« 梅雨入り翌日、本格的に“晴歩雨読“の季節を迎えました | トップページ | ボンヤリと過ごしております(笑) »

2014年6月 6日 (金)

アジサイの似合う季節ですが、花菖蒲の見頃は、今週末か(?)……九華公園も、諸戸氏庭園も【鳥の名前を付記(6/11)】

Rimg00380606  梅雨入り、3日目。終日曇りがちという予報でしたが、実際には晴れ間もかRimg00280606 なりあり、気温も27.0℃(14時ちょうど)になっています。昨日は、散歩に出られませんでしたので、今日はと思い、10時前から2時間あまり、ブラブラと歩いてきました。老松公園、市民会館前から京町、九華公園を一回り、七里の渡し跡から揖斐川堤防を経て、4.6㎞ほどです。出がけは、曇り空でしたが、その後は陽射しも出て来たためか、蒸し暑さもあって、それなりに汗をかきましたし、けっこう日に焼けた気がします(笑)。

Rimg00060606  さて、梅雨入りしたからかどうかは分かりませんが、アジサイが目につくようになりました(笑)。梅雨空や、雨降りにはアジサイが似合います。このアジサイは、新築町の市営住宅近くで見かけたものです。アジサイの花(実際には、装飾花ですが)は、土壌のpH(酸性度)によってその色が変わり、一般に「酸性ならば青、アルカリ性ならば赤」になるということは知っていたのですが、一箇所でこんなに色にバラエティがあるのは、何とも不思議な気がしました。Wikipediaの説明をよく読みますと、「同じ株でも部分によって花の色が違うのは、根から送られてくるアルミニウムの量に差があるため」だということでした。なるほど、いろいろとあるものです。

Img_0107  まぁ、理屈はともかく、この季節、アジサイの色合いを楽しんだ方が良さそうです。こちらは、老松公園で撮ったものです。色違いのアジサイを入れて、奥にある水色の方をぼかしてみました。

Img_0088  これは、八間通近くの牛乳屋さんの前に咲いていたものです。まだ、咲き始めというところですが、この色合いもなかなか良い感じだと思います。


Img_0115  社会福祉会館近くのお宅で撮らせてもらいました.全体的に、なかなかのImg_0117 ボリュームでした。手前側の2つの花だけをクローズアップ下のが右の写真です。これもなかなかです。とまぁ、ほとんど自己満足の世界ですが……。

Rimg00210606  ところで、九華公園です。いま、九華公園といえば、花菖蒲ですが、本丸跡の花菖蒲園の方も、やっと咲き始めてきました(左の写真)。こちらは、花菖蒲の株が、かなり少ない気がします。

Rimg00150606  鳥舎の北側の花菖蒲園は、かなり咲きました。8割くらいでしょうか。たImg_0148 だ、個人的な感想を書かせてもらうならば、白い花の割合がかなり多いなということです。もちろん、まったく勝手な個人的意見に過ぎません。原種が野花菖蒲であることから、“花菖蒲=紫系統の花”という、先入観があるため、そう思うのかも知れません。

Rimg00120606  管理事務所の南の花菖蒲園も8~9割くらいの開花状況でしょうか。こちImg_0168 らは、紫系の花が多くなっています。花菖蒲を見に来られた方は、チラホラ程度。明日、明後日の週末は大賑わいだろうと思います。

Rimg00220606  今日、九華公園には、四日市の富田から、幼稚園の子どもたちが、幼稚園バス2台に分乗して、遠足に来ていました。先生と子どもたちの話が聞こえて来たのですが、リュックサックにてるてる坊主がついている子どもがいたようです。早めに梅雨に入ってしまったのですが、雨が降らず、むしろ、晴れ間も見られて良かったなと、私まで思えてきました。

Img_0140  野鳥は、予想して行きはしましたが、あまりいませんでした。カワラヒワ、コゲラ(鳴き声だけ)、ツバメ、スズメ、ムクドリなど、いつものメンバーがいつものようにいただけです。アヒルさんは、二の丸跡のステージ裏でお休み中。カルガモさんは、2羽揃って堀を移動中でした。

Img_0097  野鳥続きで、その他の写真を少々。老松公園で撮ったモンシロチョウでImg_0124 す。吸密に一所懸命で、近づいても平気でした。昆虫撮りの勘が戻ってきたかも知れません(笑)。右は、社会福祉会館の裏で撮ったツマグロヒョウモンのメス。

Img_0113  老松公園にいた鳥です。「ヒヨドリか、でもそれにしては色が違うようだし、尾も短い気がするな」と思って、写真だけは撮って来たものです。よく見ると、赤いアイリングをしています。図鑑をざっと眺めたところでは、まだ判別できていません。もう少し調べることにします。

Img_0181  珍しくはありませんが、カワラヒワです。ただ、これまではあまり見ないところに止まっています。住吉神社前の揖斐川堤防の上の柵です。まぁ、もともと名前の由来が、「河原にいる鶸」で、「カワラヒワ」ですから、本来いるべきところにいるのかも知れません(笑)。

Img_0185  オマケといいますか、それなりに重要な情報です。と思わせぶりに書きましRimg00050606 たが、諸戸氏庭園の花菖蒲が咲いているようです。マンション9階のわが家から覗いたら(というと、人聞きが悪いので、訂正しますが、“借景”をよく見ましたら……笑)、見えました。右の写真では、赤丸をつけたあたりに見えるのです。諸戸氏庭園で、花菖蒲を楽しむとしたらやはり、この週末がよろしいかと思われます。

【鳥の名前】 老松公園にいた鳥は、アカハラのメスの可能性が高いかと思います。アカハラは、本州中部以北で繁殖し、森林、公園などで見られる鳥です。メスは、喉の部分が白っぽいという特徴があります。体長は24cmほどで、ヒヨドリよりはやや小型です。

|

« 梅雨入り翌日、本格的に“晴歩雨読“の季節を迎えました | トップページ | ボンヤリと過ごしております(笑) »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

九華公園、花菖蒲がかなり咲いてきましたね。明日(6/8)は、撮影会もあるようですが、ほぼ見頃で、写真撮影には良いかも知れません。
3つの花菖蒲園の咲き具合の違いは、何によるのでしょうね。陽当たりだけをいえば、本丸跡のところから咲き始めても良さそうな気もします。土壌の性質、栄養状態なども関係するのかなという気もします。

ところで、諸戸氏庭園の花菖蒲が、9階のわが家の玄関先から見えるのに気づいたのは、昨日の朝でした(笑)。それまで、「見えたら良いな」とは思ったことはありましたが……。昨日、ふと見ると何やら花が咲いているように見えましたので、一眼デジカメの250mmズームで撮って拡大して見たら、花菖蒲に間違いなさそうだと思った次第です。

投稿: mamekichi | 2014年6月 7日 (土) 10時17分

こんばんは、私も今日朝の9時頃コインランドリーの合間に少しのぞいてきました。
結構咲いてきましたね、1カ所はまだこれからですね。咲き具合が違うのは場所や日の当たり具合なのかな。
mamekichiさん宅の家から諸戸氏庭園の花菖蒲が少し見えるんですね。


投稿: ミリオン | 2014年6月 6日 (金) 19時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨入り翌日、本格的に“晴歩雨読“の季節を迎えました | トップページ | ボンヤリと過ごしております(笑) »