« 歯科検診のあと、沢南橋へ……カラスが電柱に巣づくり、コサギとカワセミ(アリバイ写真) | トップページ | WISC-Ⅳによる知能・認知能力の アセスメントにおけるポイント(その2)……WISC-Ⅳの概要とCHC理論 »

2014年5月 3日 (土)

伊勢大橋北まで……トンボを初見、ヒバリ、カワラヒワそして、ケリに警戒され、もう1羽はクイズに【3日かけて、5/3のブログもできあがり】

Rimg00020503 本日は、九華公園では、金魚まつりや、つつじまつりでありますが、敢えてそれは避けて伊勢大橋の北側、甚内ポンプ場の方と、福島地内の水田を散歩してきました。4.5kmです。金魚まつりは、以前は、露店も出ないほど寂れていたと思いますが、この頃は、たぶん関係の町内会の皆さんのお陰なのでしょう、金魚御輿が出るようになったりして、復活していえるようです。この金魚まつりに合わせて、鎮国守国神社の宝物殿が公開されますが、これは、去年ようやく見られましたので、取り敢えずは満足しているからであります。つつじも、この期間以外で見られます。ということと、人出が多いところは避けたいというのもありますから、鳥やチョウ、トンボなどを見た方がよいというのが、個人的な志向です。

Img_5896  さて、今日の散歩は、諸戸氏庭園から住吉浦休憩所を経て、揖斐川右Img_5905 岸堤防を上っていき、伊勢大橋を越えた、甚内ポンプ場の先まで。そこから伊勢大橋西詰め交差点 に戻り、国交省の河川事務所の西から福島地内の水田あたりを歩いて、戻って来ました。左の写真は、六華苑の門と洋館です。洋館は、塔屋だけでなく、全体を修復しているようです。右は、揖斐川の河川敷の様子。毎年、ゴールデンウィークには、釣りをする人が出ています。

Img_6175  まずは、先日来、「見た、見た」というだけでしたが、シオカラトンボのオス、ようやく撮影できました。福島の水田あたろで、です。いうだけでなく、写真が撮れて、一安心です。この年から、“オオカミ少年”というのもどうかと思いますが……。

Img_5997  トンボの後は、唐突ではありますが、問題を一つ。この写真の中にある鳥が写っています。さてどこに、何が写っているでしょう? 回答は、このエントリの末尾に載せておきますので、ゴールデンウィークの余暇時間がおありでしたら、是非ともしげしげと、目を皿のようにして、眺めてみてください(笑)。ちなみにこの写真、250mmズームで撮って、そのままを載せています。つまり、鳥ミングじゃなくて、トリミングなどは施しておりません。

Img_6189  ケリさん、国交省の河川事務所の西側(裏)の田んぼや、福島地内の水田の何カ所かにいたのですが、どうやらいずれも子育て中のようで、いつもより神経質な印象。警戒の鳴き声らしい、鋭い声を投げかけられ、攻撃されそうでした。

Img_6097  これらは、河川事務所裏にいた2羽が、交互に私のいる方に飛んできたImg_6128 ところです。私の頭上を何度も、飛ぶのです。おそらく、「あっちへ行け」と、“スクランブル”をかけていたのでしょう。シャッターチャンスは何度となくあって、かなりの枚数を撮ったのですが、半分、逃げそうになりながら写していましたので、きれいに写ったものはほとんどありません。

Img_6140  これもそうです。こちらに向かってきたり、私の頭上で旋回したりと、ケリImg_6141_2 の飛行能力をかなり堪能させてもらいました(?)。


Img_6200  こちらは、福島の水田で撮ったケリさんです。細身で、羽もきれいですので、個人的には、若鳥かと思ったのですが、そのあたりはImg_6189 よく分かりません。農家の方が田起こしをしたところで、餌を探しているようでした。

Img_6224  ただ、こちらのケリさん(こちらも、つがいなのでしょうか、親子なのでしょうか、2羽が近くにいて)も、鋭い鳴き声を盛んに発していました。まさか、ケリの間で、私の指名手配書が回っている……なんてことはないと思います。

Img_6198_2  福島の水田では、珍しくカワラヒワも3羽のグループが飛来してきました。Img_6231 写真としては不出来で、証拠写真なのですが、これら2枚がそれです。餌探しとともに、水たまりに嘴を突っ込んだりしていましたので、水を飲みに来ていたというのもあるようです。

Img_5943  この時期の鳥といえば、ヒバリを忘れてはいけません。今日、最初にあっImg_5933 たのもヒバリでした。ちょうど福島ポンプ場のすぐ東。堤防上から、河川敷を見下ろす形で撮ったものです。近くに2羽がいましたので、これまたつがいかという気がします。

Img_5938  右上のヒバリですが、この角度から見たら、何となく“ウドちゃん(ウド鈴木)”のアタマのように見えて、笑えました。

Img_5921 Img_5924  このウドちゃんに見えたヒバリ、直前にこういう仕草をしていました。“砂浴び”でもしているのかと思ったのですが、何をしているのでしょう? 確か、“ヒバリの偽傷”という行動があったのを何かで見た記憶があり、ネットで検索してみました。こちらにありました。「敵が巣に近づくと、親鳥は偽傷<ぎしょう>を行って敵の注意をそらす」行動ですが、これなのでしょうか?

Img_5956  今日見られた鳥は、ほぼ以上です。甚内ポンプ場近くから、大山田川のImg_5954 上流に白いサギ(たぶんコサギ)が見えましたが、ちょっと遠すぎでした。いまの季節、散歩圏内ではあまり鳥が見られないのですが、河川敷を歩いていますと、揖斐長良川の中洲である十万山の方からは、盛んに鳥の鳴き声が聞こえてきます。河口堰の南、ちょうど桑名水郷花火大会で、花火が打ち上げられるところです。あそこに行くことができれば、かなりたくさんの野鳥がいるに違いありません。

Img_6096  ところで、ゴールデンウィーク後半のスタート日で、国道1号線や、揖斐長良川の中堤から国営木曽三川公園につながる県道は、かなり混雑していました。バイクの“暴走族”のおニイちゃんたちも、コーフンが抑えきれないようで、長島方面からやって来て、桑名市内へ。ブブブン、ブブブンと大音響をまき散らしながら走り去ったと思ったら、しばらくして、一回りしてきたのでしょうか、また、長島方面からやって来ました。困ったものです。

Img_6088  国道1号線の伊勢大橋の西詰めには、三重交通バスの停留所がありまImg_6087 す。立派な停留所ですが、バスは1日に2本しか走っていません。かねがね不思議に思っていました。調べてみましたら、どうやら、ナガシマスパーランドと桑名駅を結ぶバスのうち、2本がこのルートを通るようです(通常は、三交桑名営業所から、国道23号線を通ります)。桑名駅前の時刻表は、こちら。54、55系統です。ちなみに、なばなの里へ行くバスがここを通りますが(イルミで混雑する時期を除く)、直通ですので、ノンストップ。

Img_6252  諸戸林業本社近くのツツジの植え込みで、アゲハ(ナミアゲハ)です。なかなか落ち着いて止まってくれませんでしたので、ジャスピンとは行きませんでした(笑)。

Img_6239  諸戸苑という住宅団地の側の水路脇には、藤が咲いていました。場所かImg_6240 ら考えて、野生ではなく、どなたかが植えたものと思いますが、藤棚にしつらえてはありませんが、“野生風に”見えます。

Img_6135  散歩当日に書き終えられなかったうえに、3日ももかかりましたので、話の展開に、まとまり何もあったものではなくなりましたが、最後は、ヘリコプター。どうもNHKの取材ヘリのようです。連休ですから、東名阪の渋滞でも撮影した帰りかも知れません。

 では、最後に初めに載せた“鳥探し“問題の解答を載せておきます。

Img_59972  こちらをご覧ください。5枚目に載せた問題と同じ写真ですが、鳥がいるとImg_59973 ころに赤丸を付してあります。どうぞ、クリックして拡大してご覧ください。えっ? まだお分かりにならない? あぁ、そうですか。残念ですねぇ。それじゃ、右の写真をご覧ください。赤丸のあたりを“超トリミング”いたしました。層です、コチドリがいるのです。

Img_6052

 そのコチドリさん。実は、これらの写真を撮ることが出来までに、2羽ほど逃げられました。気づくのが遅れ(というよりも、コチドリさんが鋭くて)、20m以内くらいに、不用意に近づいてしまうと、逃げられるのです。したがって、「逃げられた」というよりも、コチドリの立場になると、「蹴散らされた」という感じかも知れません。

Img_6010  撮影できた、数少ないこのコチドリさんも、トットコ、トットコ逃げておりましたので、帰ってパソコンに写真を取り込んでみても、このような後ろ姿、お尻ばかりが写っていました(爆)。

Img_6056  しかし、間違いなくコチドリであると思われます。途中、立ち止まって、こちImg_6021 らを見ているときもありました(右の写真)。鳥の正面顔、どれを見ても、吹き出しそうになります。

 まとまりませんが、ようやく3日ほどかけて、5月3日のブログも完成いたしました(爆)。

|

« 歯科検診のあと、沢南橋へ……カラスが電柱に巣づくり、コサギとカワセミ(アリバイ写真) | トップページ | WISC-Ⅳによる知能・認知能力の アセスメントにおけるポイント(その2)……WISC-Ⅳの概要とCHC理論 »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、こんにちは。

ヒバリさんは、偽傷かどうか、自信はありませんが、似たような行動だなと思っています。もちろん、おっしゃるように、小生が外敵のようです(笑)。写真を撮っているだけなのにねぇ。失礼な方です。

多度の上げ馬神事は、テレビでしか見たことがありません。提灯祭も行ったことがありませんしねぇ。働いているときは、暇なしで、いまは、体調不十分&お金なしです(爆)。

初撮影の鳥、また拝見します。

投稿: mamekichi | 2014年5月 5日 (月) 17時07分

ミリオンさん、こんにちは。
トンボ、少しずつ出て来ているようですね。ようやく証拠写真が撮れました(笑)。

クイズにした写真を撮るときは、チョコチョコ動いていくのを目で追いかけながら、シャッターを切っていました。人間の目は、動くものにはよく気がつきますが、写真のように静止したものですと、判別は困難になりますね。パソコンに取り込んで確認しようとしたとき、自分で撮ったはずなのに、「何も写っていないじゃん」と思いそうでした。

投稿: mamekichi | 2014年5月 5日 (月) 17時03分

mamekichiさん こんにちは!!

ゴールデンウィーク、しっかり楽しまれているのが伝わってきました。自分も遊び過ぎてブログ更新追い付いておりません。(笑)

ヒバリの偽傷、これは凄いです!! 自分も是非カメラにおさめてみたいです。ところで、この写真から推測すると、mamekichiさんが外敵という事になりそうですね。(笑)

昨日、多度祭りに行っておりました。と言いつつ鳥撮影しかしておりません。初撮影の鳥、名前が判らなくて困ってます。また公開した時にでも見てやって下さい。

投稿: ひらい | 2014年5月 5日 (月) 15時23分

こんにちは、私も昨日駅のホームでトンボを見かけました。
結構大きかったのでシオカラトンボかな?
問題のどんな鳥がいるかですが目を皿のようにしても全然わかりませんでした。
地面の色と似ていて保護色になっているかのようですね。

投稿: ミリオン | 2014年5月 5日 (月) 11時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歯科検診のあと、沢南橋へ……カラスが電柱に巣づくり、コサギとカワセミ(アリバイ写真) | トップページ | WISC-Ⅳによる知能・認知能力の アセスメントにおけるポイント(その2)……WISC-Ⅳの概要とCHC理論 »