« “エッセンシャルズ WISC-Ⅳによる心理アセスメント”が出版されています | トップページ | 日本版WISC-Ⅳテクニカルレポート#9が公開されました……「エッセンシャルズ WISC-Ⅳによる心理アセスメント」刊行にあたってというタイトルです »

2014年4月22日 (火)

予報が外れて肌寒い中、市立図書館へ三岐鉄道北勢線100周年記念展を見に行く

Rimg00210422  天気予報は外れたようで、終日曇りでした。そのせいで気温も上がらず(最低気温は13.0℃、最高気温は18.7℃でした)、体感的には寒い日でした。おまけに午前中は、5~7m/sというかなり強い北西の風が吹いていました。お陰様で、体調も戻ってきているようで、この「寒さ」でしたが、それにもめげずに、散歩に出て来られました(微笑)。写真は、散歩から帰ってきた昼前の写真です。雲のせいか、霞のためか、多度山、藤原岳も余りよく見えていません。

Img_4782  出がけと帰りがけに、なばなの里を眺めてみますと、ついこの間、3月末まImg_4843 でたくさんの人を楽しませてくれていた、あの“富士山”が、ご覧のようにほぼ、解体されてしまっていました。左は、出かけるときの写真。右は帰ってきた時に撮ったもので、こちらは作業員の方たちと思える人の姿が見えます。

Hokuseisen  さて、本日の散歩は、こんな天候でもありましたし、この間から見に行きたいと思っていたこともあり、まずは、市立図書館中央館へ。中日新聞(2014/04/18)に載った記事ですが、“北勢線100周年記念展”が、29日まで開かれているのです(リンク先は、図書館だより4月号です)。中央図書館と、桑名市商工課交通対策係との連携展示だということです。どうやら、先月から2ヶ月にわたる企画展示のようですが、先月分は見逃してしまいました(3月は鉄道記念グッズ、4月は昭和期の北勢鉄道の写真パネルのようです)。

 地域のコレクターの方から借り出した鉄道グッズのほか、戦前の北勢線について記した貴重な地域資料が公開されています。そのほか、北勢線の駅を、昭和期と現在の風景でめぐる、写真パネルも展示されていました。

Hokuseisen2  図書館3階のガラスケース展示コーナーで開催されていますが、小生としては、もう少し余裕のあるスペースで、ゆったりと展示し、解説文なども詳しく書いていただいている方が、よく分かって、ゆっくり見られ、ありがたいなという気がしました。ただし、そうはいっても、貴重な資料や写真をこのように一度に見られるのはありがたい企画だと思います。

 図書館から出て、さて、このあとどこへ? としばし逡巡しておりましたが、この天気ですから、花もあまり綺麗に撮れないでしょうし、風も出ていますから、小型の野鳥や、チョウなどもあまり期待できません。

Img_4810  取り敢えずは、近くの中央公園へ。さすがに誰もいません。いつもなら、遊具で遊ぶ親子連れの姿が見られるのですが、いたのは、キジバトさんお一人。

Rimg00070422  ここにも藤棚が2つ、しつらえてありますが、まだ見頃というには少し早いImg_4811 ようです。それに、何となく、今一つ元気もないようにも見えるのが、気になります。

Img_4815  それはそれとして、せっかく出て来ましたので、寒かったもののもう少しブラブラして帰ることにしました。大央町、鍛治町、森町あたりを回って、寺町から戻ってきました。あまり歩いた感覚はなかったのですが、それでも3.9㎞ほどの散歩でした。チューリップは、三晃マンション近くの遊歩道で。

Rimg00090422  三晃マンションのところで東に入り、旧東海道沿いを北へ。真宗の教宗Rimg00130422 寺や、その昔営業していた東京屋さんのあるとおりです。東京屋さんのコロッケ、美味しかった記憶があります。営業は止めてしまわれましたが、まだお住まいなのでしょう、花が作ってありました。

Rimg00160422  そして、この通りには、あの“いもや本店”があります。いもや本店といえば、去年も今頃、このあたりを散歩して、オジさんに店に呼び込まれ、中を見てきました(2013年4月19日 (金)、いもや本店と、天武天皇御洗足井(とうとう見つけました!)。いもや本店、外観的には、去年とまったく同じ様子でした。この一角だけ、時間が止まっているのかも知れません(笑)。

 そして、驚いたことに、今回は、いもやのおばちゃんに呼び止められ、「中を見ていかなRimg0018 い。天井とかに面白いものがたくさんぶら下げてあるよ」といわれました(爆)。せっかくのご好意でしたが、「去年の今頃、一度お邪魔して、しっかり見せていただきました。今度、大金を持って買い占めに来ます」といって、丁重にご辞退してきました(笑)。ご夫婦共に、意外にフレンドリーです。ずっと以前は、店の様子からして、頑固オヤジというイメージを勝手に抱いていました。それにしても、少し離れたところに、右のような看板がありますが、いつ見ても、TAMIYAの看板が、上下逆さです。何故にでしょう?

Img_4795  ところで、曇りがちであまり明るい写真が少ないなと反省して、まずは、精Img_4790 義小学校で生け垣がわりになっているツツジの花でも。小学校の東側の道路沿いで咲いています。

Img_4802  あまり密になって咲いていませんでしたので、工夫の余地は少なかったのですが、こういうのはいかがでしょうか?

Img_4785  そして、今の時期は、こちら、ハナミズキもあちこちで咲いています。これは、精義小学校のすぐ北の辺りのお宅で撮らせていただきました。

Img_4829  今日は、本当に、野鳥や、昆虫については不作でしたが、拙宅前の諸戸水路まで戻って来ましたら、カワウさんが1羽、盛んに潜ってはすぐに浮いてきてというのを繰り返していました。餌を捕っていたのだとは思うのですが、見る限りではあまりうまく行っていないようでした(笑)。頭は何故か、モッシャッとしていました。

 ということで、今日もボチボチとで1日は暮れていきます。仕事の方も、ボチボチ、コツコツと進めております。

|

« “エッセンシャルズ WISC-Ⅳによる心理アセスメント”が出版されています | トップページ | 日本版WISC-Ⅳテクニカルレポート#9が公開されました……「エッセンシャルズ WISC-Ⅳによる心理アセスメント」刊行にあたってというタイトルです »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

TAKUさん、ありがとうございます。
いもや、以前はよくテレビの旅番組で取り上げられていましたので、一度覗いてみたいと思っていたのですが、ちょうど1年前くらいに、オジさんに半ば強制的に呼び込まれたことがありました。
確かに面白いところで、子どもにとってはパラダイスですね。大人のわれわれにとってっも、子ども時代を思い出させてくれましたし、自由になるお金があれば、あれもこれも欲しいものばかりでした(子どもの時に買えなかった反動なのですが)。

ところで、「本店」と銘打っているのですが、まさか「支店」はないんですよね? いもやを巡っては、これも気になるところです(笑)。

投稿: mamekichi | 2014年4月23日 (水) 22時54分

ひらいさん、こんばんは。

そうです、新種のモシャ鳥です。というか、モシャっている、または、モシャることができる鳥は、案外たくさんいるような気がしてきました(笑)。「モシャ鳥」コンテストのようなものが開催できそうですよ。

なばなの里の富士山、拙宅や、揖斐川の右岸堤防からは完全に見えなくなりました。イルミネーションどころか、なばなの里にも行っておりませんが、一抹の寂しさを感じます(微笑)。次は何でしょうねぇ、何が出てくるか、楽しみに待ちましょう。

キジバトさんは、日向に出て来たところをすかさず、シャッターを押しました。日陰ではこうは綺麗に撮れませんね。ドバトの色、模様もよく見るとそれぞれに個性的ですね。しかし、どうも「何だ、ハトか」と思いがちで、申し訳ない気もします。

投稿: mamekichi | 2014年4月23日 (水) 22時51分

いもや!!懐かしいです(^^)
小学生の頃から「昨日いもや行った~」と言っている友達がいて、ずっと気になっていましたが、自分が初めて行ったのは大学生の頃でした。
その頃は江場の辺りに住んでいたので、自転車で行ってはじめて外観を見たときは衝撃でした(笑)

まだ営業されていたことがわかりなんだか嬉しくなりました(^^)

投稿: TAKU | 2014年4月22日 (火) 22時35分

mamekichiさんこんばんは!

新種のモシャ鳥発見ですね。(笑) しかし鳥の名前って、結構見た目でつけてるような気がしますね。自分の名付け方は間違ってないような気がします。(笑)

なばなの富士山、夜でしたが通りがけに見た時には、見えなくなっていました。ついにお別れの日が来たようです。半年間じっくり楽しませて頂きました。今年のネタも楽しみですね。

キジバト、凄く綺麗ですね。鳩はお手軽に撮影出来ますが、時々白い鳩とかもいたりするので、あなどれません。(笑)

投稿: ひらい | 2014年4月22日 (火) 21時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« “エッセンシャルズ WISC-Ⅳによる心理アセスメント”が出版されています | トップページ | 日本版WISC-Ⅳテクニカルレポート#9が公開されました……「エッセンシャルズ WISC-Ⅳによる心理アセスメント」刊行にあたってというタイトルです »