« 桑名発達臨床研究室営業ご案内……知能検査、認知能力検査のコンサルテーション、スーパーヴィジョンをしています | トップページ | 真夏日、垂坂公園へ……予想外の運動量 »

2014年6月30日 (月)

夏越の大祓にて、茅の輪くぐり……春日神社

Rimg00520630 真夏日になりました。13時20分に31℃ちょうどだったようです。今日は、6月最後の日。古いいい方では、6月の晦日。6月と、12月の晦日に古くから行われているのが、大祓という行事です。高校時代、古典の授業で出て来た記憶があります。6月の晦日に行われるのが、“夏越の大祓<なこしのおおはらい>”です。

Nagoshi  何で習ったのか、気になって、高校時代に使っていた“角川古語辞典“をKogojiten 引っ張り出してきて、引いて見ました。赤鉛筆(マーカーではありません、あの頃は赤鉛筆を使っていました)でラインが引いてありますから、高校時代にも調べたのでしょう。辞書の引用文は、宇治拾遺集になっています。ちなみに、この古語辞典、昭和44年改訂第135版発行、価格は630円でした。

 

徒然草の電子テキストを検索してみましたら、第十九段に出て来ました。「折節の移り変わるこそ、物ごとに哀れなれ」で始まる段です。これに続く、2つ目の段に次の文章があります。この段落の文章には何となく記憶があります。「灌佛のころ」は、「くわんぶつのころ」と読んだとか、「水鷄(くいな)のたゝくなど」というところです。これで習ったのかも知れません。ここでは、“六月祓”という表現になっています。

「灌佛のころ、祭のころ、若葉の梢 涼しげに繁りゆくほどこそ、世のあはれも、人の戀しさもまされ」と、人の仰せられしこそ、げにさるものなれ。:五月(さつき)、あやめ葺くころ、早苗とるころ、水鷄(くいな)のたゝくなど、心ぼそからぬかは。六月(みなづき)の頃、あやしき家に夕顔の白く見えて、蚊遣火ふすぶるもあはれなり。六月祓またをかし。

Img_2320  さて、屁理屈、講釈が過ぎました。いつものことですが……。今日は、夏Img_2321 越の大祓で、あちこちの神社で、“茅の輪くぐり”が行われます。この行事、知識としては持ち合わせていたのですが、体験したことはありませんでしたので、一度くらいはと思い、行って来ました。市内の春日神社(桑名宗社)で行われていました。春日さんで行われていなければ、鎮国守国神社、そこでなければ……と、めぐり巡ることも考えていましたので、最初でクリアでき、幸いでした(笑)。

Img_2323  大祓は、左の写真の説明にもありますが、“6月と12月の晦日(新暦では6月30日と12月31日)に行われる除災行事である。犯した罪や穢れを除き去るための祓えの行事で、6月の大祓を夏越の祓(なごしのはらえ)、12月の大祓を年越の祓(としこしのはらえ)といいます。6月の大祓は夏越神事、六月祓とも呼ばれます。

Img_2325_2  茅の輪くぐりの“茅の輪”は、茅草<ぼうそう>(イネ科の多年草、薬用植物)で作られた大きな輪で、この輪の中を左まわり、右まわり、左まわりと八の字に三回通って穢れを祓います。ところによっては、くぐるときに「水無月の夏越しの祓する人は、ちとせの命のぶというなり」といった古歌を歌いながらするようですが(東京・櫻木神社)、春日さんの注意書きにはありませんでしたので、周り方を間違えないよう、2~3度確認して、無事お参りをしてきました。

Rimg00090630  せっかくの機会でしたので、初穂料をお納めして、わが家の悪事災難Img_2328 の祓い清めをお願いして来ました。初穂料? いくらとは書いてありませんでしたので、それなりにであります(笑)。もちろん、生活や、健康には自らも注意しなくては何もならないことは良く承知しているつもりです。

Rimg00230630  ところで、これで本日の散歩の最大の目的は達成してしまいましたので、中橋を渡って、九華公園へと、いつものコースに。写真は、本丸跡から北の空を見上げたものですが、真夏の空ですねぇ。暑い訳です。10時を回っていましたので、峯崎部屋の朝稽古は、とうに終わっていました。

Rimg00140630  鎮国守国神社でも茅の輪くぐりがあるようでしたが、午後4時からというこRimg00200630 とで、まだ茅の輪は、ありませんでした。

Rimg00150630  いつものように、公園内を一回りしてきましたが、花菖蒲園では、花菖蒲の片付けというか、整理が行われていました。喩えが、うまくありませんが、“夢の跡”という風情であります。

Img_2390  野鳥は、この暑い時期ということもあってか、姿はほとんどありません。スImg_2367 ズメ、ツバメ、カワラヒワくらい。左の写真のスズメさんは、餌になる虫か何かを見つけたようです。右のスズメは、どなたかがおいていったパン屑を前に、何やら考えているのか、迷っているのか……。

Img_2406  外周の遊歩道も一回りしてきましたが、アゲハチョウ(ナミアゲハでしょう)Img_2419 があちこちで舞ったり、蜜を吸ったり。ウチワヤンマは、堀の対岸(二の丸跡)に止まりました(立教小学校体育館の北で撮影)。立教小学校のプールからは、子どもたちが準備体操をしているのでしょう、「1、2、3……」と大きな声が響き渡っていました。

Img_2429  吉之丸コミュニティパークまで来ましたら、こちらの方が、餌をくわえ、舗装された遊歩道に叩き付けていました。肉眼ではよく分かりませんでした。木の実にしては、今の季節、こんな固い実はなさそうだし……と思って、写真だけ撮って来ました。

Img_2430 Img_2433  この方、ムクドリさんであります。パソコンで写真をよく見てみますと、何かの幼虫のようにも見えます。翅が出ている感じもありますが、よく分かりません。振り廻したり、叩き付けたりを繰り返していました。小生は、むしろ、ムクドリにもそういう知恵があるのかという方に感心してしまいました(笑)。

Img_2436  結局、小生が見て、写真を撮っているのに気づかれ、これをくわえて、別のところへ飛び去ってしまいました。

Rimg00260630  そのあとは、揖斐川沿いの蟠龍櫓から、七里の渡し跡、Rimg00350630_2 住吉神社前を経て、帰宅したのですが、途中、あまりにも青空がまぶしくて、シャッターを押してしまいました。左は、住吉神社近くから、多度山や揖斐川上流の方です。右は、諸戸氏庭園や、六華苑の森を住吉ポンプ場の横から見上げたものです。

Img_2442  余談、その1。先日ご紹介した、スワン・ボート(2014年6月24日 (火)、Img_1775 崎部屋の朝稽古2014と、珍しい乗り物たち)。本日、通りかかりに見ましたら、何と塗装を塗り直しているではありませんか!? やはり、中古として売っているか、売却先が決まったかのどちらかでしょうか? 右は、6月24日の写真ですが、ピンクだったのが白に塗られていますし、目が塗りつぶされていますので、若干違った印象がありました。

Rimg00560630  余談、その2。お見苦しいもので失礼しております。散歩から帰って撮った、小生の左手です。時計の跡が白くなるほど、日に焼けてきました(爆)。外見的には、日焼けして健康であります。ボンヤリ感は、去年の今頃に比べれば格段の差がありますが、まだ歩き始めなどフラツキがありますし、ブレインワーク(デスクワークの方が正確かも知れません)をしますと、飽和しやすいですし、集中力、思考力は、最盛期(そんなものがあったとすれば、ですが)に比べれば、落ちてはおりますが……。

 今週も、今のところの予報では、“空梅雨”傾向のようです。まぁ、いつものように過ごし、蒸し暑さに負けないよう、気をつけることに致します。散歩距離は、4.4㎞でした。

|

« 桑名発達臨床研究室営業ご案内……知能検査、認知能力検査のコンサルテーション、スーパーヴィジョンをしています | トップページ | 真夏日、垂坂公園へ……予想外の運動量 »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、こんばんは。

ありがとうございます。こころんさんのブログで知り、「小生も行かねば」と思って、出かけました(笑)。

ところで、鎮国さんのチラシ、大きな文字で書いてあるのに、日付を見落としていました(笑)。なるほど7月20日では、まだ設置されていないはず。旧暦では、今日が、6月5日です。25日後は、旧暦の6月晦日とすれば、7月26日。その前で、日曜日ということで20日になっているのではないでしょうか。

投稿: mamekichi | 2014年7月 1日 (火) 21時15分

ミリオンさん、こんばんは。

春日さんになければ、鎮国さん、そこになければ、立ち坂神社へ行こうと思っていました(笑)。私は、ブロ友のこころんさんのブログで8の字を書くように回るとありましたので、一応は分かったつもりで出かけました。しかし、いざ実物を目の前にすると、自信がなくなってきて、説明を熟読してから臨みました(笑)。

投稿: mamekichi | 2014年7月 1日 (火) 21時12分

こんばんわ
春日神社にもあったのですね。
mamekichiさんもくぐられて良かったですね。
え?鎮国さんは7月20日なんですね??
またくぐれますね。

投稿: こころん | 2014年7月 1日 (火) 20時36分

春日さんの茅野輪くぐりはくぐり方が表示してあって親切ですね。
立坂神社にも茅野輪くぐりはありましたが、
どうやってくぐればいいのか説明もなかったのでくぐらずお参りだけしてきました。
行く前にネットでくぐり方を調べて行けばよかったと後悔です(爆)。

投稿: ミリオン | 2014年7月 1日 (火) 13時01分

秘書さま、おはようございます。

茅の輪くぐり、最近復活したところが多いような気もしますが、マスコミが取り上げなかっただけかも知れません。昨日、初めて行って来ました。他にもお一人、男性がお参りに来ていらっしゃったのですが、作法に則ったくぐり方はしていらっしゃいませんでした。

ところで、石取祭、今年は、8月2日、3日です。南並びですから、本楽で、祭車は、旧東海道の方に並びます。祭に参加する町内の方は、先週末から、祭車庫を開け、いろいろなものを虫干しするなど、準備が始まっていましたよ。

投稿: mamekichi | 2014年7月 1日 (火) 09時07分

私の家の近所の神社でも、わくぐりあります。一度も、行った事ありません。
今年は、いしどり祭りに行きたいです。久しぶりなのでワクワクします。楽しみです。

投稿: おさぼり秘書 | 2014年6月30日 (月) 19時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桑名発達臨床研究室営業ご案内……知能検査、認知能力検査のコンサルテーション、スーパーヴィジョンをしています | トップページ | 真夏日、垂坂公園へ……予想外の運動量 »