« 長良川河口堰はサギのパラダイス | トップページ | 本日は、定例受診……体重が減り、コレステロール、中性脂肪まで正常値に(笑) »

2014年9月30日 (火)

9月28日(日)の散歩写真から……コサメビタキ、ヤマガラ、コゲラ、シジュウカラ、センダイムシクイ(?)、正体不明の鳥など

 一昨日、9月28日(日)の散歩写真です。タイトルにありますように、いろいろの鳥にであったのですが、日曜はアカデミック・バージョンの内容でしたし、昨日(9/29)は、長良川河口堰に出かけ、アオサギなどの写真が多数撮れましたので、記事を書けずにいました。せっかくですので、2日遅れではありますが、野鳥の写真を中心に残しておきます。

 さて、その28日の散歩は、朝、9時20分くらいから、ちょうど昼頃まで、九華公園、貝塚公園、新築公園、老松公園、寺町と5.4㎞を歩いてきました。出るのが遅くなったのですが、例の“バール・フレンド”のお二人、Yさんと、Tさんにもお目にかかれました。

Img_8739  まずは、こちら。ずっとコサメビタキだと思っていたのですが、これだけクリImg_8742 アな写真を見ますと、サメビタキの特徴の方が当てはまるところもあるような気がしてきました。この写真は、蟠龍櫓の南、吉之丸コミュニティパークで撮りました。老松公園や、貝塚公園で見たのも、これと同じ種類の鳥だと思います。

Img_8749  サメビタキは、胸のあたりが少し黒っぽいのに対して、コサメビタキは、胸から腹にかけては白っぽいといいますが、幼鳥が混じるImg_8753 と、エゾビタキも含め、3種の識別は難しいといいます(ひと目で見分ける287種 野鳥ポケット図鑑(新潮文庫)による説明)。

Zukan  これは、“小学館の図鑑NEO 鳥”の説明です。頭から背中、羽の模様は、コサメビタキに似ている感じですが、胸のあたりはサメビタキに似ているようです。説明文を見ますと、サメビタキは山地の林に住むといいますから、一致しません。コサメビタキの「平地から低山の明るい林にすんでいる。春、秋の渡りの時期には都会の公園にいることがある」に合っています。総合的に見て、やはりコサメビタキかなと思うのですが、ご存じの方にご教示願いたいところです。

Img_8759  次は、アオサギです。昨日、もう腹一杯見てきたので、食傷気味ですが、Img_8762 これは、一昨日の写真です。最初は、九華公園の野球場脇の堀に降り立ちました。餌を探しにやって来たようです。このあと、アオサギのいたところのすぐ脇の遊歩道を人が通ったため、朝日丸跡に移動。

Img_8775  朝日丸跡の、東南の角に来ました。木陰に隠れて近寄ってみました。Img_8788 15~6mのところまで行くことができました。ずっと気づかれずに済んだようですが、アオサギさんの方は、堀を覗き込んだり、周りを見回したりしていました。しばらく待ってみたのですが、大きな動きをしそうな雰囲気がありませんでしたので、小生は、本丸跡に移動しました。


Img_8822  本丸跡の、神戸櫓跡近くの松の木に、ヤマガラ、コゲラ、シジュウカラなどの混群が来ていました。あまりきれいに撮れませんでしたが、ずいぶん久しぶりに直接目にした、ヤマガラです。鳴き声は、少し前から九華公園や、わが家の近くの諸戸氏庭園の森から聞こえていました。ちょっと懐かしい気がします(笑)。

Img_8860  ピントも甘く、全くの証拠写真ではありますが、コゲラです。相変わらず、Img_8881 といいますか、コゲラの習性ですから当然なのですが、餌探しのため、木をものすごい勢いで突いています。虫などを探すためのようです。右も、証拠写真でしかありませんが、メジロです。よく動き回りますので、きちんとした写真をなかなか撮らせてくれず、苦労しました。

Img_8903  シジュウカラも同様に、証拠写真であります。これらの混群は、神戸櫓のところから、次第に、鎮国守国神社の社務所の近くから、本殿の方へと、少しずつ移動して行きます。追いかけて、いろいろと試みたのですが、この日は、あまりきれいな写真は撮れませんでした。

Img_8801  ウグイスかとも思ったのですが、センダイムシクイなどのムシクイの仲間Img_8804 かも知れません(虫食いも、大きく見れば、ウグイスの仲間です)。色や、小野長さ、過眼線の入り方などから見ますと、センダイムシクイにもっとも似ている気がします。センダイムシクイであれば、頭の天辺にも、前後に白い筋が入っているのが特徴です(左の写真をよく見ますと、それがあるような気もしますが……)。一応、センダイムシクイと考えておきます。

Img_8888  さて、正体不明の鳥であります。本丸跡にある神戸櫓跡のところで、ヤマImg_8790 ガラなどの近くにいました。残念ながら、ピントのあった、クリアな写真は撮れませんでした。というのも、これをご覧いただくとお分かりのように、木々の間のやや暗いところにいたからです。

Img_8891  たぶん初めて見る鳥だろうと思います。笑われるのを覚悟して、これらの103 写真から抱くイメージで当て推量しますと、サンコウチョウのメスかという気がしました(笑)。サンコウチョウは、オスとメスとでは、大きさ、色が異なります。右の写真は、日本野鳥の会のBird Fanのサイトからお借りしました。似ている気がしませんか?

 「犬も歩けば棒に当たる」ではありませんが、小生も歩けば、まだまだ未知の野鳥にであう、ようであります。まぁ、地道に散歩して、写真を撮って、図鑑やネットで検索してあれこれ考えることにします。

 ところで、野鳥以外の写真も少しだけ。

Img_8702  ツマグロヒョウモンのオスです。諸戸氏庭園から、住吉神社に行く途中でImg_8715 撮ったものです。あまりよく分かりませんが、頭のところには、花粉が少しついているのが見えます。左右の写真とも、同じ個体です。

Img_8936  九華公園と貝塚公園の間には、立教小学校があります。28日の日曜日には、運動会が行われていました。立教小学校の運動会は、横幕にありますように、立教地区の自治会連合会と共催で、「立教大運動会」として毎年行われているのが、他の小学校の運動会との違いです。

Img_8926  以上、2日遅れではありますが、9月28日(日)の散歩写真を紹介させていただきました。

|

« 長良川河口堰はサギのパラダイス | トップページ | 本日は、定例受診……体重が減り、コレステロール、中性脂肪まで正常値に(笑) »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、おはようございます。

センダイムシクイは、たぶん間違いないと思いますが、100%の確信はありません。九華公園、秋の今頃、時々珍しい鳥がいます。旅の途中に立ち寄るのだと思います。

サンコウチョウは、姿形が似ているかなと思うだけで、自信はありません。今日もまた、見てくるつもりです。

その他、ヤマガラなどはお馴染みなのですが、ヤマガラや、メジロは今年の冬から春には見かけませんでしたので、嬉しかったですね。

ところで、工事現場(1)、揖斐川堤防からいつも確認しています。工事車両もはいっておらず、現場事務所もなくなっているのは確認しています。確か、10月末までが一応、工期になっていましたですよね。また是非出かけようと思います。

工事現場(2)は、最近あまり注意を払っていませんでしたが、例年からすると、おっしゃるように点灯試験も近い頃ですね。

お陰様で体調も少しずつよくなり、また、ホルモン剤も増やしてもらいましたので、もう少し元気になれるのではないかと思っています。「復活」したら、長島方面にももっと出かけたいですねぇ。

投稿: mamekichi | 2014年10月 1日 (水) 08時31分

mamekichiさんこんばんは!

ヤマガラ、コゲラ、シジュウカラ、センダイムシクイ、サンコウチョウ、名前を聞くだけでワクワクします。また山や木が生い茂る公園等の鳥は、水辺の鳥には無い魅力が有りますね。特にヤマガラ、先日のカワセミもですが、色の綺麗な鳥は、是非とも写真に収めておきたいところです。これからも新しい鳥に、どんどんお会いしたいですね。

最近全く話題にしておりませんでしたが、工事現場(1)は、既に工事事務所も撤去されており、完全に工事終了となったようです。あの水制と、今後自然に出来上がるであろう干潟が、鳥の楽園になる事を期待しておりますが、今はカワウとサギの休憩所になってます。(笑) そして工事現場(2)、そろそろ点灯試験が始まりそうな感じです。もちろん毎日しっかりとチェックしておりますよ。(笑)

投稿: ひらい | 2014年9月30日 (火) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長良川河口堰はサギのパラダイス | トップページ | 本日は、定例受診……体重が減り、コレステロール、中性脂肪まで正常値に(笑) »