« アヤメ、ツツジ、藤そして、アオスジアゲハ……キンクロさんもまだいらっしゃいます | トップページ | 伊勢大橋北まで……トンボを初見、ヒバリ、カワラヒワそして、ケリに警戒され、もう1羽はクイズに【3日かけて、5/3のブログもできあがり】 »

2014年5月 2日 (金)

歯科検診のあと、沢南橋へ……カラスが電柱に巣づくり、コサギとカワセミ(アリバイ写真)

Rimg00020502  “夏日になる”という予報が当たり、けっこう暑い日になりました。今日は、朝Rimg00280502 一番にいつもの歯科で、検診をしてもらい、歯科の近くにある沢南橋に久しぶりに行って来ましたが、あたりを多少ブラブラしただけで、汗ばむくらいでした。左は出かけるとき(8時50分)の多度山、右は、帰ってきてからの桑名駅方面(11時15分過ぎ)の写真です。夏を思わせる空の青さです。

 歯科検診は、虫歯や、歯肉炎でボロボロになったあとから、マジメに、3ヶ月に一度診てもらうようになりました。その後は、改善はあまりしませんが、ずっと現状維持でやってこられています。この虫歯、歯肉炎になったのは、うつや高血圧になる前からでしたが、前職場が、短大部から4年制の看護学部に改組したころからでしたので、尋常ならざる多忙さによる、過労、ストレスの賜物だったと思います。

 それはともかく、本日も「現状維持か、歯肉の状態はやや締まっています」ということで、クリーニングも短時間で終わりました。9時から20分あまりです。

Rimg00050502  さて、歯科検診は30分以内に終わると思いましたので、一眼デジカメも持参Rimg00070502 していきました。歯科医院近くの沢南橋を見てこようという算段です。その前に、歯科医院の裏にある水田では、田植えを終えたばかりのようでした。やはり、田んぼには水が入り、イネが植えられている光景というのは、良いものです。

Rimg00110502  沢南橋のあたりは、冬とはイメージがまったく異なっていました。冬は、まさImg_5819 に“枯れた世界”だったのですが、緑が萌えて来ておりました。この写真は、沢南橋から上流側を撮っています。眺めは初夏らしくなったのですが、鳥たちはほとんどいません。コガモがたくさんいましたが、まったく姿は見られず。小型の冬鳥達も同様。橋から川を見下ろせば、カメさんたちが揃って甲羅干しの最中でありました。どこへ行っても、このミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)ばかり。日本産のカメなど、最近見られません。

Img_5823  橋の下流側を覗きに行ったら、コサギがいましたので、そっと近寄ったつImg_5824 もりが、この有様(苦笑)。向こうが鋭いのか、こちらの勘が鈍ったのか、よく分かりませんが、逃げられました。橋のすぐ下にいたのが、おそらく50~60m先へ飛び去りました。

Img_5846  1羽が飛んだ先には、別の1羽がすでにいて、餌を探しているようでしたし、あとから、もう1羽が揖斐川の方からやって来ていました。

Img_5828  このブログを以前からお読みの方にはご承知のように、この橋の近辺には、カワセミのメスが棲んでいます。今日はあまり期待しなかったのですが、コサギが降り立ったところのやや手前(川の右岸)の堤防上にカワセミがいました。250mmズームを使って撮った上に、トリミングをしていますが、これくらいが精一杯です。オマケに草が被ってしまいましたので、全くの証拠写真でしかありません。

Img_5849  あまり意味のない写真ですが、コサギとカワセミのコラボ(?)。カワセミは、私が見ている間に、一度だけ、川面に飛び込んで餌を捕ろうとしましたが、何せ遠いので、餌がうまく撮れたかどうかまでは判別不能。このあと、沢南橋をくぐって、上流側へ移動して行ったのですが、見失ってしまいました。

Rimg00130502  ところで、去年も同じ電柱にこれがあるのを見て、ブログの話題にしたと思いますし、あちこちでこういう事態になって、場合によっては停電を引き起こしているのではないかと思います。左の写真の赤いまるを付したところをよくご覧ください。何があるでしょう?




Img_5863  正解は、こちら。カラスが巣を作っているのです。今回は枯れ枝ばかりで Img_5870_2 つくったようですが、なかには/ときには、クリーニング屋さんでもらうような針金製のハンガーなども使ってありますので、停電の原因になったりします。近くには、巣にいるカラスの連れ合いがいて、どうやら警戒に当たっているようでした。というのも、周りを見回していましたし、私が電柱の下カラスの写真を撮るために見上げていましたら、盛んに「ギャア、ギャア」と鳴かれたからです。あまり刺激して、攻撃されるのもいやですから、おとなしくカラスの意向にしたがって、この場を離れました。

Img_5839  たぶんこのペアのカラスのどちらかだと思うのですが(カラスの個体弁別Img_5840 まではさすがにできません)、餌を咥えてやって来て、川におり、水を飲んでいるようでした。この間、餌(赤い矢印の先が餌ですが、何でしょう?)は、ポイッと放りだしていました。写真を撮っていたら、気づいたのか、こちらを見ておりました。

Img_5879  今日の沢南橋、鳥はこれくらいであとは、いつでもどこにでもいる、スズメ、ヒヨドリ、ハクセキレイ、ムクドリくらいでした(苦笑)。ここに来るのは、ほとんど冬だけでしたが、やはり、冬鳥がよくでる場所ということのようです。伊勢大橋の北側に回ってもよかったのですが、時間切れ。三洋堂で少しだけ本を見て帰ってきました。

Img_5882_2  11時15分過ぎに帰宅したのですが、ヒョイとベランダ側の窓から南を見Img_5886 ますと、ハマグリプラザの向こうから、黒煙が上がっているのに気づきました。消防車のサイレンも盛んに聞こえて来ています。正午のNHKニュースを見ましたら、国道23号線の揖斐長良大橋の上で、車4台が絡む事故があり、トラックが燃えているということでした。11時40分くらいからは、たぶん報道用のヘリでしょう、3機くらいが飛来して旋回しておりました。

2014050299133039  中日Webによれば、“揖斐長良大橋で追突事故、3台炎上”ということでした。幸い亡くなるという方はいらっしゃらなかったようでしたが、ゴールデンウィーク期間中でもありますから、交通事故にはくれぐれも注意したいものです(写真は、中日Webからお借りしました)。

2日午前11時ごろ、三重県桑名市の国道23号揖斐長良大橋で、トラックや乗用車など計4台が絡む追突事故が発生し、このうち3台が炎上した。

桑名署によると、下り線でトラックがオートバイに追突し、前の乗用車とダンプカーが巻き込まれた。オートバイを運転していた男性が肩の骨を折るなどして重傷、乗用車の女性1人が軽傷という。

ダンプカー以外の3台が炎上し、50分後に鎮火した。下り線が同日午後零時半現在、通行止めとなっている。現場は揖斐川と長良川に架かる橋。

|

« アヤメ、ツツジ、藤そして、アオスジアゲハ……キンクロさんもまだいらっしゃいます | トップページ | 伊勢大橋北まで……トンボを初見、ヒバリ、カワラヒワそして、ケリに警戒され、もう1羽はクイズに【3日かけて、5/3のブログもできあがり】 »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、おはようございます。
S理容院さんでいただいたブラシは、クッション素材が内蔵されています。スプリングかなにかなのかも知れません。それが、頭皮を叩くマッサージにちょうどよい感じをもたらしてくれていると思います。

内堀公園の藤は、穴場というか、すっかり忘れていました(笑)。九華公園以外のところは、地元の方はご存じなのかも知れませんが、あまり藤や、ツツジ目当てに散歩する方もないようで、もったいない気がします。おっしゃるように、この白い藤、けっこう見事で、見る価値はあると思います。

コサギは、そっと覗いたはずなのに、その瞬間に逃げられました(爆)。慌ててカメラを向け、シャッターを連続して切ったのです。この5824は、たまたまうまくピントがあっていました。こういうことですから、狙ったものではなく、あまり威張れません。怪我の功名のようなものです。

昨日の事故は、大変なものでしたね。重傷の方は、首などにも骨折を負われたそうですから、軽い怪我ではありませんが、亡くなられた方がないのは救いです。黒煙が上がり、そのうちヘリが集まって来たので、「何事か?」とずいぶん気になりました。

投稿: mamekichi | 2014年5月 3日 (土) 09時08分

こんばんわ
床屋さんのブラシ、プラスチックだけでできたような感じを想像しましたが、写真を拝見すると違うようですね^_^;

内堀公園の白い藤、長くて綺麗ですね。
紫とまた違う美しさが感じられます。

5824のコサギ、羽根を広げて着水する瞬間に綺麗にピントが合って綺麗ですね。
名四の事故、重軽傷で済んで不幸中の幸いでしたね。
橋の上で怖かったでしょうね。

投稿: こころん | 2014年5月 2日 (金) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アヤメ、ツツジ、藤そして、アオスジアゲハ……キンクロさんもまだいらっしゃいます | トップページ | 伊勢大橋北まで……トンボを初見、ヒバリ、カワラヒワそして、ケリに警戒され、もう1羽はクイズに【3日かけて、5/3のブログもできあがり】 »