« 散歩のついでに博物館の「和紙変化」展へ……ヤマガラ、コゲラ、コサメビタキ、カワラヒワなど | トップページ | KABC-Ⅱの特徴(7)……KABC-Ⅱにおけるデュアルセオリーの意義 »

2014年10月 4日 (土)

コゲラ、シジュウカラ、ヤマガラ、メジロの混群に、センダイムシクイ(?)とコサメビタキか?……秋から冬にかけての野鳥に期待

Rimg00021004 台風の影響がすでにあるのでしょうか、朝からかなり強い風が吹いていまRimg00051004 す。北寄りの風3~4m/sくらいなのですが、何だか湿った風です。天気も、予報では晴れだったのですが、雲が広がっています。右は、住吉神社の前から多度山や、揖斐川を眺めたものですが、川面はけっこう波立っています。

Rimg00101004  七里の渡し跡(川口水門)のところでは、すでに台風に備えてでしょうか、船がたくさん係留されていました。右手が七里の渡し跡、奥に見える櫓風の建物は、蟠龍櫓です。今は、水門施設の機械が入っていて、昔の蟠龍櫓をもした建物になっています。

Rimg00191004  さて、本日も、例によって例の如く、また、いつものコースを散歩してきました。住吉神社、七里の渡し跡、九華公園、貝塚公園、寺町堀、寺町と、4.9㎞です。やや距離が短いのは、九華公園で、バールフレンドのYさんと話し込んだのと、コゲラ、シジュウカラ、ヤマガラ、メジロの混群をずっと追いかけていたからです。9時15分くらいに出て、帰宅は、ちょうど12時でした。

Img_9705  いきなりで何なのですが、この写真に写っているもの、いったい何だと思われますか? 突然のクイズですが、それは、小生も、散歩途中でこれを見たとき、「何だ、これ?」と思ったからです。ミステリーサークルならぬ、謎の盛り土です(笑)。場所は、九華公園の中、大きさ(直径)は、10cmあまり、高さは数cmです。回答は、最後にあります。

Img_9930  まずは、シジュウカラです。以下、今日の小型野鳥たちは、すべて、九華Img_9836 公園の本丸跡の西南にある“神戸櫓<かんべやぐら>跡”のところで撮ったものです。上記のように、ここで、コゲラ、シジュウカラ、ヤマガラ、メジロの混群がずっと餌を探して、ほとんど移動せずにいてくれたのです。

Img_9932  ヤマガラもたくさんいたのですが、どうもピントが今ひとつうまく合わなかっImg_9794 たり、逆光になって、真っ黒に写っていたりでした。この2枚の写真では、ヤマガラはいずれも、木の実か何か、餌をくわえています。左は、松の実(松ぼっくり)を突いて取って来たものだと思います。

Img_9911  コゲラも、群の中に数羽がいましたが、コゲラもけっこう動き回りながら、木を突いていますので、なかなかうまく撮れませんでした。それでも、左は、結構面白いアングルで撮れたと思います。案外かわいらしい、つぶらな瞳をしていると思いますし、嘴の周りにヒゲのように毛が生えているがよく見えます。ちなみに写真はありませんが、今日も諸戸氏庭園の前の桜の木に、コゲラが出て来ていました。

Img_9753  メジロも、群に混じっていました。ただし、メジロも逆光気味の写真ばかりで、はっきりとそれと分かるものは非常に少ないという結果でした。上にも書きましたが、神戸櫓跡という、周りからは高くなったところであった上に、木が何本も生え、ベンチとテーブルが置いてあるという環境でしたので、撮影できる場所が限られてしまったのです。それに、あまり動き回ると、野鳥に警戒され、逃げられてしまいます。言い訳めいていますが、こういう制約の中では、かなり粘った結果としては、まあまあだと思います(苦笑)。

Img_9711  この混群がいたところには、元祖モシャ鳥である、ヒヨドリがけっこう良く侵入してきて、シジュウカラや、ヤマガラたちを蹴散らしていました。本当にヒヨドリは、暴れん坊です。

Img_9787  混群の写真を撮っている間、シジュウカラやヤマガラ、メジロ、コゲラのいImg_9787_2 ずれでもなさそうな鳥も、混じって出没していました。こちらは、はっきりと全身が見えていませんが、どうもセンダイムシクイではないかとおもいます(9月28日(日)の散歩写真から……コサメビタキ、ヤマガラ、コゲラ、シジュウカラ、センダイムシクイ(?)、正体不明の鳥などをご参照ください)。

Img_9944  逆光気味で撮った写真を、かなり明るくしていますが、あのコサメビタキではないかと思います(9月28日(日)の散歩写真から……コサメビタキ、ヤマガラ、コゲラ、シジュウカラ、センダイムシクイ(?)、正体不明の鳥などをご参照ください)。まだ、九華公園あたりにいるようです。

 いやぁ、今年の冬は、小生の散歩コース内、小型の野鳥は、期待できそうです(喜)。

Img_9713  ところで、上手く撮れた写真ではありませんが、面白そうなものを。まずは、シジュウカラの飛び姿であります(苦笑)。真ん中に移ってはいますが(日の丸構図という、下手な構図ですが)、実は、電線に止まっているところを撮ろうとしたのですが、シャッターが切れるのが遅く、画面の左上に写ったのです。それをトリミングしています(爆)。

Img_9700  今日は、アオサギさんはどこにもいませんでした。土曜日でお休みなのかも知れませんし、台風に備えて避難されたのかも知れません(笑)。代わって、揖斐川と長良川の中洲(十万山)に、白いサギらしき姿が見えましたので、1枚。200m以上先ですので、今ひとつはっきりしませんが、ダイサギではないかと思います。

Img_9691  失敗写真ではありません。まぁ、きちんと撮れたと思います。チャバネセセリであろうと思います。諸戸氏庭園の前で撮りました。


Rimg00171004_2  初めの方に書きましたクイズの答え。落ち葉を掃除し、集めた跡に、土や砂が、ちょっとした山のようになっていると思われます。九華公園の朝日丸跡でいくつか見つけたのですが、このあたり、昨日、落ち葉を吹き飛ばして、集めていらっしゃいましたので、このように推測した次第です。「なぁんだ」といわれることは覚悟しております m(_ _)m

 オシマイに、体調について。9月30日に受診して、チラージンSを100μgに増量してもらいました。実際の服用は、10月に入ってからですので、まだ4日目。体調は悪くはありませんが、さらにいっそう元気が出て来たというような、プラス方向の実感はまだありません。もうしばらく服用を続けて、調子を見る必要がありそうです。

 西日本からこちらは、明日から月曜にかけて、台風18号の直接の影響がありそうです。木曽御嶽山では、まだまだ捜索・救助活動が続いていますが、台風の影響も心配です。皆様方も、準備、対策を疎かになさらず、ご注意ください。

|

« 散歩のついでに博物館の「和紙変化」展へ……ヤマガラ、コゲラ、コサメビタキ、カワラヒワなど | トップページ | KABC-Ⅱの特徴(7)……KABC-Ⅱにおけるデュアルセオリーの意義 »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、おはようございます。

10月に入って、野鳥の種類、数も増えてきましたので、おっしゃるように、観察にはよい季節になってきました。今月下旬には、ジョウビタキや、ツグミなどもやってくると思います。

ブログ、拝見しました。先日のアオサギさんたちのダイビングなどは、見られなかったということですが、あれは何だったのでしょうね? 一時の気の迷い? 何とか小生も、この目で見てみたいのですがねぇ……。

ミサゴもそろそろ出てくる季節ですね。揖斐川の、住吉神社のすぐ東に、去年、ミサゴがよく止まっていた竹竿3本があったのですが、前回の大雨の時に流されてしまったようです。1本だけ、棹が残っているのですが、あれでは止まれないでしょうし、困ったものです(笑)。

モシャ鳥は、昨日も、コゲラ、シジュウカラ、ヤマガラたちを蹴散らしていました。乱暴者で困ったヤツですが、それなりにかわいいですよね。

投稿: mamekichi | 2014年10月 5日 (日) 09時55分

mamekichiさんこんばんは!

台風接近の為、ちょっと風が強かったですね、それでも野鳥観察には良い季節になってきたと感じています。自分も毎度の河口堰+なばなの里巡回へ行っておりました。アオサギもシラサギ色々も、河口堰のあちこちで見かけましたが、やはり先週のような行動は見られませんでした。あの日は、鳥がハイテンションになるような電磁波が、どこからか出ていたのでしょうか。(笑)

最近こちら側では、シジュウカラ、イソヒヨドリ、モズを良く見かけるようになりました。また早朝に(7時~8時頃)、4つある河口堰観測塔の下流左岸側、カメラか何かの上で、捕まえた魚を食べているミサゴを良く見かけます。そして!モシャ鳥ちゃんも、あちこち元気に飛びまくってます、とても嬉しい事です。(笑)

明日は朝から雨みたいなので、家でおとなしくしてようと思ってます。(笑)

投稿: ひらい | 2014年10月 4日 (土) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 散歩のついでに博物館の「和紙変化」展へ……ヤマガラ、コゲラ、コサメビタキ、カワラヒワなど | トップページ | KABC-Ⅱの特徴(7)……KABC-Ⅱにおけるデュアルセオリーの意義 »