« アオサギデー(?)、そして、キンクロに似たスズガモ登場 | トップページ | 午後からの雨で、散歩は途切れる »

2014年10月21日 (火)

カメを蹴散らすカルガモ(笑)

Rimg00311021 朝から午後早くまで、曇っており、何となく調子が出ない感じでいました。昼食後、久しぶりに小1時間、昼寝をしたら、回復してきました(笑)。以前は、すぐに睡くなっていたのですが(おそらく、甲状腺機能低下の症状の一つでした)、最近はそういうことはほとんどなくなっていたのです。昼寝から起きて、13時過ぎから2時間あまり、散歩に行って来ました。

Rimg00191021  行き先は、もう書くまでもありません。極度のワンパターン、九華公園往復Rimg00201021 です(爆)。「そこしか行くところはないのか?」という突っ込み、歓迎致します。住吉神社、七里の渡し跡から九華公園を一周して、同じコースで戻って来ました。帰りに、買い物がてら、近所のスーパーへ立ち寄って来たのが、いささかのバリエーションです。

 ただし、出会った鳥さんには、あまりバリエーションはありませんでした。コゲラ、シジュウカラ、ヤマガラなどは、活動時間帯に合わなかったようで、まったく見かけず。アオサギ、カイツブリ、カルガモ、ハクセキレイくらいでした。そうそう、それに、バールフレンドのYさんに会いました。午前中は、体操にいっていたので午後から来たとおっしゃっていました。

Img_2587  アヒルさん亡き後、九華公園に居着いているのは、カルガモ2羽だけになりImg_2682 ました(飼われているのは、ニワトリと、インコがいます)。カルガモは、元気で何よりというところです。今日も、堀を泳ぎ回っていました。

Img_2695  そのカルガモさん、元気が余ったのか、とんでもない行状に及んでおりました。上右の写真で、向こう側で羽を広げてなにやらしていた方のカルガモ(たぶんオス)です。左の写真をご覧ください。旧アヒル小屋に上がっていく板でできたスロープ。カメの甲羅干し名所になっています。ここにメスがいましたので(上右の写真)、そこに上がっていこうとしたようです。

Img_2696 Img_2699  ご覧のように、居並ぶカメたちを蹴散らして、スロープを上がっていこうとしたのです。カメがいるのは、たぶんよく分かっていたのでしょうが、上に上がりたいという欲求がかなり強かったのでしょう。カメの存在など無視しているかのようです。これくらい押しが強くなりたいと、気の弱い私など、憬れてしまいます(爆)。

Img_2702  しかし、カルガモの足には、水かきがあり、泳ぐのに適していますので、カImg_2708 メのように丸い物体が居並ぶところを歩くのは、容易ではないようです。転けそうになったりしていました(左の写真)。しかし、苦労の甲斐あって、ようやく最上部に近づいていきました(右の写真)。

Img_2711  もう少しであります。ちょうどカメの足下、向かって右側にいたカメ、スロープから転落しかかっているところが写っていました。頭から堀に落ちていっています。カルガモの方は、カメなど何するものぞという気概で進んでいきます。

Img_2713  しかし、無理をした報いか、はたまた、カメたちの恨みのなせる技か、スロープに空いている穴を避けようとして、端っこの棒の部分から落ちかけて、慌てる始末(笑)。見ていて笑いそうになりました。慌てて体勢を立て直しています。

Img_2716  幸いにも自らは堀に転落することもなく、最上部まで到達しました(左のImg_2718 写真)。しかし、この直後には、自分がバランスを崩して落ちそうになったのを思い出してか、身震いをしているようにも見えました。“全身モシャリ状態”を呈しています。“モシャる”のにも、いろいろと原因があるようです(笑)。

Img_2730  このあと、この雄のカルガモは、無事に先にここにいたメスの近くに到着。カルガモにとっては、目出度し目出度しの結末となりました。


Img_2597  さて、次は、アオサギの出番です。今日、九華公園に現れたのは1羽だけImg_2596 でした。ただし、その現れた場所が、これまであまりアオサギを見たことがないところでした。管理事務所南の、朱い橋の西にある花菖蒲園のところでした。

Img_2621  外周の遊歩道を一周して、三之丸町内の方から見ますと、この位置ににいたのです(左の写真)。ちなみに、写真の手前には、カImg_2626 イツブリが泳いでいるのが写っています。見ていますと、アオサギは、いったん飛び上がって、三之丸町内側にやって来ました(右の写真)。九華公園に入る“扇橋“の南にいます。

Img_2719  しかし、このアオサギ、すぐまた飛んで、本丸跡のトイレの西の木の上にImg_2725 移動。最近、ここによくいるアオサギがいますから、それと同じ個体なのかも知れません。これは、やはりマジメに、アオサギの個体識別に取り組まないといけないかも知れません。顔つきとか、模様とかで区別するんでしょうねぇ……。

Img_2687  この樹上のアオサギさん、あまりじっとしてはおらず、身繕いに忙しいようImg_2691 でした(右の写真)。右の写真、かなりトリミングしていますので、今ひとつクリアではありませんが、目を閉じて、羽を手入れしているように見えます。うっとりしているのでしょうか?

Img_2782  ところで、他の鳥さんなども、載せておきます。今日見かけたアオサギは、もう1羽。七里の渡し跡から揖斐川に出る、川口水門のところに佇んでいたものです。いつもなら、護岸の上にいることが多いのですが、それよりも低いところに止まっていました。ちょっと珍しい場所です。

Img_2757  蟠龍櫓近くにいたハクセキレイ。何となくこちらを読んでいるように鳴いてImg_2760 いました。そっと近づいてみたところ、逃げないで写真を撮らせてくれました。右の写真、「何か用かい?」とか、「何だよぉ?」とでもいいたそうな雰囲気です。

Img_2583  七里の渡し跡で見つけた、モクズガニ。写真を撮っている間は、固まっていたのですが、取り終えた途端に逃げて行きました。協力的なのでしょうか(笑)。

Img_2615  ツマグロヒョウモンのオスでしょう。九華公園の外周遊歩道の東の桜の木Img_2617 に止まりました。秋も深まって来ましたが、まだ、チョウチョもけっこう飛んでいます。堀のところでは、ギンヤンマの姿も見ましたが、トンボはかなり珍しくなっています。

Img_2605  ピンぼけの証拠写真がオマケです。九華公園の堀で撮りました。ジャンプするボラです。この時期、九華公園の堀や、諸戸水路では、魚たちがジャンプするのをよく見ます。今日も、このボラがジャンプしているのを見つけましたので、カメラを構えたら、ちょうど撮れたのですが、ピンぼけでした(爆)。カメラの液晶ビューで見たときは、こんなにぼけているとは思わなかったのです。悔しいので、最後に載せさせていただきました。

|

« アオサギデー(?)、そして、キンクロに似たスズガモ登場 | トップページ | 午後からの雨で、散歩は途切れる »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ミリオンさん、こんにちは。

カルガモももちろん、飛べるはずです。ただし、九華公園のカルガモが飛んでいるところは、見たことがありませんが……。飛び方を忘れたのでしょうか?

それにしても、カメさんには迷惑ですよね。よく事情が飲み込めないまま、堀に転落していったカメもいたと思います。

投稿: mamekichi | 2014年10月22日 (水) 16時11分

TAKUさん、こんにちは。
カルガモさんたち、この直前まで、一緒に連れ立って、堀を泳いでいたのです。片時も離れたくないと思っているのでしょうかね(笑)。カルガモがここに上がっているのを見ることは、これまでほとんどありませんでした。何か心境の変化でもあったのかという気もします。

それにしても、カメさん達は、甲羅干しをしないと健康障害が出るそうですから、迷惑なことだったと思います。 

ちなみに、昨日は、キンクロ達はいませんでした。来月に入れば、もっと数も増えて、常時、堀にいるようになると思います。

投稿: mamekichi | 2014年10月22日 (水) 16時09分

オスのカルガモ君、脇目もそらさずメスに一目散ですね。
亀の所は歩きにくいから飛んで行けば早いのに、
と思ったけど、カルガモは飛べなかったかな?飛べましたよね


投稿: ミリオン | 2014年10月22日 (水) 14時03分

カルガモとカメ、笑ってしまいました(^^)
想いの強さから行動が先走って周りが見えなくなっているようで(笑)
カメさんたちにとっては聖域?をおかされて、心地よく甲羅干ししていたカメさんたちもビックリだったでしょうね~(@_@)
今回は、恋?は盲目ということで、勘弁してあげてほしいですね(^^)

投稿: TAKU | 2014年10月22日 (水) 13時15分

ひらいさん、おはようございます。

カルガモとカメ楽しんでいただけたようで、何よりです(笑)。アオサギを追いかけていって、遭遇しましたので、アオサギ様々なのです。同じところに毎日通っていても、その時々でいろいろなことがありますから、止められませんね。

某巨大庭園の方、このところ、見ておりませんでした。本番並みになっているんですね。今晩、見てみます。

投稿: mamekichi | 2014年10月22日 (水) 09時21分

みゅうさん、おはようございます。
樹上に降り立ったアオサギを追いかけていったところで、このカメを蹴散らすカルガモを見つけました。陰の功労者は、アオサギさんです笑)。

このところ、毎日九華公園に通っています。ワンパターンながら、日々新たな発見があり、楽しめています。野鳥たち(コゲラなど小型の野鳥)は、だいたいどこに出てくるか分かるようになりますよ。

投稿: mamekichi | 2014年10月22日 (水) 09時15分

mamekichiさん、おはようございます!!

カモとカメ、これは最高でした。(笑) 最後のモシャカモ、元祖もタジタジです。素晴らしい出来事に遭遇されて、とても羨ましいです。やはりマメに通う事が重要ですね。自分も河口堰巡回継続です!! 巡回と言えば某巨大庭園のイルミネーション、開演まであと数日となり、試験点灯というより、既に始まってる感じになってきましたよ。

投稿: ひらい | 2014年10月22日 (水) 07時30分

こんばんは。
亀を蹴散らすかるがも君 面白いねぇ。
楽しく拝見させていただきました。
九華公園 飽きの来ない公園のようですね。
たぶん私達がいっても 野鳥との出会いはないと思います。探すの下手だから・・・(^-^)

投稿: みゅう | 2014年10月21日 (火) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アオサギデー(?)、そして、キンクロに似たスズガモ登場 | トップページ | 午後からの雨で、散歩は途切れる »