« 研究・勉強の基本……大隅典子東北大教授による小中学生向けの解説 | トップページ | 本日は、定例受診日 »

2014年4月14日 (月)

花も鳥も、主役交代の時期です

Img_4477  昨日は、午後から東海地区K-ABC研究会の幹事会があり、名古屋の同朋大学まで行って来ました。13時から16時の予定が17時までの4時間、話し合いをしてきました。さすがにちょっと4時間の会議はしんどかったですねぇ。

 しかし、これで5月11日に予定されている再開のための総会と、日本版Img_4472_2 KABC-Ⅱ著者のお一人、藤田和弘先生をお招きしての記念講演会とについて、計画が立ちました。それらについては、近いうちにお知らせをこのブログでも、ご紹介できる見込みです。

Rimg00220414  さて、昨日の疲れのお陰で、昨晩はよく眠れました(笑)。怠惰な生活にとっては刺激になりましたし、睡眠にとってもプラスだったということであります。身体的にも多少とも、むくみ気味だったのがスッキリした感じですが、昨日の今日ですから、ゆるりと散歩をしてこようと、9時50分くらいから12時頃にかけて、九華公園を一回りしてきました。4.6㎞ほどです。

Rimg00240414  九華公園、まだ“さくらまつり”の期間中ではありますが(4月15日まで)、閑Img_4460 散としていたというのに近い状態でした(笑)。“堀巡り”は、昨日で終了しております。さすがに花見を楽しんでいらっしゃるからはありませんでしたが、散歩を愉しんでいる方はチラホラという具合。堀巡りが終わったためでしょう、キンクロハジロ20羽ほどが、戻って来ていました。ブロ友のひらいさんのブログ(ひらパノ おやぢは気ままに撮影中)によれば(2014.04.12 長良川河口堰付近→なばなの里)、河口堰のあたりにキンクロさんたちがたくさんいたそうですから、そちらに避難していたのかも知れません。

Rimg00510414  今日も、最高気温は20℃を超えましたし(12時20分に21℃)、朝の最低気温は、9.2℃ありました(5時50分)。暖かくなってきました。今週からは、ポカポカ陽気になるという予報です。そのためか、あちこちで“主役交代”が進んでいるようです。諸戸氏庭園前の桜の写真ですが、さすがに花よりも、葉っぱの方が目立つようになって来ています。

Img_4377 九華公園でも、カモたちは戻って来ましたが、最盛期に比べれば、1/5ほどの数になってImg_4380 います。代わって、カメたちの数が増えてきました。それにともなって、甲羅干しの場所取り合戦も厳しくなっているようです(笑)。

Img_4425  こちら、朝日丸跡の東側。堀の石垣です。カメが石垣を上るというのは、なかなか大変だと思うのですが、けっこうな数のカメが石Img_4427 垣にしがみついて、甲羅を干していました。この左の写真は、それらのカメさんたちの一部です。右は、たぶん石垣を上ってきて、ここに到達したのでしょう。凄い根性のあるカメです。

Img_4471  別のところでは(三之丸町内に近いところ)、堀に垂れた桜の枝にしがみついてまで、甲羅干しをしているカメまでもがいました。驚きです。カメは変温動物ですから、体温維持という目的と、また、体に取り込んだ原料物質に太陽光を当ててビタミンDに変えないと、甲羅や骨が変形してしまうためという、切実な理由があるようです(こちら、朝日新聞デジタルの記事をご覧ください)。

Img_4404  カメがお嫌いな方には、申し訳ありませんでした。お詫びに、八重桜の写Img_4396 真をご覧ください。九華公園には、八重桜はあまりたくさんありませんが、いずれもかなり咲いていました。ただ、残念ながら、八重桜に目をとめる方はないようでした。お楽しみいただければ幸いです。

Img_4432  先日はまだ咲いていませんでしたが、今日は、フジが、一部咲き始めてImg_4436 いました。すでにクマバチも近寄ってきていましたが、多少甘い香りが漂っている感じでしていました。

Img_4440  九華公園の藤棚は、本丸跡、ブランコのあるところにあります。たぶんこれから、月末くらいにかけて、満開になるでしょう。フジもよいのですが、上記のようにクマバチが寄って来ます。クマバチは先日も書きましたが、人に対してはほとんど攻撃はしませんが、あの大きな羽音と、図体の大きさ(図体というほどではありませんが)には、驚いてしまいます。ただ、慌てて叩いたりしない方が良さそうです。

Img_4458  そして、ツツジが一輪咲いていました。公園内ではなく、外周の遊歩道、東側のあるお宅のところにです。ツツジも、月末にかけ次第に、公園内でも咲いてくるでしょう。つつじまつりのサイトには、九華公園には、約550本のつつじ(ヒラドツツジ、オオムラサキツツジ)があると書かれています。つつじまつりは、5月1日から15日に開催される予定です。

Img_4365  ところで、鳥たちも主役交代でしょう。冬鳥は、キンクロハジロや、ツグミImg_4355 以外は見かけませんでした。ツグミは、揖斐川河川敷、九華公園内のあちこちなどです。河川敷では、ヒバリをよく見るようになりました(右の写真)。冒頭の写真は、本末あたりのあるお宅の車庫で撮らせてもらいました。ツバメは、朝早くから、あちこちを飛び交っています。

Img_4449  スズメさんたちは、相変わらず元気です。この時期、桜の花の蜜を吸ってImg_4374 いるのでしょうか、それとも単に戯れているのでしょうか。桜の枝にいるのをけっこう見かけます。

Rimg00320414  主役交替といえば、もう一つ。花の主役が変わるのにくわえ、新緑の季節を迎えつつあるな、という気もしてきます。これら2枚の写Rimg00370414 真は、九華公園の本丸跡の様子です。木々が青々としてきています。

Rimg00550414  わが家の玄関前から見る、諸戸氏庭園の森も、青々といてきています。それも単に青々としてきたということばだけでは表現し尽くせない、緑の微妙な色合いの違いも、際立ってきているように思えます。

Rimg00410414  オマケです。実は、まだ少々気になっています。“花筏”であります。ここRimg00450414 は、九華公園の西南の角。立教小学校体育館の西の端にちかいところです。もうそろそろ限界ですし、いい加減最後にします(笑)。

 そういえば、そろそろ漢方薬が切れてきました。今週、受診しないといけません。明日、いつもの精神科を受診して、処方してもらうことにします。ここしばらくの体調を見ますと、どうもむくみ気味で、それが寒暖差アレルギーの要因でもあり、イマイチの原因でもあるような気がします。漢方医学的にいえば、水分が滞っていて、そのため自律神経系の不調をましているような気がします。そう考えますと、釣籐散よりも、五苓散を出してもらった方が良さそうな気もします。主治医とよく相談してくることにします。

|

« 研究・勉強の基本……大隅典子東北大教授による小中学生向けの解説 | トップページ | 本日は、定例受診日 »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ひらいさん、おはようございます。
キンクロさんたちカモは、少しずつ北に帰っているのでしょうね。九華公園も、堀巡り云々はともかく、数、種類とも確実に少なくなりました。
河口堰あたりのように、いつ行ってもいるというのもありがたいのですが、あちこちに分散していて、「今日はいるかな?」と考えるのも楽しみです。

カメさん、嫌いな方も多いようですが、九華公園で集団で甲羅干ししている姿は、皆さんの目を引くようです。2~3日前の中日新聞にも載っていましたが、ミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)が、60%以上という、やはり外来種優位になってしまってるようです。九華公園でざっとみても、ミドリガメばかりです。

ところで、キジですか、いいですね。小生は、町屋川のJR/近鉄鉄橋の南あたりや、揖斐・長良川の中堤の海津市あたりで、何度か見たことがあります。町屋川では、一度は写真も撮ったことがあり、ブログを検索すると出てくるはずです。

キジは、縄張りがはっきりしているようですから、見かけられたあたりに必ずいると思います。

投稿: mamekichi | 2014年4月16日 (水) 09時23分

mamekichiさんこんばんは!

キンクロさん、少しづつ移動してるようですね。河口堰には数え切れない程居ますので、あちこちに分散してくれた方が、撮影は楽しいですね。もう間もなく渡りの時期でしょうか、寂しくなりますね。

カメの軍団は、もう一度撮影しておきたいです。(笑)

ここ数日で何回か、通勤途中にキジを見かけました。一度撮影してみたいです。

投稿: ひらい | 2014年4月15日 (火) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 研究・勉強の基本……大隅典子東北大教授による小中学生向けの解説 | トップページ | 本日は、定例受診日 »