« KABC-Ⅱの特徴……KABC-Ⅱによる心理アセスメント(その1) | トップページ | 定例受診は、久しぶりの2時間半コースでお疲れ……オマケに、昨日の照源寺の蓮は咲いていない証拠写真(意味不明) »

2014年7月 7日 (月)

峰岸部屋の朝稽古、いよいよ熱が入っていました……昨日の散歩から

 七夕の今日も、梅雨らしい天候が続いていますが、九州北部では大雨というニュースですし、超大型の台風8号が沖縄に接近中とも効きます。被害が出ないことをお祈りしています。このあたりでは、どんよりした曇り空なのですが、今日はまだ、今のところ雨は落ちてきてはいません。今日16時現在、気温は25.5度、湿度は70%あまりです。

Rimg00020706  さて、今日はこんな天気で、歩いての外出はしておりません。そこで、昨日の散歩写真から、ご紹介することにします。昨日も、似たような天候でしたが、日中は時々小雨、夕方からは雨という天気でした。午前中は、大丈夫だろうと思い、10時から2時間ほど、いつものように、九華公園を回って来ました。諸戸氏庭園前から、住吉神社、七里の渡し跡、九華公園、寺町、桑名別院というコースで、4.1㎞ほど。途中、九華公園でわずかに降られましたが、濡れるほどの雨ではなく、幸いでした。写真は、昨日の朝の多度山方面の様子です。

Img_2820  スタートが10時でしたから、九華公園に着いたのはもう10時20分を過ぎたくRimg00090706 らいでしたが、昨日はまだ、峯崎部屋の朝稽古が続いていました。名古屋場所が7月13日からと、いよいよ近づきましたので、稽古にも熱が入っていたようです。左の写真、あいにくテントの足が写り込んでしまいましたが、左手の力士、投げられて、宙を舞っているところが撮れました。クリックして、拡大してご覧いただければ、幸いです。日曜の朝ということで、見物客もたくさんでした。

Img_2793  昨日は、峯崎親方(元三杉磯)も稽古を見守っておられ、時々、「手をつRimg00210706くな、骨が折れるぞ」、「何度言ったら分かるんだ」と低いものの、鋭い声が飛びます。大きな声ではありませんが、こちらもつい、背筋を正しそうになる雰囲気が伝わってきます。

Img_2870_2  こちら、部屋唯一の幕内力士である荒鷲関。若い衆に胸を貸した後、ご自身は、黙々と四股を踏んだり、股割りに励んでおられました。このショットも、なかなか良かったなと、自画自賛しております。御用とお急ぎでない方は、是非、クリックして、大きくしてご覧くだされば、幸いです(笑)。

Img_2889  こちらの若い衆も、投げを打たれ、地に足が着いておりません。ただ惜しむらくは、土俵を覆うテントの足がもろに被ってしまいました(涙)。それにしても、投げられている若手の力士、こんなに細くて、大丈夫なのでしょうか、相撲取りとしてやっていけるのかという気がしましたが、へこたれてはいませんでした。期待しましょう。
Img_2771  そのほか、力の入った場面をいくつか紹介しておきましょう。それにしてImg_2785 も、すぐ側で見ていますと、立ち会いの瞬間、双方がぶつかるときの音、迫力があります。ついつい見入ってしまいます。

Img_2831_2 Img_2852 Img_2865





Img_2878  稽古のシーンは、いずれもCanon EOS kiss x-5のスポーツモードで撮影しました。

Img_2796 左の写真は、若手に胸を貸し負えた直後の荒鷲関の様Img_2903 子。さすがに息は荒く、汗もかなりかいておられます。 右は、四股を踏んでおられた途中、ちょっと一休みというときのショットです。

 ということで、結局30分弱、稽古に見入ってしまっていました(笑)。今週、荒鷲関は、出稽古に行かれるので、九華公園での朝稽古にはいらっしゃらないというお話もあります。朝は、6時頃から稽古は始まり、通常は、10時前くらいまで行われているようです。場所が始まりますと、終わる時間は不定隣、もっと早くに終わってしまっていることもあるそうです。

Img_2934  ところで、昨日は、久しぶりに、九華公園では、いつものお馴染みさん以Img_2935 外の野鳥に遭遇致しました。まずは、コゲラ。去年も、今頃の時期、九華公園で姿を見ていました。ただ、昨日は、後ろ姿しかうまく写真には撮れていません。左は、木をつついて穴を開けているところです。激しく動いていますので、アタマのあたりがブレています。コゲラは、2~3羽いたように思います。

Img_2961  もう1種類は、シジュウカラでした。去年、コゲラを今の時期に見たときにImg_2968 もやはり、シジュウカラとセットでした(笑)。右は同じ個体が、同じあたりで餌となる昆虫を咥えたときの様子です。コゲラも数羽いたと思います。

Img_2973  カルガモさんは、のんびりと堀を泳ぎ回っていました。九華公園のカルガモさんを見ると、何となくホッとします(微笑)。


Img_2742  その他、蟠龍櫓辺りでは、ツマグロヒョウモンが何頭もあちこちで舞ってImg_2749 いたり、花の蜜を吸ったりしていました。これらの2枚は、同一個体です。

Img_2995  これは、諸戸水路の南にいたツマグロヒョウモンのオスです。


Img_2987  最後に、桑名別院の池に咲いていたスイレンです。昨日は、全部で6つのImg_2990 花が開いていました。もう少したくさんあっても良いのにという気もしますが、それは人間の勝手な思いなのかもしれません。

 本日は、クルマで三洋堂、コンビニと周り、ついでに照源寺の蓮をチェックして来ましたが、残念ながら、花が咲く様子はまったく窺えませんでした。

|

« KABC-Ⅱの特徴……KABC-Ⅱによる心理アセスメント(その1) | トップページ | 定例受診は、久しぶりの2時間半コースでお疲れ……オマケに、昨日の照源寺の蓮は咲いていない証拠写真(意味不明) »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、こんにちは。

遠藤関は、追手風部屋でしたか。先日の日曜には、400人もファンが集まったというニュースもありましたね。それに、“お姫様抱っこパネル”も、名古屋に登場するとか聞いた記憶もあります。
九華公園はさほど混雑はしていませんでしたが(笑)、気合いは入っていました。“宙を舞った”後の二人の力士の運命は、無事、着地でした。稽古を見ていますと、番付が下の力士ほど、柔道の受け身のような練習を盛んにしています。もっともその段階で、叱られてばかりということもあって、気の毒になりますが、それだけ、投げられる練習は大切なのでしょう。

荒鷲関は、ちょうど稽古を終えられる頃、私が着きました。あのアングル、面白いかと思って狙ってみましたが、もうちょっとですね。あの汗や、ピンク色になった肌の感じがもっと出ればよかったのですが。

別院さんのスイレン、花の数も限られていますので、写真のアングルも決まってしまうのですが、うまい具合に色だけは対照的でした。

ところで、前回いただいたコメントのトヨタのSMに出てくるホトトギス。本物なのでしょうかね、私などでは分かりませんが、作り物だとしたらよくできていますね。

投稿: mamekichi | 2014年7月 8日 (火) 18時45分

こんにちは
白子にいる遠藤関の人気はすごいらしいですね。
こちらの方がいろんなアングルから狙えそう。
宙に浮いたお写真、面白い瞬間ですね。
このあと落ちて膝とか大丈夫だったのかな?

荒鷲関のアングル、下から迫って面白いと思います。
睡蓮の2987のお写真、ピンクと赤の位置と対照的な色で
いい感じのバランスですね。


投稿: こころん | 2014年7月 8日 (火) 12時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« KABC-Ⅱの特徴……KABC-Ⅱによる心理アセスメント(その1) | トップページ | 定例受診は、久しぶりの2時間半コースでお疲れ……オマケに、昨日の照源寺の蓮は咲いていない証拠写真(意味不明) »