« 午前の散歩では、ギンヤンマ、花菖蒲にヒバリ、午後からは就学指導委員会へ | トップページ | 金曜ロードショー“藁の楯” »

2014年5月30日 (金)

九華公園では“野花菖蒲(花菖蒲の原種)”咲く、帰り際、“オバちゃま”二人連れに掴まる(爆)

Rimg00370530 このところ、4日連続くらいでしょうか、何故か27℃前後の最高気温の日が続いています(笑)。それに今日は、霞んでいるなという気がしたのですが、どうも黄砂の影響かも知れません。この写真は、散歩から帰った、ちょうど昼頃撮ったものですが、多度山、麓の方までまったく見えません。

 さて、暑くなりそうでしたし、銀行に行く用事もありましたので、早めに散歩に出ました。銀行 Rimg00100530_2 に立ち寄ってから、桑名別院でスイレンを見てから九華公園に行こうという心づもりでした。しかし、10時前にはもう24~5℃あったようで、銀行につくまでの1㎞弱で汗ばんできました。回り道をしましたので、桑名別院までは2㎞ほど。いささか疲れ気味で到着したのですが、何と、スイレンは一輪も咲いていないのです(笑)。がっくりcrying

Img_8699  九華公園の花菖蒲は、もう昨日たくさん見たから……とおっしゃるかも知れImg_8702 ませんが、今日は、花菖蒲の原種である“野花菖蒲”が一輪だけ、咲いていました。九華公園で見られる花菖蒲の中で、私がもっとも好きなものです。

Img_8713  一輪しか咲いていないのに3枚も写真を載せる必要はないのですが、私の趣味としてご容赦ください(笑)。何といいますか、この野花菖蒲が、もっとも品があるように思うのです(お前は、品がないのにという、ご批判はもっともですが……)。

Img_8670  くどいのですが、その他も若干。左は、鳥舎北の花菖蒲園に咲いていたImg_8682 ものです。右も同じ花菖蒲園で撮りました。


Img_8695  こちらは、管理事務所南の花菖蒲園で撮りました。書き忘れましたが、野花菖蒲も、こちらの花菖蒲園で咲いています。まだ全体からいえば、3割程度の咲き具合かと思います。6月1日から“花菖蒲まつり”が開かれますが、来月に入ってからお出かけになれば十分ですし、その方が楽しめることと思います。リンク先を改めてチェックしてみて、驚いたのですが、約4,000株もの花菖蒲があるそうです。

Img_8642  九華公園、鳥たちは少なくなっていて、もっとも多いのはムクドリとハト、カワラヒワでImg_8645す。そういう中、久しぶりに、1羽だけいるアヒルさんが堀に浮かんでいました。ずいぶん以前からいるアヒルだと思いますが、だとしたら、年を取っていると思います。今日は、羽繕いをしているようでした。

Img_8668  最近、カルガモも見ないなと思っていたのですが、いました。堀の中の東屋の下に、どういう訳か、カメさんと一緒にです。そのあとは、2羽揃って泳いでいましたから、こちらは元気そうです(笑)。

Rimg00110530  ところで、九華公園に行くまでの道すがら、撮った写真から。まずは、「もImg_8634 うアジサイが?」と思ったのですが、オオデマリの方かも知れません。リンク先の説明を読みますと、ピンクの花を咲かせるものもあるようです。葉っぱの形も、オオデマリによりよく似ている気がします。

Img_8636  こちらは、アップにすると面白いかと思って撮ってみたものです。250mmズームで撮ったものをそのまま載せています。

Rimg00080530  ツマグロヒョウモンのメスです。別院さんの近くで写したものです。このとImg_8620 ころ、チョウはよく見かけるものの、写真に撮れることが少ないので、ちょっと無理をして、吸密中のところを覗かせてもらいました(笑)。なかなか、“好位置”(私にとってでありますが)に止まってくれませんでしたが、無理祖面白い写真になったかも知れません(右の写真)。

Img_8629  同じ個体ですが、こちらの方が、彩りの組合せが面白いかも知れません。


Img_8658  こちらのアゲハさん、あまりにも忙しく動き回り、静止はしてくれませんでした。しかし、顔のあたりには、まあまあピントは合っているかと思います。九華公園の外周遊歩道の東でのショットです。

Img_8753  散歩終盤、住吉ポンプ場の柵にツバメの幼鳥が3羽ほど止まっていましImg_8737 た。時折、親鳥と思われるツバメがやって来て、餌を与えているようでした。外へ出て、飛ぶ訓練でもしているかのように見えました。親鳥がやって来たところは、ピンぼけ写真にしかなりませんでした野で、割愛します。右は、羽を広げて、あたかも飛ぶ練習をしているかのように見えますが、実際のところ、何をしているかは分かりません。

 といささか暑い中、12時までのほぼ2時間半、5.2㎞も歩いてきてしまいました。時間、距離とも、予定をはるかにオーバーしています(笑)。暑くならないうちに、そうですね11時には帰ってこようと思ったのですが……。何事とも、過ぎたるは及ばざるがごとしですから、気をつけなくてはなりません。

Rimg00270530  余談。写真はありません。蟠龍櫓の目の前で、四日市から来られたという、小生とほぼ同年代のご婦人、二人連れから声をかけられました。別に「お食事でもいかがですか?」などということではありません。「七里の渡しは、どこですか?」と。目と鼻の先なのですが、お分かりにならなかったようでした。どうやらケーブルテレビでご覧になり、「一度行ってみよう」と思いつかれたとのことでした。

 面白かったのは(というと、失礼ですが)、さらに聞かれたことが、「七里の渡しの近くに、塔というか、櫓というかがあるようですが、それはどれですか?」でした。これはまさに蟠龍櫓のことでしょう。

 テレビの画面で見るのと、現地で実物を見るのとでは、印象がずいぶん異なることがありますから、分かりにくいかも知れません。食事のできる場所などについても尋ねられましたので、それについてやら、その他の講釈も含め、あれこれとしばしお話をしてきました(笑)。

 いったんは、別れたのですが、すぐにまた、「もう一つよろしいですか?」と呼ばれましたRimg00180530 (笑)。「ヘンなおばちゃんに掴まって、申し訳ありません」ということでしたが、ムクドリをさして、あれは何という取りですか?という、ご下問でした(笑)。ここでまた、鳥談義。お一人の方は、四日市でも山に近いところにお住まいのようで、「うちの近くには、キジが出て来ます」と。それを聞いても、もうお一人は、「そういえば、私、昔、キジ料理を食べたことがある、思い出した」だそうです。おばちゃん(失礼)と話をしていると、退屈しませんから、嫌いではありません(爆)。

Rimg00400530  最近、女性からも声をかけていただくことが増えました。それも、自分と同年代の方から。良い傾向です。喜ぶべきでしょう。これが、うら若き乙女からであれば、まったくいうことはありませんが、世の中、そう思うとおりには行かないでしょう。「写真はありません」と書きましたが、話の内容とは関連しておりません。余談からの2枚は、九華公園の様子、こちらは、帰宅直後の諸戸氏庭園から揖斐川にかけての眺めです。

|

« 午前の散歩では、ギンヤンマ、花菖蒲にヒバリ、午後からは就学指導委員会へ | トップページ | 金曜ロードショー“藁の楯” »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ミリオンさん、おはようございます。
このところ、27℃くらいの気温が続いていますが、体感的にはだんだん暑さが増しているような気がします。

九華公園の花菖蒲、まだ、3割くらいだとは思いますが、だいぶ咲いてきました。花菖蒲まつりが始まってしばらくした頃が見頃かと思います。

蟠龍櫓もそうですが、テレビの画面で見る光景と、実際のそれとはかなり印象が異なります。ずいぶん昔、病院で働いているとき、その病院や、患者さんがNHKの番組で取りあげられたことがありましたが、病室など、実物よりもはるかにきれいに見えました(笑)。インタビューでは、事前に同じようなことを何度もいう練習をさせられ、そのうち何が何だか訳が分からなくなってしまいました(爆)。

キジは町屋川にもいました(一度、写真に撮ってブログにも載せました)。里山のようなところにけっこういると思います。

ところで、私自身、昔教員をしている頃は、学生から最初の頃は怖い先生かと思っていましたといわれていたのですが……。

それはともかく、散歩途中で知り合った方や、声をかけてくださる方と話をするのは、自分が知らないこともたくさんあり、面白いですね。散歩の楽しみの一つとなっています。

投稿: mamekichi | 2014年5月31日 (土) 09時50分

今日は外を歩いてると汗が出るほど暑かったですね。
九華公園の花菖蒲も大分咲いてきましたね、見頃になるのが楽しみです。
蟠龍櫓ですがテレビで見て想像してたのと実際に見るのとでは違うかもしれませんね。
キジは何年か前ですが多度で見かけたことがあります。
mamekichiさんは話しかけやすい雰囲気があるんでしょうか。
散歩途中で色んな人たちと話すのも面白いと言うか楽しそうですね。

投稿: ミリオン | 2014年5月30日 (金) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 午前の散歩では、ギンヤンマ、花菖蒲にヒバリ、午後からは就学指導委員会へ | トップページ | 金曜ロードショー“藁の楯” »