« 甲状腺機能低下でした……うつ、自律神経系のアンバランスではなかったかも | トップページ | 雨の日の珍客……イソヒヨドリ »

2014年9月 3日 (水)

今日は、ルリタテハ

Rimg00020903  朝方から散歩の途中まではよい天気で気持ちもよかったのですが、11時近Rimg00260903 くになるとだんだん雲が出て来てしまいました。雨の匂いがするような気さえしますが、今のところは降っていません。どうもよい天気は、長続きしないようです。左は、散歩に出かけるときに(8時50分)撮ったもの、右は、帰ってきた11時20分くらいのものです。

Img_7072  さて、今日の散歩でのベスト・ショットはこちらです。写真が小さいままですと、「枯れImg_7073 葉?」と思われるかも知れません。是非クリックして拡大して見てください。ルリタテハ(瑠璃立羽)というチョウです。濃い黒褐色の翅の表面に「瑠璃」の和名通りの鮮やかな水色の帯模様が入ることから、ルリタテハという名前がついているようです。Wikipediaによれば、日本では、ルリタテハ属唯一の現存種だそうですから、貴重なチョウなのでしょう。九華公園の二の丸跡のステージの前を歩いていたら飛んできました。たぶん撮影したのは初めてです。

Rimg00180903  その今日の散歩は、8時50分に出発したのですが、一昨日書きましたように(9/1、雨模様で終日居職、久しぶりにアタマも飽和)、バールフレンドのYさんが、医療センターで検査を受けてこられたはずでしたので、そのお話を伺わないといけないと思って、この時間に出かけました。検査そのものは無事終了されたのですが、ポリープがあり、それが生検に回ったということで、最終的な説明は来週になったということでした。無事に終わって少し安心されたようですが、「生検の結果、悪いものだったらどうしよう?」と、新たな心配の種も増えてしまったということでした。九華公園で、ベンチに座って、あれこれ小1時間、話し込んできました。

 散歩は、九華公園を一回りし、歴史を語る公園を経て、内堀公園、新築公園、老松公園と公園めぐり。4.6㎞でした。

Img_7086  どこでもセミはまだ鳴いてはいますが、かなり数は減ってきました。歩いた範囲では、クマゼミは少なく、アブラゼミが多いように思います。そういえば、今年はニイニイゼミを見ていません。ヒグラシは、わが家の周りではほとんど鳴き声も聞いたことがありませんが、今年も同様です。

Img_7096  トンボはまだよく見かけます。こちらはシオカラトンボのオスですが(九華公園にて)、このシオカラトンボの他にも、ギンヤンマ、ウチワヤンマはけっこうよく見られます。アカトンボの代表である、アキアカネと思われるトンボもよく飛んでいます。

Img_7106  これは、シオカラトンボかと思ったのですが、目の色が違いますし、ややImg_7109 大型のようですので、オオシオカラトンボなのでしょう。諸戸氏庭園の前で撮ったものです。左右の写真とも同じ個体です。

Img_7083  あまりに昆虫も、鳥もいませんでしたので、やむを得ず(?)撮ったものです。苦手な方、お嫌いな方はスルーしてください。ジョロウグモであります。九華公園の外周遊歩道の途中で撮ったものです。このクモは、人家周辺から山間部まで、いたるところで普通に見られる種類です。
Img_7091  数少ない鳥は、こちら、カワウさん。二の丸跡のステージ裏、通称“お立Img_7094 ち台”で、喉を震わせていました。そのすぐ側、ステージ裏の方には、アヒルさん。何だかもう日向ぼっこでもしているような雰囲気でした。

Img_7095  ハクセキレイは、立教小学校のプールサイドの塀の上。この他、今日見かけたのは、ドバト、キジバト、スズメくらいでした。カワラヒワは鳴き声のみ。もう少し涼しくなり、秋らしさが深まらないと野鳥は戻ってこないかも知れません。

Img_7063  九華公園のカメの甲羅干し名所、今日は割と賑わっていました。小生の足音で(ウォーキング用の靴ですから、あまり大きな足音を立てる訳ではありませんが)、数匹が堀に飛び込んだようですが、これだけいるのを見たのは久しぶりでした。カメさんは、甲羅干しをしないと健康に過ごせないはずですが、今年はどうしたのでしょう。誰もいないときもありました。

Img_7052  ところで、生きもの以外の景色など。まずは、なばなの里の、今年のイルミネーションの工事現場。揖斐川堤防から見たものです。横幅は前と変わりないようですが、構築物の密度が増したようです。足場と区別できませんので、何ともいえませんが。もっとできあがって、試験点灯が行われないと、何がつくられたかはたぶん分からないでしょう。

Rimg00070903  揖斐川堤防、住吉神社前からの眺め。左は、長良川河口堰の方です。Rimg00090903 空は、秋の雰囲気です。川面には風によってできた波紋とでもいうのでしょうか、特有の波が見えています。この時間帯は、晴れて、風もさほど強くもなく、気持ちよいものでした。右は、同じところから、下流方向を見たものです。右端に蟠龍櫓と、旧・脇本陣の旅館山月が見えています。川面に陽射しが反射してキラキラしているのが映りました。これは何となく、夏の名残のような気がします。

Img_7055  七里の渡し跡。旅館山月の脇の、揖斐川堤防の上から見たものです。鳥居は、伊勢一の鳥居。昨年、伊勢神宮の遷宮が行われましたので、鳥居の払い下げがあって、来年あたり、この鳥居も建て替えられると思います。リンク先には、桑名の郷土史家・西羽晃さんによる「伊勢一の鳥居の物語」があります。いつの頃からかは不明のようですが、最近では宇治橋の外側の鳥居が桑名に、内側の鳥居が関(現在の亀山市関町)に払下げられています。

 ということで、今日はまたいつものように平穏な日常生活でありました。

Img_7060  オマケその1。九華公園の管理事務所に、夏前からずっと貼ってあるポスターです。ディズニー映画の案内なのですが、その下の方に“消防団員募集”と書いてあるところが、気に入っています。それだけです。

Img_7123  オマケその2、というと語弊がありますが、今日また、昼過ぎに愛知県東海市の新日鉄住金名古屋製鉄所で、コークス炉の爆発、炎上がおきたようです。重傷者も出ているそうですが、この名古屋製鉄所では今年1月と6月、7月に計4回、コークス炉から黒煙が上がる事故が起きていますが、こういうことは困りますねぇ。




|

« 甲状腺機能低下でした……うつ、自律神経系のアンバランスではなかったかも | トップページ | 雨の日の珍客……イソヒヨドリ »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

昆虫」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 甲状腺機能低下でした……うつ、自律神経系のアンバランスではなかったかも | トップページ | 雨の日の珍客……イソヒヨドリ »