« カルガモとカメは平穏、散歩のあとは弥富その他へ | トップページ | 九華公園は、本日も平穏無事 »

2014年10月24日 (金)

トビに遭遇、あとはどこへ行ってもアオサギばかり(笑)……長良川河口堰と九華公園へ

Rimg00821024 ようやく上天気に恵まれました。4~5日ぶりくらいでしょうか。朝は涼しかったものの(10.8℃、6時30分)、日中は20℃を越えました(21.3℃、14時30分)。冒頭の写真は、散歩から帰った、12時10分のものですが、朝からこれと同じような青空で、しかも風も弱そうでした。これは、“河口堰日和だ”ということで、散歩は、まずは長良川河口堰へ。河口堰ではやや歩き足らない感じでしたので、そのまま九華公園に行き、一廻り歩いて帰ってきました(笑)。というと、相当な距離歩いたように思われるかも知れませんが、河口堰2.6㎞+九華公園2.2㎞で、4.8㎞でした。9時出発、12時過ぎ帰宅でした。

Rimg00341024  さて、長良川河口堰へ行ったのは、10月7日以来でした(サギのダイビン グ、スイミングを期待して長良川河口堰へ……期待は裏切られたものの、トビ、イソヒヨドリなど予想外の成果あり)。このときは、タイトル通り、サギのダイビングや、スイミングを期待していったものの、残念ながら、それは見られませんでした。その後、ブロ友のひらいさんもたびたび確認にいらしているのですが、あの“カーニバル状態”は、再現されていません。再現性がないと、科学的事実としては家訓できません(そんな大袈裟なことではありませんが……)。それはともかく、こういう日に河口堰に行くと、気持ちよいので、今日はそれを期待して行って来ました。

Rimg00251024 期待に違わず、ご覧のような眺めを堪能できました。これだけでも、河口堰Rimg00511024 に遠征して来た甲斐があるというものです。左の写真は、堰本体の途中から伊勢大橋、国交省木曽川下流河川工事事務所などを眺めたものです。アオサギが飛んでいるのも写り込みました。右は、伊勢大橋。橋の向こうに見えるのは、多度山です。川面も波もほとんど立っておらず、良い気持ちです。

Img_2986  今日の最大の成果は、こちら、トビです。河口堰を西の端、揖斐長良両河川の中洲まで渡ったところで、何やら茶色っぽい鳥、それも猛禽類のような鳥が飛んでいるのを見つけ、慌ててシャッターを切ったという次第です。そのため、ピントは甘いのですが、ご容赦ください。

Img_2987  トビというと、高い空を旋回し、「ピーヒョロロ」と鳴いているイメージがありますが、このトビ、伊勢大橋方向から、やって来て下流方向へ飛んでいました。それも、ご覧のように、中洲の葦のすぐ上あたりを滑るように飛んでいきました。

Img_2876  トビの他は、一言でいえば、平穏無事でした(笑)。密かに期待していたImg_2929 “カーニバル”も、本日はその気配もありませんでした。左は、長良川左岸(河口堰の東端、下流側)、右は、同じく右岸(河口堰の西橋、下流側)の様子。カワウはいつもいますが、今日は、見るところダイサギ、コサギ、アオサギなどの他、カモもいました(左の写真の上の方に写っています)。ただし、カモは、何カモかは、判別できません。

Img_2942  中でも、今日は、行くところ行くところ、アオサギがいたような感じですImg_2965 (笑)。この左右の写真の2羽は、河口堰左岸の魚道周辺にいたものです。

Img_2905  そして、そのアオサギの飛ぶ姿も、もうこれでもかというくらい、遭遇しました。ということは、それだけあちこちにアオサギがいて、そImg_2947 れだけ私が、これらのアオサギの近くに寄っていったということを意味します。まったく神経質な方たちです。飛び姿が、どれも後方から写っているのは、そのためです(逃げて行くところを追いかけて撮ったということです)。

Img_2948 Img_2950 Img_2951





Img_2955 Img_2989  と、このように、飛び姿はたくさん撮れたものの、いずれも後方からしか撮れませんでした(笑)。


Img_2867 Img_2871 Img_2872





Img_2874  飛び姿といえば、ダイサギもです。河口堰東端で、このダイサギを撮ろうとしたら、途端に逃げられたというのが、事の真相ですが……。今日は、サギに恵まれたのか、振り廻されたのか、よく分かりませんでした(爆)。

Img_2891  サギに気をとられた訳ではありませんが、サギ、カワウ以外の鳥はほとImg_2894 んど見かけませんでした(カラスや、ドバトはいましたが……)。ハクセキレイは、けっこうたくさんいました。こちらは、河口堰本体の上を歩き始めたときに出迎えてくれたハクセキレイです。割と近くまで行っても大丈夫でした。

Img_3005  河口堰の上流、西側の監視塔ですが、カワウとアオサギのパラダイスにImg_3025 なっていました。この下には、コサギが2羽いました。


Img_3056  河口堰の西の端まで行き、親水公園を一廻りして戻ってくる途中、堰のゲートに大きな流木が引っかかっているのに気づきました。Img_3058 かなり大きいものです。こんなことがあるんですね。10月7日にも書きましたが(サギのダイビン グ、スイミングを期待して長良川河口堰へ……期待は裏切られたものの、トビ、イソヒヨドリなど予想外の成果あり)、ゲートにある金具に引っかかっていたのです。金具の間のサイズが分かりませんが、長さは優に1mを超えているでしょう。

Img_3134  もう一つ、証拠写真にかならない写真ですが、河口堰下流に何かいると思って、撮って来たものです。パソコンで拡大しても判別できませんでしたが、カモであるのは確かです。頭が茶色、尾のあたりに黄色い部分があり、ヒドリガモ、コガモ、オナガガモのいずれかのオスのように思えます。

Rimg00721024  ところで、最初にも書きましたように、河口堰のあと、九華公園にも行ってRimg00711024 きました。歩き足らないというのもありましたが、カモ達の様子を見ようというのもありました。

Img_3157  そのカモ達ですが、実は、上の右の写真にも写っています。今日は、左の写真のように、8羽がいました。見る限り、キンクロハジロのメスが6羽、スズガモのメスが2羽のようでした。オスがゼロというのが、気になりますが、偶然かも知れませんし、分かりません。

Img_3229  なぜだか分かりませんが、九華公園でも、行く先々でといって良いほど、アオサギに出会いました。もっとも接近したのは、この左の写真です。九華公園の外周遊歩道の南です。キッチン寿さんの北西のところで、数m(たぶん、5~6m)の距離でした。しかし、さすがにすぐに気づかれてしまい、このショット1枚しか撮れませんでした。朝日丸を回って、西の方へ飛び去りました。

Img_3247  次いでは、九華公園の西、三之丸町内側のところでした。上のアオサギImg_3144 が、移動してきたものかも知れません。10月21日の“カメを蹴散らすカルガモ(笑)”でアオサギがいたのと同じ場所です。もちろん、鎮国守国神社社務所裏の“新お立ち台”にも、1羽が佇んでいました(笑)。今日は、いったい何羽のアオサギに出会ったのでしょう?

Img_3249  上・左のアオサギの足下には、カイツブリが現れました。このカイツブリ、Img_3253 その前に、二ノ丸橋の下をウロウロしているのを見ていました。姿が見えなくなったので、どこかにいるはずだと探していたら、ここにいたという訳です。ベンチに座って動かないでいました。そのため気づかれなかったようで、向こうから近づいてきましたので、と思います。10mくらいのところでしょうか。それにこのカイツブリ、若い個体に見えます。カイツブリをこんな近くで撮ることができたのは、初めてで、当然、これほどクリアな写真に撮れたのも初めてです。

Img_3225  その他九華公園で見たのは、シジュウカラでした。野球場のネットの上という、珍しいところにいました。


Img_3185  もう一つ、空を飛ぶものです。“もの”というと、語弊があるかも知れませImg_3188_2 ん。実は、「ところで」と書いたパラグラフの左の写真にも、非常に小さく写っていますが、 エンジン付パラグライダーが南から飛んできていました。今日のような上天気で、風も弱ければ、気持ちよいでしょう。

 ということで、長良川河口堰と、九華公園と、“ダブル散歩”に行って来ました。まぁ、元気が戻りつつあるということだと思います。しかし、どちらでもアオサギに翻弄されました。思わぬところにいたり、やたらあちこちにいたりと、なかなかの相手です。

|

« カルガモとカメは平穏、散歩のあとは弥富その他へ | トップページ | 九華公園は、本日も平穏無事 »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、こんにちは。

トビ、先だって九華公園では高いところを飛んでいたり、球場のフェンスに止まったりしていましたが、この日のように、低空飛行をしているときもカッコよかったです。猛禽類は魅力的です。

カイツブリ、本当に目の前に来ました。こんなことは初めてです。いつもは遠くにいても、サッサと逃げて行きますから。瞳は小さくとも、視野はたぶんあまり変わらないのではないでしょうか。ケータイやスマホのカメラのレンズも、コンデジや、一眼デジカメに比べれば小さいものの、きちんと使えますから。

キンブル、私は初めて行きました。菓子類、麺類、お米など食品も多種類ありました。季節遅れの冷やし中華のカップ麺など、1つ45円でしたよ。ビックリしました。ただし、とんでもない混雑でした。本文にも書きましたが、私のように人混みに慣れていないと、酔うかも知れません。

投稿: mamekichi | 2014年10月25日 (土) 13時41分

ひらいさん、こんにちは。

河口堰も、九華公園もいずこも平穏無事な状況でした。まぁ、おっしゃるようにこれが普通の日常でしょうから、そう思うしかありませんね。

アオサギについては、いつだったか、九華公園の野球場東で、ちょうど正面から私の頭上を越えていくシーンに出会ったことがありました。ブログにも載せたのですが、現時点では探せていません(笑)。また見つけたら、お知らせします。

トビは、ふと見たら、飛んでいたという次第です。低空飛行もカッコイイですよね。もっとピントがあっていれば、よかったのですが、それはまた次の機会に(笑)。

投稿: mamekichi | 2014年10月25日 (土) 13時35分

こんにちは
高い所を飛ぶトビと違って
目の高さで飛ぶトビは視点が変わっていいですね。
猛禽類はかっこいい。
カイツブリ、綺麗に撮れてますね。
瞳がとても小さいのがよくわかります。
鳥によって瞳の大きさや割合があると思いますけど
小さいと視野はどうなんでしょうね。
キンブルって食品も売ってるんですね。
一号線沿いにあって車で前を通ったり、近鉄から見えてましたが食品まで売ってるとは知りませんでした。

投稿: こころん | 2014年10月25日 (土) 11時47分

mamekichiさんおはようございます!

河口堰遠征お疲れ様でした、相変わらず平穏無事な状態が続いており残念でしたが、これがフツーと割り切るしか無さそうですね。(^^;; アオサギの飛び姿、確かに正面方向から撮影するのは難しいですね。逃げて行く事は有っても、向かってくる事は無さそうです。(笑) そしてトビ!、低空飛行は更にカッコイイです! 今日辺りお会い出来る事を祈りつつ、今から出掛けてきます。(笑)

電飾情報、更新しました。10月24日で全て判明しました!

投稿: ひらい | 2014年10月25日 (土) 06時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カルガモとカメは平穏、散歩のあとは弥富その他へ | トップページ | 九華公園は、本日も平穏無事 »