« “雨読”の日、勉学、研究に励む | トップページ | 天気予報は外れたようで、出鼻をくじかれました(笑) »

2014年7月 4日 (金)

コアジサシのダイビング、まだ不十分(苦笑)……挑戦は続く

Rimg00020704  予報通り、雨は降りませんでしたが、ご覧のように、いかにも梅雨らしい空でした。去年の今頃の体調でしたら、こういう日は、ドーンとした頭になって、頭重感、ボンヤリ感、フラツキの“3点セット”に悩まされていました。それ故、外に出ようなどという気にもなりませんでした。しかし、今年はかなり軽減されています。

Img_2693  ただし、あまりたくさん歩こうという気にはなれず、また、あの方のダイビングをバッチリと撮りたいという気持ちが相変わらず続いていますので、クルマでこちらへ出かけてきました(笑)。9時半頃からであります。現地着は10時をやや過ぎたころです。

Img_2673 Img_2674 Img_2675





Img_2676 Img_2677 Img_2678





Img_2679  “あの方”とは、そうです。もちろん、コアジサシさん。求愛給餌は、バッチリ撮れたのですが、その餌を捕るためのダイビング・シーンがもう一つだったのです。到着してすぐに撮れました。が、肝心のダイビングは見せてしてくれませんでした(笑)。

Img_2684 そして、コアジサシさんは、そのまま下流の方向へ、そのまま飛び去ってしImg_2690 まい、30分以上戻っても来ませんでしたし、他のコアジサシさんも来てくれませんでした(苦笑)。右は、長良川下流方向です。国道23号線の揖斐長良大橋と、ナガシマスパーランドがあります。

 ちなみに、7枚のコアジサシの写真は、EOS kiss x-5のスポーツモードで連写したものです。モノクロのようになっていますが、曇っていて光量が足らないため、そう見えるだけで、カラーです。ホバリングして、餌を探していて、何か見つけたようで、一直線にダイビングに入った、というところまでの写真です。このあとは、上手く撮れませんでしたが、川面の直前でダイビングは取りやめて、上昇して来ています。

Img_2721  もう帰ろうかという直前、少し離れたところに、河口堰のすぐ近くの方からやってきた、白い大きなサギが降り立ちました。コサギにしては大きく、ダイサギですと、夏羽では、目のあたりが緑色ですから、チュウサギだと思います。

Img_2695  コアジサシの他には、カワウ、ツバメ、スズメ、ヒバリ、そして、こちらアオサギさんが見られました。アオサギさんは、背後から(長島町側)飛んできて、長良川を桑名方面へと飛んでいきました。まさに悠然と、という感じでした。

 本日は、以上でありました(笑)。もう少し撮りたいと思って、このあと、沢南橋や、伊勢大橋西詰め交差点の北あたりも回ったのですが、ナッシングでした。

Img_2725  ところで、この場所からは、対岸にこういうものが見えます。さて、何でHiroshige055_main しょう? もちろん、中央に写っている、瓦葺きの2階建ての建物です。ヒントは、右の画像。そうです、安藤広重の東海道五十三次の“桑名”の浮世絵に描かれている櫓です。正解は、蟠龍櫓<ばんりゅうやぐら>です。三の丸公園の揖斐川沿いの堤防上に復元されています。いつもは、蟠龍櫓の向こう側を歩いていますので、このアングルから見るのは、何とも新鮮な感じです。

 ちなみに、桑名城は、元禄14年(1701年)、桑名市街地の過半を焼く大火に遭い、この際に天守も焼失し以後再建はされなかったといいます。蟠龍櫓は、その天守閣に変わる桑名城を象徴する建物として、広重の浮世絵にも描かれていると考えられています。

 江戸時代、当然、今のように大きな建物は、城以外にありません。宮宿(名古屋市熱田区)から海上七里を船で渡ってきて、ほぼ4時間。この蟠龍櫓が見えて、桑名宿の七里の渡しに到着ということですから、渡し船の客も安心したというところで、印象に残ったものでしょうね。

 ということで、コアジサシのダイビング、まだまだ満足できる写真は撮れないでおります。また、機会を見て挑戦ですが、焦らず、気長にと思っています。

|

« “雨読”の日、勉学、研究に励む | トップページ | 天気予報は外れたようで、出鼻をくじかれました(笑) »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、こんばんは。

もともとどうも、ムキになりやすい性格をしていまして(病気になってからは、極力気をつけていますが……)、何とかもう少しマシな写真をと思ってしまいます(笑)。ブロ友のひらいさんと、競っているつもりもありませんが……。

ただこのところ、どうも子育て中なのか、餌捕りの場所を変えたのか、私が行くところ、時間帯には、あまり出て来てくれません。もう少しの間、地道に努力しようと思っています。

しかし、この日の7枚は、ホバリングからダイビングに写るところはかなり捉えられたように、自分でも思います。ひらいさんのコメントへのお返事にも書きましたが、運動能力を目一杯発揮している気がします。

ところで、トヨタのコマーシャル、さっきテレビでちらりと見ましたが、そこまでよく見ていませんでした。また、次のチャンスによく見てみます。

投稿: mamekichi | 2014年7月 6日 (日) 18時10分

こんにちは
チャレンジされてるんですね。
コアジサシ、残念でしたね。
でも、7枚のお写真でコアジサシの動きがよくわかりますね。
蟠龍櫓、対岸からはこんな風に見えるんですね。

そういえば、トヨタのコマーシャル。
北野たけし、キムタク、堺さんの信長、秀吉、家康が
観覧車で会話してるコマーシャルですが
鳥かごの中は本物のホトトギスですかね?
ちらっと見えるんですけど^_^;

投稿: こころん | 2014年7月 6日 (日) 16時16分

ひらいさん、おはようございます。
土日は、娘のバイトにクルマ(小生のCopen)を使われてしまいますので、他の曜日に“お邪魔”しております(笑)。
3枚目の写真は、自分でも、こんな体勢を取っているのかと驚きました。持てる運動能力を精一杯発揮して、ダイビングを試みているものなのですね。昨日は、曇り空でしたので、これが青空を背景にして、ピントもバッチリ撮れていれば、2回目のヒット作になったかも知れません。
それにしても、ダイビングのすべてをきれいに撮るのは、なかなか難しいですね。
今、7/5の朝7時半ですが、ひょっとしたら、もう“出勤”して、コアジサシを撮影していらっしゃる頃でしょうか? 楽しみにしております。上首尾を!

投稿: mamekichi | 2014年7月 5日 (土) 07時24分

mamekichiさんこんばんは!

コアジサシのトリッキーな動きがしっかりと撮影されてて凄いです! 特に3枚目かな?羽が裏返って見える写真は、コアジサシの機動力をガッツリと表現してる感じで最高です! このまま川にダイブしてくれてたら、見事な写真がゲット出来たのではないでしょうか。コアジサシも獲物が捕れないと判ると、ダイブをやめてしまうので、ちょっと残念です。ただし水面直前のブレーキも凄いなと。(笑)

やっと平日1週間が終わりました、今週はかなり仕事が大変だったのですが(本日が一番早く帰宅出来ました (^^;; )、明日は天気も何とかなりそうなので、再チャレンジです! ただし午前中に別の用事が有るので、かなり早朝からになりそうです。(笑)

投稿: ひらい | 2014年7月 4日 (金) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« “雨読”の日、勉学、研究に励む | トップページ | 天気予報は外れたようで、出鼻をくじかれました(笑) »