« 金曜ロードショー“藁の楯” | トップページ | 今日は、アカデミックはアカデミックでも……“近代桑名を考える”シンポジウムへ »

2014年5月31日 (土)

とうとう真夏日……31.1℃でした

Rimg00140531  天気予報の通り、朝から気温は上昇。10時前には、25℃を突破。散歩に出Rimg00200531 ようとは思っていたのですが、ウロウロしている間に、どんどん暑くなっている感じでした(笑)。そして、午後2時10分には、めでたく、今年の最高、31.1℃に達しました。もちろん、“めでたく”というのは、皮肉であります。実のところは、ぐったりしかかっております。これら2枚の写真は、散歩から帰った、12時過ぎの様子です。右は、南側のベランダから見下ろした光景。近くの家々の屋根が、真夏の陽射しに光っているかのようです。

Rimg00050531  さて、その散歩ですが、昨日、九華公園方面に出かけました。この季節、近所ではどこへ行ってもあまり鳥はいません。かといって、花菖蒲を毎日見に行ってもなぁ、とも思います。そこで、揖斐川沿いを歩いて、コアジサシなり、ヒバリなり、コチドリなりでもいないか見て来るか、ということにしました。ただし、このルート、この写真のとおり、木陰や、ベンチがほとんどありません。堤防上にあるのは、ずっと奥にある桜並木のみです。

Img_8769  まぁ、それでも、ひょっとしたら鳥に会えるかも知れないとわずかに期待して歩き始めたのですが、すぐに反省していました(笑)。取り敢えずは、福島ポンプ場あたり(この揖斐川河口から、5.2㎞のところです)まで来て、取りが現れないか待ったのですが、今日はダメでした。カワウはでていました。

Img_8780  伊勢大橋まで行く元気はありませんでしたので、福島地内の水田に回りImg_8782 ました。そのあたりも、ムクドリはたくさんいましたが、その他には、カワラヒワや、ツバメが少しだけ。あとは、このハクセキレイが、水の入った田んぼで餌を探していたくらいです。

Img_8813  その近くの別の水田では、ケリが1羽のみ。少し離れた水田からケリの鳴Img_8825 き声がしていましたが、ここにはこれ1羽。「今日は」なのか、「この個体は」なのかは定かではありませんが、警戒の鳴き声も発せず、また、逃げもせず、割と普通に歩いて、奥の方の水田に移動。

Img_8829  最後には、特別サービスで、このようにお尻を見せてくれました(笑)。鳥Rimg00100531 は、以上であります。揖斐・長良川の中洲の十万山からは、いろいろと鳴き声が聞こえて来るのですがねぇ……。ケリは、右の写真の中央あたりにいます。

Img_8831  ところで、ケリを見ましたので、散歩にもケリを付けて、いや、キリを付けImg_8834 て、帰宅の途につきました。前の写真のマンションに近いところに、梅の木畑があります。そこの梅の実は、かなり熟してきていました。

Img_8833  梅の木の根元にも、たくさん、熟した梅のみが落ちていました。シートが広げてありましたから、すべてとはいえないかも知れませんが、収穫をするように思われました。梅はいいですよねぇ、梅酒、梅ジュース、梅干し、どれも良いです。

Img_8776  そして、今日もまた、この花の写真を撮ってしまいました。目の前では、アImg_8772 ジサイかなと思うのですが、帰ってからパソコンで見ると、アジサイなのか、オオデマリなのか迷い始めます。困ったものです(笑)。あれこれと調べ始めますと、時間が足らなくなります。というのも、複数の情報源にあたって、確認したくなるのです。1つだけで済ませようと思うと、間違えるかも知れないという気がしてなりません。本になっている植物図鑑と、ネットの検索サイトというようになるべく複数、あたるようにしています。

 余分な裏話はこれくらいにしておきますが、午後からは、しばし、午睡。しかし、この暑さのせいか、いくら寝ても睡いという有様。昨日までの27℃くらいが、いまの私の体調にはちょうどよいくらい。まったくねぇ……。「ほどほど」ということを知らないのでしょうか?

Img_7852  こういう風が良いのですがねぇ。このネコさんは、九華公園の旅ネコであります。ただし、この写真は、1週間前(5/24)に撮ったものです。

 書き忘れました。散歩は、10時半から12時過ぎまで。2.5㎞ほどでしたから、アリバイのような散歩でした。これほど暑くなると、もっと早い時間帯に歩くようにしないといけません。

|

« 金曜ロードショー“藁の楯” | トップページ | 今日は、アカデミックはアカデミックでも……“近代桑名を考える”シンポジウムへ »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

くるりさん、初めまして。

ご教示ありがとうございました。なるほど、それだけ違うのであれば、区別できそうです。
ただ、図鑑や、ネットで調べますと、園芸品種があって、白だけではなく、ピンクもあるとかいろいろと書かれていると、素人にはよく分からなくなってしまいます(笑)。
くるりさんは、お詳しいようですから、また、ご教示くださるようお願いします。

投稿: mamekichi | 2014年6月 2日 (月) 18時07分

紫陽花のようですね(^^;
花を区別するのは難しいですが
わかってくると面白いですね。

投稿: こころん | 2014年6月 1日 (日) 22時27分

はじめまして♪ くるりです♪
こころんさんのところから お邪魔しています♪

オオデマリと紫陽花の区別ですか???

咲く時期が 根本的に違いますが・・・
4月半ばから 5月半ばくらいに
ボールのような塊が 枝に沿って 横に並んで咲くのが
おおでまりです♪
ソフトボールくらいの大きさになるのかな?

紫陽花は 枝の上に花がつくイメージですが
大手毬は 枝の並びにつくイメージです・・・

色も白色だけ 

お写真のお花は 間違いなくあじさいですよ(*^▽^*)
これからが 楽しみですね(*^▽^*)

投稿: くるり♪ | 2014年6月 1日 (日) 21時42分

こころんさん、こんばんは。

私も以前は、このタイプの花は、すべてアジサイと思っていたのですが、ブロ友のチーママさんがあるとき、「これはオオデマリ」という指摘をしてくださって以来、分かる範囲で区別するようにしてきました。「区別するようにしてきた」だけで、正しく判別できたかどうかは、保証の限りではありません(笑)。

両者の区別は、おっしゃるとおりだと思います。本当は、系統的な区別の仕方を身につければよいのですが、不精者はいけません。ついついサボってしまいます。

投稿: mamekichi | 2014年6月 1日 (日) 20時06分

こんにちは
どうなんでしょう・・。
今まで考えたこともなくて全部自分の中ではアジサイでしたが(笑)
オオデマリの方が葉が丸くて葉脈がくっきり凹凸があり葉の周りがギザギザのようですね。
紫陽花は葉が楕円のような形のようですね。

お写真は葉が丸っこくてギザギザのように見えますがどうでしょうね。
まだうちの紫陽花は蕾でまだ咲いてないし、紫陽花じゃない感じもしますが^_^;
花の種類は難しいですね。

投稿: こころん | 2014年6月 1日 (日) 17時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金曜ロードショー“藁の楯” | トップページ | 今日は、アカデミックはアカデミックでも……“近代桑名を考える”シンポジウムへ »