« 論文、レポートの書き方(初級編) | トップページ | カンムリカイツブリ、揖斐川に登場、カワウはカーニバル状態 »

2014年11月17日 (月)

アオサギの魚獲り……案外下手かも知れません

Rimg00021117 午前中の早い時間は晴れていましたが、散歩から戻る頃には雲が広がってきました。今朝も、5.8℃(6時10分)と冷えました。昨日同様、風が弱いので、さほど寒いという感じはしませんが、いよいよ秋の深まりを感じさせます。

Rimg00121117  さて、市会議員選挙も終わり、選挙カーの走らない、静かな日々が戻りました。選挙の方は、どうやら投票率が、史上最低だったようです。こういう盛り上がらないところに、衆議院解散で、総選挙となっても、皆さん関心を持ってくれるのでしょうか。ということはさておき、今日も午前中、9時から11時半過ぎまで、判で押した如く、散歩に行って来ました。九華公園から貝塚公園を経て、珍しくアピタ桑名店に立ち寄って来ました。結構歩いたなと思いましたら、6.4㎞でした。

Img_6968  まずはアオサギ。九華公園の北門を入ったところの堀に降りていました。鎮国守国神社の社務所裏の木にいつもいる個体だろうと思います。時々、この堀にいます。歩いていたら、突然目の前にアオサギがいた、という感じで驚きました。幸い、向こうはさほどでもなかったようです。冠羽がきれいに見えています。

Img_6984  このアオサギ、膝の上まで水に浸かって、餌の魚を捕ろうとしていたのでしImg_6987 た。15分ほど見ていたのですが、1回のみ、見事に魚をゲットしていました。左はその魚を咥えているところ、右は、まさにその魚を飲み込もうとしているところです。

Img_6977  上に1回のみ魚をゲットしたと書きましたが、アオサギ、実は狩りが下手なのかも知れません(笑)。左は、失敗した直後のシーンです。拡大していただくと、水しぶきもわずかに写っていますが、首を振って、水滴を振り払ったところなのです。

Img_6995  もちろん、アオサギにとっては“魚採り”は遊びではありません。餌を採るImg_6997 わけですから、極めて真剣に取り組んでいるはずです。ここの2枚は、狙いをつけて、堀の水の中に顔を突っ込んだところです。それでも、なかなかうまくは行かないことも多い、ということのようです。ひょっとしたら、カワウたちの方が、狩りは上手かも知れません。先日(11/4、カワウの集団漁、ツグミちゃんやっと到来……今日は、7.2㎞もの散歩!)、カワウは集団で漁をして、かなりの成果を上げていましたから。

Img_7041  そのカワウさん、今日は全体的におとなしく、いつものように、球場の照Rimg00151117 明灯の上や、こういうところに止まっていました。左のカワウ、どこに止まっているかお分かりでしょうか?足下をよくご覧いただくと、滑車にロープが見えます。右をご覧ください。公園内の野球場のスコアボードの後にある国旗掲揚塔の上に鎮座しておられました(笑)。

Img_7043  すぐ側で、外野のネットの上にいるカワウもいました。

Img_7008  かと思うと、旧・アヒル小屋のところで、羽を広げて乾かしている個体も。ちなみに、左下に移っているスロープは、カメたちの甲羅干し名所ですが、ご覧のように、甲羅干ししているカメも減りました。夏などは、押し合いへし合いになっているところです。

Img_7028  ところで、こちらの方、どなたでしょう? ヒントは、この頃、集団で高い梢に止まっImg_7004 ているところがよく見られるようになって来た方です。そうです、右の写真と同じく、カワラヒワさんです。左の写真は、九華公園の本丸跡、野球場の近くで撮ったものです。木のすぐ下に入り込んで見上げて、撮影しました。木の実を啄むのに懸命で、私に気づかなかったようでした。

Img_7052  このカワラヒワたち、今年は本当にあちこちでよく見ます。それも、集団行動を取っていることがよくあります。左の写真は、諸戸氏庭園前の桜の木にいたものです。

Img_7060  散歩から帰った時に写したものですが、上の写真と同じ桜の木には、スズメもたくさんとまっていました。一部、カワラヒワとスズメとが入り交じっているくらいでした。この写真にも、左下にカワラヒワが写り込んでいます。

Img_7068  スズメたち、寒いせいか、膨らんでいましたし、モシャっていました。写真をパソコンで見たとき、一瞬、「エッ? 何だ?」と思ってしまいました。ここにもカワラヒワが1羽、混じっていますね。

Img_7010  今日は、これらの他、あまりたくさんの野鳥は見られませんでした。やや冷たい以外には、天候もよかったので期待したのですが……。ヤマガラは、九華公園で一瞬出て来ました。シジュウカラも見かけたのですが、写真には撮れず。

Img_7037  ヒヨドリもあちこちにたくさんいます。九華公園でも、喧しいくらいに鳴いてImg_7048 いますが、なかなか写真には撮らせてくれません。この写真は、かなり遠い木の上に止まったところをようやく撮ったものです。右のキジバトは、貝塚公園で撮ったもの。写真を撮っているのに気づいたのか、振り返ってこちらを見ているように思えます。

Img_7013  九華公園のカモ達は、堀のあちこちにグループに分かれていますが、今日数えられた限りでは、合計85羽でした。今日は、ニューフェイスはいませんでした。この写真は、キンクロハジロのメスですが、写真を撮る角度のせいだろうとは思いますが、なにやらまん丸に見えました。“堀に浮かぶ座布団”というイメージです(笑)。
Img_7016  「俺も写せ」と言わんばかりにオスのキンクロさんも近寄ってきました(笑)。本当は餌でももらえないかとやって来たのかも知れません。というのも、カモに餌をやりに来る方が結構いるからです。

Img_6960  オマケ。今日も“Met Life生命”の飛行船です(笑)。9時過ぎに長島町あImg_6961 たりの上空にいました。その後は、名古屋の南の方へとゆっくり飛んでいきました。左の写真は、諸戸氏庭園前から、右の写真は揖斐川堤防上から、それぞれ撮ったもので、かなり距離がありましたので、あまりクリアではありません。いつも思うのですが、飛行船での宣伝というのは、効果はどれくらいあるのでしょう?

|

« 論文、レポートの書き方(初級編) | トップページ | カンムリカイツブリ、揖斐川に登場、カワウはカーニバル状態 »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ミリオンさん、こんにちは。

アオサギ、餌捕りに何度も失敗していました。15分くらい見ていて、成功したのは、一度きり。カワウは今日も、集団で餌捕りをしていました。こちらの方がかなり効率がよいようです。潜れるというのは、メリットかも知れません。

飛行船は、日・月と2日続きで飛んでいました。スヌーピーの絵柄ですね。おっしゃるように、飛行船を見たから獲って、メットライフの保険に入ろうと思う人は少ないような気がしますね。

投稿: mamekichi | 2014年11月18日 (火) 14時42分

市議会選挙も終わって静かになりましたね。
アオサギは餌をとるのが下手なんでしょうかね。
カワウのように水に潜ったほうがとりやすいのかな?
飛行船は桑名上空近くを飛んでいるんですね、
飛行船は見てるだけでゆったりした気分になりますね。
スヌーピーの絵柄なのかな可愛いとは思うけど、
飛行船を見て生命保険に入ろうとは思わないですね(笑)

投稿: ミリオン | 2014年11月17日 (月) 22時07分

ひらいさん、こんばんは。

そうでしたか、ひらいさんは、まだアオサギが餌を採ったところはご覧になっていなかったんですね。私は、今回の他、吉之丸コミュニティパーク横の堀で、もっと大きな魚を捕っているところも見ました(いつ頃か、記憶は定かではありませんが、ブログには載せました)。おっしゃるように、かなり食べないといけないんでしょうね。

それにやはり、カワウなどのように潜れる鳥の方が、餌は採りやすいように思います。アオサギ、そのうち、行動も進化して潜れるようになることを祈念しましょう(笑)。

飛行船での宣伝は、話題性はあるでしょうが、宣伝効果はやはり難しいですよね。あれを見て、生命保険に入ろうと思うような人は、かなり奇特な人だと思います。

投稿: mamekichi | 2014年11月17日 (月) 21時04分

mamekichiさんこんばんは!

自分、実はアオサギがエサを捕獲した瞬間を見た事無いですね。いつもマッタリしてるか、泳いでるかの2通りだったので。(笑) あれだけ大きな体だと、結構食べないとお腹いっぱいにはならないでしょうね。エサ捕獲力としては、やはり水中に潜れる方が有利かなと。来年辺り、アオサギが潜れるようになる事を期待しますか。(笑)

飛行船の宣伝、物体としては迫力が有るのですが、そこに書いてある宣伝の効果は難しいですね。特に生命保険となると、殆どどこからかのお誘いで加入してる感じですし、あの飛行船見たから加入するかな、って事にはならないと思ってしまいます。もし数年後、生命保険に入らなければ!と思った頃には、あの飛行船の生命保険会社何だっけ~、ネットライフだっけ~ って感じでは無いかと。(笑)

投稿: ひらい | 2014年11月17日 (月) 18時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 論文、レポートの書き方(初級編) | トップページ | カンムリカイツブリ、揖斐川に登場、カワウはカーニバル状態 »