« “発達障害の基礎と臨床”……日本文化科学社から近刊 | トップページ | コアジサシの逢い引きシーン、巣近くに踏み込んだか威嚇もされました……しかし、雛らしきものを確認、コチドリも »

2014年6月23日 (月)

船頭平河川公園で蓮

Rimg00020623 6月も23日となり、今月もあと1週間。いつになっても(?)、月日の経つのRimg00270623 は速いです(笑)。昨日は、雨模様で、外出はしませんでしたが、土曜日に出かけた疲れもなく、新しい週を迎えています。ブロ友のこころんさんと、ひらいさんの記事の影響で、船頭平河川公園の蓮も見たし、河口堰南でコアジサシも撮りたしと、迷っておりました(微笑)。天気は良さそうでしたので、思い切って、両方へ行くことにしました。写真の量が半端なくなりましたので、今日、取り敢えずは、船頭平河川公園の蓮について。

Img_1123  出発は、気合いが入って、いつもより早く、9時。船頭平河川公園までは、クRimg00130623 ルマで20分。船頭平閘門と同じところにあります。気合いが入りすぎて、公園利用時間に、フライング。最近フライングが得意です(2014.06.20 照源寺に蓮を見に行くも、フライングでした(笑)……代わりにアジサイ、ヒメジョオン、ワルナスビの花たち……爆)。待つこと10数分、木曽三川公園の係員の方がクルマでやって来て、「大変お待たせしました」ということでした。

Img_1198  さて、蓮の方ですが、まだまだ蓮園の一部ではあるもの、思ったよりもたくさん咲いていて、十分鑑賞に耐えると思えました。Img_1215 周りでは、ウグイスと、たぶんヨシキリの鳴き声が、盛んに聞こえているという、絶好の環境。陽射しもけっこうきつく、ブラブラ歩いているだけで汗ばんでくるくらいでした。初めは、小生独りでしたが、30分もしないうちに、カメラをぶら下げた方が、10名近く登場。

Img_1153 Img_1155  蓮園の中をあちこち歩き回って、かなりの枚数を撮ってImg_1176 きました。


Img_1225 Img_1217  まったく個人的な趣味で載せておりますので、恐縮ではありますが、お付き合いください。

Img_1133 Img_1189 Img_1191





Img_1220  こちら、蓮の花としては、開きすぎていて、もうよろしくないのでしょうが、Img_1233 被写体としては面白い感じがして撮ってみました。


Img_1241  これもピントがイマイチで、写真としては不出来なのですが、「ハチも寄ってくるんだ」ということであります(笑)。ミツバチだとは思いますが、きちんとした名前はまたあとで、ということでご容赦ください。

Img_1222  こんな方も。コガネムシか、カメムシの仲間かと思います(あとで名前を調べて載せます)。


Img_1168  蓮の花は、これでも撮ってきたうちのごく一部であります。しかし、この間、照源寺さんで感じたフラストレーションは、かなり解消されました(笑)。船頭平河川公園&船頭平閘門、久しぶりに来ましたが、良い感じです。

Img_1114  ところで、蓮以外に本日、撮ってきたものたちです。こちImg_1116 らのバッタさん、開門を待つ間に姿が見えたものですから、撮らせてもらいました。触角がずいぶん長いということに改めて気づきました。左は、250mmズームでノー・トリミングです。トリミングすると、触角がカットされます。右は、顔だけをアップにしています。お嫌いな方、苦手な方は、スルーしてください。

Img_1308  蓮ではありませんが、クマバチさんもやってきていました。左右の写真Img_1325 は、同じ個体のクマバチです。花の名前は、改めて調べます。

Img_1270  水辺ですので、トンボもけっこうたくさん飛んでいました。Img_1298 そのほとんどは、シオカラトンボでした。右は、シオカラトンボのメスかと思ったのですが、羽の模様が異なります(名前は、またあとで)。

Img_1248  カエルや、水の中にはオタマジャクシも無数いました。きちんと写真が撮れたのは、このアマガエルだけです。


Img_1405  チョウチョも、モンシロチョウ、キチョウ、ツマグロヒョウモンや、シジミチョImg_1410 ウの仲間がたくさん飛んでいました。左は、ツマグロヒョウモンのオス。ちょっとくたびれている感じです。

Img_1367  閘門の方も少し覗いてきましたが、ちょうど、国交省の調査船が木曽川から長良川に入るところを見ることができました(通過するところは、スチール写真では、面白さが分かりにくいので、割愛しました)。

Rimg00310623  左は、閘門の上から見た、長良川下流側です。子どもたちが小さい頃にRimg00460623 家族できたことがあります。愚息は確か、小学校高学年くらい。釣りに凝っていて、釣り竿を持ってきたと思います。右は、左の写真の左下あたりの川沿いにおりたところから見た船頭平閘門です。

 ということで、本日出かけた船頭平河川公園と、船頭平閘門。とくに蓮を見に行ってきました。このあと、コアジサシを見に、長良川河口堰の下流あたりにも行って来ましたが、写真枚数が多く、また、よい子は寝る時間が近づきましたので(22時であります……爆)、それはまた、明日にでも。また、昆虫などの名前も、明日、きちんと確認を取って追記致します。

|

« “発達障害の基礎と臨床”……日本文化科学社から近刊 | トップページ | コアジサシの逢い引きシーン、巣近くに踏み込んだか威嚇もされました……しかし、雛らしきものを確認、コチドリも »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、おはようございます。
こころんさんのところで拝見し、思いきって行って来ました。船頭平閘門は、以前、2~3度行ったことがあります。
コアジサシも、別のブロ友のひらいさんと張り合っている訳ではありませんが、ダイビングシーンもきれいに撮りたいと思っているというか、取り憑かれています(爆)。営巣地と思われるところも教えてもらっていったのですが、こちらでは、威嚇・攻撃対象にされました。本当に怖いくらいでした。子育てをじゃまして、引いては数の減少などを招いてはいけませんので、当分は、ダイビング撮影にこぴっと専念します(笑)。後半のコアジサシ・ツアーも是非ご覧ください。
ところで、蓮も咲き方を見ていますと、品種がいろいろとありそうですね。

投稿: mamekichi | 2014年6月25日 (水) 07時52分

ミリオンさん、おはようございます。
東海地方、空梅雨模様ですが、いつの間にか蓮の花の季節になりましたね。私も、ブロ友のこころんさんのところで見て、「これは行かなくては」と思い、月曜(6/23)に行って来ました(笑)。市内でも、お寺などでは鉢に植えられていますが、やはりあれだけたくさんあると景色が違いました。
ただ、天気が良いと暑いし、雨降りですと足下が大保尽きませんし、写真が撮りにくいですよね。

投稿: mamekichi | 2014年6月25日 (水) 07時47分

こんばんは
とうとう船頭平へ行かれたんですね。
それもコアジサシとセットでツアーを組まれて(^^;
僕が行った時より更に綺麗に咲いて綺麗ですね。
どのお写真も綺麗に撮られて
拝見したらまた行きたくなり
心臓がパルピテーションの嵐です(笑)
先日、ラジオで富山だったと思いますが
公園で昨年、蓮の人気投票をしたら
ミセススローカムという品種が一番人気だったそうです。

投稿: こころん | 2014年6月24日 (火) 19時04分

6月も終わりに近いのでハスの花が咲く季節なのですね。
愛西市の所もぼちぼち咲きだしたとブログで書いてる方もいましたね。
他の方が書いてると自分もハスの花を見に行きたくなります(笑)


投稿: ミリオン | 2014年6月24日 (火) 13時27分

チーママさん、こんにちは。
先週火曜日、義父の納骨で訪れた浄土真宗高田派の本山・専修寺(三重県津市)で、もう蓮が咲いているというのを知ったら、落ち着かなくなり、ブロ友さんがこの船頭平河川公園でも咲き始めたと書いておられましたので、エイヤッと行って来ました。ここは、木曽川と長良川が接する“閘門”があるところです。
結構広い蓮園というか、蓮畑というか、まだほんの一部でしたが、いろいろと咲いていました。暑い中を歩き回って撮って来たものの一部です。お楽しみいただけたようで、嬉しい次第です。

投稿: mamekichi | 2014年6月24日 (火) 12時14分

ああ ハスが・・・ なんという美しさ・・・ 一日眺めていても見飽きない花って、早々ないですよね。
それも種類色々 まさに極楽浄土♪

投稿: チーママ | 2014年6月24日 (火) 02時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« “発達障害の基礎と臨床”……日本文化科学社から近刊 | トップページ | コアジサシの逢い引きシーン、巣近くに踏み込んだか威嚇もされました……しかし、雛らしきものを確認、コチドリも »