« 揖斐川河川敷でコチドリ、ホオジロ、ヒバリ、モンシロチョウ(?) | トップページ | 本日は終日在宅、愚息の寄宿生活の様子を聞く »

2014年4月11日 (金)

花筏、再びとルリタテハチョウ

 一昨日夜から昨日午前中まで、娘の友人が東京から一泊で遊びに来ていましたので、わが家で過ごすのに、世帯主である私自身が何故か緊張しておりました(爆)。

Rimg00380411  昨日より4℃ほど下がった一方で(最高は、18.6℃、13時40分)、北風が強くなった感じで(6m/s、16時20分)、やや寒さが戻りました。昨日の散歩では、半袖下着の上に長袖を1枚着て、薄いノースリーブを羽織って出かけたのですが、さすがに今日はそれでは寒そうでしたので、上に羽織るのを、長袖ジャージにしました。気温がやや下がったせいか、春霞は昨日ほどではありません。このところ霞んでいた藤原岳も見えていました。

Img_4200  さて、今日の散歩は、またもや、九華公園方面でありました。ただし、ルートImg_4206 を少し変えて、老松公園、市民会館前、内堀公園から九華公園に向かい、揖斐川堤防、七里の渡し跡、住吉、諸戸氏庭園という、4.6㎞のコースです。少しでも暖かくなってからと、10時20分くらいに出て、12時40分くらいに帰宅です。老松公園というのは、桑名別院の裏にある公園で、また、内堀公園は、桑名市博物館の裏手にあるものです。左は、老松公園の山桜、右は、市民会館前の薄墨桜です。今年こそは、この薄墨桜の散り際を見たい(花びらが薄墨色になるといいますので)と思いましたが、また来年以降に持ち越しです。

Img_4208  九華公園の桜もさすがに盛りを過ぎました。とはいえ、個々の木によってImg_4243 は、まだ満開といえるものもあります。何分咲きだとか、満開だとか、散り初めだとかいいますが、飽くまでも人間の側の勝手な主観的評価だなと、改めて気づかされます。それぞれの木や、一つひとつの花にとっては、それぞれ咲くべきときに咲いているのでしょう。九華公園、露店の数も減り、花見客も一時期に比べ、激減していました。

Img_4244  花見客は本当に少なくなったものの、堀巡りの船の人気は相変わらずのRimg00140411 ようで、今日も複数の船が出ておりました。風がありましたので、船上は寒かったかも知れません。へそ曲がりの小生は、「ここで、この船に乗ってもなぁ」と思い、今シーズンも乗船しておりません。前にも書いたと思いますが、船頭平閘門を巡るコースや、長良川花見コースなら良いなと思っています。

Img_4221  九華公園、カモ、ユリカモメはゼロ。ムクドリ、ヒヨドリ、カラス、カワラヒワImg_4228 、ツグミは見かけましたが……。代わってこちらのチョウ。最初は、「えらく真っ黒で、ボロボロになった、くたびれたチョウが来たな」と思ったのですが、どうも違うようです。今ひとつ自信が持てませんが、ルリタテハかなと思います。“ルリ”は、“瑠璃色”で、水色の模様うが、濃い黒褐色の翅の表面に入っていることを示します。翅の裏面は、灰褐色で、樹皮や落ち葉に似ているということです。日本には類似種は、いないということですから、たぶん間違いはないのでしょう。

Img_4233  こちらは、上の2枚(同一個体です)をみたところからやや離れた地上に降りたものです。同じ個体かどうかは分かりません。鳥の方は、“端境期”に入っていますので、これからは、チョウなど昆虫がしばらくは、写真のメインの対象になるかと思います。

Img_4259  九華公園に“常駐”している鳥の代表といえば、こちらのアヒルさん(1羽Img_4261 だけになっています)と、カルガモさん(2羽)であります。以前は、両者とももう少し数が多かったと思います。管理事務所南の二の丸跡のコンクリート製の舞台の裏あたりにいることが多いようです。アヒルさんは写真では分かりにくいのですが、いささか老けた感じで、翅の色つやが今ひとつかなという気がします。動きも活発ではありません。その点、まだカルガモの方がよく動き、泳いでいるところもよく見かけます。

Img_4247  ツグミの写真は、もう何度となく載せましたので、余り意味はありませんが、今日は、こんな恰好をしているところが撮れました。何をしていたのかは、不明ですが……。

Img_4214  ところで、実は今日も、花筏を狙って撮ろうと思って、九華公園に出かけImg_4270 ました。しかし、一昨日、花筏を撮影した堀の南東のポイントのところは、掃除されてしまっていましたし(「しまっていて」などという表現は適切ではありませんが)、残っていた花びらも、茶色に変化して来ていて、余りきれいではありませんでした。今日は、アヒルさんたちのいる二の丸跡の南側のところで撮りました(立教小学校の体育館の北のところです)。ただ、ここもアングルが難しいですし、なかなか思ったようなものは撮れません。

Rimg00130411  コンデジで、広角撮影をしたこちらの方がまだよいかも知れません。左Rimg00260411 は、立教小学校側の遊歩道から撮ったものです。右は、二の丸跡の側から撮ったものです。こちらの方が、まだマシかも知れません(個人的には、好みです)。

Rimg00290411  しつこくもう1枚。これも二の丸跡の方から撮ったのですが、二の丸跡の南西の端から、東の方角にカメラを向けています。花筏が移動してしまったこともあり、やや距離が離れてしまいましたので、ちょっと間が抜けたものになってしまった感じがあります。

Img_4279  九華公園本丸跡の藤棚の今日の様子です。遠目にも、薄紫色づいていImg_4280 るのがよく分かったくらいです。ツツジの前には、藤が咲きます。もうしばらくすると、満開になるでしょう。

Img_4275  オマケ。九華公園の堀を見ていましたら、ちょっと季節外れというか、フラImg_4272 イイング気味のオブジェが浮いていました。そうなのです、5月2~3日の金魚まつりに使う金魚の飾が1つだけ、浮いていたのです。何か意味はあるのでしょうねぇ、きっと。

Img_4295  先日も似たようなものを載せましたが、桜と富士山です(笑)。ほとんど霞もせず、よく見えておりました。

 もう週末です。この間4月になったと思っていたのに、であります。日曜日には、東海地区K-ABC研究会の、再開に向けた2回目の幹事会が予定されています。5月11日の再開総会と、記念講演の詳細などについて検討が行われる予定です。ご関心がおありの方には、どうぞ、このブログの“メール送信”からご連絡ください。

 体調は、う~ん、昨日と同じくらいですねぇ。やや鼻水が出ますし、歩き始めにはややフラツキがあり、いささかボンヤリした感じもします。悪いというほどではありませんが、イマイチというくらいです。天候が本当に安定するのは、来週に入ってからくらいでしょうかねぇ? 自律神経系が安定しないというのは、他人様には余りよくご理解いただけないようなのですが、けっこう大変です。もちろん他の病気や、体調不安定なものにも同様のものはたくさんあるのも承知しておりますが……。

|

« 揖斐川河川敷でコチドリ、ホオジロ、ヒバリ、モンシロチョウ(?) | トップページ | 本日は終日在宅、愚息の寄宿生活の様子を聞く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

秘書さま
倍返しでは済まないと思います。百倍返しくらいかなぁ……(爆)。

投稿: mamekichi | 2014年4月13日 (日) 20時08分

ひらいさん、こんばんは。
鳥たちは、自由ですからいいですよねぇ。それにしても、ブログを拝見してきましたが、キンクロさんたち、ものすごい数でしたねぇ。

投稿: mamekichi | 2014年4月13日 (日) 20時07分

多分、娘さんの友人に変な事を言ったり、したりしたら娘さんの倍返しが、あるから緊張なさったのでは?(笑)

投稿: 秘書 | 2014年4月12日 (土) 20時58分

mamekichiさんこんばんは!

mamekichiさんが昨日確認した鳥たちを、本日自分が長島町側で同じように確認した感じになりました。(笑) 揃って桑名からお出掛けしてきてたのでしょうか。

まだ業務多忙中ですが、気分転換でした。(笑)

投稿: ひらい | 2014年4月12日 (土) 18時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 揖斐川河川敷でコチドリ、ホオジロ、ヒバリ、モンシロチョウ(?) | トップページ | 本日は終日在宅、愚息の寄宿生活の様子を聞く »