« コアジサシと、桑名別院では咲き始めたスイレン | トップページ | アゲハにモンシロチョウ、そして花菖蒲も増えました……九華公園にて »

2014年5月23日 (金)

コアジサシとはあまり気が合わず、証拠写真……その他にはヒバリ、カワウのダンス(?)

Rimg00210523 散歩途中で見上げた空です。場所は、揖斐川堤防の桜並木(桜堤防を復活させたところで、福島ポンプ場の近くです)。揖斐川の河口からは、4.8㎞。真夏のような雰囲気さえ感じられます。気温は、Img_7841 夏日直前の24.4℃(13時10分)でした。右の写真、この福島ポンプ場近くの揖斐川右岸の堤防で撮ったものです。例によって、海抜が気になって、です(笑)。堤防の上、けっこう高いとは思いましたが、海抜6.7mもありました。

Rimg00020523  さて、今日の散歩は、昨日のブログをご覧の方には、ご想像がつくかと思いまRimg00090523 すが、コアジサシ見たさに、揖斐川の堤防上をウロウロとしておりました(笑)。揖斐川に行く前に、参宮通のサーケイに立ち寄っていましたので、けっこう大回りをして、3.5㎞。今日は、陽もよく当たっていましたので、多少日に焼けたような気がします。左はいつものように多度山方面(実は、散歩に出るときと、戻ったときには、必ず写真を撮っています)。右は、住吉神社です(向かって右手が揖斐川となります)。

Img_7774  コアジサシさんですが、今日はあまり気が合わなかったようです。こちらは、堤防の上を北に向かって(福島ポンプ場や、伊勢大橋方面に向かって)歩いているとき、すれ違ったコアジサシ、1羽です。何枚か写真を撮ったのですが、突然のことで慌てたこともあり、ピンぼけ写真ばかり。この後ろ姿だけが比較的マシなものでした。このあと、2~3箇所で、コアジサシが来ないかと待ったのですが、ダメでした。代わりにヒバリには会えましたが……(これはまた、後で)。

Img_7822_2  なかなかコアジサシには会えなかったため、住吉神社まで戻って来て、ボンヤリと向こうの十万山(揖斐・長良川の中洲)を眺めていましたら、白っぽい鳥が3羽ほど舞っているのに気づきました。肉眼では今ひとつ確信が持てなかったのですが、色や大きさ、飛んでいる姿から、コアジサシだろうと思われました。住吉神社前から、十万山までは、320mほどの距離があります。もともと、250mmズームで撮った写真ですが、パソコンに取り込んで拡大して見て、ようやくコアジサシであると分かりました。ここに載せた写真は、このズームで撮影した写真をトリミングしています。左の写真には、3羽、写っています。左下の赤丸の中に2羽、右上の丸の中に1羽です。ここからのコアジサシの写真は、説明の都合上、撮った順序とは異なっています。

Img_7813  こちらの写真は、これからダイビングに入ろうとしているところでしょう。「でしょう」というと、何だか無責任なのですが、何しろ、300m先のことで、近視+老眼の我が肉眼でははっきりと見えておりません故(爆)。

Img_7809  2羽が写っていますが、右側のコアジサシは、川面にかなり近いところにいます。ダイビングしようとしているのとは違う姿勢のようです。川から出て来たところかも知れません。

Img_7818  それに対して、こちらは、明らかに、川面に飛び込もうとしている体勢に見えます。下にカワウが写っていますが、おそらくたまたま近くにいただけだと思います。別にコアジサシが、カワウに突撃しているのではないでしょう。大きさで負けていますし……。

Img_7823  もう1枚。このコアジサシは、やや高いところ二います。この1枚だけでは、何をしているところか、判断するのは難しいところがあります。前後の写真を見ても(連続してシャッターは押しています)、生憎ピンぼけばかりで、今ひとつ、何だか不明。ということで、今日はコアジサシとはあまり気が合わず、カトちゃん風にいえば、「ちょっとだけよぉ~!」の証拠写真でした。お粗末様。

Img_7832  で、このとき、足下を見ましたら、どこからか、ご覧のようにカルガモさんがやって来ていました。“カモ”だけに、慰めに来てくれたのかも知れません。


Img_7776  その前に、福島ポンプ場のすぐ北では、ヒバリに遭遇。オスは、“揚げ雲雀”で、上空で盛んに囀っていました。しかし、かなり高いところ二いましたので、写真は撮れたものの、せいぜいシルエット写真の、しかも証拠写真レベル。代わってこちらは、河川敷をあちこちしていたヒバリさんです。性別は分かりませんが、高く舞い上がることはありませんでしたし、揚げ雲雀の真下あたりにいましたのでメスかなという気がします。

Img_7781  この個体が、河川敷に降りる道路の法面に降りたところです。よく見ていただくと、ヒヨドリのように、かなり”モシャ”っております(笑)。ひらいさん、いかがでしょう?

Img_7775  そして、このヒバリの“飛び出し”写真。もう少し速いスピードでシャッターが切れていれば、シャープな写真になったかと思いますが、プログラムモードから切り替えている余裕がありませんでしたし、パソコンで見たら、こういう写真が撮れていた、という代物ですので、ご容赦を。

Img_7755 Img_7757 Img_7758




Img_7759 Img_7760  ところで、今日の揖斐川、あちこちにカワウさんの姿が見られていました。しかも、その多くが、こういう風に、バシャバシャと羽を大きく動かし、まるで、身体を洗っているかのような動作をした後、いったん川に潜って浮いてくる、ということを繰り返していました。この季節、九華公園の堀にいる魚たちも、水面から大きくジャンプするところをよく見ます。魚たちは、身体についた寄生虫を落とすためにジャンプすることがあるとも聞きます。カワウも、虫か何かがついたのを落としているのでしょうか? 生きものたちの様子、よく見るようになるほど、いろいろと分からないことが出てきます。

Img_7750  もう一つ。翅の黒点の大きさから、スジグロチョウだと思われます。サーケImg_7751 イから揖斐川に向かう途中、蓮見町あたりで撮りました。チョウもたくさんみるようになりましたが、なかなか止まってくれず、写真に撮るチャンスには、今のところあまり恵まれていません。

Rimg00100523  しかし、今日は、とくに揖斐川の堤防上で腰を下ろして、ボンヤリしているRimg00110523 と、気持ちのよい川風が吹き抜けていき、気持ちのよい日でした。少々陽射しが厳しいものの、空は青く、遠くには白い雲。川面はさほど波立ってもおらず、清々しい感じです。いつまでも座って、ボンヤリしていられそうでした。これら2枚は、住吉神社前から撮ったものです。左は、長良川河口堰をメインに、右は、名古屋駅の方向を撮ったものです。右の写真では、中央にタワーがあり、そのやや右(南側)に名古屋駅前の高層ビルも見えます。よい感じです。朝方には、木曽御嶽山や、恵那山も見えていましたが、この時間はそこまで遠くは見えませんでした。

Img_7739  もっとも気持ちのよい季節かも知れません。体調も、とくにあれこれ書くほど不調はありません。”体調がよい”とはまだいえませんが、まあこんなものかも知れません。明日も、コアジサシを求めて……でしょうかねぇ(微笑)。

|

« コアジサシと、桑名別院では咲き始めたスイレン | トップページ | アゲハにモンシロチョウ、そして花菖蒲も増えました……九華公園にて »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、こんばんは。

ヒヨドリも少なくなりましたね。それにおっしゃるように、モシャっていなくなりました(笑)。

ところでコアジサシの行動パターンをご教示くださって、ありがとうございました。私が見た2回も、揖斐川の右岸側か、中洲のところでしたから、川岸で餌を捕ることが多いかと思っていました。それに、ある範囲を往復しながら狩りをする印象もありました。

しかし、今日は、残念ながら揖斐川右岸ではまったく姿は見られませんでした。

投稿: mamekichi | 2014年5月24日 (土) 22時05分

mamekichiさんこんばんは!

モシャヒバリですね、惚れぼれします。(笑) 最近ヒヨドリを余り見かけませんし、見かけても暑いからか、モシャって無いので、ちょっと寂しいですね。(笑) 最近は、ムクドリまでモシャ鳥に見えてきました。(笑)

コアジサシの狩りシーン、飛んでるのを見かけても、どこに突っ込むか判らないので、かっこ良く撮影するのは難しいですね。コアジサシちゃんが、どこかに渡ってしまうまでには、何とか1枚くらいかっこ良く撮っておきたいところです。

コアジサシ撮影中に気づいた事ですが

・川の真ん中よりも、川原とか堤防近く等の少し浅い所?で良く狩りをしているようでした。
・空中ホバリングする為か、風向きを考えて飛んでるようでした。北風なら南側から少しづつ北上してくる感じで、決めた場所(どこかは判りませんが)まできたら、また戻るという感じです。
・突然どこかに行ってしまいますが、殆どは数分~数十分すると、同じ所に戻ってきて、また狩りを始めておりました。ヒナにエサを与えに、巣に戻ってるのかもしれませんね。
・数羽が集まると、突然追いかけっこを始めます。(笑) この時は、鳴きながら飛んでおり、狩りをする事は無いようですが、単独になったら、突然突っ込んできますよ。

※纏めますと、一度突っ込んだ所を見かけたら、その場所で待ってると、何度か見る事が出来る! と思いながら気長に待っております。(笑)

長くなってすみませんです。明日ももちろん、長良川です! と言いつつ、明日からなばなの里、花菖蒲・紫陽花まつりも始まるので、午前中は忙しくなりそうです。

投稿: ひらい | 2014年5月23日 (金) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コアジサシと、桑名別院では咲き始めたスイレン | トップページ | アゲハにモンシロチョウ、そして花菖蒲も増えました……九華公園にて »