« ジョウビタキ登場、午後は、多度へ特別支援教育コーディネーター研修講座 | トップページ | セキセイインコ(?)、モズ、イソヒヨドリなど多数 »

2014年10月17日 (金)

九華公園にトビ現れ、新築公園ではジョウビタキのオス

Img_1843  概ね晴れてはいるのですが、朝から北西の風がやや強めに吹いています。Rimg00021017 午前中は4m/sくらいの風でした。河口堰に行こうかとも思っていたのですが、この風では、吹きさらしの河口堰の上は、寒いだろうと考え直し、例によって、例の如く、九華公園他に行くことにしました。結果からしますと、これが正解でした(といっても、河口堰でもっと珍しい鳥に出会ったかも知れませんし、面白いシーンに遭遇したかも知れませんから、まったくの主観的な評価に過ぎません)。

Rimg00161017  さて、その散歩、今日は早くから起きて、必要なことを済ませられましたので、8時45分に出発。九華公園、貝塚公園、新築公園、老松公園と公園めぐり(笑)。オシマイは、寺町を通って、諸戸水路沿いに帰宅であります。2時間半、5.3㎞コースです。

Img_1491  今日最大のトピックスは、こちら、トビです。場所は、何と、九華公園の本丸跡の上空。いつものように、神戸櫓近くで、シジュウカラや、ヤマガラ、コゲラ、メジロの混群の写真を撮っていましたら、頭上で突然、「ピーヒョロロ」という、あの鳴き声がしたのです。慌てて、空を見上げ、最初に撮った写真を少しトリミングしたのが、この1枚です。迫力がありました。それに、猛禽類は美しいです。今日改めてそう思いました。

Img_1576 Img_1577 Img_1578  トビは、しばらく、本丸跡や、公園内の野球場の上を旋回していましたが、やがて、野球場の外野のネットの柱に降り立ちました。ちょっとピントが甘いのが難点なのですが、この姿も迫力があり、見惚れてしまいました。

Img_1768  このトビ、小さいトビを2羽連れているようでした。2羽は、おそらく子どもなImg_1766 のでしょう。見ていると、飛行訓練か何かにでも連れてきたような気がします。

Img_1713  “親子”と思ったのは、トビは普通、集団行動を取らないといわれていることと、この写真のように、大きさがかなり違っていたことからです。最初は、トビとカラスのバトルかと思ったのですが、どうも争っている分にではありませんでしたし、何となく形が似ている気がしました。最終的には、パソコンに写真を取り込んで確認した次第です。

Img_1592 それにしても、迫力があるというか、威厳があるといいますか。滑空している姿は、 優美ささえ感じさせる気がします。トビの親子は、次第に滑空する高さを上げ、また、東へと移動していき、揖斐長良川から、長島町の方へに姿を消しました。長島では、桑名市内よりも猛禽類が多いような気がしますし、鍋田干拓へ行きますと、たくさん生息していると聞きます。

Img_1850  もう一つのトピックスは、ジョウビタキのオスです。昨日は、九華公園で見Img_1862 たのですが、証拠写真しか撮れませんでした。今日は、新築公園にいるのを見つけました。最初は、木陰にいましたので、「また、証拠写真か」と落胆していましたら、私の座っていたベンチの目の前の遊具の上に出て来ました。

Img_1854  新築公園は、チョウや、アカトンボはよくいるのですが、ハト、スズメ以外の鳥はほとんど見たことがありませんでしたので、意外な発見でした。ジョウビタキは、縄張りがはっきりしていますので、うまく行けば、ここに居着いてくれ、“ジョウビタキスポット”プラス1となります。

Img_1875  ジョウビタキのオスは、後ろ姿も美しいものがあります。昔の表現でいえば、“バックシャン”であります。ただし、この“バックシャン“は、本来は、後ろ姿が美しい女性に用いる形容語です。

Img_1876  一部お好きな方がいらっしゃいますので、「モシャッた」ジョウビタキの写真も載せておきます。お楽しみください m(_ _)m


Img_1794  久しぶりに姿を見せたのは、こちらの方です。後ろ姿でお分かりになる方は、けっこう鳥好きでいらっしゃるか、もしくは、このブログを熱心にご覧いただいている方でしょう。

Img_1788_2  カイツブリです。身体の大きさが、ちょっと小Img_1789 さいような気がしますので、若い個体かも知れません。その証拠に、こちらをあまり警戒していませんでしたし、潜水時間が短く、10秒も潜っていない気がしました。あまり警戒されなかったお陰で、割と近くで撮ることができました。

Img_1801  例によって、“下手な鉄砲も数打ちゃ当たる”方式で、かなりの枚数を撮ったのですが、その中に、こんなシーンがありました。これは、これからまさに、水に潜ろうというところです。このように首を伸ばし、背伸びしたような恰好から頭を下げて、潜っていくのです。

Img_1435  その他の鳥たちです。ちょっと遠かったので、証拠写真ですが、ウミネコ。揖斐川上空を、上流側(伊勢大橋方向)へ飛んでいきました。

Img_1470  メジロ。神戸櫓近くで撮ったものです。風のせいもあってImg_1468 か、ふっくらしています。コゲラやシジュウカラ、ヤマガラに混じって、数羽のメジロがいました。相変わらずよく動き回りますので、なかなかこれはというショットは撮れません。

Img_1487  コゲラも、2~3羽見られました。今日は、あまり派手に木を突いてはいまImg_1471 せんでしたが、木の皮がはがれたところで、餌を探しているようでした。右はシジュウカラ、羽の手入れをしているようです。始めの方でトビの写真を紹介しましたが、これらメジロ、コゲラなどの写真を撮っているときに、トビがやって来たのでした。ヤマガラもいましたが、載せられるような写真は撮れませんでした。

Img_1814  ところで、それ以外の写真なども。以前から、“天使の梯子(ヤコブの梯子)”に興味があり、見つけると写真を撮っていましたが、貝塚公園で空を見上げたら、似たような現象が起きていました。太陽は、雲の陰に隠れていたのですが、そこから太陽の光が放射状に見えていたのです。

Img_1821  似たようなものですが、多少違ったパターンです。まぁ、この現象に気がRimg0021 ついて、実験的に撮ってみたということです。右は、コンデジを使って、広角側で撮ったものです。

Img_1880  明日、明後日(10/18、19)は、“桑名まつり博”が開催されます。去年までRimg00051017 は、“御台所まつり”が行われていましたが、終了してしまいましたので、その代わりに行われるものです(2014.09.24、証拠写真ばかりの散歩……コサメビタキ他をご参照ください)。それに合わせて、堀巡りが行われるようです。諸戸水路の南端(寺町交差点に近いところ)が、乗船場で、そこから住吉水門を出て、七里の渡しを川から眺め、川口水門から旧桑名城の堀や、城壁を見て回るという趣向のようです。

Rimg00351017  約20分のコースで、中学生以上は500円ということです。ちょうどわが家Rimg00421017 のマンションの前の諸戸水路を通ります。右の写真は、玉重橋の上から撮ったものですが、もっとも奥が、乗船場の三崎見附です。この玉重橋をくぐって、諸戸氏庭園前を通っていくということです。週末は、天気は良さそうですから、舟めぐりにはよい条件でしょう。

Img_1882  ウラギンシジミのメスです。諸戸水路の、玉重橋の南で撮りました。初めImg_1881 て見たと思います。蛾なのかとも思いましたが、チョウチョでした(笑)。昆虫エクスプローラによれば、「翅の裏面が真っ白なモンシロチョウ大のチョウ。表面はオスが濃茶色地に朱色の紋、メスは濃茶色地に水色の紋を持つ。翅の先端が尖っているのが特徴的。飛ぶと、翅の裏の白色がチラチラと良く目立つ」ということで、まさにその通りでした。

|

« ジョウビタキ登場、午後は、多度へ特別支援教育コーディネーター研修講座 | トップページ | セキセイインコ(?)、モズ、イソヒヨドリなど多数 »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、こんばんは。

トビが頭上で旋回しているのには、驚きました。「まさか、こんなところには!」です。さらに、ネットの柱に降りてきたのには、二度ビックリでした。迫力ありますね。

ジョウビタキは、縄張りがはっきりしていますので、よくいる場所というのがあります。勝手に「ジョウビタキスポット」と名付けています(笑)。人家に近いところにもいますので、たぶん長島側にもたくさんいるのではないでしょうか。

鳥に出会うには、おっしゃるようにマメに出かけるということが大切のような気がします。

九華公園、コゲラなどの混群は、必ずいるようになったと思います。ただし、キンクロはしばらく留守でした。これから増えるとは思いますが……。

天使の梯子、撮影は難しいですね。シャッタースピードや、絞りをきちんと調節すればよいのでしょうが、ついつい面倒で、プログラムモードで撮ってしまいます(笑)。虹なんかも、もう少しきれいに撮れないものかといつも思います。

ブログ、拝見してきました。また後ほどコメントを書かせていただきます。サギはフツーのようですね。しかし、そうすると、あのカーニバルのような騒ぎは何だったのかという謎は、ますます深まります。

投稿: mamekichi | 2014年10月18日 (土) 18時38分

mamekichiさんおはようございます!

トビ!、カッコ良過ぎです!しかもネット柱?にとまって頂けるとは! 羨ましいです。やはり鳥撮影は、まめに通うしか無いという事ですね。ジョウビタキ、まだお会いしてない鳥ちゃんです、長島側には来て頂けないのかな? そろそろ九華公園遠征も計画しないといけないですね。コゲラ、メジロにもお会いしたいです。

天使の梯子、自然現象の神秘と言いましょうか、綺麗ですね。何度か撮影した事ありましたが、見た感じとはちょっと違ってしまう事が多いので、中々難しいです。

本日も巡回に行っておりました。サギは普通にしてました、今日も同じ場所に寝癖モズが居ました(笑)、種類は確認中ですが、カモが10羽程工事現場(1)付近に居ました。白線鳥は、側溝鳥になってました。(笑) またブログ更新しましたら、ご覧になって頂けると嬉しいです。

投稿: ひらい | 2014年10月18日 (土) 10時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジョウビタキ登場、午後は、多度へ特別支援教育コーディネーター研修講座 | トップページ | セキセイインコ(?)、モズ、イソヒヨドリなど多数 »