« メールの返事書き、資料整理に勤しんでいたら、“ため込み症”を特集した雑誌を見つけてしまいまいた | トップページ | またもや大島水門へ……コアジサシは今ひとつながら、ウミネコと海上保安庁の船を撮れました(笑) »

2014年8月 1日 (金)

明日からは、石取祭……散歩はいつも通り、ちょっと変わった鳥とセミに遭遇

Img_4979 いよいよ8月に入りました。そして、8月始めの桑名といえば、石取祭であります。今夜、12時に、春日神社の太鼓を合図に、“叩き出し”が始まります。この叩き出し、各町内で行われますので、わが家の南側一帯から東にかけて、凄い勢いで鉦・太鼓の音が聞こえてきます。それが止むのは、明日の明け方、たぶん4時頃。今夜は、一晩中窓を閉め切って、エアコンのお世話にならないと寝られないでしょう。

Rimg00020801  さて、今日も暑くなりそうでしたので、散歩は早めに出ました。8時40分からRimg00140801 11時頃にかけて、いつもの九華公園から歴史を語る公園、新築公園を経て、老松公園経由で帰ってきました。一昨日のように、6㎞も歩かないように十分注意しました(笑)。その結果、4.5㎞といつもくらいに納まりました。ただし、蒸し暑かったので汗はかなりかくことができ、1㎏ほど減。水分がかなり出たと思います。

Img_4926  この暑い中でも、毎週水曜と、金曜には、吉之丸コミュニティパークでは、グRimg00110801 ラウンド・ゴルフが行われています。皆さん、たぶん私よりもご高齢でいらっしゃると思うのですが、お元気です。ただ、どうも夏場は、他の季節に比べてやや人は少ないようです。

Img_4938  九華公園の本丸跡、野球場との境目付近で、この鳥を見かけました。遠Img_4939 目には、スズメかと見えたのですが、念のために写真を撮って、パソコンで見たら、違った!という次第です。コムクドリでは季節が合いませんし、コムクドリならば、嘴も足も黒ですから違います。地面で餌を食べていたのが、フェンスに上がっていきました。行動パターンからみて、ムクドリの若い個体なのかも知れません。

Img_4949  変わったものといえば、もう一つ。こちらのセミさん。九華公園の外周遊Img_4762 歩道の桜の木にとまっていました。“ヘンな色”と思ったのです。形や、羽にある緑色の模様からは、どうやらアブラゼミのようですが、黒っぽさがあまりなく、白っぽいというか、茶色っぽい感じが強くなっています。単なる個体差なのか、それとも遺伝的に問題がある個体なのかは、分かりません。右は、7月29日に九華公園で撮影した、典型的なアブラゼミです。違いがお分かりいただけると思います。

Img_4953  追記になって、何枚も撮ってしまいましたので、少し違う角度から撮ってものも載せておきます。

Img_4922  あまりにも暑いせいもあるのでしょう、そのほかにはあまり野鳥、昆虫も見かけません。アオサギは、揖斐川堤防尾歩いているとき、遙か彼方に1羽いるのが見えました。住吉神社あたりから、七里の渡し跡近くにいるのを撮りましたので、証拠写真でしかありません。

Img_4933  九華公園常駐メンバーのこちらの方々は、それなりにお元気そうでした。Img_4936 いつもいる方が、いるべき所にいるというのは、何よりです。あまりに暑いときは、側を通っても、動かないのですが、今日はどちらさんも、鳴きながら離れていきましたので、まぁ、元気だと思います。

Img_4965  ところで最初に書きましたように、今夜から石取祭です。散歩してきたあImg_4967 ちこちの町内でも、準備が行われていました。これら2枚は、春日神社南の“宮通”町内のものです。

Img_4969  この写真では、首にタオルを巻いた男性が2人、道の両側に写っていますが、たぶん祭の準備をしていらっしゃるのでしょう。奥の方には、神職姿の方が小さく写っていました。

Img_4929  花街川口町の祭車庫です。祭車の準備中のようです。各町内の祭車Img_4972 は、石取祭の公式ホームページのここにあります。本年度の渡祭順序は、こちらです。今年のトップ(花車)は、堤原です。

Taichi  ちなみに、小生の住む町内にも祭車はあるのですが、現在は、諸戸氏庭園にある祭車庫に眠っており、年に1回ほど、虫干しが行われるだけのようです。鹿が載っています。この祭車、明治30(1897)年に建造。彫刻は、「四神」、「雷獣」で、高村光雲の工房が彫刻をしています。天幕の図柄は、「雷神図綴」で、これは、三井呉服店によるといいます。

Img_4988  余談。先日、寺町堀の藤棚に藤が咲いていると書きましたが、老松公園でも、藤棚にチラホラと花がついていました。目敏く、クマバチがやって来て蜜を吸っていました。今日は、最高気温、31℃ちょうど(13時)、南の風が入っていますので、蒸し暑くなっています。石取祭で、桑名の夏は最高潮に達する、という感じです。鉦・太鼓の音を聞くと、暑さも一入という気がします。小生は、よそから引っ越してきましたので、興味はあるものの、残念ながら、「血湧き肉躍る」という感じまでは行きません。が、子どもたちは、あの鉦・太鼓の音を聞くと、落ち着かなくなるようです(笑)。


|

« メールの返事書き、資料整理に勤しんでいたら、“ため込み症”を特集した雑誌を見つけてしまいまいた | トップページ | またもや大島水門へ……コアジサシは今ひとつながら、ウミネコと海上保安庁の船を撮れました(笑) »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メールの返事書き、資料整理に勤しんでいたら、“ため込み症”を特集した雑誌を見つけてしまいまいた | トップページ | またもや大島水門へ……コアジサシは今ひとつながら、ウミネコと海上保安庁の船を撮れました(笑) »