« 統計の初歩(その10)……推測統計(#3) | トップページ | 受診の後、愚息の欲しい中古車を見に東員町へ »

2014年3月10日 (月)

忙しい天気で、吹雪まで!?……昨日の散歩では、アオサギに大接近!

Rimg00020310 本日、忙しい天候であります。最初の2枚は、朝6時20分頃、いつも通りの時Rimg00040310 間に新聞を取りに降りていくときに撮ったものです。いかにも鈴鹿の山では、雪が降っていると思わせる雲です。今朝、名古屋での日の出は、6時9分ですから、この写真を撮った時間には、すでに朝日は上っているはずで、雪雲も赤く染まっています。しかし、この雲、気になりました。それに、風の冷たいこと。

Rimg00230310  そして、10時半少し前、ふと窓の外を見ると、まるで雪国のような光景が広Rimg00380310 がっており、ビックリ! 慌ててベランダの洗濯物を取り込みました(爆)。一通り、取り込んでホッとしておりました。ところが、10分するかしないかのうちに、右のように、このあたりでは、雪はまったく降っておりません。

 結局、その後また、一時的に3枚目のような状態になりましたが、12時半の時点では、雪は止んでおります。

Rimg00330310  雪が吹雪いていたというか、たぶん、強風に乗って飛んできたというのが正Rimg00290310 しいのではないかと思います。3枚目の写真では、桑名駅の方角に見えるはずのマンションも見えませんでしたし、この写真では、すぐ北のショッピングセンターもはっきりとは見えないくらいでした。3月も10日になって、こうも雪が降るとは、困りますねぇ。

Rimg00280310  こういう出歩けないときには、写真でちょっと遊んでみたくなります。これらのRimg00360310 2枚、またミニチュアライズ機能を働かせて、コンデジ(cx-3)で撮ってみました。が、期待したほど面白い写真にはなりませんでした。まだ右の写真は、そのように見えますが、そもそも雪ではっきり見えませんから、ミニチュアライズ機能を働かせても、そうでなくても代わり映えがしないようです(笑)。

 さて、という次第で本日は、散歩はお休みであります。そこで、昨日の散歩から。

 昨日は、9時半から12時頃まで、寺町(いわずもがな。河津桜を見に行きました……笑)、貝塚公園の梅、そして九華公園と、4.6㎞であります。

Rimg00050309  アオサギがいたのは、ここ諸戸水路の南の端。寺町商店街にほど近いとImg_9945_2 ころでした。始め、小生は、この水路の西側(この写真では向こう側)を歩いていたのですが、アオサギに気づいて、大回りして、東側(手前側)に移動。当初は、ほぼ20mの距離を置いて、撮影していました。それがこれらの写真です。このアオサギさん、見るところ、けっこう薄汚れているような感じで、年寄りかと思いました(本当かどうかは分かりません)。

Img_9967  あまり警戒している様子が見られませんでしたので、しばらくしてから15m以内まで接近してみましたが、このアオサギさん、動じていないようでした。お嫌いでなければ、写真をクリックして大きくしてご覧ください。アオサギさんにこれほど接近して、クリアな写真を撮ったのは、初めてです。それにこのアオサギ、なぜか両足を踏ん張って立っているようです。よく見るのは、一本足で立っているところですが……。

Img_9975  まだ近づいても大丈夫そうでしたので、さらに10m以内に行ってみましImg_9980 た。こちらが動く間にアオサギさんも、カゴの上から降りて、水路にある階段の一番下に降りてきました。しかし、逃げません。左は、74mmの焦点距離で撮り、トリミングなしの写真です。さらに、右は、同じところから、焦点距離214mmとズームアップしたものです。こちらもトリミングなしです。いやぁ、ちょっと感激です。こんなに近くでアオサギを見られ、写真も撮れたのですから。

Img_9981  こちらはズームアップ+トリミングが施してあります。他で見るアオサギのように、あまり警戒した目はしていないように見えました。しばらく睨み合いではありませんが、お互いに見合っていたくらいです。その後、アオサギは悠然と飛び立ち、諸戸氏庭園の中に消えていきました。テレビ朝日系の“ナニコレ珍百景”か何かで、とあるお宅にアオサギがやって来て、人の手から餌をもらうという光景を見た記憶がありますが、あれ、まんざら不可能ではなさそうな気もします。

Img_9949 Img_9951  昨日のアオサギ、その他にもたくさん撮りましたので、何Img_9973 枚か載せておきます。ご覧ください。

Img_0070  貝塚公園では、シロハラ。いつもと同じあたりにいましたので、ここに居着いていたのでしょう。なかなか明るいところへでていきまImg_0102 せんでしたので、しばらく“待たされ坊主”をしておりました(笑)。

Img_0124  アオサギも正面からの顔写真がありましたので、シロハラちゃんも。どの鳥の顔も、正面から見ると、ヘンな顔、ひょうきんな顔をしていて、笑えます。

Img_0179  九華公園には、二ノ丸橋から入って、外周の遊歩道を東側から回ってい きました。野球場の北では、ジョウビタキのメスが登場。このあたりや、朝日丸跡でよく出てくる個体のような気がします。左の写真が、いつもと同じ個体であるように思わせます。ジョウビタキの後は、外野に設置されたスコアボードの裏側です。

Img_0192  このジョウビタキ、しばらくそのあたりで餌を探しているようでした。そういImg_0194 えば、最近は、オスの方はほとんど見かけなくなりましたが、どうしたのでしょう?

Img_0211  そのほか、ツグミちゃんもあちこちで見かけました。去年も今頃の時期にImg_0247 は、よく、あちこちでツグミを見ていたと思います。左は、朝日丸跡で、右は、三の丸公園で撮りました。この頃は、九華公園のや球場のグラウンドにも、いつも2~3羽が餌を探しています。

Img_0134  この頃、気になるのは、このヒヨドリ。ひらいさん(ひらパノ おやぢは気まImg_0136 まに撮影中)の影響で、ヒヨドリを見ると、“モシャ鳥”ということばを連想するようになってしまいました。他人様のせいにしてはいけませんが、この表現が、すっかり気に入ってしまいました(笑)。

Img_0235  鎮国守国神社の鳥居前では、ハクセキレイが戯れていました。こういう光Img_0236 景、あまり目にしないように思います。

Img_0261  一回りして、揖斐川堤防から県道を渡って、諸戸氏庭園近くに戻って来ました。公園整備をしているところには、いつもスズメたちがたむろしています。なぜか、フェンスの上で、同じ方向を眺めているところを見かけました。

Rimg00100309  ところで、昨日の散歩、行きがけにアオサギを見てから、寺町に行ったのですが、ベンチに座って河津桜を撮っていましたら、車から降りてきた若い女性に声をかけられました。「オジサン、済みませ~ん」と。思わず、辺りを見回しそうになりましたが、近くにいた男は小生独り。何事かと思えば、「神戸から来たのですが、この(と、寺町商店街のパンフレットを開きながら)寺町商店街というのは、ここですか?」と聞かれたのです。いやぁ、珍しく若い女性が近寄ってきたなと思ったら、「オジサン」といわれてしまいました(爆)。年齢、風体を考えれば、「おじいさん」といわれなかっただけマシか、と思えと家内にはいわれました。それと、神戸からわざわざ来るとは、この寺町商店街も有名なのですねぇ。ダブルにビックリしました。

Rimg00150309  河津桜、上の写真のように、商店街名で看板が設置されていました。いつも見に行く、北側の3本は開花がさらに進んでいました。とはいえ、このあたりでも、まだ3~4分咲き。

Img_0038  そして、昨日、見ましたら、寺町堀沿いの並木の中にも、花が開いているImg_0010 ところがチラホラ見られました。いよいよもうじき、河津桜も本格的に咲いてくることを期待しましょう。

Rimg00280309  貝塚公園も、白梅を中心に、梅はかなりよく咲いていましImg_0052 た。ただし、ここでも、「梅にメジロ」は、見られませんでした。そもそも、今シーズン、貝塚公園では、メジロをみていません(ただし、昨シーズンほど頻繁には出かけておりません)。

Img_0049  あたりには、梅の香りが漂っていました。梅野かといえば、思い浮かべるImg_0054 のは、あの道真公の和歌です。「東風吹かば……」という、あれです。大宰府に左遷されるとき、日ごろ愛していた梅の木に別れを告げた歌で、拾遺集に載っています。

東風(こち)吹かば 匂(にほ)ひおこせよ 梅の花 主(あるじ)なしとて 春を忘るな

 以上が、昨日の散歩でした。

Img_0161  ゆる~いオマケ。九華公園、外周の遊歩道、野球場の手前です(奥に野球場があります)。旅ネコ3匹が、お出迎え……ではありませんが、戯れていました。脱力します。

 放送大学の試験問題云々がありましたが、状況が分かりました。小生が関わった“心理学研究法('08)”は、やはり本年度で終了でした。試験問題をつくるようにという依頼が来たのは、再試験に備えてということだったようです。昨日で、この件は片が付きました。

 今朝からは、新書を読んだりしております。今週、明日は、定例の病院受診。いつもは、木曜ですが、今週は、13日に特別支援教育支援員の講座で、午後から話をするよう依頼されておりますので、受診を前倒しということです。

|

« 統計の初歩(その10)……推測統計(#3) | トップページ | 受診の後、愚息の欲しい中古車を見に東員町へ »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

秘書さま
今朝は、雪はいかがでしたか? こちらは、そもそもほとんど積もりませんでした。西の山は、かなり積もっているのが見えます。

神戸から寺町に、というのはなぜでしょうね? 寺町や、寺町にある“町の駅”が載っているパンフレットをお持ちでした。それと、ブログには書きませんでしたが、日曜日、六華苑近くの駐車場には、神戸ナンバーの観光バスが3台来ていました。

「人を惹きつけるオーラ」ですか、どうでしょう? 加齢臭は発していないと思いますが……(笑)。せっかく若い女性から声をかけられたのに、「オジサン」と呼ばれてしまい、ちょっとガックリしました。

ところで、国立大学、う~ん、やっぱりちょっと(かなり?)もったいないかな、と思いますねぇ。W大に、国立N工大、普通なかなかこういう立派な大学に2つとも合格するというのはありませんしね。
小生は、文系でしたので、滑り止めは、N山大外国語学部でしたが、国立N大の入試初日、出かける前に新聞の合格者名一覧に名前があるのを見つけ、気持ちよく国立大の受験に出かけた記憶があります。
しかし、もう選んでしまわれたわけですし、私学の雄であるW大へ進学なさるのですから、ご子息には、脇目を振らず、学業に邁進してもらいたいと私は思っています。

投稿: mamekichi | 2014年3月11日 (火) 09時10分

ひらいさん、おはようございます。

昨日は、朝とても寒く、鈴鹿の山を見ると、「これは雪が降るな」と確信できる雲行きでした。案の定、吹雪のようになりました。

ライダーさんとは、格好いい。小生は、ダメです。二輪は自転車のみ。その自転車も、今はもっていません。歩行件から外れたところに出かけ、写真を撮るのに、もう一度自転車を買おうか迷っているところです。

さて、アオサギさん。日曜に出会ったアオサギは、かなりフレンドリーでした。ほとんどのアオサギは神経質で、かなり遠くから写真を撮っていても逃げます。

本題のヒヨドリです。ひらいさんは、鳥の名付けの名人ですねぇ。モシャ鳥にはすっかりやられました(笑)。このところ、本当に、ヒヨドリを見ると、「モシャ鳥」ということばが浮かんで来て、そうすると、「写真を撮ってやらなくては」となります。以前なら、「なぁんだ、ヒヨドリか」で、写真も撮らずにオシマイ、となっていたのにです(爆)。

白線鳥も、絶妙な名前です。まぁ、そういう習性があるのでしょうが、なぜそういう習性があるのかとなるとけっこう難しいかも知れません。餌をゲットするのによいとか、安全に安心して暮らせるとか、何かそういうものと関連があるのかもしれません。

投稿: mamekichi | 2014年3月11日 (火) 09時00分

先生、私も明日診察です。大丈夫かな?雪。
私は、ノーマルタイヤだから。
朝、起きたら雪がつもっていてびっくりsign03
神戸から寺町ってどうしてでしょうか?
しかし、先生は凄い。
みんなから、声をかけられるから。先生は、何か人を惹き付けるオーラがあるんですね。先生、国立大学凄くもったいないって思います。

投稿: 秘書 | 2014年3月10日 (月) 23時22分

mamekichiさんこんばんは!

今日は(今日も)寒かったですね。ライダーにとっては最高(に着膨れする)の季節です。(笑)

アオサギさん、ただでさえデカイのに、10mまで接近とはうらやましい! 何度かお会いした事は有りますが、いつもかなり遠くなのに、逃げてしまいます。(笑)

本題! ヒヨドリですよねぇ。いやここでは「モシャ鳥」で統一しましょう。(笑) 過去ログを確認したところ、ちょうど1年程前に(勝手に)命名しておりました。それ以前は鳥を見ても撮影してなかったようです。(笑)

白線鳥も気になるところです。鳥の名前よりも、何故白線の上にとまるのか教えて欲しいです。(笑)

投稿: ひらい | 2014年3月10日 (月) 19時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 統計の初歩(その10)……推測統計(#3) | トップページ | 受診の後、愚息の欲しい中古車を見に東員町へ »