« スズガモ再び、ラッコスタイルは新たなバリエーション出現、そして、紅葉 | トップページ | 二重の虹、天使の梯子そしてユリカモメの飛び姿……桑名市博物館の“ 特別企画展「桑名、文學ト云フ事。」~芭蕉・鏡花・中也~”にも足を運ぶ »

2014年11月14日 (金)

カワウの集団漁、ツグミちゃんやっと到来……今日は、7.2㎞もの散歩!

Rimg00071114 今朝は冷えました。最低気温は、6.8℃だったようです(ただし、夜中の1時)。風はせいぜい3m/sの強さで、晴れていますから、寒いというほどではありません。日向にいれば、穏やかな感じです。

Rimg00151114  さて、今日の散歩は、頑張りました(笑)。昔、学生には、「頑張ってやったとRimg00281114 いって褒められるのは、小学生まで」などと毒舌をはいていたのに、「他人に厳しく、自分に甘く」の見本のような発言です。それはともかく、7.2㎞も歩いてきました(爆)。いつものように、九華公園と貝塚公園に加え、赤須賀漁港へ周り、帰りには、わが家の北にあるスーパー・バローにも立ち寄って来たのです。9時出発、12時帰宅という3時間で、でした。左の写真は九華公園、右は、赤須賀漁港です(ただし、赤須賀水門から入った方のところ)。

Img_6434  今日は何といってもこれです。場所は、九華公園の堀。今日は、カワウがたImg_64352 くさん来ており、10羽あまりが集団になって、堀で餌となる魚を捕っていたのです。上空を飛んでいたのが、一斉に堀に降りてきて、魚を追い込むというか、驚かせるというか、とにかく共同作業をして、それぞれが魚を捕らえていたのです。カメラを向けるのに困ったほど、大漁でした。左の写真の魚、何となく「何が起こったのか、よく分からない」という表情をしているように見えてしまいます。右の写真でて前にいて、魚を咥えているカワウは、左の写真と同じ個体です。いやぁ、それにしても、カワウたちも知恵が働くなと、感心しました。

Img_6401  次も、これしかありません。やっとツグミがやって来ました。九華公園の二の丸跡で見ました。ただし、ほんの一瞬で、枝かぶりになってしまった、証拠写真です(苦笑)。このあとは、どこかへ飛び去ってしまいました。

Img_6464  一昨日から姿を見せ始めたユリカモメ。今日も1羽だけが、堀に降りて浮いていました。これを撮る直前には、4羽ほどが飛んでいるのが見えたのですが、写真には上手く撮れませんでした。この写真の個体、顔の色・模様が先日のとは少し違うように見えます。

Img_6364  この時期、カワラヒワや、シジュウカラ、ヤマガラなどは、松の実を取ってImg_6366 食べようとしているところがよく見られます。九華公園の管理事務所脇の松の木にも、カワラヒワがたくさん来ていました。

Img_6381  しばらく見ていたら、カワラヒワだけでなく、スズメたちも来ているのに気づきました。松の実を咥えています。ちょうどこちらを向いたところが撮れました。

Img_6359  代わって、アオサギさん。いつもは、鎮国守国神社の社務所の裏の木にImg_6362 いるのですが、今日は見あたりませんでした。「今日はいないのか」と思って通り過ぎ、九華橋まで来たら、堀にいるではありませんか。このアオサギ、たぶん、いつもは、社務所裏の木にいる個体だと思います。神出鬼没というか、思わぬところにいて、驚かせてくれるのが、アオサギです。

Img_6480  このほか、九華公園内では、またもや野球場の外野のネットの上にいました。向かって左の方には、カワウも止まっています。両方とも、何となくすまし顔のような気がします。

Img_6524  アオサギといえば、今日はあちこちで見かけました。左の写真は、揖斐・Img_6553 長良川の中洲である“十万山”の南端にいました。魚を狙っているように見えました。右の写真は、同じく十万山なのですが、六華苑の向かいあたりのところです。以前から、ここにはアオサギを始め、カワウや、他のサギたちがよくいるところです。アオサギは、5羽ほどいるのが見えます。

Img_6503_2  ところで、今日、赤須賀漁港まで行ったのは「赤須賀まで行けば、ユリカRimg00371114 モメや、ウミネコがたくさんいるかも知れない」と思ったからです。行って見た結果、いるのはいたのですが、左の写真で赤丸をつけた堤防のところにいたのです。つまり、漁港の南の端っこ! ここに到着した時点ですでに4㎞以上を歩いていました。南へ行くだけならよいのですが、帰り道のことをつい考えてしまい、近い方には行く元気が出て来ませんでした(笑)。右は、はまぐりプラザです。市の漁業交流センター兼城東公民館となっています。

Img_6491  上の写真で、赤丸をつけたところを250mm望遠で撮って、さらにトリミングしてみますと、このようになります。黒く見えるのは、カワウでした。ユリカモメと思われる鳥もかなりいました。九華公園に来るユリカモメは、ここにいるのかも知れません。日を改めて、もう一度来て確認することにします。

Img_6510  今日は、シジミ漁が行われたようで、港には軽トラなどクルマもたくさん止Img_6514 まっており、漁師さん達もたくさんいらっしゃり、結構活気がありました。浜では、シジミの選別をしているところも見られました。

Img_6504  赤須賀漁港の上を飛んでいたウミネコです。ちょうど良い具合に、上流の方から私に向かって飛んできましたので、このようなショットが撮れました。

Img_6450  今日のオマケのショットです。九華公園でシジュウカラを撮影していました。枝かぶりや、ピンぼけばかりでしたが、このように飛び出したところの写真も撮れました。“弾丸シジュウカラ”と命名しておきます。

Img_6342  蟠龍櫓近くの堤防上に並んでいたスズメたち。もっとたくさんいたのですが、逃げてしまい、残ったのがこの2羽。向かって右側のスズメさん、私の方をにらみつけているようです。気に触ったのかも知れません。

Img_6415  二の丸跡の花菖蒲園の柵(擬木製)の上にいたネコです。丸いところに上手に載っていますし、また、何となく存在感も漂わせていました。


Img_6546  最後はこちら、ツマグロヒョウモンのメスです。数はかなり少なくなりましたが、まだまだ検討しているチョウチョたちがいます。このツマグロさんも、羽が傷んでしまっていましたが、それでも飛び回っていました。何となく健気な感じさえします。Wikipediaによれば、成虫は4月頃から11月頃まで見られ、冬は幼虫や蛹で越冬する。といいます。

 明朝も、今日と同じくらいの7℃という予想です。ただし、天気も今日同様、よく晴れそうですから、また散歩の予定。明日は、Birderの発売日ですから、三洋堂へ行きがてら、福島の水田などへ行こうかと思案中です。

|

« スズガモ再び、ラッコスタイルは新たなバリエーション出現、そして、紅葉 | トップページ | 二重の虹、天使の梯子そしてユリカモメの飛び姿……桑名市博物館の“ 特別企画展「桑名、文學ト云フ事。」~芭蕉・鏡花・中也~”にも足を運ぶ »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おユキさんでしたか。
「名無し」でしたので、一瞬削除しようかと思いました(笑)。

自分褒めは、まぁほどほどにしておきます。
際限がなくなるといけませんので。

ところで、弾丸シジュウカラは、本当は、止まっているところを撮ろうとしたのに、シジュウカラが飛び出したため、このような写真になりました。
「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」方式で写真を撮っていますので、こういう幸運に恵まれることもあります(笑)。
おっしゃるように、スキージャンプの選手のような表情に見えますね。

投稿: mamekichi | 2014年11月15日 (土) 12時26分

すみません、昨日名前を書き忘れました。
↓のコメントは私です。

投稿: おユキ | 2014年11月15日 (土) 10時15分

お散歩、よく頑張りましたgood

自分で自分を褒める分には、おおいにするべきと思います。

”弾丸シジュウカラ”は、言い得て妙ですね。
表情は、スキージャンプの選手のように見えます^^

投稿: | 2014年11月14日 (金) 19時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スズガモ再び、ラッコスタイルは新たなバリエーション出現、そして、紅葉 | トップページ | 二重の虹、天使の梯子そしてユリカモメの飛び姿……桑名市博物館の“ 特別企画展「桑名、文學ト云フ事。」~芭蕉・鏡花・中也~”にも足を運ぶ »