエナガだけの群れでしたが、その後、二の丸跡に移動してからは、コゲラ、シジュウカラ、ヤマガラ、メジロとの混群になり、もう何が何だか訳が分からないくらい賑やかになっていました(^^ゞ

Img_8082  しかし、このエナガ達、シジュウカラやヤマガラ、メジロ以上によく動き回Img_8097 るのです。つまり、写真に撮ろうと思うと、かなり苦労させられます。オマケに、なかなか木の表側には出て来てくれず、枝や葉の陰にばかりいるのです。

Img_8102  そこで、いつものように、「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」方式をフル活動(笑)。そこから選んだのが、ここに載せた4枚です。エナガ、これからしばらく九華公園にいてくれると嬉しいのですが……。

Img_8000  セカンドベストは、紅葉とモズ(オス)です。住吉神社から船津屋の裏手の堤防を歩いているとき、街路樹の梢にモズが止まっているのが見えました。そっと近寄ったつもりですが、逃げられ、船津屋さんの裏庭に入っていったのです。モズのオスは久しぶりに見ましたので、ちょっと頑張って、中腰になり、覗き込む体勢で撮ったのが、この写真です。木陰でしたので、色が今ひとつですし、モズにしっかりピントがあっているとはいいがたいものですが、“紅葉とモズ”というテーマは捨てがたいと思って、載せました。

Img_7920  時間はまた遡りますが、住吉神社の前から揖斐川を見ますと、ユリカモメImg_7974 が数羽、中洲近くで舞っているのが目に入りました。300mほど先ですので、250mmズームで撮って、かなりトリミングしてもこれくらいがせいぜいです。ユリカモメらしいというのはお分かりいただけるでしょう。左の写真では、中洲のところにアオサギがいるのも見えます。魚を捕っているようには見えませんでしたが、時折、川面に降りるユリカモメもいました。ちなみに、このところ、九華公園では、ユリカモメは見ていません。

Img_8137  そのほかの鳥たちですが、久しぶりにコゲラ(左の写真)を見ました。二Img_8141 の丸跡に出て来たものです。同じところにシジュウカラとヤマガラ、メジロもいたのですが、それらは撮れれませんでした。ここにエナガが混じって、こちらとしてはてんやわんやだったのです(笑)。右は、同じあたりに移動してきたエナガです。

Img_8148  顔が写っていませんので、証拠写真ではありますが、エナガの中には、Img_8012 地面に降りてくるものものいました。エナガは、スズメよりもやや小振りの鳥です。ちなみに、右のスズメたちの写真は、吉之丸コミュニティパークのところで撮影したものです。

Img_8153  カワラヒワは、相変わらず、九華公園はもちろん、あちこちで見かけます。あまり代わり映えしないのもどうかと思い、左の写真は、何となく、左右対称になったようなところを載せました(笑)。

Img_8188  メジロも、今年はよく見かけます。よく見かけるというのは、九華公園でもですし、そのほか、諸戸水路沿いや、あちこちの公園でです。今日も、新築公園や、歩いている道沿いのお宅などで見られました。

Img_8277  キジバトも、メジロと同じく、あちこちで見かけます。あの「デデッポー」という鳴き声が聞こえてくるのです。このキジバトの写真は、ある路地沿いのお宅のテレビアンテナにいたものです。

Img_8280  キジバトを見た近くでは、また、とあるお宅のテレビアンテナにジョウビタImg_8286 キのメスが止まっていました。九華公園の二の丸跡にもいたのですが、コゲラその他の混群の誘惑に負け、そちらを撮影しているうちにどこかへ姿を消してしまっていました。

Img_8313  このジョウビタキのオスは、諸戸水路沿いのいつものところ(三崎見附跡のやや北)にいました。ここを通るとたいてい、ジョウビタキのオスをみるようになっています。たぶん、同じ個体だろうと思っています。こういうことがあるものですから、ついつい散歩コースが同じになってしまいます(笑)。

Img_8307  たくさんいる割に、なかなか上手く撮れないのが、ヒヨドリです。これらは、Img_8323 ジョウビタキのオスと同じく、諸戸水路沿いで撮ったものです。右の写真は、ちょうど囀っているところが撮れました。

Img_8130  ところで、今日も、九華公園の紅葉の様子をいくつか載せておきましょう。いつも書いているとおり、撮り方によっては、それなりに見えるというお話といいますか、その証明であります。左は、二の丸跡の花菖蒲園脇の様子です。右手から太陽が当たっています。

Img_8222  左の写真は、ちょっとドギツイ色合いかも知れません。まぁ、いろいろと実Img_8232 験的に試しているとご理解ください(笑)。鎮国守国神社の本殿前あたりで撮りました。右は、モミジの種類が違います。こちらは、鎮国さんの西、お稲荷さんの参道の前あたりで撮ったものです。
Img_8179  3枚目と同じところから撮りました。この東屋、数限りなく登場していますが、気に入っています。そのため、紅葉と一緒に撮れないかと試したものです。

Img_8156  どうも、裏から、逆光気味に撮るのが好きなようです(左の写真)。ちょっImg_8174 と悔しいので、表側からのものも載せましょう(右の写真)。両方とも、朝日丸跡(東側)で撮ったものです。上の東屋写真を撮った近くです。

Img_8176  いっそのこと、真っ赤なものを載せましょう(笑)。これも、上3枚と同じあたりで撮りました。あまりくどいのもいけませんから、紅葉はこれくらいにしておきましょう。

Img_8335  昨日は、オヤジの命日でしたので、予定通り、実家に行ってきました。丸10年、11回忌ですので、大袈裟な法事ということではありません。しかし、檀那寺のご住職に来ていただき、お経を上げてもらいました。私たち夫婦と、娘が同行しました。明日は、月1回の定例受診日です。前回、採血していますので、その結果が出ているはずです。結果次第でまた、チラージンSの処方量が調整されるかも知れません。

|

« 批判的読書のコツ20のポイント | トップページ | 本日は、紅葉の“借景写真”……定例受診の結果、甲状腺ホルモンは正常値 »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おユキさん、おはようございます。

おっしゃるように写真は、投影法の刺激となるかも知れません。写真といっても、あるとき、あるところで何かについて、とらえたものですから、前後関係の文脈などが分かりませんから、そこに見る人の何かが投影される余地がありますね。撮った人の何カモ投影されているかも知れませんし……。

ドギツイモミジは、そうですね、和菓子が似合うかも知れません(わが家には、今、頂き物の和菓子、最中の類がたくさんあります……笑)。となりの紅葉は、天ぷらにしたら美味しいかも知れません。

貝塚公園のイチョウは、すぐ側で見上げて撮ったものですので、迫力というか、圧迫感のようなものが感じられるのかな、という気がします。また、広角レンズで撮っていますので、そういう感じを増していると思います。それと、そういう雰囲気を狙ったというところもあります。

投稿: mamekichi | 2014年11月25日 (火) 08時41分

先生、写真はやっぱり投影法です。
ドギツイもみじは和菓子を添えて広告のように見えますし、
(そうだ、京都に行こう、ってありましたね)
隣の種類が違うもみじは、天ぷらに見えます。

お腹が空くと、こう見えます。

貝塚公園の、銀杏が写っている写真に、妙な迫力を感じるのですが、どうしてかしら…?
ギンナンが食べたくて仕方ないってことでは、ないと思います(笑)

投稿: おユキ | 2014年11月25日 (火) 01時20分

ひらいさん、こんばんは。
エナガは、2012年12月3日(http://ogasawara.cocolog-nifty.com/ogasawara_blog/2012/12/post-7252.html)に初めて見て、写真を撮っています。昨シーズンは見ておりません。漢字で書くと「柄長」だったと思いますが、おっしゃるように、適当な命名かも知れません。

紅葉とモズ、コゲラ、お誉めくださり、恐縮です。モズは、ちょっとムキになって撮りました(笑)。コゲラは、何枚か撮ったうちのマシな方です。理屈はともかく、たくさん撮って、良いものを選ぶというやり方が結局は、それなりの写真が撮れる近道かと思っています。九華公園巡回もほぼ毎日ですし、それだけチャンスが多いお陰ですね、きっと。

寒い時期の鳥は、やはり、モシャっていたり、ふっくらしていたりがおおいですね。しかし、おっしゃるように、元祖モシャ鳥は健在です。なかなか写真を撮らせてくれないのが、玉に瑕ではありますが……。

ところで、鳥の鳴き方には、囀りと、地鳴きと二つあるようです。考えもせずに、囀りと書いてしまいましたが、適切かどうか分かりません。調べてみましたら、囀りは、繁殖期のオスが発する鳴き声だそうです。そうすると、あの「ピーョ」というのは、地鳴きの方かも知れません。Wikipediaには、「鳴き声」としか書いてありませんでした。

投稿: mamekichi | 2014年11月24日 (月) 20時59分

みゅうさん、こんばんは。
九華公園は、街中(といって良いかどうか、分かりませんが)の公園としては、野鳥が多いかも知れません。私としては、徒歩圏内にこれだけ野鳥が来てくれるところがあるのはありがたいと思っています。また是非一度、お越しください。

紅葉といっても、規模は大きくありませんので、場所と、撮影のアングルを選ぶくらいの工夫は必要です(笑)。撮り方を若干工夫すれば、それなりに見える写真が撮れます。

投稿: mamekichi | 2014年11月24日 (月) 20時40分

mamekichiさんこんばんは!

エナガ、見た事無い鳥です!、この辺りでは珍しいのでしょうか? 是非お会いしたいです! 渡り鳥では無さそうですが、余りお会い出来ない理由は有るのでしょうね。尻尾が長いからオナガかと思ったら、オナガという鳥も別に居るんですね。調べてみましたが、エナガの由来はちょっと適当な感じがしました。(笑)

紅葉とモズ、これは中々良い感じです。またコゲラも決まってますよ。下手な鉄砲も数打ちゃ当たる方式と言っても、このような結果を残す為には、やはり実力も必要ですよね。特に撮影してて難しいなと思うのは、この紅葉モズみたいな感じですと、ピントが鳥では無くて、葉っぱとか、奥の景色等に合ってしまい、何度か調整してるうちに、鳥の居ない写真が出来上がる事が多いです。(笑)

寒い時期の鳥は、皆さんモシャっておりますね。しかし!やはり元祖モシャ鳥は中途半端では無いですね。(笑) 自分が鳥撮影を始めたきっかけの鳥さんですから、今でもお気に入りですよ。やたらたくさん飛んでる割に、撮影が難しいのは同意です、暴れん坊過ぎますよね。(笑) ちょっと失礼ですが笑ってしまったのは、やはりヒヨドリが鳴くのも囀りと言うんですね。やかまし過ぎるので、全然似合ってないなと思いました。(笑)

投稿: ひらい | 2014年11月24日 (月) 19時59分

こんにちは。
九華公園は野鳥の宝庫のようですね。
行って見たいけど 私には野鳥を見つける技能がないので残念です。
いつも 友人に「ほら あそこに、あの枝の下」とか何とか言って教えてもらって気付く頼りなさ。(^^;)ゞ
綺麗に紅葉も しているんですね。
紅葉なら技はいらないですね。(^.^)

投稿: みゅう | 2014年11月24日 (月) 17時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 批判的読書のコツ20のポイント | トップページ | 本日は、紅葉の“借景写真”……定例受診の結果、甲状腺ホルモンは正常値 »