« “春眠暁を覚えず”と、自律神経系の働きとの関連……今日も、睡い日でした | トップページ | どうやら花散らしの雨風のようです……桜堤防と、揖斐川右岸、福島の水田あたりを散歩 »

2014年4月 3日 (木)

上野浄水場と走井山の桜、そして三岐鉄道北勢線

Rimg00020403  予定は、ようやく、今日、1日おいて達成されました(笑)。今日こそ、上野浄水場と走井山へ行って、桜を見て、帰りは、馬道駅から三岐鉄道北勢線に乗って帰ってきました。朝10時出発、帰宅は13時でした。一部電車を使いましたが、歩いた距離は、合計で5.1㎞ほど(たぶん+αです。浄水場や、走井山であちこち歩き回りましたので……笑)。

Rimg00070403  気温は、19.9℃(13時)で、南からの風が3~4m/s。風は心地よく感じられるRimg00080403 くらいでした。往きは、参宮通から八間交差点、桑名駅前、桑名駅南の細い踏切、桑高前から、走井山へ。上野浄水場と、走井山あたりをウロウロし、12時過ぎに馬道駅へ。ここまで、およそ3.6㎞。帰りは、馬道駅から西桑名駅まで北勢線乗車。そこから徒歩で、寄り道をして、1.6㎞が、その内訳です。左は、桑高東あたりで、ここからダラダラ登り道。これ、けっこう大変でした。右は、桑高グランドの東の桜です。

Img_2953  さて、まずは、上野浄水場の桜です。走井山のすぐ西にある浄水場で、ここImg_2956 には立派な桜の大木というか、古木が、3本あります。これがけっこう良い感じの桜です。浄水場ですので、中には入れないのが残念です。フェンスの外からの撮影しかできません。

Img_2959  この左の写真の桜の木は、右上の写真で左側に写っていImg_3040る木です。これも立派なのですが、私は、もっとも奥にある桜が一番立派な枝 振りをしていて、好きです(右の写真)。フェンスの上にカメラを差し出して、液晶モニターをバリアングルにして確認しながら写しました。走井山の桜の方が、有名なのですが、私の個人的な好みからいうと、こちらの上野浄水場の桜の方が良いと思っています。

Img_3044  その走井山<はしりいざん>は、戦国時代に矢田城があった場所に造られたRimg00110403 公園(走井山公園)です。 100本以上の桜があり、花見の名所になっています。平日でしたが、親子連れや、子供会、宅老所などの施設利用者の方などで、かなり賑わっていました。私がこれまでに訪れた中で、これほど賑わっている様子を見たことがないくらいでした。

Img_3112  公園に隣接して、勧学寺というお寺があります。ここも、Img_3109 矢田城の跡です。矢田城は、織田信長に滅ぼされたのですが、桑名藩主松平(久松)定重により本堂が再建されています。市内に現存する寺社建築としては最古と推測されるようです。ちなみに城の遺構は明確なものは残っていません。曲輪や、土塁の跡かと思えるものはありますが……。

Img_3087  家を出てきたのが10時くらいで、走井山についたのは11時頃。その頃はまだ静かだったのですが、すぐに人出が増えて来て、左の写真を撮った12時頃には、ご覧の様子。子どもたちが元気に走り回ってる一方で、オジサングループは、酒盛り中。宅老所利用者の皆さんは、お弁当と、愉しみ方もいろいろでした。

Img_3059  この間から、桜を尋ねて回っておりますが、飽きませんねぇ。何故でしょRimg00340403 う? 日本人全般が、桜を好むと思えるのですが、それも不思議といえば、不思議です。私は、夜桜は余り見ませんが、桜の妖気に誘われるのでしょうか?

Img_3125  去年も、このアングルで(実は、鐘撞き堂に上がって撮っています)、向こうに見える線路に三岐鉄道北勢線の電車を入れて写真を撮っています。今年は、うまくタイミングが合わず、このアングルに電車を入れて撮ることはできませんでした。

Img_3138  走井山公園、勧学寺の境内は、どうやら“塁段”というようですが、3段のImg_3144 削平地となっています。これが往時の名残りかも知れません。左の写真は、勧学寺本堂の前を南に下ったあたりから、お稲荷さんなどがあるもっとも高台に上がる階段を撮ったものです。もっとも上の平地が公園となっていて、花見客はそこのベンチや、空き地に茣蓙、シートを敷いて桜を楽しんでいます。ここから南にさらに下りますと、三岐鉄道北勢線の馬道駅すぐ西の踏切に出ます。

Img_3131  ここから見下ろしているときには、ちょうど下りの電車が通っていきました。三岐カラーの黄色の電車です。

Img_3149  この踏切の走井山側(北西)には、庚申Rimg00450403_2 塔があります。「見ざる・聞かざる・言わざる」の“三猿”になっています。歴史を調べても、由来は不明だそうです。これを初めて見たのは、もう9年くらい前の療養中の時でしたが、それ以来何故かとても気に入っています。

Img_3076  庚申塔といえば、この走井山あたりには、昔から庚申塔がたくさんあったようです。2012年4月 9日のこのブログでも(走井山へ花Img_3077 見に)、この話題を取り上げています。走井山公園には、愛宕山あたりにあった庚申塔が集められています。

Img_3010  ところで、上にも少し書きましたが、今日は、三岐鉄道北勢線の電車の写真を撮ったり、できればレトロ電車にも乗ろうというのも、走井山まで来た目的の一つでした。浄水場の桜を撮ったつImg_3019 いでに南側の景色を眺めていたりしたとき、このWAONのラッピング電車がやって来ました。踏切の警報器の音と、三岐の電車は釣り掛式モーター音が特徴ですので、電車が近づくとよく分かるのです。

Rimg00290403  次にやって来た下り電車を見て、ビックリ&ガックリしました(笑)。これにRimg00300403 載って帰ろうと思っていたのに……なのです。以前これを見たのは、西桑名駅に昼前に着く電車だと思ったのですが、記憶違いか、はたまた、運行時間が変わったのか? 

Rimg00310403  半ばボー然としてしまいました。しかもこのとき、手にしていたのは、コンデジ(Richo cx-3)。やむなく、そのままコンデジで撮影。

Rimg00510403  とまぁ、あれこれありましたが、昼も過ぎましたので、馬道駅まで降りて、Rimg00490403 12時23分発の電車で、西桑名駅まで一駅乗車指摘とに就いたという次第です。

Img_3157  やって来たのは、こちら。三岐鉄道北勢線は、今年開業100周年となりますが、ちょうどそのヘッドマークを付けた車両でした。

Img_3166  こちらは、西桑名駅に着いて、下車してから撮った、そのヘッドマークです。

Rimg00590403  オマケ。北勢線の上り電車は、馬道駅を出てしばらく行くと、近鉄名古屋Rimg00600403 線と、JR関西線の上をオーバークロスします。向こう側が桑名駅の方です。向かって左側の2本(複線)が近鉄、右側の単線がJRです。右は、電車内から撮った、走井山あたり。ガラス越しですので、色の出方がよくありませんが、桜が咲いているのはお分かりいただけるでしょう。

Img_3129  これで、いつもの年のように、九華公園だけでなく、走井山の桜も見てこられました。市役所の南の桜を見てきていませんが、走井山からも見えましたので、これで今年の私の花見は、良しとしましょう(笑)。

|

« “春眠暁を覚えず”と、自律神経系の働きとの関連……今日も、睡い日でした | トップページ | どうやら花散らしの雨風のようです……桜堤防と、揖斐川右岸、福島の水田あたりを散歩 »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

ミリオンさん、こんにちは。
1日遅れで、走井山へ行ってきました。さすがに往きは、後半、走井山到着間際に上り坂があるというのは、きつかったですね。息子が、私用に自転車を組み立ててくれていますので、できあがったら、それに乗っての散歩にもトライしようと思っていますが、坂道はいずれにしても大変ですよね。
レトロ電車の運行時間帯は、三岐鉄道に問い合わせると教えてもらえるようなのですが、鳥さんと一緒で、会える会えない、乗れる乗れないは、タイミングや、運もあると思って、敢えて尋ねるということまではしていません。
馬道-西桑名間の料金は、おっしゃるように10円値上げになっていました。ナローゲージで、あの車両ですので、一区間でも楽しめますから、高いとは思いませんね。

投稿: mamekichi | 2014年4月 4日 (金) 18時41分

ぷ~やんさま、こんにちは。
桜が咲くと、落ち着かなくなります(笑)。気分的にも浮き浮きしてきますし、こことあそこと、見て、写真を撮ってこないとと思ってしまうのです。
しかし、私のしていることをよくよく考えると、ぷ~やん家のご長男と似たようなことをしていますねぇ(爆)。子どもと同じかも知れません。
そうそう、それにぷ~やんがいうように、弁当を持ってで掛けたいという気はあるのですが、家内は半日、仕事に出かけたりということもあって、実現していません。“バールフレンド”のお二人からは、お茶をしませんかとか、堀巡りをしましょうというお誘いもあるのですがねぇ……。今の時期ですと、やはり、桜の下で、缶ビールか、日本酒がいいなと思ってしまいます(笑)。

投稿: mamekichi | 2014年4月 4日 (金) 18時34分

秘書さま
無事にお帰りになったとのこと、何よりです。ひとまず、ゆっくりとなさってください。
小生の方は、桜の妖気に惹かれて、桜三昧の生活でした(笑)。桜が咲きそうとか、咲き始めた、満開だと見聞きしますと、落ち着かなくなります。桜は、かように人の心を狂わせる何かを持っているような気がします。
東京の路面電車というと、荒川線のことですね。あれも一度、乗ってみたいと思うのですが、これからチャンスがあるかどうかは、分かりません。代わりに、三岐鉄道や、養老鉄道に乗って、花を見たり、電車を撮ったりということはしてみようと思っています。
ところで、榊原利彦さんというと、私は推理ドラマでしか見ていませんが、なかなかいい男ですね。秘書さんも、面食いですねぇ(笑)。竹内力さんとは異なって、こちらは、若い方(私から見て、です)ですね。
何はともあれ、息子さんの入学式にも出席でき、宿泊付きで東京まで出かけられと、半年、1年前に比べると体調もよくなってきた証拠だと思います。少し自信をお持ちになってよろしいのではないでしょうか。

投稿: mamekichi | 2014年4月 4日 (金) 18時28分

走井山公園へ行ってこられましたか。
昨日は雨が降るかと思ったら天気は良かったですね。
桑高の近くは坂道でしんどいですね、
私は立坂神社から益生駅近く経由でした。
レトロ電車に乗れなくて残念でしたね。
4月から電車料金も上ったのかな170円ですね。

投稿: ミリオン | 2014年4月 4日 (金) 10時54分

どこも桜満開!春爛漫!って感じで、幸せな気分になりますね(*^^*)私も息子と、「近所の神社でお花見→線路沿いを歩きながら電車を2,3本見て帰る」のお散歩コースを毎日2,3回しております。

ブログを拝見しながら思ったのですが、せっかくお昼時のポカポカ陽気の中でのお散歩なのに、写真撮影だけではもったいなくありませんか?お弁当持って、奥様もご一緒にお花見ランチなんて如何でしょう?

投稿: ぷ~やん | 2014年4月 4日 (金) 01時21分

先生、無事に帰ってまいりました。さすがに、疲れましたが、気分が悪くなる事もなく頓服薬も飲みませんでした。
先生は、桜三昧だったのですね。
良かったですね!!東京の路面電車、私も乗ってみたかったです。
先生なら、絶対に乗って、お花見してたでしょうね。ところで、昨日観劇に行った榊原利彦さんに、時々コメント書いていたのですが、秘書さんが、品が良くてびっくりしましたと返事がかえってきました。
危ない危ない。
芸能人のリップサービスですよね。(笑)
でも、ハグしていただいて写真もとってもらいました。(笑)

投稿: 秘書 | 2014年4月 3日 (木) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« “春眠暁を覚えず”と、自律神経系の働きとの関連……今日も、睡い日でした | トップページ | どうやら花散らしの雨風のようです……桜堤防と、揖斐川右岸、福島の水田あたりを散歩 »