« ため込み症 | トップページ | 定例受診日 »

2014年8月 4日 (月)

歴史を語る公園にトンボ復活、午後は歯科検診

Rimg00020804 3ヶ月に1度の歯科の検診日でした。いつもは朝一番に行くのですが、今日は午後の一番。前回(5月初め)の頃は、クルマを1台にしてしまおうかと考えていましたので、この時間にしたのですが、その後、Copenを売ってしまうのはいかにももったいないと考え直し、頑張って維持していますから、午後からにする必要は、結果的にはありませんでした。

 歯科の方は、悪くはないが、よくもないと、これまたいつも通りの結果。ただし、右下の歯が1本、歯槽膿漏のため、骨が解けてきていまして、ややグラグラしているということで、スーパーボンドで両隣の歯に固定してもらいました。何だか、プラモデルか、工作の対象物のような気分です(苦笑)。この処置をしたため、上のクリーニングまで手が回らず、もう1回、再来週に受診となりました。

Rimg00090804  さて、散歩は、雨が降るかも知れないと思いつつ、午前中、9時から、九華Rimg00130804 公園、歴史を語る公園、寺町、別院と回ってきました。10時45分ころまで、4.2㎞です。冒頭のものから3枚の写真が、出かけたときのものです。いつ降ってきてもおかしくない空模様でした。実際、九華公園あたりで、細かい雨が落ち始め、桑名別院では降られて、寺町で雨宿りというふうでした。写真の2枚目、3枚目は、住吉神社から見た多度山と、揖斐・長良川越しの長島町方面です。小さく見えている船は、国交省か、水資源機構かいずれかの調査船のようです。

Img_5375  歴史を語る公園、去年はたくさんのトンボ、とくにギンヤンマ、コシアキトImg_5382 ンボなどを見ることができたのですが、今年はこれまでのところサッパリ駄目でした。しかし、今日は、ご覧のように、堀の中に立っている棒の先端に、ウチワヤンマが1匹、縄張りを見張っている感じでした。今日はこのほかにも、ギンヤンマやシオカラトンボもいたのですが、ウチワヤンマの方が強いようで、近寄るトンボはすべて追い払っていました。

Img_5385  ここには、今日は、ギンヤンマは3匹いたのですが、うち2匹はこのように、交尾・産卵中でした。もう1匹は、単独のオスのようで、これがウチワヤンマからは、目の仇のように扱われていました(笑)。歴史を語る公園にトンボが戻ってきたのは、また楽しみが増えたということです。

Img_5345  九華公園には、これといった野鳥も、昆虫もいませんでしたが、久しぶりRimg00170804 にツマグロヒョウモンのメスの写真が撮れました。北門を入ってすぐのあたりです。北門といえば、峯崎部屋の力士が朝稽古に使っていた土俵がありますが、今日見たら、すっかり片付けられ、元通りになっていました。

Img_5349  カメの甲羅干し名所は、相変わらず、以前のような賑やかさはありませんImg_5369 でした。その代わりなのか、カワウが1羽やって来ていました。カワウは、このほか、公園内の球場の照明灯の上に2~3羽と、二の丸跡に1羽。あまり多くはいません。右は、その二の丸跡のお立ち台ですが、カワウの足下には、ミドリガメが1匹、甲羅干し中でした。

Img_5360  今日は、天気のせいもあってか、散歩をする方は一段と少ない感じでした。外周遊歩道の東では、久しぶりに旅ネコ、1匹。たまに見かけるネコさんですが、こちら旅ネコの割に身綺麗な気がしますし、色つやも悪くありません。ただ、愛想はありません(苦笑)。睨まれなかっただけマシです。ちなみに、このネコに出会った後、洋犬を連れた、若い女性に、「カメラをお持ちですが、何を撮られるんですか?」と声をかけられました。若いといっても、30前後でしょうか(女性の年齢はよく判別できませんが……)。それでも、こういう年齢の方から声をかけていただけるのは、珍しいですねぇ。それで雨が降ったのでしょうか。それはともかく、散歩をしていると、いろいろな方と知り合ったり、話をしたりするようになりました。

Img_5373  ハクセキレイも、水郷花火の直後には見なくなりましたが、先週後半からまた、時々見かけるようになりました。

Img_5354  ドバトは何があろうと、いつも九華公園にはいますが、今Img_5358 日、このハトさん、堀の中の東屋の屋根の端っこにいて、こんなクローズアップの写真が撮れましたので、載せたという次第。あまりにも近くて、ドバトとは思えません。ちょっとデフォルメしたら、怪獣になりそうな雰囲気でした。とくに右に載せたショットは、そんな感じが強くします。ドバトのほぼ正面からの写真はあまり撮ったことがありませんでした。やはり、ドバトも正面からの写真は、“ヘン顔”で、笑えます(失礼)。

Img_5351  そのほか、いつも今頃から出てくるのだったか記憶が定かではありませんが、“フナムシ”。海辺ではよく見かけますが、九華公園の堀沿いにもたくさんいることがあります。苦手、嫌いという方は、写真をクリックしないようご注意ください。

Img_5405  ところで、帰りに立ち寄った桑名別院では、まだ池に、スイレンが咲いてImg_5400 いました。今日は、合計4輪です。日本に固有のものは、白い花を咲かせるようです(ヒツジグサ)から、ここにあるほとんどは、園芸品種なのでしょう。

Img_5414  池の南側の方には、いつも2輪がペアになって咲いています。何か理由があるのかどうかは、分かりません。

Img_5316  話が前後しますが、往きに揖斐川沿いではアオサギが飛Img_5326 んでいました。こちらは、悠然と飛びますし、トリッキーな動きはありませんので、コアジサシとは異なって、飛んでいても比較的撮りやすい対象です。下流側から、伊勢大橋方面へと飛び去っていきました。

Img_5336  その川沿いでは、土曜日(8/2)にコアジサシを撮りに行った際にも見えていて、何の工事をしているのか、気になっているところがありました(またもや大島水門へ……コアジサシは今ひとつながら、ウミネコと海上保安庁の船を撮れました(笑))。写真は載せていませんでしたが、ダイサギやアオサギがいた突堤のさらに南のところで、ご覧のような工事をしているのです。

Img_5337  もう少し引いて撮った写真はこちらです。地名にして、長島町福豊というところあたりでしょうか。背景に見える建物は、長島中央病院や、シニアレジデンス・スパながしまです。この工事、ひらいさんの情報によれば(2014.08.03 長良川)、自然の干潟を再生する工事のようです。これは、期待できますねぇ。完成の暁には、干潟に現れるシギ、チドリ、カモメなどなどがみられるようになるかも知れません。工期は、今年10月30日までとなっています。

 明日は、また精神科の主治医のところの定例受診日です。早いものです。1ヶ月に1回なのですが、すぐにその日が来る感じです。先月から、週1回だけになってしまったということですから、また混雑しているのでしょうねぇ。仕方ありません、来週では薬が足りなくなります。体調は悪くありません。頭重感、ボンヤリ感も軽減しています。フラツキは残っていますが、これと、いささかのむくみさえ何とかなればなぁ……。

|

« ため込み症 | トップページ | 定例受診日 »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

秘書さま
こんにちは。スマホですか、いいですねぇ。私は、ガラケー。たぶんこれからもガラケーです。働き続けていたら、スマホにしていたかも知れませんが、今は、電話とメールができ、時々テレビとネットが見られれば十分ですから。
ところで、減薬の方、その後はいかがでしょう? 副作用と、減薬症状とは似ていることが多いので、減薬症状なのでしょうね。しばらくすると収まっていくと思われます。1週間から10日間くらいがめどかと思います。

投稿: mamekichi | 2014年8月 6日 (水) 12時04分

スマホにして!から、苦戦しております。でも、写真は、スゴク綺麗です。げんやくしてから、あしと唇が、しびれます。最初飲みはじめたときもありました。先週の水曜日からのげんやくです。我慢します。

投稿: おさぼり秘 | 2014年8月 5日 (火) 17時56分

こころんさん、こんにちは。
フナムシ、私は海沿いで育ちましたので、釣りや潮干狩りによく行き、小さい頃から見慣れていました。初めて、あれを大量に見るとびっくりするでしょうね。

スワンボートの情報、ありがとうございました。確かに、私がおおぜき釣具店の前で見たもののようです。あのようなプロジェクトに使われたとは想像も付きませんでした。無事に宮の渡しまで行けたんですよね?

投稿: mamekichi | 2014年8月 5日 (火) 16時25分

http://hicbc.com/tv/ippou/special_archives/backnumber.htm
番組はこれです。

投稿: こころん | 2014年8月 5日 (火) 12時48分

こんにちは
フナムシ、伊勢湾岸道路の下で潮干狩りに行ってた頃
初めて見たとき、大量にサワサワと動いて気持ち悪かったです(笑)
昨日のテレビでたまたま目に入ってきて
はっきり見てませんでしたが
mamekichiさんが発見したピンクのスワンだと繋がったのです。
mamekichiさんが逃がしてしまった鳥を見つけたような感じでした(笑)
ピンクから白に塗りなおしてトサカを付けて
桑名からはおおぜきさんが舟でついて行かれてました。

投稿: こころん | 2014年8月 5日 (火) 12時47分

ひらいさん、こんばんは。
毎度毎度、変わりもしないところばかりを歩いていますが、「犬も歩けば棒に当たる」で、たまに面白い光景に遭遇します。

カワウとカメもそうで、今回2種類載せましたが、どちらも何ともいえないかと思って撮った写真です。

ドバトのアップですが、ハトが、お堀の中の赤い東屋の屋根の先端に止まったので、これはいけると思いついて、撮ってみました。変わった生きもののように見えますよね。

それと、ひらいさんのブログで、小生にとって最大のニュースはあの工事の看板でした(笑)。干潟に来る鳥というのが、魅力です。川越町の中電川越火力近くの干潟(高松海岸)にもたくさん水鳥が来ていますが、ああいう感じになってくれると良いのですが。楽しみです!

投稿: mamekichi | 2014年8月 4日 (月) 21時46分

mamekichiさんこんばんは!

カワウとカメ、これは良い感じです! 九華公園ならではの組み合わせですね。また撮影に行きたくなりました。あとハトのどアップ!、変な顔の最先端ですね。(笑) クチバシと鼻の部分だけで、何かの生き物のように見えます。

そして工事!、看板を見ても何の事やら判りませんでしたが、とりあえず完成するまでの期間も記録に残して行こうと思ってます。(笑) ついでに(と言っては失礼ですが(^^;; ) コアジサシの営巣地も作って頂けると嬉しいですね。と言っても、河原に作ると増水した時にエライ事になってしまいますね。

投稿: ひらい | 2014年8月 4日 (月) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ため込み症 | トップページ | 定例受診日 »