« 母親は退院、経過は順調……オマケは多少の道中記【カメムシの名前を追記しました(5/29)】 | トップページ | 九華公園では“野花菖蒲(花菖蒲の原種)”咲く、帰り際、“オバちゃま”二人連れに掴まる(爆) »

2014年5月29日 (木)

午前の散歩では、ギンヤンマ、花菖蒲にヒバリ、午後からは就学指導委員会へ

Rimg00090529 今日も、真夏日にはならなかったものの、暑い日でした。気温は、昨日や、一昨日とほぼ同じく、27.2℃(14時40分)でしたが、体感的にはまた暑くなった感じです。まだ5月ですが、日陰がありがたい気がします。午後から桑名市の就学指導委員会でしたので、午前中の散歩は、ちょっと控えめにしました。途中でいつもお目にかかる男性と2度すれ違ったのですが、「今日は、ちょっと早いんじゃないの?」といわれてしまいました(笑)。見ている方は、見ているものなのですね。九華公園の花菖蒲園までの往復で済ませてしまったのです。

Img_8536  今日のベストショットはこちらでしょう。帰り道、揖斐川の堤防で撮りました。ギンヤンマではないかと思います。「トンボが飛んでいる」と思って、シャッターを押した最初のショットが左の写真です。バックが空でしたので、うまくピントがあったのでしょうが、それにしても、ラッキーとしか言いようがありません。

Img_8537  セカンド・ベストです(自己評価では、ですが)。羽が動いていますが、ほぼ静止しています。バックは、なばなの里のアイランド富士であります。何だか面白いかなと思った次第です。こちらは、“下手な鉄砲も数打ちゃ当たる”方式のお陰で撮れました(笑)。

Img_8462  さて、その散歩は、9時半頃に出て、11時過ぎには戻って来ました。上記のImg_8516 通り、いつものように、揖斐川沿いを歩いて、九華公園の花菖蒲園までの往復で、3.1㎞ほど.いつもなら、公園の外周も一回りしてくるところを、カットしてしまったのです。その九華公園の花菖蒲、かなり咲いてきました。右は、管理事務所のすぐ南の菖蒲園、左は、二の丸跡の鳥舎北のところの様子です。緑も生い茂った感じですし、花菖蒲もかなり咲いていました。園内図は、5月24日の“アゲハにモンシロチョウ、そして花菖蒲も増えました……九華公園にて”に載せたものをご参照ください。

Img_8478  まずは、鳥舎北のところのものです。こちらは、いつも書いていますが、種Img_8486 類ごとにではなく、ランダムに植えられていますので、このような光景を楽しむことができます。

Img_8494  名札がないのは、残念といいますか、小生には、名札なしでは名前が分からないのですが、まぁそれはそれとして、花菖蒲そのもImg_8505 のを楽しむ分には、差し障りはありません。今日の分も、花菖蒲の写真そのものをお楽しみください(と、皆さんにも強要してはいけませんが……)。ちなみに、ここに肥後系に限った花菖蒲のデータベースがありますが、似たようなものが多いですね。

Img_8507  ちょっと違ったイメージを出そうとこういうのも撮ってみましたが、いかがでしょう(左の写真)。右は、ハチが近づいてきたのには気Img_8469 づいてはいたのですが、まさかこういう風に写っているとは思いませんでした。いかがでしょう?

Img_8418  次いで、管理事務所南の方の花菖蒲です。左は、“燎火Img_8422 (肥後系)”という種類です。右は、“旭鏡(肥後系)”です。バックに写っているのは、筑紫路というものです。

Img_8448  こちらは、“雷雨(江戸系)”という花菖蒲です。管理事務所南のところには、もちろんこれら以外の種類の花菖蒲も咲いています。が、ここでは、私の好みで選んで載せてありますから、ご了承ください。

Rimg0026  九華公園、私がいたのは、10時から10時半くらいでしたが、この時点でImg_8465 すでに24~25℃くらいと、かなり暑かったためか、散歩の方は少なめでした。右は、花菖蒲園脇の堀での光景。「いい湯だな」といっている訳ではなく、たぶん甲羅干しをするのに、適切な場所がなかったのでしょう。カメさんの世界も大変です(笑)。

Img_8534  モンシロチョウが、2頭で戯れていました(チョウは、正式には“頭“と数えImg_8523 るようです)。九華公園の土俵近くです。これまた、例の”下手な鉄砲も数打ちゃ当たる”方式で撮った中からマシなものを選び出しました。

Img_8574  揖斐川沿いでは、番と思われるヒバリも今した。最初は、左のヒバリにしか気づきませんでしたが……(笑)。昔は、細かいところまで気がつくと、自他共に認めておりましたが、最近は堂も怪しいかも知れません(笑)。

Img_8576  こちら(左の写真)がメスかなという気がしています。右の写真のヒバリさImg_8580 ん、かなりモシャっていますし(笑)、正面の顔は、かなり剽軽でもありますし……。

 ところで、午後は、15時からの就学指導委員会に出席して来ました。今年度第1回の会議で、全体会では、委嘱状をいただいたのち、議事が行われました。最初の会議ですので、規則や組織、1年間の予定説明、昨年度検討した子どもたちの就学状況の報告、今年度の特別支援学級在籍状況の説明などが行われ、40分ほどで終了しました。

 特別支援教育は、平成19年度から本格的に導入されましたが、今年度からは、本格的にインクルーシブな方向性が取り入れられます。その一環として、委員会の名称も、議会での審議を待って、就学支援委員会に変更されるといいます。また、インクルーシブな方向性として、早期からの相談、子どもの障害の状況や、ニーズ、保護者の意向、地域の特性などを総合的に踏まえた就学先の決定、また、地域の資源の中で支援の限界なども保護者の方に理解していただいた上での合意形成など、就学支援のあり方も変わっていくことになっています。さらには、就学先も固定的ではなく、途中での変更なども含め、柔軟な対応が求められています。

 このような中、今年度も市全体では100名をかなり越える子どもたちが就学支援の対象として上がってきているようです。これまでにもまして、いっそう多角的で、正確な情報に基づいた就学支援に心を砕くことが望まれます。小生は、心理学領域の学識経験者として委員を委嘱されています。再度、必要なことがらについて見直して、委員会に臨みたいと思っています。

 次回は、専門員の先生方が調査してくださった情報などを元に、7月の下旬に2日間にわたって第一次判定のための全体会が予定されています。

 市役所に行ったついでに、20歳を迎えた娘の年金の手続を済ませて来ました。ウロウロ、ボンヤリしている間に、いつのまにか、子どもたちも、二人とも二十歳を過ぎました。実際のところは別として、年齢という形式的な面だけからは、親としての責任もかなり果たしつつあるかと思うと、若干の感慨があります(苦笑しつつ)。

|

« 母親は退院、経過は順調……オマケは多少の道中記【カメムシの名前を追記しました(5/29)】 | トップページ | 九華公園では“野花菖蒲(花菖蒲の原種)”咲く、帰り際、“オバちゃま”二人連れに掴まる(爆) »

季節」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 母親は退院、経過は順調……オマケは多少の道中記【カメムシの名前を追記しました(5/29)】 | トップページ | 九華公園では“野花菖蒲(花菖蒲の原種)”咲く、帰り際、“オバちゃま”二人連れに掴まる(爆) »