« KABC-Ⅱの特徴(7)……KABC-Ⅱにおけるデュアルセオリーの意義 | トップページ | 今宵は、十三夜 »

2014年10月 6日 (月)

九華公園でカワセミを目撃

Rimg00101006 台風18号は、駆け足で通り過ぎて行きました。桑名あたりも、暴風圏に入りRimg00151006 ましたが、風は最高11.5m/s(11時)でしたし、本日17時までの24時間雨量も、33.5mmと、いずれも思ったほどでなくて済みました。幸い、桑名では、被害も出ていないようです。冒頭の2枚の写真は、朝8時過ぎの様子です。長良川河口堰は雨で煙っていますが、堰のゲートは降りていて、上流部も含め、雨量はさほど多くはないと思われました。

Rimg00261006  雨は、9時台にはあがり、空も次第に晴れてきました。ただ、吹き返しの風Rimg00281006 は、けっこうきつく、初めに書きましたように、10m/sを越えていました。こんな天気でしたので、午前中は、昔勤めていたS病院の保育士さんから依頼された、ある研究のデータをチェックしたり、来週の特別支援教育コーディネーター研修のプレゼン資料の確認、修正をしておりました。午後になって、一区切りつきましたし、天気も“台風一過”とまでは行きませんでしたが、かなり回復しましたので、散歩に出て来ました。これら2枚の写真は、15時過ぎのようです。北から西の空は、雲が出ていましたが、東の方は青空でした。ただし、この時間も風は、7~8m/sくらい吹いていたようです。

Rimg00451006  さて、その散歩、行き先は、九華公園を一廻りということです。15時20分くらRimg00491006 いから1時間半ほど、4.3㎞を歩いてきました。住吉神社、揖斐川堤防、七里の渡し跡、九華公園(左の写真)と歩き、新光堂本店を覗いてから、本堂や境内の整備が終わった浄土寺(右の写真)を見てきました。

Img_0028  台風の吹き返しの風がかなり強く吹いていましたので、野鳥はあまりいないだろうと思って出かけました。それはその通りだったのですが、九華公園で、ビックリする鳥に出会いました。左の写真の赤いまるの中にいます。

Kyuuka  この鳥さん、小生が九華公園を一廻りして、立教幼稚園の近くまで来たとき、堀の水面のすぐ上を、すごい勢いで飛んでいったのです。左の地図で、赤い矢印のように飛んでいったのです。2~3年前にも九華公園で何度か見たことはあるのですが、最近はトンとご無沙汰。

 

Img_00282  それは、こちら。といっても、全くの証拠写真でお恥ずかしいのですが、あのカワセミさんです。2枚前の写真を、大トリミングしたものです(笑)。場所は二の丸跡の東側。ただし、この写真を撮ったのは、上の地図で、赤い視覚をつけたところですから、カワセミからはほぼ80mほど離れていました。慌てて、黄色い線のように戻っていったのですが、時すでに遅し。カワセミのいたあたりを探し回ったのですが、どこにも姿はありませんでした。期待していなかっただけに、嬉しかったのですが、きちんとした写真が撮れなかったはまったく以て残念。ただし、これでまた散歩に対するモチベーションがとても上がったのも確かです(苦笑)。

Img_9987  九華公園に行く前、揖斐川堤防から見ましたら、よくあることですが、蟠龍櫓の下の堤防上に、カワウ2羽、アオサギ、コサギ(?)が勢揃いしていました。これらの3種類が並んでいるのは、このあたりではちょっと珍しい光景です。白いのは、コサギと思いますが、足の色がよく見えませんので、?マークをつけました。

Img_9990  揖斐川堤防の、アオサギたち3種類がいたところの、さらに手前(住吉神社に近い側)には、カワウが2羽。鳥たちも、これくらいの大きさがあれば、今日の風でもあまり煽られることはないかという気がします。それに対して、ハクセキレイなどをあちこちで見ましたが、強風で吹き飛ばされそうになりながら飛んでいました。

Img_0037  ところで、2つ目のパラグラフにも書きましたが、浄土寺の本堂、境内のRimg00501006 整備が終わっていました。ここは、初代桑名藩主・本多忠勝公の墓所があります。本多忠勝は、徳川四天王の一人で、槍の名手として知られていますが、慶長6(1601)年、桑名に封ぜられ、積極的に街づくりを行っています。これは、「慶長の町割り」として知られています。また、この浄土寺には、「幽霊飴の伝説」が伝わっていて、8月の地蔵盆には、幽霊飴が売られています。幽霊飴の話については、まんが日本昔話のデータベースにもありました。こちらをご覧ください。

Rimg00541006  門前には、このように立派な「本多平八郎忠勝公本廟」という石碑も建ちRimg00531006 ました。落慶法要が、この10月26日に行われるという案内が掲示されていました。檀家の方だけでなく、一般参拝も行えるということです。

Rimg00621006  オマケの話。新光堂本店へ立ち寄りましたが、蛭子能収さんが最近出版された“ひとりぼっちを笑うな (角川oneテーマ21) ”がないか、見に行ったのです。蛭子さんをご存じない方は少ないかと思いますが、独特のキャラクターをしています。テレビ東京系で「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」のレギュラーを、太川陽介さんと務めていますが、あのワガママさや、ゴーイング・マイ・ウェイさが魅力なのかも知れません。BLOGOSに紹介が載っていたのを見て、面白いかも知れないと思ったためです。ただ、残念ながら、新光堂本店には、この本、ありませんでした。 幸せのあり方、人の生き方は、まさに、いろいろという点で、興味が持てたのです。明日、三洋堂かどこかへ見に行ってみることにします。

|

« KABC-Ⅱの特徴(7)……KABC-Ⅱにおけるデュアルセオリーの意義 | トップページ | 今宵は、十三夜 »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ミリオンさん、こんばんは。

誤字、ご心配なく。私もよくやります。教員時代、学生に配る資料を印刷してから、誤字脱字に気づいたこと、数知れずあります(笑)。

カワセミ、九華公園で見るのは珍しいのですが、まれに来ているようです。過剰な期待を抱かず、「ひょっとしたら」くらいのお気持ちでいらっしゃるとよいかも知れません。

蛭子さんの本、ゲットしてきました。なかなか面白い内容ですが、同じようなことを考えている方、けっこう多いかも知れません。読み終えたら、また、マイブックスに載せておきます。

投稿: mamekichi | 2014年10月 7日 (火) 21時41分

ひらいさん、こんばんは。

カワセミ、九華公園で見たのは、何年ぶりかでした。アオサギなどもそうですが、油断して歩いていると、思わぬところにいたりします。あたりに気を配って歩かなければなりません(笑)。

今日、私も河口堰が良いかもと思っていました。が、期待は見事に裏切られました。アオサギは2羽いたのですが、コサギやダイサギはいませんでした。代わりに、トビ、イソヒヨドリ(メス)などの収穫はありましたので、救われました。

投稿: mamekichi | 2014年10月 7日 (火) 21時38分

ああ~誤字脱字変換間違いが・・

×風邪が強かった ○風が強かった
×運河よければ  ○運がよければ  でしたm(__)m

投稿: ミリオン | 2014年10月 7日 (火) 14時49分

昨日は台風の後の方が風邪が強かったですね。
九華公園にカワセミが出没、いえ、おいでになられるとは知りませんでした。
大体場所はわかります、運河よければ出会えるかも?
近くを通る時はそぉっと通るようにします(笑)

ローカル路線バス乗り継ぎの旅はたまに私も見ます。
蛭子さんマイペースで独特なキャラですね。
一緒に旅する太川さんも苦笑する場面もありますね。
でも面白そうな本ですね、

投稿: ミリオン | 2014年10月 7日 (火) 14時46分

mamekichiさん、おはようございます!!

カワセミ!、中々見かける事は出来ませんが、意外にも結構色々な所に出没するんですね。自分も会えないと諦めずに、しっかりと確認しながらお散歩しようと思います。

全く根拠は無いのですが、今日辺り河口堰でサギのパーティーが見れそうな予感です。前回も、結構雨が降った翌日だったという理由だけなのですが。(笑)

投稿: ひらい | 2014年10月 7日 (火) 07時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« KABC-Ⅱの特徴(7)……KABC-Ⅱにおけるデュアルセオリーの意義 | トップページ | 今宵は、十三夜 »