« 明日からは、石取祭……散歩はいつも通り、ちょっと変わった鳥とセミに遭遇 | トップページ | ずいぶん久しぶりに、石取祭へ……10年ぶり以上かも »

2014年8月 2日 (土)

またもや大島水門へ……コアジサシは今ひとつながら、ウミネコと海上保安庁の船を撮れました(笑)

Img_4994  朝の天気予報では、「折りたたみ傘をお持ちください」といっていましたし、Rimg00020802 朝から蒸し暑い日でしたので、迷ったのですが、我慢できず、またもや娘を駅まで送ったついでに、行って来てしまいました(笑)。我慢が足りませんし、“アッシー君”はどうも、危険です(苦笑)。

Rimg00050802  さて、行き先は、こちらであります。いつものように(というのが多いのですが)、桑Rimg00100802 名市長島町駒江と赤池の間にある大島水門であります。今週は、月曜日(7/28)に続いて2回目になります。もちろん、狙いは、コアジサシ。もう花火の影響も全くないだろうと思って、行って来ました。

Img_4996  9時過ぎにわが家を出て、桑名駅で娘を降ろし、そのまま国道1号を上って、Img_4999 15分弱。出迎えは、カワウさんと、ヒバリでした。堤防の上からは、ダイサギもいるのが見えたのですが、下に降りて近づこうとしたら、逃げられました。サギの仲間は、やはりけっこう警戒心は強いようです。

Img_5032  ダイサギが降り立ったのは、もう一つ下流側にある、小さな突堤のところImg_5066です。“突堤”と読んでよいのか、正式な名称、その役割は分かりません。ここには、しばらく後から、アオサギも1羽、やって来ていました。

Img_5080  さあ、肝心なコアジサシでありますが、実は到着したときにも飛んでいましたし、その後も、5~10分に1羽くらいの頻Img_5084 度でやって来ました。

Img_5103  ただ、今日の午前中は、9時24分に満潮(名古屋港のデータ)、南風が吹いており、左の写真のようにかなり波立っていましたのImg_5097 で、最初のうちはなかなかダイビングはしてくれませんでした。目の前を通り過ぎるばかり。それも、マーフィーの法則ではありませんが、小生がちょっと気を緩めたときとか、他のものごとに注意を向けているとき(たとえば、上に載せたダイサギが場所を変え、踊っているように見えたときなど)に限って、コアジサシや、あとでも触れますが、ウミネコがやって来るのです。ずっと気を張ってあたりを監視するのは、難しいですねぇ。

Img_5230  それで、結論を述べますと、コアジサシについては、上手く撮れたと思えImg_5280 る写真は、ありませんでした(涙)。せいぜい、ここの2枚くらいです。どちらも、ダイビングして、水から上がってきたところです。これは、別々のダイビングの時のものですが、餌は捕れなかったようです。

Img_5215  ピントが合っていればとか、そういう“~たら”、“~れば”写真の類は、200枚以上撮れました(爆)。もちろん、あの“下手な鉄砲も数打ちゃ当たる”方式+スポーツモードのお陰です(?)。左は、もしこれでピントが合っていれば、あの新聞に載せていただいた写真に匹敵する傑作になったかも知れません(釣り逃がした魚は大きいのであります)。ダイビングしてきて、水に突っ込む寸前のコアジサシです。

Img_5086  これらも同様です。こちらの2枚は、ダイビングし水に潜って出て来た直Img_5216 後の写 真です。今日は、後半になるほどダイビングシーンがよく見られたのですが、ダイビングしてくるときは、ほぼ真っ逆さまに飛び込みますが、水面から出た後、上昇する際には、水面に対して30~40度くらいの角度で上昇していくことが分かりました(やや、負け惜しみに聞こえますが、繰り返し観察して分かった成果の1つであります)。

Img_5110  上でも触れましたが、今日は何度も、ウミネコが飛んできていました。今Img_5104 まであまり、ここ大島水門で見た記憶はありません。一度は、水面近くまでおりかけたのですが、どうやら小生がいるのに気づいて、止めてしまったようです。残念!

Rimg00250802  ところで、大島水門のところでコアジサシを待っていると、海上保安庁の船がやってきました。「不審人物で、職質でも受けるのRimg00280802か?!」と心配になりましたが、どうやらそうではないようでした。大島水門 の奥にある漁港に入って行きました。小型の船とはいえ、“海上保安庁(Japan Coast Guard)”と書いてあって、格好いいですね。アメリカ出いえば、“沿岸警備隊”ということです。

Img_5239  乗組員の方は、4名のようです。船名は、“べてるぎうす”。監視取締艇とImg_5250 いうことで、海洋汚染の取締や、プレジャーボートの指導、密漁取締りなどに使用されているようです。平成23年3月就役、総トン数4.8トン、全長約9メートルと、“山椒は小粒でぴりりと辛い”船だといえそうです。

Img_5274  大島水門の漁港を出てからは、国道23号の揖斐長良大橋をくぐって、伊勢湾に方面に向かっていきました。

Rimg00090802  今日は、国交省の長島排水機場のところの駐車場は、使えませんでしたImg_5296 ので、大島水門のところで1時間半、過ごしました。11時くらいから以降の時間帯の方が、コアジサシはよく出て来ていました。ただ、成果は、残念ながら上がったとはいえません。次回、来週の月曜が、朝一番に歯科検診ですので、できればそれが終わってから、“出動”しようと思っています。この場所、広々としていて気持ちもよいですし、潮の香りがするのも気に入っています。



|

« 明日からは、石取祭……散歩はいつも通り、ちょっと変わった鳥とセミに遭遇 | トップページ | ずいぶん久しぶりに、石取祭へ……10年ぶり以上かも »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、スワンボートの情報、ありがとうございました。
しかし、こんなイベントがあったとは知りませんでした。七里の渡しから、宮の渡しまでスワンボートをこぐとありましたが、無事に渡りきったのでしょうね。

投稿: mamekichi | 2014年8月 4日 (月) 21時39分

こころんさん、こんばんは。

「道草」の方が大幅に過ぎています(笑)。

コアジサシは、さほど大きくない鳥で、飛び方、動き方が、ツバメほどでもありませんが、かなりトリッキーですし、ダイビングも高速ですので、なかなか上手く撮れません。9月くらいまで入るようですので、もう少し粘ってみようと思っています。

石取祭は、やはり、同じような天候でしたね。8月2日の夜、少しだけ見てきたのですが、その時も霧雨に降られました。しかし、無事に終了したようです。

諸戸の鹿の祭車は、虫干しがありますから、その時にご覧になったのでしょうか?

幼い頃の記憶は、時間が経過しているということの他にも、記憶の働きそのものが未発達で、十分に体制化されないまま、断片的な記憶に留まっているものがほとんどですから、はっきりしませんね。

投稿: mamekichi | 2014年8月 4日 (月) 21時28分

秘書さんでしょうか、スマホデビューは?

その後お加減、いかがでしょう?お大事になさってください。

投稿: mamekichi | 2014年8月 4日 (月) 21時19分

http://www.fujiyume.com/fujiyume.html
今スマホからなのでまだ読んでませんが
mamekichiさんの謎が解けそうですよ。
おおぜきさんにあったスワンボートです。
このグループのスワンだったらしいです。
桑名七里の渡しから漕いだみたいです。
またあとで読んでみます。

投稿: こころん | 2014年8月 4日 (月) 17時46分

こんにちは。
最近、忙しくて暑くてカメラに触ってませんでした^_^;
もう立派に道草フォトグラファーを名乗れますね(笑)
5215、惜しかったですね。
タイミング的には良い感じですね。
楽しみにしてます。またアッシーの危険ドラッグを ^_^;
こちらは朝から時々小雨が降っては止んだりしてましたが、
石取祭りは無事終えれましたか?
諸戸の鹿の山車、一度見たことあるんですよね。
おんぶされて、陸橋の近くで
提灯ばかりの山車の中で鹿はとても記憶に残ってて。
・・・でも、両親は見たことないと。
石取祭り以外の祭りだったのか、それともどこかで写真を見たのが夢の中で出てきたのかもしれません^_^;
小さい時の記憶は現実か夢かわからない部分があります。

投稿: こころん | 2014年8月 4日 (月) 13時36分

スマホデビューいたしました。苦戦中てす。昨日気分悪かったです。足もしびれました。しばらく様子見ます。

投稿: | 2014年8月 4日 (月) 08時58分

ひらいさん、こんにちは。
アッシ-だけではもったいないと思い、またもや出かけました(笑)。午前中も,コアジサシは目の前を通過、というシーンがたびたびありました。大島水門の一つ南の突堤(というのでしょうか)あたりでダイビングをしているのが見えました。国交省のポンプ場の方はよく見えませんでしたので、分かりません。

それと、数度にわたって、ウミネコが通過していき、一度は、目の前に着水しそうでした。
しかし、浮気はせず、私も、もう少し頑張ってコアジサシの追っかけをしてみます。

投稿: mamekichi | 2014年8月 3日 (日) 17時42分

mamekichiさん、おはようございます!

ありゃ~、午前中に大島水門におみえになってたのですね。昨日は、ちょっと寝坊してしまい、自転車移動は諦めて、午前中JR長島駅確認(理由は後程blogにて)その後、なばなの里へ行っておりました。大島水門は午後行ってみましたが、コアジサシは不在でした。花火の影響と言うよりは、どこか別の場所で餌とりしてるのでしょうか。

コアジサシ撮影、たしかにピント合わせが大変ですよね。どこに突っ込むか判ってれば先に合わせておけるのですが、あのトリッキーな動きには中々追い付けないですね。コアジサシの滞在期間残りも少なくなってるかもしれませんが、ギリギリまで追いかけてみたいと思います!

投稿: ひらい | 2014年8月 3日 (日) 05時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日からは、石取祭……散歩はいつも通り、ちょっと変わった鳥とセミに遭遇 | トップページ | ずいぶん久しぶりに、石取祭へ……10年ぶり以上かも »