« 今日は、市役所で特別支援連携協議会の会合……負荷実験は一応終了 | トップページ | 珍しく木曽御嶽山までの眺望、ギンヤンマ、ゴマダラチョウ、ハナムグリ、コチドリなど……揖斐川河川敷散歩 »

2014年5月16日 (金)

花菖蒲一輪、九華公園

Rimg00380516  今日も夏日になったようです(13時50分に、25℃ちょうど)。一方で、散歩の途中からは、かなり強い北西の風が吹き始め、昼過ぎからは、5~6m/sの強さのようです。空も、雲も夏の雰囲気がかなり出ている感じです。

Rimg00130516  さて、スケジュールが詰まったのをきっかけに“体調実験”を行っていましたRimg00260516 が、昨日で終了であります。それについては、またあとで書きますが、一言でまとめれば、何とか乗り越えたというところでしょう。生活パターンについても、家内のことばもあって、散歩に出るのを早めの時間に戻すことにしました。9時15分に出発、老松公園、新築公園から、内堀公園、歴史を語る公園を経て九華公園というコースを2時間ほどで回って来ました。4.9㎞ほどです。散歩は、土曜(5/10)以来ですが、九華公園のツツジもほぼ終わり(左の写真)、青々としていました(右は、本丸跡)。

Img_6852  九華公園の花菖蒲園の一箇所では、花菖蒲が一輪だけ咲いているのが見Img_6861 られました。左右の写真は、同じ花を異なった位置から撮ったものです。九華公園には、後の写真にあります用に、花菖蒲園は3箇所ありますが、この花菖蒲は、赤く囲んだところに咲いていました。肥後系の”筑紫路<ちくしじ>”だと思います。去年も今頃、最初の一輪が最多と思って、調べてみましたら、5月17日の拙ブログにありました(花菖蒲一輪と、ツバメの飛行訓練(?))。去年も、この花菖蒲園の、同じ筑紫路が最も早く咲いていました。

Img_6855  同じところの花菖蒲園では、もう一つ、肥後系の“稲妻<いなづま>”のつぼRimg00200516 みも膨らみ、中から花が姿を見せつつありました。ここは、花菖蒲が品種毎に列を代えて植えられており、しかも名札がありますので、小生のような素人には大いに助かります(笑)。

Rimg00290516  九華公園の花菖蒲園の配置図です。すでに書きましたが、今日の花菖蒲は、赤く囲んだ花菖蒲園で撮りました。黄色で囲んだ、本丸跡に近いところも、品種毎に植えられ、名札が付いています。緑で囲んだ野外ステージの方のところは、ランダムに植えられていてまた異なった趣向が楽しめます。
Img_6880  左は本丸跡のの方の花菖蒲園ですが、今日は、整備が行われていましRimg00160516 た。ここはまだ花菖蒲は咲いていません。右は、野外ステージの方ですが、ここもかなり青々として来てはいるものの、まだ咲いてはいません。

Img_6837  今日は、花菖蒲が咲いているかを見たかったのと、チョウが撮れないかと思って出かけたのですが、生憎、チョウは飛んでいるのですが、なかなか止まってくれません。唯一止まって、写真を撮らせてくれたのは、こちらのツマグロヒョウモンのオスでした。このほか、アオスジアゲハや、カラスアゲハも飛んではいるのですがねぇ……。

Img_6874  野鳥も、ハクセキレイ、カワラヒワなどくらいでした。こちらのカワラヒワたち、数羽が、辰巳櫓<たつみやぐら>の跡に降りたって、餌をついばんでいました。4~5羽のグループでした。脅かさないよう、西側の階段の下、さらにツツジの植え込みの陰から覗き込むようにして撮ったものです。子育て中かも知れません。このベンチの造り方は、“擬木<ぎぼく>”というのだそうですね(つまり、コンクリートなどで、木に似せてつくったもの)。町田忍さんの“昭和レトロ紀行”というBSフジの番組で知りました。

Img_6887  帰り道、11時前に揖斐川の堤防に出て来たのですが、この頃から風が強くなってきました。途中、散歩友達の方に久しぶりにであったりしましたし、見知らぬ方2組から声をかけられました。お一人は、小生よりやや年上とお見かけしましたが、男性です。「これ、ハトですよね?」というのと、ムクドリを指して、「あっちは何ですか?」と尋ねられました。ムクドリは、集団で、喧しくしているというイメージをお持ちのようでした。昼は、大きな集団ではなく、ばらけて餌を探していることが多いですね。

 もう一組は、珍しく、小生よりもやや若いと思われる女性お二人でした。お一人は、目がご不自由のようで白杖を使っておられました。住吉神社のところで、諸戸氏庭園までの道を尋ねられました。帰宅ついでですので、諸戸氏庭園本邸までご一緒しました。目が不自由な方は、九州の方で、同行の女性のところへ遊びにいらしたということでした。その女性は、四日市の采女にお住まいということでしたが、小生も桑名に来る前には、采女の近く、笹川に住んでいましたので、親近感が持てました。ずいぶん以前からの、仲の良いお二人のようで、楽しんでおられました。

 それにしても、小生よりも若い女性から声をかけていただけるとは、珍しいこともあるものです(笑)。ずいぶん久しぶりにドッキリしました(爆)。

 ところで、体調実験の結果ですが、一言でいえば、初めに書きましたように、「何とか乗り越えられた」ということです。昨日、早くに寝てしまいましたので(疲れもあったかも知れませんが、9時半に寝てしまいました)、今朝は4時から起きています(ただ単に年を取っただけかも知れません)。

 総括は、基本的には、5月14日のブログに書いたのとほぼ同じです(今日は母親の退院日……4日連続で負荷をかけて、体調についての実験中(笑))。以下、その時と似た内容ですが、再掲します。

  • ボンヤリ感は、日曜日に、1日研究会に出かけた後がもっとも強く、その後はいくらか軽くなった状態が続いている
  • 軽いフラツキは、車で移動した直後などに一時的にみられるものの、長くは続かない
  • かなり以前あったような、頭重感、フラフラになるような酷いフラツキ、ましてや、孫悟空が“緊箍児”を填められたような感覚はない
  • 4日目、母親の退院日は、帰宅後、アタマの飽和感よりも、身体的に疲れたという感覚が強かった(この身体的疲労感は、久しぶりのような気がします)
  • 午睡は、せいぜい30分あまりで済んでいる
  • 腸の調子、とくに“停滞腸”と思われる状態が影響する

 今日も、歩き始めは、少しフラフラしていましたが、10分も歩けば、さほどでもなくなりました。基本的には、アタマの飽和感、フラツキ(動揺性めまい)、ボンヤリ感は、昨年よりもよくなっていると思われます。ただし、春先からゴールデンウィークにかけて、寒暖差が大きかったり、天候が悪いとき(曇天、雨天など気圧の差があるとき)には、その影響を受けますので、注意が必要と思われます。

 もう一つ、小生の場合、気をつけなくてはならないのは、腸の調子だと思われます。これも、寒暖差や、気候(気圧?)の影響を受けがちなのですが、“停滞腸”の状態になり、排便がスムーズでないとか、ガスが溜まりがちというときがあります。こういう時は、アタマの調子も悪くなったり、フラツキが増悪されたりする感じです。

 詳細は割愛しますが、あれこれ調べてみますと、やはり自律神経系の不調や、脳血流の不足が考えられます。漢方薬を助けとして、さらに自律神経系の調子を取り戻せるよう、生活や、食べ物から気をつけた方が良さそうだと考えられます。

 生活リズムを整える、散歩などの運動で身体を動かす、日光に当たるなどは、基本的に効果があると思われますから、続けるとともに、極度のワンパターンに陥るのもよくありませんから、時々はバリエーションを付けるとか、出かける先を代えるとかも必要でしょう。また、控え気味にしていましたが、仕事関係ももう少し増えるような工夫(先日載せた親父の言葉ではありませんが、「困るより工夫せよ」です)もしてみなくては、というところです。

 ということで、桑名発達臨床研究室へのご依頼もお待ちしています。

|

« 今日は、市役所で特別支援連携協議会の会合……負荷実験は一応終了 | トップページ | 珍しく木曽御嶽山までの眺望、ギンヤンマ、ゴマダラチョウ、ハナムグリ、コチドリなど……揖斐川河川敷散歩 »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ミリオンさん、おはようございます。
九華公園の花菖蒲、去年と同じくらいに、同じ品種から咲き始めました。自然の摂理はうまくできています。これから次第に咲く花も増えていくでしょうから、ミリオンさんもまた頃合いを見計らって、ぜひお出かけください。
諸戸氏庭園のお庭にも、花菖蒲があります。散歩の行き帰りに、出入り口から覗いてみるのですが、残念ながら見えません。たぶん6月に入ってからが、見頃だろうと思います。九華公園とはまた違った風情ですから、こちらもいいですよね。

投稿: mamekichi | 2014年5月17日 (土) 09時23分

秘書さま、おはようございます。
九華公園の花菖蒲、昨日はまだ一輪だけでしたので、私が見ている間に通った方も、気づいた人はゼロでした(笑)。それ故、独占状態で、贅沢でしたよ。
やはり、花菖蒲祭りが始まる6月に入る頃からしばらくがきれいだと思います。ぜひお出かけください。

ところで、息子さんは元気でやっていらっしゃいますか? 我が愚息は、バイトのため、週末は戻ってきますが、家では寝るだけに近い状態です(笑)。

まぁいずれにしても、大学に通い始めたということは、ほぼ一人前にしたということですから、おっしゃるように、ご自身の楽しみを見つけてそれをおやりになるのがよろしいと思います。

投稿: mamekichi | 2014年5月17日 (土) 09時19分

九華公園の花菖蒲1輪先出したんですね。
葉っぱも青々として綺麗で咲き揃うのが楽しみですね。
諸戸氏庭園にもたしか花菖蒲がありましたね。
庭園と花菖蒲もいいですね。

投稿: ミリオン | 2014年5月16日 (金) 19時33分

九花公園、しょうぶで綺麗でしょうね。
やっぱり、九華公園は、桜としょうぶの時期が一番良いですね。
私も、息子を1人立ちさせて燃え尽きた症候群になって何もしたくなかったけれど、戻ってきました。
これからは、私の好きな事して生きていきます。(笑)

投稿: 帰って来た秘書 | 2014年5月16日 (金) 19時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は、市役所で特別支援連携協議会の会合……負荷実験は一応終了 | トップページ | 珍しく木曽御嶽山までの眺望、ギンヤンマ、ゴマダラチョウ、ハナムグリ、コチドリなど……揖斐川河川敷散歩 »