« 日本文化科学社から“WISC-IV補助マニュアル”が刊行されます(11月28日の予定) | トップページ | ゆめはまちゃんと接近遭遇、カワラヒワ、カモ、ハクセキレイは飛び、ジョウビタキにも会う »

2014年11月 7日 (金)

ヒドリガモのオス登場

Rimg00021107 今日もよい天気ですが、昨日よりもやや風が強くなっています(4~5m/s)。しかし、最低気温も、13.5℃(6時40分)。寒いわけではなく、散歩日和です。「これなら、河口堰か?」と思わないわけでもありませんでしたが、川の上はちょっと風が強そうでしたので、いつも通り、九華公園ルートへ。

Rimg00051107  さて、その散歩ですが、朝、メール書きやら、ブログ、ホームページのことやRimg00161107 らをしていましたので、出発は9時半、帰宅は12時前でした。いつもの通りのコースで、5.6㎞を歩いてきました。左の写真は、住吉神社前から見た、揖斐川や多度山です(方角は、北)。右の写真は、九華公園内の鎮国守国神社裏にある旧・桑名城の天守台跡です。ブロンズの碑が建っていますが、碑文は、最後の桑名藩主である松平定敬公の筆によります。

Img_5092  結論から書きますと、期待したほど野鳥はいませんでした。風が強かったためかも知れません。散歩に出てすぐ、諸戸氏Img_5091 庭園前に、カワラヒワがいました。右も同じ個体ですが、違った向きから撮りました。少し“モシャって”いるように見えます(笑)。
Img_5187  一気に時間が飛んでしまいますが、同じところへ戻って来たとき、今度は、シジュウカラが1羽いました。写真を撮っていたら、気づかれ、逃げられてしまいました。それ故、後ろ姿しか撮れませんでした(苦笑)。

Img_5143  九華公園のカモ達、今日は、合計55羽ほどでした。あちこちに分散していImg_5132 ますし、1つのグループは、46羽もいましたので、なかなかきちんと数えられませんでした(動き回りますし、垂れ下がった松の枝の陰にいたりで、数えるたびに数が違ってしまいました……笑)。大半は、キンクロハジロです。

Img_5168 今年は、初見のように思います。こちらは、ヒドリガモのオスです。額からImg_5174 後頭部にかけて、黄色というか、オレンジ色というかそういう色をしています。ヒドリガモには申し訳ないのですが、私には、どうしても禿げているように思えてなりません。

Img_5164  こちらは、ヒドリガモのメスです。ヒドリガモは、オス・メス1羽ずつがいました。つがいかなという気がしますが、もちろん聞いて確かめるわけにも行きません。

Img_5119  このほかに、ニューフェイスは見あたりませんでしたが、しばらく見なかったのは、こちImg_5128 ら、ハシビロガモのオス(左の写真)。右は、同じくハシビロガモのメスです。オスは1羽だけでしたが、メスは2羽いました。

Img_5141  今日は、カワウも数が少なく、野球場の照明灯の上に数羽いたのと、こちら、同じく野球場の下の堀で羽を乾かしていたのが1羽でした。カワラヒワの鳴き声はしていましたが、姿は確認できず。他は、キジバト、ヒヨドリなど。天気はよかったのに、残念でした。

Img_5099  そのほかはお馴染みさんばかり。こちらは、アオサギだと思うのですが、Img_5101 蟠龍櫓の下にいたのですが、写真を撮った住吉神社前からは220mあまり先でしたので、はっきりとは確認できません。風でやや波がたっている川面に見入っていました。

Img_5106  ハクセキレイも揖斐川の堤防上で撮りました。吉之丸コミュニティパークの近くです。


Img_5148  ところで、昆虫たちは、数はかなり減りましたが、まだ頑張っています。左Img_5194 の写真は、キチョウ(九華公園にて)。右は、ツマグロヒョウモンのオス(諸戸氏庭園前にて)。

Img_5097  トノサマバッタの褐色タイプだと思いますが、ちょっとあやふやです(笑)。


Rimg00291107  昨日ほどではありませんが、気温も結構上がって、20.5℃だったようです。散歩の途中からは、軽く汗ばむ感じでした。写真の中央から左は諸戸氏庭園です。今月いっぱい、秋の一般公開が行われています。最近、行っておりませんので、久しぶりに見たい気もするのですが、御殿など修復工事中で、すべてが見られるわけではありません。ちょっと二の足を踏んでいます。

Rimg00271107  余談。家内の父の命日でしたので、桑名別院に寄ってお参りしてきました。山門の前の掲示板に、これが掲げられていました。ついつい、「う~ん」と唸ってしまった次第です。榎本栄一氏は、詩人であり念仏者でもある方です。

|

« 日本文化科学社から“WISC-IV補助マニュアル”が刊行されます(11月28日の予定) | トップページ | ゆめはまちゃんと接近遭遇、カワラヒワ、カモ、ハクセキレイは飛び、ジョウビタキにも会う »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本文化科学社から“WISC-IV補助マニュアル”が刊行されます(11月28日の予定) | トップページ | ゆめはまちゃんと接近遭遇、カワラヒワ、カモ、ハクセキレイは飛び、ジョウビタキにも会う »