« 九華公園にトビ現れ、新築公園ではジョウビタキのオス | トップページ | 絶好の行楽日和……九華公園のアヒルは、天寿を全う »

2014年10月18日 (土)

セキセイインコ(?)、モズ、イソヒヨドリなど多数

Rimg00051018 今朝は、冷えました。10.3℃まで下がったようです(4時)。天気はよく、冒頭の写真の通りです。日中は、気温は平年並みまで上がり、21.4℃です(14時10分)。昼くらいからは、近くの寺町商店街あたりで開かれている“桑名まつり博”の出し物の音楽などが聞こえて来ています。

Img_1915  さて、毎度毎度のことでまったく変わりもありませんが、本日も、午前中は散Rimg00151018 歩であります。コースも、判で押した如く、九華公園を一廻りして帰ってきました。ただし、今日は他により道はせず、往復してきただけです。8時45分から2時間半ほど、歩いたのは、4.9㎞。九華公園内で、鳥を求めてかなり歩き回りました。

Img_2087  ここ2~3日、キンクロハジロのことを書きませんでしたが、実はいなかったImg_1935 のです。今日は、カモが2羽、戻っていました。ただし、うち1羽はキンクロのメスのようですが、もう1羽は、他の種類のカモのようでした(左の写真で、左側はキンクロハジロなのですが、右は違います。目のところをご覧ください)。お休み中であったのと、光線のあたり具合で、何というカモか、今ひとつはっきりしませんでした。

Img_2157  今日出会った鳥でもっともビックリしたのは、こちら。とても“野鳥”とは呼べません(笑)。どう見ても、セキセイインコです。どこかのお宅で飼われていたものが、逃げ出してきたのでしょう。帰り道に、三の丸公園から蟠龍櫓あたりにいました。左の写真では、目の前に生えている草の実を食べていました。私も、子どもの頃(50数年前)、自宅で飼っていたことがあります。しかし、今でも飼っている方はいらっしゃるんですね。

Img_1906  カモ、セキセイインコから始めましたが、今日もたくさんの野鳥をみられまImg_19062 した。ここからは、概ね見た順に行くことにします。まずは、九華公園を北門から入ってすぐ、鎮国さんの社務所裏の定位置にアオサギさんがいました。寝ているようにも見えますが、拡大して見ますと、右の写真のように、薄目を開けて、こちらの様子を窺っていました(笑)。大きな鳥の割に神経質ですから、こういう行動パターンを示すのでしょう。

Img_1925  ちょっとだけ順番が前後しますが、このアオサギさんは、二の丸跡のスImg_2119 テージ裏のお立ち台のところにいました。ステージの陰から近づきましたので、気づかれずに済んだようです。10mあまりのところから撮れました。このアオサギさん、ずっと同じところにいました。右は、九華公園の外周遊歩道を一廻りして来て、立教小学校側からとったものです。やはり、けっこう鋭い目つきでこちらを見ているようです。やはり、サギには油断できませんなぁ(笑)。

Img_1917  同じく、二の丸跡では、ハクセキレイが2羽ほど、地面に降りて餌を探していました。木陰でしたが、よく撮れました。このあと、朝日丸跡で、“バールフレンド”のYさん、Tさんのお二人と出会い、少しおしゃべり。お二人は、明日、まつり博に合わせて行われている“桑名城外堀めぐり”(昨日のエントリ、九華公園にトビ現れ、新築公園ではジョウビタキのオスをご覧ください)の船に乗ることに相談がまとまっていました。

Img_1944  朝日丸跡から、堀の中の東屋を通り、野球場のところへ出ましたら、モズ(メス)が止まっているのが見えました。グラウンドの外野側のネットの上です。撮れたのは、この1枚だけ。すぐに内野の方へ飛び去りました。モズは、秋には“高鳴き”をするといいますが、残念ながら鳴き声は聞けず。

Img_1962  本丸跡、鎮国守国神社の鳥居南のあたりにいました。センダイムシクイImg_1974 かと思っているのですが、そうであれば、頭の上に前後方向に黄白色のラインが入っているはずなのですが、確認できません。センダイムシクイではないかも知れません。鳴き声は、「チヨ チヨ ビィー」と聞こえますから、センダイムシクイのそれのように思えます。鳥の同定も、難しいです。

Img_2000  同じあたりから、神戸櫓跡のところには、コゲラ、ヤマガラ、シジュウカラの混群がよく出て来ます。まずは、コゲラ。キツツキなのですが、今日はあまり激しく音を立てては、木を突いてはくれませんでした。足下の木の皮がはげたあたりを突いて、餌を探しているようでした。

Img_2052  ヤマガラは、数え切れないくらいいた気がします。ただし、動きが激しく、Img_2008 よく鳴くので、そう思えたのかも知れません。左の写真では、餌となる木の実か、種を咥えています。松の実(松ぼっくり)にもよく止まって、実を啄んでいるところを見ます。右の写真、足が割と大きく、爪もかなり鋭いのがよく分かります。ちなみに、シジュウカラも出て来ましたが、お見せできるような写真は撮れませんでした。

 続いては、二の丸跡のステージ裏にいたカワウさんの飛び込み。4枚連続です。水面に着水する直前の3枚目をよくよく見ますと、先に尾羽が水に触れているようです。カワウの尾羽は、けっこう有用性が高いようで、水面から飛び立つときにも水を叩いていますし、飛んでいる状態から着水するときは、ブレーキのように使っています。

Img_2110 Img_2111 Img_2112 Img_2113




 ちなみに、カワウが水に入って泳ぎ始めた、4枚目の写真。背後にミドリガメが多数、甲羅干しをしていて笑えます。

Img_2161  鳥の最後は、イソヒヨドリのメス。蟠龍櫓のところで、帰り道に見つけました。建物の北東角にいました。この写真を撮ったすぐあと、東側に行きましたので、慌てて戻って追いかけたのですが、逃げられました。逃げるときには、2羽いたように見えました。今まで、オスも、メスも1羽でいるところしか見たことがありません。

Img_2188  ところで、上にも書きましたが、バールフレンドのお二人が、「明日、乗りましょうね」と約束しておられた、“桑名城外堀めぐり”の船。船乗り場を眺めたのが、この写真です。三崎見附というところになります。諸戸水路の南端、寺町商店街の北側の入り口からすぐのところです。今日、散歩の帰りに見ていた限りでは、空いていました。一艘に、お客一人という船ばかりでした。明日も天気は良さそうですから、舟めぐりも良いだろうと思います。

Rimg00031018  余談です。ベネッセから、あのお手紙が来ました。そうですお客情報流出のお詫び、電子マネー500円分をくれる、というものです。今のところ、よそからヘンな連絡やら、心当たりのないダイレクトメールなどは届いていません。本当に私の情報が漏れたのかどうかも定かではありませんが、いただけるものは頂戴しておくことにします。しかし、住所の一部が間違っていたりしました。大丈夫なのかしら? という気もします。

|

« 九華公園にトビ現れ、新築公園ではジョウビタキのオス | トップページ | 絶好の行楽日和……九華公園のアヒルは、天寿を全う »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、おはようございます。

インコには、一瞬目を疑いましたよ(笑)。「えっ? 何で?」と思いました。たぶんどこかから逃げてきたのでしょうが、今でも飼われているんですね。

九華公園、コゲラその他は確実にいるようになりました。どの木に出てくるかも、かなりリサーチができています。

私は、河口堰、工事現場(1)に出かけたいと思うのですが、週末は、娘がバイトに行くのに私のクルマに乗って行ってしまいますので、平日に限られます。もう少し体重が減って、体調が良くなれば、チャリでとも考えていますが、だんだん寒くなりますから、思案のしどころです。

なばなの里の写真、楽しみにしています。おっしゃるように今度の土曜からは、イルミネーションが始まるんですね。何だか、年末にまっしぐらという気がしてきます(笑)。

投稿: mamekichi | 2014年10月19日 (日) 08時49分

mamekichiさんこんばんは!

インコ!これはビックリですよね。自分だったら、固まってしまいシャッター押せないかも。(笑) ところで九華公園、鳥の季節本番と言う感じですね。都合、早朝は河口堰くらいしか行けそうにないので、午後から嫁さん誘って行く段取りをしないといけませんね。と言いつつ明日は仕事... それでも早朝河口堰は忘れません。(笑)

アオサギ、殆どの場合近づこうとすると逃げますよね。写真くらい撮らせてよと言いたいです。(笑)

実は先ほどまで、なばなの里で粘っておりましたが、粘った甲斐がありました! また後程ご紹介したいと思います。今日はパソコンのデスクトップ画面が大きく表示されてましたよ。(笑) もう来週イルミネーション開始です、早いものです。

投稿: ひらい | 2014年10月18日 (土) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 九華公園にトビ現れ、新築公園ではジョウビタキのオス | トップページ | 絶好の行楽日和……九華公園のアヒルは、天寿を全う »