« 水郷花火大会の準備、始まる……暑さはより一入 | トップページ | 小保方さんの博士論文と、きわめて個人的な感想 »

2014年7月18日 (金)

“修行“は続くよ……いつまで?

Rimg00210718 毎日、毎日、暑い日が続きます。今日も、最高気温は、32.6℃(13時50分)でした。しかし、去年は、桑名でも、6月終わりから30℃を超え、7月など、36℃などという日もかなりありましたから、それに比べればまだマシかも知れません。左は、散歩から戻った、11時過ぎの写真です。昨日までのように、陽射しはきつくありませんが、それでもやはり暑い日には違いありません。

Rimg00280718 Rimg00270718  今日の暑さの特徴は、このアメダス画像のように、朝9時前からずっと30℃、もしくはそれ以上の気温が続いていることでしょう。最低気温も、25.3℃(5時10分)と、いわゆる熱帯夜でした。散歩は、9時にスタートしたのですが、何となく昨日よりもシンドイ感じでした。“修行”が足らないのか、過ぎるのか、単に疲れが溜まっているのか、何なのでしょう?

Rimg00150718  さて、その散歩、上記のように、9時出発、11時過ぎ帰宅でした。コースは昨Rimg00170718 日とほぼ同じですが、九華公園のあと、歴史を語る公園を見て、寺町あたりから戻って来ました。3.6㎞でした。右は、京都の三条大橋ではありません。歴史を語る公園の南端です。ここは、去年まではギンヤンマを初めとして、各種のトンボが集まっていたのですが、今年は、ほとんど居ません。

Img_3907  九華公園、静かでした。“バールフレンド”のYさんが、二の丸跡を歩いておられ、しばし世間話。もうお一人、Tさんにも写真を差し上げたいのですが、Tさんは、朝ドラが終わるとすぐにやってこられ、9時過ぎには引き上げて行かれるようで、すれ違いばかりです。

Img_3918  鳥たちも、昆虫たちもあまり見かけません。カワウは、お立ち台に4羽と、Img_3926 野球場の照明灯に1羽。あまり何もいないと、暑い中で歩いて行く張り合いがありません。それで余計に疲れたのかも知れません。カワウ、この時期にとくに多いのかどうか分かりませんが、今日もまた、喉のあたりをふるわせる行動が見られました。Wikipediaには、「鳴き声は、「グルルルル」「グワワワ」「ゲレレレ」など、コロニーにおいて、喉を震わせて何度も鳴き」と書かれていますが、とくに鳴いているようでもなく、よく意味が分かりません。“要観察”であります。

 ということであまり代わり映えした写真も撮れません(涙)。

Rimg00060718  若干、苦し紛れではありますが、こちらを。旧・すし道場本店跡(その昔Rimg00070718_2 の、桑名リバーサイドボウル)あたりでは、公園整備が進んでいます。土地の造成はかなり前に終わり、芝生や、岩石の配置も済んで、小川なども作られています(まだ水は流れていません)。昨日から、今日にかけては、ご覧のように、チョコレート色の柵、門扉などが取り付けられています。

Rimg00080718  以前は、ここを通って、県道に上がる細い道があったのですが、この工事のため最近は、通行止めになっています。このまま公園の一部になってしまうのかも知れません。諸戸氏庭園の東、六華苑の南のところです。取り敢えずの工事期間は、この7月いっぱいという掲示がありますが、これで完成ではないでしょう。まだ、樹木を植えたりなどがあるでしょうし。近くにこういう公園が整備されるのは楽しみです。緑が増える、気分転換の場所ができるなどの他、水場ができますから、小生的には、野鳥がやってこないかと期待しています。

Img_3898   昨日も書きましたが、水郷花火大会の準備は、今日も勧められていまImg_3939 した。左は、住吉神社前の揖斐川堤防です。臨時のフェンスが設けられるのでしょう。住吉さんなども、囲われます。十万山の方の準備も進んでいるようです(右の写真)。

 明日は曇りの予報、日曜は一時雨とか。日曜は、研究会で名古屋へ行く予定です。来週には、梅雨明けという見方があるようです。梅雨は明けて欲しいような、猛暑はいやですし、困ったものです(苦笑)。

|

« 水郷花火大会の準備、始まる……暑さはより一入 | トップページ | 小保方さんの博士論文と、きわめて個人的な感想 »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水郷花火大会の準備、始まる……暑さはより一入 | トップページ | 小保方さんの博士論文と、きわめて個人的な感想 »