« プランニング(計画)・学習能力にもとづいた指導法の原則 | トップページ | ジョウビタキ登場、午後は、多度へ特別支援教育コーディネーター研修講座 »

2014年10月15日 (水)

トビとイソヒヨドリくらい……鳥はおらず、証拠写真ばかりなりけり

Rimg00081015  今朝は、肌寒いなと思いましたら、何と13.7℃だったようです(5時10分)。台風のお陰で、秋が一段と深まったのでしょう。日中も、今のところ(14時半)、18.8℃(12時)に留まっています。もう少し天気はよくなるかと思ったのですが、曇りがちの1日のようです。

 さて、今朝も、もちろん散歩なのですが、曇っているせいで、写真があまりきれいに撮れませんし、今日もまた、“誰もいません”に近い結果でした(笑)。9時から11時半まで、九華公園、貝塚公園、寺町など、5.3㎞を歩いてきました。

Img_1223  今日は、証拠写真のような、不出来な写真ばかりなのですが、一つ、喜ばしいことは、猛禽類の季節が来た! と思わせてくれるシーンに遭遇しました。行きがけに、住吉神社近くで、まずは猛禽類と思われる鳥が空高く、滑空しているのを見ました(ただし、写真は撮れませんでした)。その後、九華公園を歩いていると、揖斐川方向に再び、猛禽類の姿が見えました。それがこの写真です。かなり遠く、250mmズームで撮ったものをさらにトリミングしていますので、いけませんが、尾羽の形からして、トビではないかと思っています。ブロ友のひらいさんによれば(ひらパノ!)、河口堰の監視塔に、朝方ミサゴがいるということですから(2014.10.11 長良川河口堰)、いよいよ猛禽類の姿も見られ始めたようです。

Img_1181  その前、揖斐川堤防、蟠龍櫓辺りを歩いているとき、小型の野鳥が飛んできて、櫓の屋根に降りました。「たぶん、イソヒヨドリだ」と直観。デジカメの液晶画面では、よく分かりませんでしたが、パソコンで確認しました。天気がよければ、もっときれいに写ったと思いますが……。

Img_1175  今日は、本当に野鳥がいませんでした。話がさらに遡りますが、住吉神社に出たところで、伊勢大橋の手前にアオサギが中洲方向へ飛んでいくのが見えていました。これまた、250mmズーム+大トリですので、ピントが非常に甘く、証拠写真でした(笑)。

Img_1202  九華公園に到着し、管理事務所のすぐ北あたりで、カワラヒワや、コゲラImg_1214 の姿が見られました。いずれも、曇って、暗かったので、このような写真です(スキルがあれば、もう少しきれいになるのだろうと思いますが、なかなかです)。ここで鳥を見上げていましたら、バールフレンド2号のTさんから声をかけられました。カワラヒワ、コゲラを見ているとお話しし、どこにいるかを説明したのですが、高い梢に小さな鳥ですから、なかなかうまく伝わりません(苦笑)。

Rimg00171015  朝日丸跡まで行きましたら、今度は、バールフレンド1号のYさんが、ベンチにいらっしゃいました。世間話など、20分くらい。散歩に行ったのか、おしゃべりに行ったのか、よく分かりませんが、いろいろな話を伺え、楽しく過ごせます。Yさんとお話ししていると、時々、公園管理の方が回って来て冷やかされるのですが、先日は、「年上のガールフレンドです」といったら、大ウケでした(笑)。

Img_1238  野球場脇の電線に、あまりみたことがないような鳥がいましたので(そういう気がしたのです)、写真を撮っていたのですが、どうもムクドリのようでした。顔のあたりの羽がやたら白いような気もしますが……。近眼+老眼+乱視+ショボショボ目ですから、アヤシイものですし、情けなくなります(苦笑)。

Img_1278  帰り際、諸戸水路を回って来ました。ようやく写真らしい写真を撮れましImg_1280 た。ハクセキレイであります。水路の護岸、斜めになっているところに止まった瞬間です。この諸戸水路に来たのは、実は昨日午後、郵便局まで行った帰りに通りかかったところ、玉重橋のところで、タヌキらしい動物の水死体が浮いていたので、確かめに来たという次第です。家内に「見間違いじゃないの?」と信用してもらえなかったためです(写真には撮らなかったのが、悔やまれます)。しかし、諸戸水路を隈なく見て回ったのですが、ありませんでした。住吉水門は閉じられていましたので、揖斐川に流れ出たとは思えないのですが……。

 ところで、Yさんとお話ししていて気づいたのですが、このところ、九華公園で、1羽だけいたはずのアヒルさんの姿が見えなくなっています。かなりの老体と見受けられましたので、ひょっとしたら天寿を全うしたのかも知れません。

 ちなみに、カルガモ2羽は、健在ですので、ご安心ください。

 なお、今日は、キンクロさんの姿は見られませんでした。理由はよく分かりません。

Rimg00071015  オマケの写真。いつも散歩に出るときと、戻ったときに多度山などの写真を撮るのですが、伊勢大橋の方向を撮った写真に、たまたまハトが2羽、写り込んでいました。「ハトが飛んでいるなぁ」とは思ったのですが、まさかこんなにはっきりと写っているとは……。

|

« プランニング(計画)・学習能力にもとづいた指導法の原則 | トップページ | ジョウビタキ登場、午後は、多度へ特別支援教育コーディネーター研修講座 »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

秘書さま、お久しぶりです(笑)。

しばらくいらっしゃらないと思っていましたが、韓国旅行にお出かけだったのですね。小生よりも、韓国の魅力の方が上待っているということなんですね(笑)。

九華公園のアヒル、今日も見ませんでした。一度管理事務所の方に尋ねてみようと思うのですが、いなくなってしまったのかも知れませんね。そうだとしたら、残念です。

まだ、散歩する方は減ってはいませんよ。お馴染みの方や、たまにお目にかかる方など、まだまだたくさんいらっしゃいます。

秘書さんは、ガールフレンドではなく、秘書さんですよ(笑)。避暑兼年下のガールフレンドでも構いませんが……。

投稿: mamekichi | 2014年10月16日 (木) 20時50分

先生、お久しぶりです。さみかったですか?笑い!
えーアヒルのいないきゅうか公園なんて!
さみしすぎます。
寒くなってきたので、お散歩する人が減ってさみしいですよね。
私は、年下のガールフレンドにしてくださいませね。
実は、先週の月曜日に二泊三日で韓国に行く予定でしたが、台風で飛ばず、主人が遅い夏休みをとったものだから、なにも計画がなくなったので、もう一度韓国の旅行の申込みして木曜日・金曜日に行って来ました。三日前でもとれるんですね。笑い♪

投稿: 秘書 | 2014年10月16日 (木) 10時57分

ひらいさん、おはようございます。

トビは、桑名側でも秋から冬にかけて、上空を滑空しているのを見ることがあります。まれに、桑名駅など、市街地の上を飛んでいるのを見たことさえあります。しかし、長島の方がおそらくよく見られるんでしょうね。

ミサゴも揖斐川上空を魚をわしづかみにして飛んでいるのを見たこともありますし、揖斐川の中にあった竹竿の上に止まっているところも何度かみました(この竹竿、先月の大雨以降、見えなくなりましたから、流れたのかも知れません)。

イソヒヨドリは、思わぬ時に出会います(他の鳥もそうですが、油断できませんね)。

タヌキは、家内が聞いてきたところによれば、こちらの播磨地区でもよく出没するんだそうです。猿もでますから、いても不思議ではないんですね。

ムクドリと思った個体は、飛び方、鳴き声はムクドリでした。ひらいさんのブログも、改めて拝見してきましたが、ムクドリ、よく見る鳥ですが、なかなか一筋縄ではいかないようです。

ところで、腰痛とはいけませんね。小生も、昔、病院で働いていたときには、ぎっくり腰で1週間入院したこともありました。お大事に。

投稿: mamekichi | 2014年10月16日 (木) 09時04分

mamekichiさんこんばんは!

トビ&イソヒヨドリと聞いて(実際は見てですが(笑))、河口堰に行かれたのかと思いました。トビ等の猛禽類は、かなり上空を飛んでる事が多いので、中々かっこ良く撮影できないです。河口堰のミサゴは、早朝ですが良く堰南東の監視塔上で休憩しておりますので、また確認してみて下さい。監視塔は、堰の上よりも東側から撮影した方が近くなる感じです。早朝ですと順光にもなり、良い感じです。またお祭りが始まるかもしれないので、河口堰のサギさんは要注目です。(笑)

桑名の街中でもタヌキが居るのでしょうか? こちら側では、住民の見かけた情報等を元に時々仕掛けを置いてるようで、生け捕りにされてる所を見た事が有りますよ。その時のタヌキは、もの凄く臭かったです。(^^;;;

また変わったムクドリですね。ムクドリに有るかどうかは判りませんが、オス・メス・幼鳥・繁殖期等で変化したりするのでしょうか。ところで、自分も最近ムクドリの群れに居たムクドリらしき鳥を撮影しました。マイブログの10月11日ネタの一番最後に追記しておりますので、またお時間ある時にでもご覧頂ければ嬉しいです。ムクドリかどうかも判りませんが、他に数十羽居たムクドリの中の一羽でした。

本日夜は、なばなの里に行こうと思ったのですが、腰痛悪化の為、断念しました。(^^;; 寒い日にバイクに乗ってると時々なってしまいます。

投稿: ひらい | 2014年10月15日 (水) 19時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プランニング(計画)・学習能力にもとづいた指導法の原則 | トップページ | ジョウビタキ登場、午後は、多度へ特別支援教育コーディネーター研修講座 »