« サギのダイビング、スイミングを期待して長良川河口堰へ……期待は裏切られたものの、トビ、イソヒヨドリなど予想外の成果あり | トップページ | 昨日の皆既月食(やや残念)と、なばなの里のイルミネーション試験点灯の話 »

2014年10月 8日 (水)

モズと、新“バール・フレンド”登場

Rimg00121008  よい天気です。朝方は、やや風が強い感じでしたが、昼に近くなるにつれ、それも収まって来ました。散歩日和です。夕方、皆既月食がありますが、18時からは曇りという天気予報。どうなるでしょう?

Rimg00091008  さて、今日は、遠征はせず、いつものように、九華公園、貝塚公園、老松公Rimg00061008 園と回ってきました。途中、思いついてアピタにも寄りましたので、歩いた距離は、思いの外伸びて、6.1㎞も! 左の写真は、九華公園で、二の丸跡から九華橋方向を眺めたものです。気持ちのよい感じです。途中、住吉神社前から眺める川の様子も、広々としていて、ゆったりした気分になれます。

Img_0371  今日の散歩では、いつもの鳥といえば、そうなのですが、小型の野鳥たちがたくさんいました。まずは、9月から、このあたりに出没しているコサメビタキ。九華公園の土俵の近くで、コゲラやシジュウカラ、ヤマガラの混群に混じっていました。夏に飛来する鳥のようですから、いつまでいてくれるか気になります。

Img_0432  朝日丸跡を歩いているとき、背後から飛んできて、目の前の高い梢に一瞬だけ止まりました。モズのメスのようです。この秋、モズを見たのは、初めてです。顔が見える写真は、これ1枚。他には、後ろ姿のものが2枚だけ撮れました。

Img_0486  話が後先になりますが、散歩もほぼ終わり、玉重橋近くの諸戸水路の近Img_0487 くで、メジロが2~3羽出て来ました。メジロのちゃんとした写真が撮れたのも久しぶりです。

Img_0381  カワラヒワは、しばらく前からあちこちで鳴き声を聞いていましたが、木の高いところにいて、なかなか姿をとらえられませんでした。コサメビタキの近くに数羽の群れで戯れている感じでした。

Img_0385  小型のキツツキの一種、コゲラです。コサメビタキのところで書いた混群にいたものです。木陰に隠れて、この混群が来ていた大きな松の木を見上げていたのですが、不意に飛んできて、私のいたすぐ上の木にとまったものです。いきなり頭の上に来られると、買えって驚いたり、戸惑ったりしてしまいます(笑)。

Img_0392  同じ群にいたヤマガラです。けっこう高い松の木にいましたので、なかなImg_0402 か上手く撮れませんでした。ずっと上を見上げていましたので、首が痛くなりますし、通りすがりの方から、「何をご覧になっていますか?」などと聞かれてしまいます(笑)。不審人物と思われているかも知れません。

Img_0414  同じく、シジュウカラです。この混群、10数羽くらいのサイズでした。コゲラ、シジュウカラ、ヤマガラの混群は、けっこうよく見られます。一箇所に留まってはおらず、あちこちの木を順番に移動して行くようです。九華公園の出てくる混群は、いつも同じようなルートで移動して行くような気がします。また、ねぐらは、鎮国守国神社の本殿の周りの森のように思われます。これらは、これまでの観察から考えられる、いわば「仮説」ですので、この秋から冬にかけてもう少しよく観て、正しいかどうか検証してみようと思っています。

Img_0435  ところで、野球場のところで、80歳くらいの女性から声をかけられました(本当に、高齢女性にモテるようです……爆)。その女性は、グラウンドに生えてきたキノコを不思議そうに見ておられ、それについて尋ねて来られたのでした。しかし、それはどうも話のきっかけが欲しかったためのようで、すぐに「お宅さん、毎日のように散歩しておられますね。近くの方ですか?」などと、話が展開。先月初めくらいから、よくお目にかかっていたのですが、最近、ようやく挨拶を交わすようになっていました。

 その後、80歳であること、病院にかかっていて毎日朝夕血圧を測っていること、医者から散歩のような運動をするのと、1日に7人の人と話なさいといわれていること等の話を伺いました。今日は、歩くために、寺町の三八市に行ってきたそうです。新たな、三人目の“バールフレンド”の登場かも知れません。

 面白かったのは、野球場の照明灯にいたカワウを、この方は、「カラスじゃないの?」とおっしゃって、ひっくり返りそうになりました。しかし、よく考えてみれば、鳥なんぞに関心がない方ですと、こんなものかも知れません(かつての自分も似たようなものだったかも)。

 そういえば、昨日、河口堰のゲートを歩き始めてすぐに出会った方が、「向こうにゴイサギがいましたよ」と教えてくださいました。ゴイサギは久しく見ていませんでしたので、喜び勇んでいってみたら、そこにいたのは、何とアオサギでした(笑)。ちなみに、ゴイサギとアオサギを混同している方、けっこういらっしゃいます(以前にもそういう方がありました)。

Img_0452  九華公園の外側の歩道沿いのお宅で見つけました。ヒヨドリか誰かが、Img_0453 食べたのでしょう。ということは、この柿、もう人間も食べられるかも知れません。もちろん、子どもではありませんから、失敬するなどという悪行には及びませんので、ご心配なく(笑)。

Img_0458  立教小学校で撮りました。この時期に咲いていますから、西洋朝顔の、ヘブンリーブル-という種類なのでしょうか。リンク先に、“秋に咲く”と書いてあります。背景のオレンジ色との対比が面白い感じでした。

Img_0478  このあと、貝塚公園に回りましたが、カワラヒワと、ヒヨドリの声だけ。姿Img_0484 は見えず。老松公園では、シジュウカラが2羽ほどいましたが、写真はピンぼけ(苦笑)。仕方がないので、近くに飛んできたツマグロヒョウモンのオスを。手に止まらないかとあれこれやってみたのですが、無駄な努力でした。いつぞや、新聞に、手にチョウを止まらせて写真を撮るという方の話が載っていたので、やってみました。

Img_0421  今日のオマケは、こちら。モシャったアオサギさんです(笑)。九華公園、鎮国守国神社の社務所裏、いつものお立ち台です。首のあたりが痒かったのでしょうか、盛んに掻いていました。

【お断り】 “バールフレンド”は、小生独自の用語であります。高齢女性のガールフレンドという意味で、特別な意図はありません。

|

« サギのダイビング、スイミングを期待して長良川河口堰へ……期待は裏切られたものの、トビ、イソヒヨドリなど予想外の成果あり | トップページ | 昨日の皆既月食(やや残念)と、なばなの里のイルミネーション試験点灯の話 »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、こんにちは。

そうなんですよ、野鳥たち揃ってきました。しかも、昨シーズン見られなかったヤマガラや、メジロもよく出て来ていて、嬉しい限りです。九華公園では、午前中9時から11時くらいが、まずは野鳥たちの活動時間帯のようです。

カワウとカラス、今では私も笑えますが、以前、鳥などに関心がなかったときは、気にもとめませんでしたから、決して他人事ではありません(苦笑)。しかし、関心があるかないかで、同じような景色を眺めていても、見えるものは違うものなんですね。

これまでのバールフレンドお二人も、私の悪影響で少しは鳥に関心を持たれているのですが、アオサギがいても、お気づきでないこともよくあります。

ところで、なばなの里のイルミネーション試験点灯、昨日、月食を撮りながら確認しました。昨日は、緑でしたね。いったいどういうテーマなのでしょう? 早くもこの25日(土)から開催だそうですね。

投稿: mamekichi | 2014年10月 9日 (木) 13時35分

mamekichiさん、こんにちは!

おぉ!野鳥さん、勢揃いではないですか!羨ましい限りです。そろそろ九華公園にも行かねばなりませんね。

カワウとカラス、高い所に居ると間違えるかもですね、それ以前に、カワウという種類は今まで知らず、全部鵜だと思ってましたが。(笑) また、ゴイサギをアオサギだと思った事は有りましたが(笑)、その逆は無かったですね。そもそもゴイサギ自体を知らなかったですし。(笑)

工場現場2、ご覧になった通り、昨日は緑色に輝いてました。火曜日は赤色でしたよ。実は昨日もなばなの里に行ってました。(笑) ついでに月撮影も楽しんできましたよ。

投稿: ひらい | 2014年10月 9日 (木) 12時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サギのダイビング、スイミングを期待して長良川河口堰へ……期待は裏切られたものの、トビ、イソヒヨドリなど予想外の成果あり | トップページ | 昨日の皆既月食(やや残念)と、なばなの里のイルミネーション試験点灯の話 »