« 台風8号接近中 | トップページ | クマゼミと、朝稽古、久しぶりに“バール・フレンド”のお二人 »

2014年7月11日 (金)

野分のまたの日こそ

Rimg00030711  今朝5時頃の写真です。この頃は、だいたいは、夜10過ぎには寝Rimg00040711 てしまい、5時前後に起きています。今日の名古屋の日の出は、4時45分ですから、20分あまり経った頃です。台風一過、の真っ青な空とはなっていませんでした。いきなりの余談ですが、子どもの頃(たぶん小学校低学年)、この“台風一過”を、“台風一家”と思い込んでいた時期がありました(笑)。左は、真南の空で、中電川越火力発電所あたりだけ、陽が当たっています。右は、南東、ナガシマスパーランドの方向の写真です。

Rimg00080711  こちらは、“定点観測”写真、多度山の方角の空です。北の空の方がまだ晴Rimg00090711 れ間が多いのですが、暗い雲も残っています。右は、東の空です。太陽は雲に隠れかかっていますが、揖斐・長良川の川面に反射して、輝いているのが、印象的です(肉眼で見た輝きは、出せていないのが、残念です)。

 さて、本日のタイトルは、枕草子の第191段にある“野分のまたの日こそ……”という文章から取りました。清少納言のいう“野分のまた日”は、二百十日頃の台風のことですから、梅雨時にやって来た台風とは、趣が異なるでしょう。台風8号も、土石流で亡くなられた方もありますし、JR中央線では鉄橋も流されたりしていますから、「あはれにをかしけれ」などと暢気なことをいっていてはいけません。

野分のまたの日こそ、いみじうあはれにをかしけれ。立蔀(たてじとみ)、透垣(すいがき)などのみだれたるに、前裁(せんざい)どもいと心くるしげなり。大なるきどもも倒れ、枝など吹き折られたるが、萩・女郎花などの上に横ろ這い伏せる、いと思はずなり。〔枕草子191段〕

Rimg00310711 Rimg00210711_2 6時頃、外を見ましたら、西の空に虹が出ていました。といっても、地上に近いあたりにわずかに出ているだけで、お気づきにならなかった方も多いかも知れません。

Rimg00360711  南の方は、ちょうど、アピタ桑名店の上あたりから架かっているように見Rimg00260711 えました。北の方は、大山田団地のある丘陵地帯あたりからと見えました。虹を見たのは、ずいぶん久しぶりのような気がします。

 台風が持ち込んだ南からの湿った空気のせいか、台風一過なのに、朝から蒸し暑い感じでした。後から見たのですが、散歩に出た9時半頃にはすでに、30℃あったようです。湿度は、今の時間帯でも70%以上ありますから、もっと高かったかと思います。それでもめげずに、散歩に行って来ました(笑)。

Rimg00470711  散歩の行き先は、定例の巡回コースであります。寺町、内堀南公園、貝Rimg00580711 塚公園から九華公園。帰りは、吉之丸コミュニティパーク、揖斐川堤防、住吉神社を回って、4.5㎞。汗びっしょりでした。左は九華公園、右は、住吉ポンプ場から揖斐川への排水路にある水門です。水門は、まだ閉じられたまま。遠くに長良川河口堰が見えています。

Img_3044  その長良川河口堰も、昨日からずっと、ゲートはフル・オープンされていImg_3128 ます。しかし、思ったほど水量は増えていないように思います。ただ、揖斐・長良両河川とも、水はかなり濁っていますので、上流部ではそれ相応の雨量があったものと思われます。右は、堤防上から見た、揖斐川上流、多度山の方角です。

Img_3099  ところで、今日の散歩は、”野分のまた日”ですから、野鳥も、昆虫もあまりいないだろうと思って出Img_3105 かけました。ほぼ予想通りでしたが、役者がお一人おられました。こちらのアオサギさんです。一昨日と同じ、お立ち台にいたのですが、私が見ている間中ずっと、口を開けているのです。舌までよく見えています。舌の形、よく見ると面白い形をしています。こういう形には意味があるのでしょうが、どうなっているのでしょうね? アオサギのいるところから、峯崎部屋が稽古をしている土俵が見えるとおもいますが、朝稽古を見て興奮したのでしょうか(爆)?

Img_3066  お堀の“カメの甲羅干し名所”、今日は、がら空きでした。不思議に思ってImg_3086 見ていましたら、どうやら堀の水面がやや低く、カメたちは上がろう、這い上がろうと懸命になるのですが、このわずかな段差が、越すに越されぬ何とかのようです。何匹もがトライしては、上がりきれずにいました。

Img_3118  このほか、あまりこれといった写真は撮れなかったのですが、モンシロImg_3115 チョウの写真、たまたま真正面からとることができました。吉之丸コミュニティパークで、です。右がそれですが、昆虫にしても、鳥や魚にしても、正面から見ると“変顔”に見えるのが多いのは、何故でしょう? もっとも、彼らにしたら、人間の顔こそ、“変顔”に見えるのかも知れませんが(笑)。

Rimg00730711  などと、あまりにも蒸し暑くて、汗びっしょりになったものですから、ヘンなことを考えながら歩いて来ました。そういえば、今朝は、諸戸氏庭園の方から、セミの鳴き声が聞こえて来ていました。空耳ではありません。毎年、梅雨明けの1週間くらい前からセミが鳴き始めます。日曜までは、晴れが続き、来週はまた曇りという週間予報です。

|

« 台風8号接近中 | トップページ | クマゼミと、朝稽古、久しぶりに“バール・フレンド”のお二人 »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、おはようございます。
アオサギさん、時々こうやって口を開けているのを見ます。暑いせいでしょうか、よく分かりません。「変なものでも食べたか?」と聞いたのですが、返事はありませんでした(笑)。

カメたちは、健康維持のためには、甲羅干しが必須ですが、ちょっと可哀想でした。堀は、東の野球場近くの水路から揖斐川につながっていますので、川の水量に連動して、水面が上下します。私が出かけたときは、引き潮で、下流側に流れていましたので、そのため、水面が低かったのでしょう。

虹、ご覧になったんですね。おっしゃるように、虹を見ると何となくラッキーと思いますね。虹といえば、去年4月23日、九華公園で珍しい「環水平アーク」というのを撮ったことがあります。よろしければ、ご覧ください:http://ogasawara.cocolog-nifty.com/ogasawara_blog/2013/04/post-0de5.html

投稿: mamekichi | 2014年7月12日 (土) 06時40分

mamekichiさんこんばんは!

アオサギさんは、暑くてハーハーしてるんでしょうか。暑い時期は鳥も大変でしょうね。と言いつつ、ちょっとカワイイ感じで良いですね。(笑)

カメ、ちょっとかわいそうですね。もう少し水を増やしてあげて欲しいですね。(もしくは板の延長かな)

虹ですが、今朝、自分も見つけて撮影してみました。見かけると、何となく良い気分ですよね。

投稿: ひらい | 2014年7月11日 (金) 19時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 台風8号接近中 | トップページ | クマゼミと、朝稽古、久しぶりに“バール・フレンド”のお二人 »