« トビに遭遇、あとはどこへ行ってもアオサギばかり(笑)……長良川河口堰と九華公園へ | トップページ | 心理アセスメントの過程 »

2014年10月25日 (土)

九華公園は、本日も平穏無事

Rimg00011025 今朝7時半頃の南の空です。いかにも秋の雲というイメージです。今朝は、13.2℃(6時)と、昨日ほどには冷えませんでした。日中も22~23℃くらいになるという予報です。行楽日和でしょう。今日は、散歩コースのあちこちで、桑名歴史案内人の会の方が案内をした歴史散歩が行われていました。

Rimg00041025  今日ももちろん、散歩ですし、十年一日の如く、行き先は九華公園でした(笑)。巡回でもしているような気分です。ただ、九華公園のあとは、久しぶりに貝塚公園、内堀南公園、新築公園と回ってきました。もちろん、野鳥がいないか、確認のためです。8時45分頃出かけ、11時過ぎに戻って来ました。5.2㎞ほどと、ちょうどよい負担です。

Img_3314  さて、その九華公園へは、カモの様子を見に行ったということです。広い範囲に散らばっていましたので、写真には小さくしか写っていませんが、12羽いました。少しずつ増えているようです。内訳は、キンクロハジロのオス2羽、メス6羽、ホシハジロのオス2羽、メス1羽でした。

Img_3335  まずは、キンクロハジロのオスです。遠目にはメスと区別がつきにくかったのですが、間違いないでしょう。冠羽(寝癖ではありません)が大きく、また、身体に白い部分がありますから(真っ白ではありませんが、喚羽の途中かという気がします)。キンクロのオスは、今年初めてです。

Img_3330  同じくキンクロハジロで、メスです。キンクロのメスは、ずいぶん前から九華公園にやってきていました。


Img_3334  私の方を睨んでいるような気がしますが、ホシハジロのオスです。「何だこの野郎?」とか、「写真なんか撮ってんじゃねぇよ!」といいたいのかも知れません。目が赤い(ただし、これで普通です)ので、余計怖そうに見えます(笑)。

Img_3339  こちらは、ホシハジロのメスです。上のオスに比べると、気のせいか、ずいぶん穏やかに見えます。


Img_3350 左はキンクロハジロですが、痒いのか、虫でもついているのを落とそうとしImg_3342 ているのか、水面で身体をよじっていました。メスのような気がしますが、はっきりしません。右は、ホシハジロのメス。こちらは目が痒いのか、はたまた、“アカンベー”でもしているのかよく分かりません。たまたまタイミングよく撮れました。

 以上のように、カモ達の数も増え、九華公園は今日も平穏無事でした。

Img_3322  その証拠に、先日、甲羅干しの最中のカメたちに大迷惑をかけていたカルガモのオスも、メスと並んでおとなしくしていました。カワウ1羽も含め、カメさんたちも、平穏に過ごしいて、誠に喜ばしい光景を目にしてきました。

Img_3325  ところでそれ以外の鳥たちですが、こちらも普段と変わりない様子でした。まずはカイツブリ。昨日(トビに遭遇、あとはどこへ行ってもアオサギばかり(笑)……長良川河口堰と九華公園へ)見たのと同じカイツブリだと思います。もちろん、堀を泳いでいるのですが、割と岸に近いところにいたりします。カイツブリも警戒心が強い鳥ですので、大きな動きをしたり、急に近づいたりしない方がよい相手です。

Img_3363  代わり映えしないのですが、今日は、コゲラ他の混群が出て来ていましImg_3378 た。鎮国守国神社の社務所前の鳥居あたりの木々に、です。コゲラ(左の写真)、ヤマガラ(右の写真)、そして、シジュウカラ(下の写真)です。メジロもいたのですが、ピンぼけ写真しか撮れませんでした。

Img_3381

Img_3384  神戸櫓跡の松の木には、てっぺんあたりにカワウがよくImg_3386 止まっています。あの水かきの付いた、大きめの足で、よくこんな細い枝に止まっていられるものだと感心させられます。

Img_3391  久しぶりに“モシャ鳥”ならぬ、ヒヨドリ。この写真は、貝塚公園で撮りました。あちこち、公園だけでなく、普通のお宅にもたくさん出没しています。ちなみに、今日は、モシャッたヒヨドリには会いませんでした。

Img_3402  どうように、これまた九華公園、貝塚公園ではそこかしこで鳴き声が聞こえます。カワラヒワです。最近はあまり写真には撮れないでいました。

Img_3290  ツマグロヒョウモンのオスです。ツマグロヒョウモンや、モンシロチョウ、キImg_3013 チョウ、その他シジミチョウの仲間は、まだ飛んでいます。さすがにトンボは少なくなりましたが、まだたまに目にします。右の写真のアキアカネ(たぶん)は、昨日(10/24)、長良川河口堰の親水公園で撮ったものです。

Rimg00161025  諸戸氏庭園あたりの様子です。庭園内の木々も、庭園前の桜並木(右側、諸戸水路沿い)も、少しずつ色づいてきています。桜の葉の色づきは、例年よりも早いような気もします。諸戸氏庭園、この秋の公開は、11月1日(土)から11月30日(日)までだということです。ずいぶん中に入っていませんから、今年は見に行きましょうかね。

|

« トビに遭遇、あとはどこへ行ってもアオサギばかり(笑)……長良川河口堰と九華公園へ | トップページ | 心理アセスメントの過程 »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、こんにちは。

そうです、昨日遂に、キンクロのオスが登場しました。あの寝癖、何ともいえませんねぇ(笑)。

カルガモさんに限らず、われわれが見ていないところでは何が起こっているか、分かりませんから、何ともいえませんね。

今日は、ジョウビタキのオス・メスが揃っているところが撮れました.またあとでブログに掲載するつもりです。

ところで、電飾写真、すべて拝見してきました。“The Making of 電飾”がとてもよく分かりますね。ひらいさんのご努力の賜物と思います(ひょっとして、ただ単にお好きなだけかなぁ……笑)。これからも、なばなの里情報、引き続きお願いします。

投稿: mamekichi | 2014年10月26日 (日) 16時13分

mamekichiさんこんばんは!

ついに!キンクロのオスですか! とりあえずおめでとうございます。(笑) 毎年ちゃんとやって来てくれて感激!遠い所からお疲れ様です。これからどんどん増えて、河口堰周辺にも来て頂ける事を願っております。

カルガモさんは、もしかしたらカメを踏みつけて上った後だったとか。(笑) その他鳥さんも勢揃いですね。本日は九華公園の一部の鳥さんが、長良川方面にも遠征して来てくれてたようで、かなり楽しめましたよ。

電飾情報は公式HPでも公開されましたので、7月頃からの情報も合わせて、全てブログで公開開始しました。

投稿: ひらい | 2014年10月25日 (土) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トビに遭遇、あとはどこへ行ってもアオサギばかり(笑)……長良川河口堰と九華公園へ | トップページ | 心理アセスメントの過程 »