« スイレンはリベンジ、花菖蒲、懐かしいMarkⅡそして、石取祭の御籤占いの結果 | トップページ | コアジサシのダイビング »

2014年6月 3日 (火)

久しぶりの祝!ご当選と、諸戸徳成ウォーク(6/8)のご紹介

 歩き方が悪かったのか、汗をかくようになったためか、左足の裏に、水ぶくれがいくつかできてしまいました。膿んだりはしていませんから、変なものではないと思いますが、やや歩きにくい感じがしています。それと、いい加減に暖房器具を掃除して、片付けないといけませんでしたので、午前中は、それに従事していました。ということで、結果的に散歩には行かず仕舞いでした。

Rimg00020603  さて、今日は、この話題から。この写真をご覧になっただけで、いったいどういうもので、何に使うかお分かりになる方は少ないのではないかと思います。かく申す小生も、送られてきた封筒から取り出したときには、いったい何が送られてきたのか、サッパリ分かりませんでした。

 実は、これ、メルシャンワインのキャンペーンに応募し、当選した景品なのMercian です。この右の画像のように、“メルシャンワイン わくわくキャンペーン Wチャンス賞”に応募していたらしく(「らしく」というのは、ずいぶん前のことで、すっかり忘れていたのであります)、昨日、ヤマトのメール便で届いたものです。それで、景品の正体は、“オリジナルワインホルダー”ということです。

Rimg00030603  あいにく、ワインボトルがありませんでしたので、お茶か何かのペットボトル(500mlサイズ)を入れて、“使用例“ということで、写真を撮ってみました。本来は、ワインの720mlボトルにちょうど合うサイズになっているようです(サイズの合わないボトルや間には使用しないようにという、注意書きがあります)。素材は、ポリエステルと合成ゴムで、保冷効果があるようです。保冷効果(時間)は、外気温などの条件によって異なるといつ説明がついています。冷やしたボトルを入れると、水滴がつくと思うのですが、防水仕様にはなっていません(この辺はちょっと不思議ですが、まぁ、祝ご当選ですから)。

 小生としては、散歩のときに持ち歩く500mlサイズのペットボトル入れにちょうど良いと思うのですが、上述の注意書きからしますと、「飽くまでも自己責任で」ということになるのでしょうね。一頃流行った、この“自己責任”ということば、何となく好きになれないことばです(笑)。好き嫌いでいう言葉ではありませんが……。

 “祝!ご当選”は、久しぶりでしたが、実は、このところあまり、検証の類には応募していませんでした。応募しなければ、当選もしないのは、常識以前の話。折を見て、こまめに応募してみる価値はやはりありそうです。

140608morototokunariwalk  ところで、今日は、一昨日の「近代桑名を考える」シンポジウムの資料整理もしていたのですが、その中に、こういう”諸戸徳成ウォーク”の案内が入っていたのに気づきました。6月8日ですから、次の日曜日です。主催は、諸戸徳成邸の保存・活用を考える会となっています。桑名駅西口に9時に集合で、ここで、諸戸徳成邸の見学参加券がもらえるとあります。諸戸徳成邸の見学は、庭園に限られるようで、室内は見られません。参加費は、100円で、これは保険代ということです。

 6月8日のシンポジウムでも指摘がありましたが、諸戸家の遺産である邸宅、庭園は、桑名市としての文化遺産でもあります。それは、建築、ランドスケープ、庭園としての遺産と視点価値があり、保存が必要であるとともに、社会全体で継承し、活用していくという未来に向けて育んでいく意義のある遺産であるという位置づけ、理解が必要なものだと思います。それ故、地域全体、地方自治体として、どのように関わっていくのかということが問われているといっても過言ではないという気がします。

 桑名市は、財政難の折から、諸戸徳成邸の買い取りにはあまり積極的ではないという話が聞かれますが、小生としては、ここしばらく続いていた“ハコモノ行政”から脱却し、観光や文化など、ソフトパワーに力を入れるという、行政の方向転換をシンボル的に示すことができる存在であるような気がします。市民や、桑名市出身で各界で活躍されている方々の協力も得て、市が買い取るなど積極的な関与を願いたいと思うところです。

 小生は、このウオーキングイベントのコースは割と良く歩いております。諸戸徳成邸も、昨秋の見学会に参加しましたので、今のところどうするかは、未定です。

|

« スイレンはリベンジ、花菖蒲、懐かしいMarkⅡそして、石取祭の御籤占いの結果 | トップページ | コアジサシのダイビング »

季節」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スイレンはリベンジ、花菖蒲、懐かしいMarkⅡそして、石取祭の御籤占いの結果 | トップページ | コアジサシのダイビング »