« 何となく在宅、苔を眺める | トップページ | 久しぶりに梅雨らしい空 »

2014年6月27日 (金)

コアジサシとは、やはり気が合わず(?)

Rimg00020627 どうも、コアジサシのダイビングが撮りたいという欲求が抑えきれません(笑)。一方で、やや蒸し暑い中、トボトボ歩くのもなぁという気もしてしまいます。こういう時は、すぐにどちらか選べます。コアジサシです。ということで、朝9時過ぎから、またまた、伊勢大橋を渡って、長良川河口堰の下流、国交省の長島排水機場あたりへ出かけてきました。

Img_1965  さて、その結果でありますが、コアジサシは数羽見たものの、待ち時間の方Img_2140 がはるかに長いという始末でした。長島排水機場あたりで1時間ほど待ってもダメで、アクアプラザながらの方へ移動したのですが、いたのは、右のように、カワウさんと、ドバトさんだけでありました。どうも、今日は、潮風にあたってきたようなものです。ただし、生まれも、育ちも、三河湾沿いの町ですから、潮風は古里をイメージさせてくれます。

Img_2036  排水機場のところに着いて左上の写真のように、杭が並んでいるところへ近寄っていったとき、杭にばかり注意を向けていましたら、足下からコアジサシが1羽、飛び立って行きました。左は、そのあとやって来た別の1羽ではありますが、証拠写真です。揖斐川下流方向へ飛び去り、ダイビングはなし! その後は、トンと現れず。

Img_2104_2 1時間あまり後、2羽揃って東から来た鳥さんのペアがいるのですが、そのまま揖斐・長良川を越えて、旧・桑名市方向へ飛び去りました。コアジサシにしては身体が太いような気もしますが、コアジサシなのでしょうねぇ。

Img_1967  その他、現地について驚かせてしまったのは、カルガモ1羽。波消し野ためでしょうか、凸凹がついたブロックのところにいました。


Img_1982  次いで、ハクセキレイ。成鳥の夏羽とはことなります。まだ冬の衣装なのImg_1985 か、幼い個体なのか、何なのでしょう。餌でも探しているようでした。

Img_2024  しばらくしてやって来たのは、コチドリ。身体は小さいのに、鳴き声はかなり大きく、鋭いものがあります。文字で表すのは難しいのImg_2025 ですが、「ピューイ」という感じです。あたりにコチドリがいるというのはすぐに分かります。ただし、周囲と同化してしまっていることが多く、また、小さいので見つけるのは、難しいですね。ササッと動いて一瞬止まる、という動作を繰り返すことが多いようです。

Img_2092  国交省の排水機場からの水路のあたりでは、おそらく今年孵ったばかりImg_2093 のツバメの幼鳥だと思います。数羽が同じところで、飛行訓練中のようでした。コアジサシのダイビングを撮る練習によいかと思い、カメラをスポーツモードにしてトライしてみました。ツバメも、スピードがありますし、ツバメ返しというように、進行方向を急に変えますので、うまく撮るのは難しいものがありますねぇ。それにしても、スポーツモードでの連写と、連続撮影機能とでは、こういう“飛びもの”にはどちらがよいのでしょう? 

 ということで、本日、鳥さんについては、めぼしい成果はありませんでした。

Img_2039  ところで、鳥さん以外のものとしては、まずはこちら。ウィンド・サーフィンImg_2131 をしている方が、川の下流、ちょうど、揖斐川と長良川とが合流するあたりを中心に楽しんでおられました。左の写真は、赤須賀神社あたりをバックにしています。右は、国道23号線揖斐長良大橋の手前付近です。

Img_2047  私が出かけた時間帯、もう漁船の数は少なかったのですが、この漁師さんは、どうやらシジミ漁をしておられたようです。左は、鋤簾<じょれん>という貝捕り用の漁具を使って、旋回しながらシジミを捕っているところだと思われます。船の前後方向に長い棒のようなものが見え、後部から川の中に入っているのが、鋤簾です。船の中央部にある四角い箱は、大きさでシジミを選別するための器具です。

Img_1970  こちらは、獲物を引き上げているところ。上の写真と同じ漁師さん、同じ船だと思います。これは、河口堰に近いところで作業中。


Img_1980  コアジサシは、本格的に子育ての期間に入っているのでしょう。最初の頃と同じような時間に来ても、あまり飛来しなくなっています。9月くらいまではいると思われますので、時々来ては観察して、行動パターンを理解しなくては、良い写真は撮れないでしょうね。これもまた、モットーではありませんが、“淡々と飽きもせず……”ですねぇ。

 明日は、このあたりでも、本格的な梅雨空が戻るという予報。空を見上げて、どうするか考えることにしましょう。


|

« 何となく在宅、苔を眺める | トップページ | 久しぶりに梅雨らしい空 »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、こんばんは。

コアジサシ、魚しか食べないのでしょうかね。ダイビングして捉えるという記述は良く目にしますが、食物についての詳しい解説にはあまりであいません。

2羽写っている写真、チーママさんから、ゴイサギというご指摘をいただきました。確かに、形はゴイサギの方に、よく似ています。ゴイサギも、河口堰あたりで見たことはあります。

花ならば、ともかく、飛んで行ってしまった取りさんでは、もう一度よく見てきますという訳には行きませんね。

投稿: mamekichi | 2014年6月28日 (土) 20時25分

チーママさん、こんばんは

ゴイサギでしょうかね?身体の形はゴイサギの類のような形をしています。それに、この河口堰のあたりでもゴイサギは見かけます。ゴイサギは、昼はあまり動かないので、その点波動かが気になります。

投稿: mamekichi | 2014年6月28日 (土) 20時01分

センセ 
ペアで飛んでいるのは、ゴイサギにみえますよ。
コアジサシの翼先は、もっとほっそりととんがっている気がします。
ゴイちゃんにしても、ペアで飛んでいる画像は、あまりないようですね。この季節ならではの、大事な写真ですね(^^)

投稿: チーママ | 2014年6月28日 (土) 14時56分

mamekichiさんこんばんは!

確かに、合わない時は有りますよね。さすがに飛んでる所が見れないってのは今まで無かったですが、ダイビングが見れない事は多々有りました。もちろん何か食べないと生きられないと思うので、魚以外にも食べてる何かが有るのでしょうかね?

2羽写ってるコアジサシですが、ちょっと雰囲気違いますね。確かにコアジサシだと思いますが、ちょっとふっくらしてる感じです。食べ過ぎでしょうか。(笑)

明日は雨みたいですね、せっかくの土曜日なので、是非撮影に行きたかったのですが、鳥撮影はあきらめるしかなさそうですね。

投稿: ひらい | 2014年6月27日 (金) 20時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 何となく在宅、苔を眺める | トップページ | 久しぶりに梅雨らしい空 »